今すぐ作れるクレジットカードあります!

エポスカードを解約する方法とは?エポスカードを解約する前の注意点を解説します

エポスカードは、カラオケ店やスターバックスなど様々な優待が多いのがエポスカードです。

そんな日々使ってたエポスカードを解約する時タイミングや解約する時の注意点などを順番に解説いたします。

エポスカードを解約する前の注意点

エポスカードを解約する前に確認しておきたい事は、案外結構多いです。

年会費のかかる時期」や「エポスポイントを全部使ったか?」などそれ以外にもたくさんあります。
それらを順を追って丁寧にわかりやすく見ていきましょう。
エポスカード解約する前に少しお時間がある方は是非確認してみて下さい。

エポスカードの年会費のかかるのタイミング

エポスカードを解約する場合の注意点まず1つ目は、年会費のかかるタイミングです。

エポスカードを解約する場合、次年度の年会費がかかる前に解約したいですよね。

エポスカード 一般は年会費はかかりませんが、エポスカード ゴールドやエポスカード プラチナなどは年会費がかかります。

エポスカードの年会費は、有効期限月の末日までに手続きをすると翌年度の年会費はかかりません。
有効期限年月とは、クレジットカード券面の有効期限欄に表記されている年月のことです。

エポスカードの年会費は、有効期限年月の3ヵ月後に請求されます
例えば、2020年 1月が有効期限月の場合は4月に年会費が請求されます。

解約をする場合は、カード券面に記載されている有効期限年月の末日までに手続きを完了させることで翌年度の年会費が掛からず解約する事が出来ます。

下記に年会費のリンクを貼っておくので、ご確認下さい。エポスカード 年会費

エポスポイントを残高を使い果たしてるか?

エポスカードを解約すると、エポスカードのオリジナルポイントであるエポスポイントは消滅してしまいます。
そのため、ポイントを無駄なく使い切れているかどうかの確認が必要です。

マイルの店舗やマルイの通販は、1ポイント=1円として使えます。
また、1,000ポイント以上残っている場合は全国共通の商品券などに交換できます。

    エポスポイント交換具体例

  • マイル店舗やマイルの通販で1ポイント=1円
  • 全国共通の商品券 1,000円分 1,000ポイント
  • Apple Store カード 1,000円分 1,000ポイント
  • スターバックスカード 3,000円分 3,000ポイント

上記の様にポイントは1ポイントから使う事や1,000以上で交換できるので、解約する前にポイント残高を全部使う事をおすすめします。

エポスカードの使用額は全て返済しているか?

リボ払いや分割払いの残金がある場合、解約しても残金の支払いが必要です
基本的には今までと同じように支払い続ければ、良いのです。
しかし銀行口座の残高不足になってしまった場合は、遅延損害金が発生したり解約していてもクレジットカードの利用履歴に悪影響が出たりします。

なので、いくら残金があって、いくら引き落とされるのかなどあらかじめ確認をして準備しておきましょう。

公共料金などの支払いを解約するエポスカードにしてないか?

解約するエポスカードを公共料金などの毎月の支払いに登録している場合には、支払いに登録するカードの変更を忘れずにしましょう。
手続きを忘れると支払いが滞り、ライフラインを止められてしまう場合などの注意点があります

また別にカードに変更したら、そのカードでもポイントを貯められます。
公共料金などの支払いを変更する場合には、各々の会社で定められた手続きが必要です。

Web上で手続きできる場合もあるので、変更方法は各々の会社で確認しましょう。

付帯カードの使用状況や支払い状況を確認する

エポスカードを解約すると、本会員のカードに付帯してたETCカードは解約となるため使えなくなります。個別の手続きは必要ありません。

ETCカードは、解約した状態でそのまま走るとETCレーンで止められてしまいます
それが渋滞や事故の原因になりかねませんので、他のETCカードへの入れ替えが必須です。

エポスカードを解約する方法

「エポスカードの解約手続きはとても面倒なのではないか」と思って、中々解約手続きをしない人も多いのではないでしょうか。

実はエポスプラチナカードの解約手続きは全然面倒ではありませんし、難しい操作は一切ありません。

エポスカードの裏面に記載されている連絡先に電話をするだけなので、非常に簡単です。

ただオペレーターと話すので、引き止められる可能性があるのでそこだけは注意して下さい。

エポスカードの解約は土日祝日でも受け付けている

エポスカードの解約手続きは、平日だけでなく土日祝日も受け付けをしています
「解約手続きをしたいけど、土日祝だから出来ない」と解約するタイミングを待つ必要もありません。

また平日は仕事が忙しくて電話連絡をする時間がない人でも、土日祝日でも受け付けているので安心して解約することが可能です。

しかし、営業時間が9:30〜18:00なのでこの時間内で連絡する様にして下さい。

平日が仕事などで忙しく電話する時間がない方は、土日祝日に時間を作り解約手続きをしましょう。

    エポスカード コールセンター

  • 東京 03-3383-0101
  • 大阪 06-6630-0101

エポスカード 解約まとめ

エポスカードの解約について今までみて来ましたけど、いかがでしたでしょうか?
土日祝日にも解約の受け付けますが、営業時間内に連絡して下さい。

また、これは本カードと付帯カード両方に言える事なのですが、解約が完了した場合念のためにカードはハサミで切って使えなくしておきましょう。
解約して使えなくなってますが、もし万が一落として不正に使われた場合、問い合わせとかをまたする必要があります。

最悪の場合使ってもないのに、その不正使用した金額を請求されるかもしれないので必ず解約したカードはハサミで切っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください