今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

PASMOを紛失してしまったら?利用停止手続きと再発行の流れを解説!

電車やバスなどの交通機関やコンビニ・自動販売機での支払いなど、PASMOを毎日使う人も多いですよね。
そんなPASMOをもしも紛失してしまったら?
オートチャージサービスや一体型PASMOを使っている場合は、早めの対処が重要です。
今回は、PASMOを紛失した場合の利用停止手続きや再発行の流れなどを紹介します

PASMOを紛失してしまった場合は?

pasmo

引用元:PASMOの種類

電車やバスはもちろん、コンビニや自動販売機での支払いにも便利なPASMO。

PASMOを無くしてしまった場合は、すぐにPASMO・Suicaエリアの駅かバスの営業所に紛失したことを申し出る必要があります

オートチャージサービスを利用していたり、クレジットカード機能付きの一体型PASMOを使っている場合は、悪用を防ぐためにも早めの手続きが必要です。

記名PASMOとPASMO定期券・一体型PASMOを紛失した場合は、再発行の手続きが可能です

残念ながら、無記名PASMOは誰のものか特定することができないため、再発行はできない仕組みとなっています。

PASMOを紛失した場合、利用停止手続きができる場所は?

購入はPASMOエリアの駅やバスの営業所のみと限られるPASMOですが、PASMOを紛失した場合は、PASMO・Suicaエリアの駅やバスの営業所などで利用停止の手続きをすることができます。

オートチャージサービスや一体型PASMOを利用している人はもちろん、チャージ残高が多い場合は早めの手続きが重要になります。

紛失後は、すぐに最寄りの駅かバス営業所にて利用停止手続きを行ってください

PASMOを紛失した場合、再発行手続きができる場所は?

PASMOを紛失した際はSuicaエリアの駅でも利用停止手続きができますが、再発行手続きは購入時同様、PASMOエリアの駅やバスの営業所のみの取り扱いになります。

再発行は券売機で行うことはできませんので、窓口にて再発行手続きを行ってください。

PASMOを紛失した場合、再発行に必要なものは?

PASMOを紛失し、利用停止の手続きをする場合は、本人確認できる公的証明書(健康保険証や運転免許証など)が必要になります。

PASMO購入の際に登録した名前・性別・生年月日・電話番号を元に、再発行の手続きは行われます。

必ず間違いのないよう、手続きしたい本人の証明書を用意して窓口に申し出てください。

翌日以降、再発行手続きを行う際には、再発行整理票・公的証明書・手数料510円・デポジット代500円が必要になります。

PASMOを紛失した場合、再発行の方法は?

記名PASMO・PASMO定期券を紛失した場合のカード利用停止から再発行までの流れを説明します。

  1. PASMO・Suicaエリアの駅やバスの営業所にPASMOを紛失したと申し出る。この時、公的証明書が必要です。
  2. その場でPASMOの利用停止手続きを行い、再発行整理票を貰う。
  3. 翌日から14日以内に、再発行整理票・公的証明書・手数料510円・デポジット代500円を用意し、PASMO取扱事業者の窓口に申し出る。15日が経過した場合は、再度申し込みが必要になるので注意。
  4. その場で再発行。

一体型PASMOを紛失した場合はこちらです。

  1. PASMO・Suicaエリアの駅やバスの営業所にPASMOを紛失したと申し出る。この時、公的証明書が必要です。
  2. その場でPASMOの利用停止手続きを行い、再発行整理票を貰う。
  3. クレジットカード会社に連絡する。
  4. クレジットカード会社から新しい一体型PASMOが届く。
  5. 新しく届いた一体型PASMO・クレジットカード会社から届いた案内状・再発行整理票・公的証明書・手数料510円を用意しPASMOの窓口に申し出る。一体型PASMOの場合、デジポット代はかかりません。

利用停止手続きはSuicaエリアの駅でも可能ですが、再発行はPASMOエリアの駅でしかできない仕組みになっているので注意が必要です。

一体型PASMOに定期券が付加されている時は、再発行の手続きをした翌日以降に定期券を発行している事業者へと申し出てください。

PASMOを紛失した場合、再発行にかかる時間は?

紛失した際すぐに再発行可能なイメージのPASMOですが、利用停止手続きの翌日にならないと、再発行はできない仕組みになっているようです。

すぐにPASMOを使いたい人は、利用停止手続きの後で無記名PASMOを購入して使うのも一つの方法です。

尚、無記名PASMOは公的証明書さえあれば簡単に払い戻すことができ、払い戻し手数料もかかりません。

PASMOを紛失した場合、チャージ残高はどうなる?

PASMOを紛失し再発行手続きをした場合に気になるのが、紛失したPASMOに残っていたチャージ残高の行方ですよね。

PASMO紛失後に利用停止手続きを行った場合、その時に残っていたチャージ残高はそのまま再発行したPASMOへと引き継がれる仕組みになっています。

紛失後から利用停止までに誰かに使われてしまっていた場合、使われたチャージ残高は残念ながら戻ってくることはありません

紛失したPASMOが再発行後に見つかった場合は?

再発行手続きをした場合、紛失したPASMOが見つかっても再度利用することはできません。

紛失したPASMOが見つかった場合は、PASMO・Suicaエリアの駅やバスの営業所などに持っていくことで、カードと引き換えにデポジット代500円を払い戻すことができます。

払い戻しには本人確認ができる公的証明書(健康保険証や運転免許証など)が必要になります。

まとめ

今回は、PASMOを紛失した場合の利用停止手続きと再発行について説明しました。

ある程度の金額をチャージして使うPASMO。

紛失してしまった場合は、すぐに最寄り駅にて利用停止手続きを行うことが重要です。

また、鞄などに繋げて使えるICケースなどを利用して、紛失しないよう未然に備えておくのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください