今すぐ作れる即日発行カード27枚を徹底比較💳🚀

介護パートの面接はどんな服装がいいの?「受かる」服装と身だしなみのポイントを解説!

介護パートの面接は見た目の印象が選考結果を大きく左右します。

特に大切なのは服装と身だしなみです。

介護業界ではどんな服装が好まれるのか、スーツがない場合にはどんな服装で臨めばいいのかなど、さまざまな疑問が沸きますよね。

ここでは、介護パートの面接における服装と身だしなみの基本や私服面接のポイントを解説します。

服装以外に気をつけたい面接のコツも紹介しますので、面接前にチェックしておきましょう。

介護パートの面接における基本の服装


介護パートの面接では見た目が第一印象を大きく左右するため、服装が大切です。

介護パートの面接にはどんな服装で行けばいいのでしょうか。

ここでは、介護パートの面接で気になる服装の基本やおすすめの組み合わせ、注意点を紹介します。

スーツがあれば間違いなし

すでにスーツをお持ちであれば、介護パートの面接にもスーツを着ていきましょう

「介護パートの面接でわざわざスーツ?」と思われるかもしれませんが「社会人らしくて好印象」となることはあっても、マイナス評価になることはありません。

ただし、いつ買ったか分からないようなリクルートスーツやサイズが合わなくなったスーツを引っ張りだしてくるのはやめましょう
見た目とスーツがちぐはぐだと、いい印象につながりません。

スーツがないならオフィスカジュアルで

スーツをお持ちでない場合、介護パートでは私服でもOKとされることも多いです。

私服と言っても面接ですから何でもいいわけではありません。

一般的な「オフィスカジュアル」をベースに、応募先に失礼のない服装を目指しましょう。

男性の介護パートにおすすめの服装

男性の介護パートにおすすめの服装は、白ののシンプルなシャツにベーシックカラーのパンツで革靴の組み合わせです。

ジャケットがあれば羽織るのがベストです。

襟付きのトップスを選ぶことできちんとした印象になりますし、ベーシックカラーのパンツと合わせれば爽やかな雰囲気です。

上下ともサイズ感によってカジュアルになってしまうので、だぼっとしておらず、適度に体にフィットしたアイテムを選びましょう。

女性の介護パートにおすすめの服装

女性の介護パート面接の服装は、シャツやブラウスにジャケットやカーディガンを羽織り,シンプルなパンツやスカート,低めヒールのパンプスやローファーの組み合わせがおすすめです。

女性の服装はスカートの方が好まれることもありますが、介護パートの場合はパンツでもいいでしょう。

ひらひらしたスカートでお洒落して面接を受けに来ても「介護の現場で働けるのだろうか。」と思われます。

スカートなら膝下丈の広がり過ぎないタイプを、パンツもピタピタし過ぎないタイプを選びましょう。

センタープレスが入っているとよりオフィシャルな雰囲気になります。

シワや汚れなど細部にまで気をつけよう

介護パートの面接では、服装の組み合わせだけでなく、シワや汚れがないかも重要です。

「気配りのプロ」である介護職において、細部まで身だしなみが行き届かない人はマイナスポイント。

利用者に心地のいいサービスを提供するためにも、清潔感のある服装の方が好印象です。

介護パートの面接で服装以外に注意したい身だしなみ

介護パートの面接では、服装以外の身だしなみにも注意が必要です。

髪型や臭い、手元足元などまで気をつけましょう

ここでは、服装以外の身だしなみで特にどんな点を意識すればいいのかを紹介します。

介護パートの髪型は清潔感重視

介護パートは介護者に直接触れる仕事ですから、髪型は清潔感重視です。

結べる長さなら後ろで結び、短い場合でも襟足を伸ばし過ぎないようにしましょう。

お辞儀をしたときに前髪が目にかからないよう、ピンで止めるか耳にかけるかして、目がしっかり見えるようにしましょう。

髪型が気になって触るクセがある方も注意です。

落ち着かない印象ですし、髪を何回も触ると不衛生だと思われることもあります。

介護パートの髪色はどこまでOK?

介護パートの面接を受けるときは黒髪が基本です

特に男性の茶髪は許容されないことが多いので気をつけましょう。

女性が染める場合でもダークブラウンが限界です

白髪がある方も染めておきましょう。

介護は体力的にきつい仕事ですから、年齢を感じさせない若々しさを意識すべきです。

喫煙者は臭いにも注意

「臭い」にも注意が必要です。
喫煙者の方や香水をつける習慣がある方は特に気をつけましょう

介護パートの面接前に煙草を吸う、香水をつけるのはNGです

自分では気にならない香りでも、他人から不快に感じることもありますよ。

利用者からのクレームにもなりかねませんので、介護パートの面接や実際の仕事では気を配るべき点です。

介護パートの面接は狭い室内でおこなわれることも多いため、ちょっとした臭いもすぐに面接官に気づかれますよ。

手元や足元も見られているから気を抜けない

男女ともに爪が伸びているのはご法度です。

介護パートでは危険につながりますし、衛生的にもよくありません。

女性はネイルもしない方がいいでしょう

短く清潔に保ち、手荒れで利用者の肌を傷つけないようケアすることも大切です。

足元で特に見られているのは汚れや革のすり減りです

びしっとスーツで決めてもボロボロの靴を履いているとマイナスポイントになります。

足元まで気を抜かないようにしましょう。

介護パートの面接で服装と同じくらい大切なこと

介護パートの面接では服装や見た目はとても大切ですが、同じくらい言動もチェックされています

ここでは、介護パートの面接で特に意識したいポイントを紹介します。

ビジネスマナーをチェックされている

介護パートの面接中には、さまざまな箇所でビジネスマナーを見られています。

例えば、下記の点は面接でチェックされやすいポイントですので気をつけるようにしましょう。

  • 入室する際のドアノックやドアの閉め方
  • 着席を促されてから座っているか
  • 挨拶やお辞儀の仕方
  • 荷物や上着の置き場所、置き方

声のトーンや話し方

介護パートの面接では、正しい敬語を使うのはもちろん、声のトーンや話し方も重要です。

はっきりした声でテキパキとしており、それでいて優しい感じがあるかなど。

20代なら元気よく、30代40代なら落ち着きある話し方をすることも必要です。

早口で話すクセがある方は要注意です

介護者は年配の方も多く早口は聞き取れませんので、面接でもゆっくり丁寧に話すように心がけましょう

「でも」「無理です」「できません」など否定言葉をする方も敬遠されます。

介護パートは、介護を必要とする方が前向きに生活するためのサポートをする仕事。

ネガティブな印象を持たれると面接突破が難しくなるため、前向きな姿勢を見せましょう。

笑顔で感じがいいか

「感じのよさ」は抽象的な言葉ですが、介護パートの面接では特に重要視されるポイントです。

笑顔で話ができ、態度や言い方にトゲがない方は利用者からの評判もいいため重宝されます

「感じのよさ」は面接のときだけ醸し出すことはできません。

普段から思いやりの気持ちを持って人と接するよう意識していくことで身になっていくものです。

体力仕事の介護パートだから健康的かも重要

介護パートは体が資本の仕事です。

目の下にくまができている、顔色が悪い、姿勢が悪くうつむき加減といった要素があると不健康に見られます

介護の仕事を続けることが難しいと思われ、不採用になることもありますよ。

介護パートの面接日前日はしっかり睡眠を取り、体調を整えて面接に臨むようにしましょう。

介護パートの面接は清潔で社会人らしい服装で!

介護パートの面接は見た目の印象が大切ですから、服装や身だしなみに力を入れておきましょう。

自己主張するための服装や身だしなみではなく、あくまでも「相手にとって心地いい服装」を意識することが大切ですよ。

服装や身だしなみ以外のポイントにもよく注意して、希望の施設の面接を突破しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください