今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

クレジットカードは家計簿にどう付ける?その方法や対応アプリをご紹介!

家計簿をつけていると、その記帳方法に迷ってしまうのがクレジットカードの利用履歴です。

実際にお金が動いていないため、現金の動きを記帳する家計簿では付けようがないからです。

またクレジットカードを使った月と預金口座からの引き落としの月がずれており、一月あたりの正しい損益が計算できない、もしくは現金残高が合わない…そんな悩みに当たったことが誰にでもあるかと思います。

この記事では、そんなクレジットカードの利用分をどのように家計簿に反映させていけば良いのかをご紹介します。

ぜひクレジットカード記帳の参考にしてください!

なぜクレジットカードは家計簿に反映しにくいのか?

クレジットカードは、一括払いや二回払、ボーナス払であれば利息がかからず、決済額に応じてポイントが溜まるものが多いため、普段の決済でも利用している人が多いものです。

また、クレジットカードを使用した後すぐにウェブ上の利用明細が更新されるものもあり、家計管理のツールとしても役立つもので、現金払いよりも管理がしやすいこともメリットです。

一方で、家計簿は通常「現金」の動きを中心に記帳をするものであるため、物を買ったりサービスを受けたその場で現金による決済が行われないクレジットカードでは、その日に家計簿に書き込むことができません。

このため、家計簿をぱっと見ただけでは何も支出がないのに、実際には金銭を消費していることになるため、実際の購入履歴とお金の動きがずれてくるのです。

クレジットカードを家計簿に反映させる方法その1

それでは、クレジットカードを使った場合はどのように家計簿を付けていけば良いのでしょうか。

これには、2つの方法があります。まず1つ目は、クレジットカードを使った日付で家計簿に書き込むものです。財布の中からはお金は出ていっていませんが、実際にはお金を出して物を買ったりするのと同じことですので、収支を正しく把握することができます。

これならば本来の家計簿と同じ効果を発揮しますので、家計簿を見て使いすぎなどを防ぐこともできます。

ただし、この方法ですと今あるお金の現物と家計簿上の残高は一致しないことになるため、注意が必要です。

残高不一致の対処法

上記のお金の現物と家計簿残高が不一致となることを解決する方法として、クレジットカードで払った分と同額を財布から出し、封筒などに保管しておくというものがあります。

これならば現金の動きも家計簿と一致するうえ、クレジットカードの引き落とし日前にその封筒の現金を銀行口座に預け入れておけば、残高不足による引き落としミスもありません。

封筒を使うのが煩わしければ、そのまま財布から銀行口座の預金に預け入れてしまっても構いません。

このような方法で財布からお金が出ていけば、うっかり使いすぎるといったことも防げますのでおすすめの方法です。

クレジットカードを家計簿に反映させる方法その2

クレジットカードで払った分を家計簿に反映させるもう1つの方法は、実際に預金から引き落としがあった日に家計簿に書き込む方法です。

この方法ではお金の流れと家計簿の残高は常に一致することがメリットですが、家計簿上はクレジットカードを使用してから引き落としまでの間に一切履歴が残らないため、一ヶ月の間にどのくらいの消費をしたのかが見えないことがデメリットです。

一ヶ月ごとの収支を見ることが家計簿のおもな役割と考えれば、この方法はあまりおすすめはできません。しかし、現金の動きさえ把握できれば良いと考える人は簡易的なこの方法でも良いでしょう。

複式簿記家計簿ならクレジットカードも問題なく対応できる

通常の家計簿であればクレジットカードの記帳に頭を悩ませることになりますが、複式簿記の仕組みを導入している家計簿であればこの問題はクリアできます。

支出は各費用として借方に計上し、貸方を未払金などで計上しておけば、損益も負債もきちんと把握できます。

また、最近はクレジットカードの利用履歴を記帳するための手書きの家計簿や、家計簿アプリも出ていますので、そういったものを使用しても良いでしょう。

マネーフォワードなど一部の家計簿アプリは、ウェブ上のクレジットカードの利用履歴を自動的に取得し、家計簿に反映してくれるなど非常に便利な機能を持つアプリもありますのでおすすめです。

クレジットカードも家計簿に付けてしっかり家計管理を

近年はクレジットカードをはじめとして電子マネー、ポイントカード、QRコードなど決済方法は多岐にわたる時代です。

預金口座も複数持つ人が増えており、従来の現金を中心とした家計簿では管理が難しくなってきていることも事実です。

しかし、インターネットを活用すれば明細はすぐに確認もできますし、クレジットカードでの支出も現金の支出も同じものですので、現金の増減だけにこだわらずその観点で家計簿をしっかりと付け、家計管理を怠らないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください