クレヒスの重要性と作り方とは?クレカだけが関係するわけではない!

カテゴリー:クレジットカードの審査  タグ:

物語

DGlodowska / Pixabay

クレヒスをご存知でしょうか?クレジットカードだけが関係すると思っている方も多いですが、全ての信用取引において非常に重要な情報です。

クレヒスという言葉を知っている人は多いですが、なぜ重要なのか本当に理解できている人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、クレヒスの重要性と作り方について解説します。

クレヒスとは?

クレジットヒストリーの事を略してクレヒスと言います。クレヒスとは一体何なのか、なぜ必要なのでしょうか。

クレヒスはクレジットの利用履歴

クレヒスとは、これまでのクレジットの利用履歴の事を指します。クレジットカードを定期的に利用し続け、延滞なく支払いができていれば良い履歴、逆に延滞ばかりで支払いが遅れていれば悪い履歴になります。

クレジットカードの審査では、申込者のクレヒスを必ずチェックします。良い履歴、悪い履歴で審査に大きく影響しますので、自身のクレヒスを把握しておくことは非常に大切です。

クレヒスという名称から、クレジットカードに関する利用履歴のみを指していると勘違いされる方も多いですが、そうではありません。クレジットカードの他に、個品割賦契約、リース契約、保証契約、無保証融資、保証融資、住宅ローン、移管債権など、これらの契約を行うことでもクレヒスとして記録されます。

クレヒスはどこで管理されているの?

クレヒスには個人信用情報機関のクレヒスと、社内クレヒスの2種類があります。一般的にクレヒスというと、個人信用情報機関のものを指すことが多いです。

日本にある信用情報機関は、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つとなり、クレジットカード会社は、CICとJICCの両方に加盟することが多いです。

金融機関は加盟している信用情報機関にて保持されているクレヒスを照会できます。また申込者であり利用者でもある我々消費者も、自身のクレヒスを閲覧することができます。

但し、一部の情報は全ての信用情報機関で共有されていますので、どの信用情報機関からでも確認ができるようになっています。共有対象となる情報とは、主に延滞や強制解約、債務整理などの金融事故情報、カードの紛失や盗難に関する情報などです。

クレヒスの重要性

クレヒスを見れば、決済として利用した分の支払いをきちんとできているかどうかが分かります。支払いができている=信用できる、支払いを延滞している=信用できないといったように、その人の信用を測る物差しとなるのです。

これがなぜ重要なのか?それはローンを組む際、金融機関がクレヒスを判断材料の一つとして重視しているからです。誰でもそうですが信用できない人にお金を貸そうとは思わないはずです。お金を貸すからには、きちんと返してくれる信用できる人に貸したいと思うでしょう。それが商売であればなおさらであり、相手を信用して金銭を貸与することを「与信」ということからも分かります。

クレヒスが良好であれば新規でカード申込する際、審査が有利に働く可能性が高く、入会の確率が上がります。逆にクレヒスに問題がある人は、信用できないリスクがあると評価され、審査落ちする可能性が高いです。

 

クレヒスの作り方

クレヒスが審査に大きく影響することはお分かりいただけたかと思います。では具体的にどのようにしてクレヒスを作っていけばよいのか?ここではクレヒスの作り方について見ていきましょう。

審査基準が異なるからこそクレヒスを作る事が重要となる

お目当てのクレジットカードを取得するためにも、クレヒスを作ることは非常に重要です。クレジットカードの審査基準はカード会社によって異なります。審査に通りやすいクレジットカードであれば良いですが、審査基準が厳しいカードに申込むなら、クレヒスの重要性の割合も大きくなります。何の実績もない状態でいきなり申し込んでも、よほど属性が良好でない限り可決される可能性は低いでしょう。

クレヒスがないと絶対に審査に通らないというわけではありませんが、少しでも審査通過の確率を高めたいのであれば、クレヒスを作り上げることは大切です。

クレヒスの基本は利用して支払いすること

クレヒスと一概に言っても色々ありますが、一番クレヒスとして強力なのは支払いができていることです。クレジットカードを利用し、支払いをすると、カード会社はその利用履歴を信用情報機関に記録してくれます。

これを毎月続けていけば、利用した分を問題なく支払いできている事実が、客観的に見て容易に判断することができます。このクレヒスを見たカード会社は、「うちのカードも問題なく使ってくれそう」と評価される可能性が高まるでしょう。

どのぐらいの期間クレヒスを育てればよいのか?

1ヶ月2ヶ月そこらでクレヒスが十分とは言い難いですし、逆に何年も使い続けないと駄目となれば骨の折れる作業だと感じてしまうでしょう。これに関して正確な答えはありませんが、一般的には半年~1年以上経過後が望ましいと言われています。まずは半年頑張ってクレヒスを作り続けてみると良いのではないでしょうか。

 

クレヒスの作り方をもっと具体的に解説

クレヒスを作るといっても具体的にどうすれば良いのか分からない!そんな方のために、クレヒスの作り方の具体的な方法について紹介します。

定期的にクレカ決済して期日を守って払う

クレヒスの作り方といっても、その方法は実にシンプルなもので「定期的にクレカ決済して期日を守って支払いする」これだけで十分です。毎月○円以上決済しないといけない、月に△以上利用しないとダメといった決まりはありません。

注意点としては、決して無理をしないことです。無計画にカードを使ってしまい支払いができなくなれば、マイナスな実績を作り出してしまい、余計にクレカを作りにくい状況になってしまいます。無理なく支払いできる範囲でカード決済するようにしてください。

ハウスカードは作りやすい?

ハウスカードは、数あるクレジットカードの中でも審査に通りやすい傾向にあるカードです。ハウスカードとは発行している会社でしか利用することができないという特徴があります。例えば、コスモ・ザ・カードはコスモ石油でしか決済利用ができない様になっています。使い勝手は悪いですがクレヒスを作るためと割り切るためと考えれば、一つの方法と言えるでしょう。

一番簡単!?あえてクレカを作らずにクレヒスを作る方法

債務整理などの諸事情によりクレヒスがまっさらな状態な人や、今までクレカを作ったことがないという人は、そもそもクレカを作ること自体が難しいと言えます。

そのような人は無理にクレカを作ろうとせず携帯電話を分割購入する方法がオススメです。これは新規契約・機種変更どちらでも構いませんし、対象機種も、最新機種でも型落ちで安く販売されている機種でも問題ありません。携帯電話を分割払いで購入するということは割賦契約にあたりますので、それがクレヒスとしてでき上がります。

ポイントとしては10万円以下の機種を選ぶことです。携帯電話の割賦購入は10万円以上となると割賦販売法に基づき、詳細な審査が行われる可能性があるからです。逆に言えば、10万円未満の契約であれば、本人確認書類等簡単な書類のみとなり、言わば無審査に近い状態で契約が可能となります。

 

クレヒスを作るためにはACマスターカードがいいのか?

クレヒスを作るのに最適なのはアコムの「ACマスターカード」です。アコムと聞いてカードローンを思い浮かべるかもしれませんが、実はクレジットカードも発行しています。数あるクレジットカードの中でも、なぜACマスターカードがオススメなのでしょうか?

審査基準が異なるからこそ最初の一枚としてオススメ!

申込の門戸が広い消費者金融が発行しているということが、まず発行の観点で優位と言えます。ACマスターカードはパートやアルバイトの方でも申込できます。

どのカード会社も審査基準を公表していませんが、一般的に消費者金融は銀行に比べて審査難易度が低いと言われています。もちろん審査が甘いというわけではありませんし、審査に落ちる人も一定数存在します。

ACマスターカードにはカードローン機能を付けることも可能です。仮にカードローン機能付きクレカの発行が無理でも、カードローンだけのACマスターカードなら審査OKというケースもあります。カードローンは1万円からの超低与信のため、他のクレカと比較しても審査基準が異なります。クレジットカードの与信枠はほとんどが10万円以上からであり、この事からもACマスターカードが他のカードに比べて取得しやすいのが分かります。

アコムならではのクレヒス作りができる

ACマスターカードのショッピングとカードローンは、信用情報上では別契約になります。仮に、ショッピング枠とカードローン両方の契約ができれば、ショッピングでのクレヒスと、カードローンでのクレヒス両方を一度に作ることができます。これはアコムだからこそできることと言えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

VISA

三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み前に審査落ちしないために気をつけるポイント

三井住友系列ということで、信頼性が高く人気カードの1枚となっています。なかでも三井住友VISAデ

記事を読む

クレジットカード 審査

審査の甘いクレジットカードに対する実態調査と審査の正しい知識を解説

この記事にたどり着いた方は「クレジットカードの審査について調べている方」か「のっぴき

記事を読む

クレジットカードの作りやすさ

作りやすいクレジットカードってどんなカード?おすすめカードと作りにくい人の特徴や審査難易度などを様々な点から解説してみました

みなさんはクレジットカードを発行する時には何を重視するでしょうか?ポイント還元率の高さ、付帯保険

記事を読む

クレジットカードは派遣社員でもつくれる!審査から申し込みまで徹底解説

クレジットカードはいろいろな種類が発行され、さまざまな方がもてるようになってきました。正社員以外

記事を読む

クレジットカードの審査ってどんなもの?

クレジットカードの審査ってどんなもの?

クレジットカードの入会や発行に対して、会社ごとに設けている「審査基準」というものがあ

記事を読む

PAGE TOP ↑