今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

介護パートはボーナスが支給されるの?疑問を徹底解決

パートは時給だけだと思っている人も多い中、介護パートはボーナスが支給されることがあることをご存じですか?
介護は人を寝かせたり起き上がらせたりする力仕事や、入浴・トイレの世話までしなければいけないタフな仕事ですよね。
そんな大変な仕事だからこそ、がんばりが認められてボーナスが支給される介護施設もあるそうです。
時給ブラスボーナスがあることは家計にとって魅力ですよね。
介護職のボーナスについて詳しく見ていきましょう。

介護職のパートでもボーナスがもらえるの?

仕事を探すとき、介護職は求人がいつもあることに気が付きます。
介護職は未経験OKと書かれており、年齢・性別に関わらず新しい分野の仕事を探す人にとっては働くチャンスの多い分野です。
それは介護職が人手不足という状況で、介護施設は好条件を提示してでも労働者を必要としている現状があるのです。
そのような売り手が有利にある状況で、最近ではボーナスを支給するというプラス要因を提示し、労働者を確保しようとする施設も見られます。
また近年、会社が黒字営業の場合はボーナスカットをしてはいけないことが国で定められました。
国では高齢化社会においての介護職の重要性を認め、擁護する対策を施行しているのです。
このようなバックグラウンドがあることで介護パートのボーナスが実現されていることを知っておきましょう。

施設によってはボーナスがでるところがある

ボーナスがでる介護施設が見られるようになったのは最近のことで、全ての介護施設でボーナスがだされるということはありません。
むしろボーナスを支給する介護施設はまだ少数です。
資本力がない介護施設は介護パートまでのボーナスを支給することはできません。
資本力が十分にあり、規模の大きな介護施設で介護パートのボーナスが見られることがあります。
しかし高齢化社会は今後も続くであろうことが予想されるため、ボーナスを支給する介護施設は今後増えていくであろうことが予想されます。

介護のパートのボーナスの相場

では気になる介護パートのボーナスの相場はどのくらいなのでしょうか?
ボーナスの額をチェックすることも大事ですが、給料との関係もよくチェックする必要があります。
施設によってはボーナスをださない代わりに給料を大く設定してあることがあるからです。

数万円が相場

一例として特別養護老人ホームではボーナスが支給されていますが、年に2回ボーナスはあり、夜勤や準夜勤をしていると10万円くらいになります。
最近ではボーナスや夜勤手当などの給与がいいため、若い人たちも介護パートの仕事をする人が多いようです。
しかし夜勤は主婦には難しく、年齢に関わらず夜の仕事がキツイのは言うまでもありません。ですからその人の働く時間にもよりますが、平均的に日中働くのであれば、多くて10万弱までが相場ではないでしょうか。

貢献度や勤務日数によって10万円以上の場合も

先ほどもいいましたが、夜勤や準夜勤などをした場合は10万円以上になることもあります。夜は入居者も基本的には寝ていることが多いので、仕事自体は楽なのですが、睡眠不足や日中の用事をすることに支障をきたすので大変ではあります。
生活習慣を変えることが可能であれば高収入が期待できるでしょう。

条件を満たしていないとボーナスはゼロ

ボーナスのでる条件は各施設によって異なります。
勤務日数であったり、勤務時間帯が関係していたりすることがあります。
ですから各施設のボーナスのでる条件をまず確認することが大切です。
その条件を満たしていなければボーナスは一切支給されないので注意が必要です。

介護のパートでボーナスをもらう時の注意点

介護パートでボーナスがもらえるのはモチベーションを高くしますよね。
介護のパートで何としてもボーナスをもらいたいという場合、いくつかの注意しなければならないポイントがあります。
それはボーナスをもらってかえって損をする場合があるからです。

扶養控除の金額を超えないように注意

扶養控除の範囲内で働いていなければ、ボーナスをもらうことで扶養家族の範囲外になり、その分税金を多く支払わなければならないので、結果的に損をすることになります。
当然週5日フルタイムで働いた場合は扶養控除の範囲にはあたりません。
扶養控除の範囲内になるように施設の責任者に相談してシフトを組んでもらうといいでしょう。

パートより正社員の方がやはりボーナスは高い

介護職において給与の額は施設によって大きく異なります。
ボーナス額もまたその施設によって違いますが、やはり正社員のほうがパートに比べて遥かに多いことは共通しています。
パートが数万~10万円前後なのに比べて、正社員は20万~60万前後までと高額です。
正社員と比べてみると少なくてがっかりするかもしれませんが、パートでボーナスがもらえるだけでもかなり助かるのではないでしょうか。
扶養控除の条件に当てはまらない独身の人で、高収入が必要な人ならばやはり正社員を目指すべきでしょう。

パートでもボーナスのある介護施設を選ぶ方法

ボーナスを支給できるのは資本力もあり、黒字営業でそれをちゃんと社員に還元してくれる、しっかりとした介護施設だということが分かりました。
せっかく介護の仕事をするのだから、努力が認められボーナスがもらえる介護施設のほうがいいですよね。

転職サイトでボーナスのある求人を探す

介護パートでボーナスがもらえる介護施設を探すなら、転職サイトを使うと便利です。
検索のチェックポイントにボーナスを記入しすると、ボーナスが支給される介護施設がすぐ見つけられます。
さらに転職エージェントも活用すれば、転職サイトを見ただけでは分からない施設内の環境、人間関係などをアドバイザーから訊くことができます。

募集要項をしっかりと確認する

給与や待遇など働く上での重要なことが書かれている募集要項をしっかりと確認しましょう。給料は額面なのか手取りなのか、ボーナスの支給についてもチェックしましょう。
年何回支給されるのかも施設によって異なります。
金額についてまで詳しく書かれていることは少ないですが、より詳細に書かれている施設のほうが入社後安心です。

ボーナスだけを重視するのはやめよう

一番大切なのはボーナスだけにとらわれないことです。
ボーナスがでないけれど給料は高い介護施設もあります。
ボーナスはでるけれど基本給が極端に少ないのでは意味がありません。
ボーナスという言葉にごまかされず、年収を計算してみましょう。また働く上で職場環境は重要なポイントです。
人手不足で体調が悪くても休みも取れないような環境では長続きしません。
休日が取りやすいかどうか、施設の人間関係や上司の社員に対する理解などは実際働く上で重要なので、できれば口コミなどで訊いたほがいいでしょう。

介護パートでボーナスがもらえればモチベーションもアップ

給与だけではなくボーナスもあると臨時収入にもなり嬉しいですよね。
働きやすく労働条件もいい介護施設を探したら、介護パートで福祉の仕事に励みましょう。
介護職は人と関わる仕事なので、さまざまな入居者や従業員との人間関係の中でいろいろな壁にぶち当たることもあるかもしれません。
ボーナスがでることはそんな困難を克服するための、モチベーションを上げる一つの要因になりますよね。

介護の仕事は大変ではありますが、やりがいがあり、大変重要な仕事です。
もし介護者の助けがなく、すべて家族の誰かが介護をしなければならなかったとしたら、24時間体制で休むこともできない場合、身体を壊してしまうでしょう。認知症の患者を抱える家族で、働いて収入も必要な場合、介護施設はどれほど助けになることでしょうか。
身体の不自由なお年寄りの人たちとその家族の力になれる価値ある仕事なのですから、ボーナスが支給されるようになったことはとても喜ばしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください