【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

【例文あり】教育業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

教育業界ってどんな業界?

教育業界は主に子どもを相手にしている業界です。主たる会社は、学習塾や予備校ということになりますが、参考書などを販売している出版社なども広義の意味では教育業界に含まれます。

教育業界の主な職種

教育業界における主たる職種はやはり教師と言うことになりますが、講師以外にも教育業界を支えている職種は色々とあります。

教育業界のメインプレーヤーである講師

教育業界のメインプレーヤーである講師は、受講者に対して講義を行います。個別の講義であったり、集団の講義であったり、講義の形式は様々ですが、受講に対して丁寧に説明し、受講内容を理解してもらうことを目的としていることはどの講義であっても共通しています。

テキスト作成業務

学習塾や予備校における講義は基本的にテキストに沿って進行されます。使用されるテキストは、市販されているものであることもありますが、学習塾や予備校がオリジナルで作成することもあります。したがって、出版社だけでなく、学習塾や予備校であっても、テキスト作成業務を担うことができます。また、パソコンやインターネットの普及により、テキストの形態は冊子のものから動画やファイル形式のものに変換を遂げつつあり、教育コンテンツは多様化しています。

運営業務全般(進路相談・カリキュラム作成・テスト作成)

学習塾や予備校には、カリキュラムを作成する仕事や制度からの進路に関する相談を受ける仕事があります。直接生徒に対して講義を行うわけではないのであまり目立たないかもしれませんが、学習を進めるうえで、どの教科をどの順番に進めるかは重要なファクターですので、まさに縁の下の力持ちという位置付けの職種です。

教育業界で働くメリット・デメリット

教育業界は主に未成年を相手にしている点でかなり特殊なビジネスです。どの業界にも共通していえることですが、やはりメリットがあればそれと同じくらいデメリットもあります。

やりがいがある

学習塾や予備校の役割は、子どもの可能性を最大限に引き延ばすことです。教育業界は、基本的に努力が嘘をつかない傾向にありますので、方法さえ間違わなければ、目に見えて成果があがります。そうした過程において、同じ時間を過ごせることは満足感も感じやすく、非常にやりがいのある仕事と言えます。

責任が重い

やりがいが大きい分、仕事の責任は重く、責任を果たすためには、1つ1つの講義が真剣勝負になります。したがって、消耗する体力は、精神的にも肉体的にも小さくはありませんので、重圧に耐えられるだけの精神力が必要になります。

夢のある給与水準

講師は人気商売で成果主義である場合が多いです。生徒からの支持が高ければ高いほど、担当する授業数や生徒の数も多くなりますので、カリスマ的な人気を得た場合には、スポーツ選手並みの給与を得ることも不可能ではありません。

不況に強い

教育産業は基本的に景気に左右されません。景気が良ければ、余剰資金は教育資金に充当することができますし、景気が悪ければ、逆に、不景気の状況こそ、教育に力を注ぐべき、という考え方を持っている人も少なくありません。

教育業界に転職ってどうなの?

教育業界への転職は、やはり同業者からの転職が多いですが、他の業界からの転職についても、門戸は開かれています。

教育業界に転職するのはどのような人か

教育業から教育業界に転職するというケースは少なくありません。仕事内容が同じであっても、教育のスタンスは会社ごとに千差万別ですので、自信の考える方針と会社の打ちだす方針のズレが大きくなればなりますので、そういったことを理由として転職されるケースもあります。また、他の業界から教育業界への転職されるケースもあります。この場合、教育業界と全く無関係と言うことではなく、学生時代にアルバイトなどを通じて何らかの形で教育業界に携わっていた、というケースが比較的多いかもしれません。

教育業界に向いている人の特徴

教育業界は子どもを相手にしている点が非常に特徴的です。子どもたちの将来を真剣に考えることのできる人であったり、いわゆるお勉強が好きである人であったり、戦略や作戦を練ることが得意な人が向いていると思われます。

今後の教育業界

日本においては、少子高齢化の流れは、今後もほぼ確実に続いていきますので、普通に考えれば先細っていく可能性の高い業界ではありますが、教育に注がれる情熱はあつくなっているきらいがありますので、それほど悲観的になる必要はないのではないと思います。

教育業界の志望動機を作るポイント

教育業界は、同業であっても、驚くほど教育方針に違いがあります。志望する会社の教育方針をきちんと理解し、当該方針に共感した理由を明確化することが大切なポイントになるのではないでしょうか。

なぜその会社なのかを明確化する

その会社の教育方針はどういった内容なのか。集団指導なのか個別指導なのか。一方通行なのか双方向の講義なのか。徹底的に競わせるスタンスなのか協力関係を促すようなスタンスなのか。学習塾・予備校ごとに明確なスタンスがあります。このあたりの価値観に大きな溝があると、モチベーションを保つことが難しくなりますので、きちんと自分の価値観に近い会社を探し、その点を志望動機として伝える準備をしましょう。

適性があることのアピール

教育業界において、自分のどのような性質・スキルが、どのような場面で活かすことができるのか、適性を充分に備えていることのアピールが大切です。特に、他業界からの転職の場合には、採用担当者にとって、適性が見えにくい部分でありますので、可能な限り具体的に表現することがポイントになります。

教育業界の志望動機の例文

ここでは教育業界の志望動機の例文をご紹介します。
さまざまなパターンがありますので転職を考えている人は自分に近いものを参考にしてみましょう。

出版社から学習塾への転職

前職の出版社では、学力の向上のためにどんな工夫ができるのかを常に考えながら、参考書などの作成業務を担っていました。しかしながら、いくら参考書を作成しても、どのような子どもが実際に使用し、どれくらい学力の向上に貢献できたのかを把握することは困難です。こうした経験を踏まえ、今後は、間接的な形ではなく、直接的な形で学力向上に寄与したいと考えるに至りました。直接接することができれば、参考書のような一方通行の説明ではなく、生徒の適性に合わせ、きめ細やかなニーズにも対応していくことができると考え応募させていただきました。

他業界から教育業界への転職

事業会社での○年間の営業職を通じて、多くの人々と接してきました。そのなかで気づいたことがあります。社会生活を有意義に過ごすためには、学力が高いことが重要なファクターになるということです。学力が高ければ高いほど、語彙力・理解力・説明力などの営業に必要な能力も高い傾向にあると感じました。生徒とのコミュニケーションを通じて、学力の向上に貢献することはもちろんのこと、学力の向上が何のために必要なのかの説明もきちんと行うことで、モチベーションの向上にも寄与したいと考えております

教育業界で働く前に覚えておきたい業界用語

教育業界でも多くの業界用語があります。
そこで、業界で実際に働く前に知りたい教育界の業界用語をご紹介します。

回診電話

学習塾の担当者と生徒の保護者との間の電話によるコミュニケーションを指します。電話の内容は、生徒の塾での様子・状況を学習塾の担当者が生徒の保護者に報告し、生徒の過程での様子・状況を生徒の保護者が学習塾の担当者に報告します。頻度は様々ですが、多いケースでは週1回くらいで、平均的には月1回くらいになるのではないでしょうか。

入試応援

入試日当日に、受験する学校の前で、学習塾の関係者が生徒を応援することです。励ましの言葉を受験直前にかけることで、緊張や不安を和らげることが狙いの1つとなっているようです。

シラバス

「学習する科目」「授業の時間数」「使用するテキスト」「授業の進行スピード」「授業の到達目標」「授業をどのように進めるか」などの学習塾で学ぶために必要となる情報がまとめられたものがシラバスです。シラバスを充実させることが、学習塾の信用力の向上に直結することもあるため、近年、シラバスの作成に力を入れている学習塾も少なくないようです。

プリント学習

製本された冊子のテキストではなく、プリント主体で進行される授業がプリント学習です。漢字の問題や算数の計算問題などで使用されるケースが多いようです。

Fラン

受験者数が著しく少なく、受験すればだれでも合格することができるような学校(募集者数より応募者数の方が少ない学校)に対して大手予備がつけたランクのことです。ただし、受験すればだれでも合格できそうな学校ではありますが、不合格者の数が0人ということではありません。

月例テスト

毎月実施される月次のテストを指します。テストの内容は、復習テストであることが一般的です。このテストには、学力を図るという目的だけではなく、テストの結果によってクラス替えを行うと言う目的があります。毎月毎月テストがあり、そのテストの結果によって、クラス分けがされてしまいますので、生徒は常に緊張感を持って勉強するようになる、という効果があります。志望校に合格するためには、少しでも上位クラスで授業を受けていた方が有利ですので、上位クラスを目指して生徒は切磋琢磨します。

右脳教育

●●式で有名な教育方法で、左脳だけではなく右脳も使いましょうという教育です。
一般的な教育は、左脳(考えたり表現したり判断する能力)を使う教育ですが、きちんとバランスよく右脳(ひらめきや創造などの能力)を使うことを目的としている教育です。右脳教育を行う時期は、左脳が発達する3歳くらいまのでの時期に行うことが適切とされているようですが、明確な科学的根拠がないのが実態のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください