【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

一度ブラックリストに載っても、借り換えはできるの?

よく、「ブラックリスト」というものを耳にしますが、そのブラックリストに自分の名前が載ると、新たにローンを組んだり、借り換えをしたりすることができなくなるといわれています。

しかし、このブラックリストとは一体どんなものなのでしょうか?その存在有無からブラックリストに載る仕組みやリスクなどを見ていきましょう!

ブラックリスト

ブラックリストって本当に存在するの?

よく、金融業界などに存在するといわれる「ブラックリスト」。

そもそも、実態はないといわれています。けれど、「えっ、嘘だったの?」と思われるのはまだ早いです。ブラックリストとは、実在する紙やデータのリストを指すのではなく、概念的な意味で使用されていることが多いからです。

ローン会社やクレジットカード会社では、信用のおけるお客さんにお金を貸します。

その判断基準が必要になるわけですが、当然、過去にローンの返済が遅れた人や、破産したことがある人などは避けたいわけです。そこで、信用情報機関に登録されている延滞や破産などの情報を大きな判断基準にしています。

この事故情報のことを、ブラック情報、またはブラックリストと呼んでいるのです。

 

 

事故情報として見られる情報とは?

よく、カードローンを申し込む際に、審査が通らず、ローンが組めないことがあります。そんなときは、もしかしたら、あなたのブラックリスト、つまり事故情報に原因があったのかもしれません。

信用情報機関に登録されている、いわゆる事故情報として見られるものとしては、返済日が一定期間遅れる、3回以上滞るなどの「延滞」のほか、民事再生、自己破産、任意整理などの手続きをする「債務整理」、保証人や連帯債務者などが代わりに返済する「代位弁済」があります。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 代位弁済

 

過去に延滞があると借り換えはできない?

もし、過去に延滞などの事故があった場合、カードローンの借り換えの審査に大きく響いてしまうことは確かです。

審査では、信用機関情報の照会が必ずといっていいほど行われますので、支払いが遅れたり、自己破産したりしていれば難しい可能性が高いでしょう。その場合、一定期間は、辛抱したほうが良さそうです。

およそ、これらの事故情報が登録されているのは、延滞の場合5年間、自己破産の場合5~10年間といわれています。

ブラックリスト、いわゆる事故情報が新たに登録されないように、ぜひ普段から返済に十分気を付けましょう。もし身に覚えがない場合、各信用情報機関に自分の情報を開示してもらうこともできるので確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください