今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

転職に役立つ30代向けの資格9選!30代が資格取得を目指すときの注意点も解説

「30代なのに履歴書に書ける資格がなにもない。」「30代が転職に有利になる資格は何だろう。」と、30代のビジネスパーソンが転職を考え始めると資格の存在が気になりますよね。
30代の転職で本当に役立つ資格にはどんなものがあるのでしょうか。

30代が転職のために資格取得を目指すときは注意も必要ですよ。
ここでは、30代の転職に役立つ資格と取得にあたって気をつけたいポイントを紹介します。

→30代の転職におすすめの転職サイト・エージェントはこちら

30代の転職に役立つ汎用性の高い資格

30代が業界や業種を問わず転職で評価されたいなら、広くビジネス基礎力のアピールになる資格を取得しておくといいでしょう。
どんな資格がビジネス基礎力の証明に役立つのでしょうか。
ここでは、30代の転職に役立つ汎用性の高い資格を紹介します。

日商簿記

商工会議所が実施する検定の中でも知名度抜群の日商簿記。
1級~3級までありますが、自身の状況に応じて目指すべき取得級が変わってきます。
級ごとのレベルやどんなタイプ30代が目指すべきかを下記に示しました。

・1級 経営管理や分析などができる高度な簿記、会計学の修得レベル。
1級取得で税理士試験の受験資格が得られるため、30代で税理士資格の受験要件を満たしていないが受験を目指す人にもおすすめです。

・2級 30代で税理士事務所スタッフや一般企業の経理、財務部に転職するなら2級がないとやや厳しいでしょう。
3級で学ぶ商業簿記のほか、工業簿記まで学ぶため、30代が工場や製造業への転職するならあると有利です。
・3級 商業簿記が身につき小規模企業での経理を担当できるレベル。
経理職以外でも、営業や管理部門での転職でも評価されやすいため、30代なら職種関係なく取得しておきたい級です。

秘書検定

秘書への転職のみならず、すべてのビジネスパーソンに役立つのが秘書検定です。
試験内容は、秘書の資質といった秘書向けの項目は一部分にとどまり、敬語の使い方や接遇マナー、一般常識や文書作成スキルなどを問う問題が多くあります。
30代の転職組はビジネスマナーはできて当然とされますが、意外とできていない人も多いもの。
30代がビジネスマナーを再確認できる、実践的な資格として学ぶ価値があります。

TOEIC

英語力の証明として、転職市場では英検以上に評価されるのがTOEIC。
外資系などグローバル系企業への転職のほか、大手や優良ベンチャーでも社内公用語が英語の場合もあるため、30代が転職を目指すなら必須です。
履歴書に書けるレベルとしては最低でも600点以上から。
30代が英語を使う仕事に転職するなら750~800点はないと厳しいケースが増えてきます。

MOS

エクセルやワードなど、一般企業で広く利用されているマイクロソフトオフィス製品を利用できるスキル証明がMOS。
30代が必ず身につけておきたい事務能力を知るための指針となるため、事務業務があるすべての転職でアピールできます。
各ソフトについてバージョンやレベルごとの科目があり、スキルを証明したい分野に絞って取得できます。

業界が決まっている30代の転職に役立つ資格

特定の業界や業種において高い評価を得る資格は、すでに業界が決まっている30代が取得すべき。
ここでは、転職の方向性が決まっている30代に役立つ資格を紹介します。

介護福祉士

30代が介護業界への転職を目指すならぜひ取得しておきたいのが国家資格の介護福祉士。
養成施設や福祉学校を卒業していない30代が取得を目指すには、実務経験と実務者研修修了が受験資格になるため、すでに介護業界で働いていてキャリアアップを目指す人におすすめです。
30代がゼロから介護福祉士としての転職を目指すなら、まずは介護職員初任者研修が必要です。

フォークリフト運転技能者

30代が運送、物流、製造業への転職を目指すなら評価されやすいのがフォークリフト運転技能者。
指定教習機関での講習を受講し修了試験に合格すればいいため、取得は難しくありません。
その割にニーズが高く、資格手当が付くことも多いので、取得してあると転職に有利で3年収アップにも期待できます。

宅地建物取引士

不動産のエキスパートとしての証明になるのが宅地建物取引士。
宅地建物取引主任者から、平成27年4月に名称変更されました。
不動産関係事務所で5人に1人の割合で配置が義務づけられているため、30代が不動産業界の転職を目指すなら取得しておきたい資格。
合格率が16~17%程度あるため法律系の国家資格の中では取得しやすい部類に入りますが、真剣に勉強しないと簡単ではありません。

難易度高めだが30代の転職で評価されやすい資格

30代が転職で評価されやすい資格を目指すなら、難易度が高めの資格を取得するのも1つ。
取得が難しい分、企業の人事担当者を「おっ」と思わせるインパクトがあります。
30代が今からでも取得を目指せる難関資格を紹介します。

社会保険労務士

社会保険労務士は、社会保険実務のプロ。
大きくわけると、労働基準法をはじめとする労働法と、健康保険や年金などの社会保険関係の法知識を学びます。
合格率は5~8%と推移しており難関ですが、その分、総務や人事などのバックオフィス系職種や社労士事務所、金融業界、公的機関など幅広い場所で評価の対象になります。

中小企業診断士

中小企業の経営診断や助言をおこなう専門家が中小企業診断士。
特に男性の30代ビジネスパーソンから人気が高い資格で、コンサルティング業界や経営に関わる立場での転職で評価されやすいです。
1次試験のみの合格率を見ると15~20%前後で推移していますが、その後、2次、2次口述と受験していくため、ストレートでの合格率は4%前後の難関となっています。

30代が転職のために資格取得を目指すときの注意点

30代が転職のために資格取得するときは気をつけたいポイントもあります。
すでに30代で年齢的な問題もあるため、やみくもに資格の勉強を始めても貴重な時間と費用の無駄になる可能性も。
ここでは、30代が転職のために資格取得を目指すときの注意点を紹介します。

30代は自分の強みにつながる資格を

30代の転職では、経験、未経験転職問わず、これまでの経験やすでにあるスキルが何かを判断されます。
転職市場における年齢の壁を感じるようになる30代ですから、今から全く新しい分野での資格取得を目指すのはおすすめできません。
すでにある自分の強みを強化するような資格を取得し、さらなるアピールポイントとしましょう。

仕事に活かせる資格が大前提

30代が資格取得するときは、仕事に活かせるものであるのが大前提。
たとえば、事務職への転職でフォークリフト運転技能者を取得しても意味がないとわかりますよね。
仕事とは関係のない趣味系資格も、いくら履歴書に書いても評価されることはありませんし、その時間があるなら転職活動を熱心にやった方がいいというもの。
30代では転職先の業務に深く関わる資格でなければ転職で有利にはなりませんので、転職して何をしたいのかを掘り下げて考えておくことも大切です。

難関資格でも30代は転職先で経験が求められる

合格率が1桁台以下の難関資格は、高い評価を得やすい一方で必ずしも転職に有利とは限りません。
30代の場合は資格プラス経験が求められるケースも多く、20代のように先に資格取得して転職先で育ててもらう選択肢はなくなってきます。
30代は資格取得を目指すと同時に、その分野での経験を積んでおくことも必要だと思っておきましょう。

勝算がない資格取得は危険信号

30代が資格取得を目指すときは、事前に勝算を計算しておくことも大切です。
特に難関資格の場合、取得までの年数がかかり、容易な資格に比べて費用もかかります。
勝算がないと判断すれば最初から資格取得は目指すことはやめて、別のビジネススキルを磨く方がキャリアにとって効果的ですよ。
勝算の判断基準としては、学力の問題以上に、今の仕事をしながら勉強時間が確保できるのか、毎日勉強を続ける意欲が本当にあるのかといった点が重要になります。

本当に資格を取得したいなら何かを捨てる覚悟も必要

30代が資格取得のために頑張りたいと決心したら、今は何かを捨てる覚悟も必要です。
友人たちと飲みに行くのもしばらくはお預けは当然として、仕事以外の時間をすべて勉強に費やすくらいの覚悟が必要です。
結婚されている方は、家事育児などについて配偶者からの理解やサポートが必須になるため、そこまでしてでも取得したい資格かどうかを考えてからにしましょう。

30代が転職のために資格取得するなら下調べをしっかりと!

30代の転職で評価されやすい資格はさまざまありますので、転職先や目的に応じて取得を目指すのはいいことです。
ただし、30代は転職で有利になりそうだからと言ってやみくもに資格取得を目指すのはNG。転職したその先に活かせることを大前提とし、今の状況から取得できるのか、時間とお金をかける価値がある資格なのかをしっかり調べておきましょう。

30代の転職におすすめの転職サイト

資格を活かせる求人が豊富な、30代向けの転職サイト、転職エージェントを紹介します。

求人数が多いdoda

転職サイトのdoda
サービス種類求人サイト、転職エージェント
非公開求人数13万件超
利用者層20代〜40代
得意業種営業・マーケティング・エンジニア
dodaの特徴
  • 業界最大級の求人数を誇る転職サイト
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーなどのサポートツールが豊富
  • 職種・業界特化のキャリアコンサルタントの徹底サポート
  • キャリアアップを目指す女性の転職支援のサポート強化
  • 若手から中堅層に圧倒的な支持

転職サイト最大手のリクナビNEXT

リクナビNEXT
サービス種類転職サイト
非公開求人数2万社超
利用者層20代〜30代
得意領域営業・事務・管理
リクナビNEXTの特徴
  • 転職者の約8割がリクナビNEXTを利用している
  • 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能が人気
  • 30分かけて自身の強みを分析する「グッドポイント診断」が便利
  • 女性・第二新卒者も就職・転職支援のサポート強化
  • 設備・工事の技能工から小売・外食まで幅広い職種が強み

IT転職に強いマイナビエージェント

マイナビエージェント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数2万件以上
利用者層20代〜30代
得意領域営業・ITエンジニア・ものづくりエンジニア
マイナビエージェントの特徴
  • 全国に配置されたマイナビの法人営業担当が全国の大手上場企業からベンチャー企業までの人事担当者と太いネットワーク
  • 就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」など多岐にわたる人材情報サービスのノウハウを活用
  • 応募書類の添削や面接対策など転職活動をトータルサポートしてくれるキャリアコンサルタント
  • 年収アップやキャリアアップを目指すPMやエンジニアにもおすすめ
  • とりあえずリクルートエージェントと合わせて登録しておくべき転職エージェント

即戦力人材を求める企業とマッチするビズリーチ

ビズリーチ
サービス種類転職エージェント
非公開求人数11万件以上
利用者層20代〜30代
得意領域IT・ゲーム・デザイン業界、経営・管理・人事
ビズリーチの特徴
  • ビズリーチは完全非公開ハイクラス向け転職サイト
  • 厳正な審査を通過した1,700名以上の一流ヘッドハンターとマッチング
  • 転職成功の秘訣はプレミアムプラン(2,980円+税/月)加入でヘッドハンターからのスカウトに返信してコミュニケーションを取ること
  • 高年収・経営ボードなどのキャリアアップをを望むハイクラス層におすすめ
  • 20代ならキャリトレがおすすめ

実績豊富なリクルートエージェント

リクルートエージェント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数16万件以上
利用者層20代〜40代
得意領域営業・技術職・事務
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の転職エージェント
  • 業界最大級の非公開求人はなんと16万件以上
  • 中国・東南アジア・インドをはじめとした海外企業への転職案件も多い
  • 新卒や未経験から正社員への転職サポートも充実
  • とりあえず転職を始めてみる人におすすめ

外資系転職に強いJACリクルートメント

JACリクルートメント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数9,000件以上
利用者層30代-50代
得意領域経営・管理職・技術職・専門職
JACリクルートメントの特徴
  • 1988年から転職活動の支援実績は40万人超
  • 高い専門性を備え、業界出身者も多いキャリアコンサルタントはまさに転職のプロフェッショナル
  • 650名ものコンサルタントが直接企業とコンタクトをとり、求人のスペックだけではなく社風や部・課・チームの雰囲気なども伝えられる
  • 外資系や日系大手グローバル企業への転職にも強み
  • とりあえずリクルートエージェントと合わせて登録しておくべき転職エージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください