PayPayでネットショッピングがお得🉐

au WALLETとau Pay、QUICPay(クイックペイ)の違いとは?特徴や役割を一覧比較

au Pay(auペイ)
「決済手段が増えすぎて良く分からない……」
特にauユーザーならお得に使えるau WALLETやau Pay

ですが、
・au WALLETとau Payの違いは?
・au WALLETで使えるQUICPayって何?
・それぞれの役割は?
など気になることがあると思います。

そこで、この記事ではau WALLETとQUICPayやau Payとの関係についてまとめました。

関連記事

au WALLETとは

au WALLETプリペイドカード

まずはQUICPayやau Payとの関係を説明するために、au WALLETについておさらいも兼ねて確認しておきましょう。

au WALLETとは、au IDユーザーが審査不要で発行できる、マスターカード加盟店で使えるプリペイドカードのことです。

発行手数料無料・年会費無料で使える上に、利用金額に対してau WALLETポイントが貯まるのが特長です。

au WALLETの基本情報
年会費無料
発行手数料無料
国際ブランドマスターカード
申込資格au携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらを契約している12歳以上の方
ポイント還元200円(税込)ごとに1ポイント

au WALLETとQUICPayの関係

au WALLETとQUICPayの関係をつなぐのはApple Payの存在です。

au WALLETはマスターカードのプリペイドカードですが、Apple Payに登録することでQUICPay加盟店の支払いに利用することができます。

マスターカードが使えないお店でも、QUICPayマークのあるお店ならau WALLETが使えるようになりますので、利便性が向上します。

Apple Payに登録する方法


au WALLETをApple Payに登録する方法は非常にカンタンです。

au WALLETのプラスチックカードが無い方はau WALLETアプリから、プラスチックカードがあるかたはiPhoneのWALLETアプリから登録できます。

au WALLETアプリから登録
  1. au WALLET アプリをタップ
  2. TOPの「Apple Payの設定・使い方」をタップ
  3. 登録内容を確認して、設定完了
WALLETアプリから登録
  1. Wallet アプリをタップ
  2. 「カードを追加」をタップ
  3. 画面に表示される手順に従い、カードを追加して、設定完了

QUICPayの注意点

QUICPayのロゴの違い

au WALLETを登録したApple Payを利用できるのはQUICPayマークのあるお店ですが、いくつか注意事項があります。

QUICPayの注意事項
QUICPayの種類上図の右側にある+マークのついたQUICPay加盟店のみで利用可能
1回の利用額上限最大100万円
利用不可店舗あり
ガソリンスタンドや自動販売機など

au WALLETクレジットカードも登録可能

なお、au WALLETにはポイント還元率が2倍(200円で2ポイント貯まる)クレジットカードもあります。

auユーザーなら年会費無料で使える上に、多くの特約店でポイント優待がありますのでおすすめです。

年会費無料
申込資格18歳以上
発行時間最短4日
国際ブランドVISA,マスターカード
付帯機能海外旅行保険
au WALLETクレジットカードの特徴
  • au料金(スマホやauでんきなど)の支払いは1,000円(税抜)ごとに10ポイント&200円(税込)ごとに2ポイント貯まり高還元
  • au WALLETポイントアップ加盟店なら200円ごとに3ポイント以上貯まる
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 年間100万円までカード利用で購入した品物を補償するお買物あんしん保険(国内外対象)
  • au WALLETアプリが便利!au Payとの相性も抜群
※au WALLET クレジットカードにご登録されているau IDに紐付くau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅらのご契約がすべて解約・一時休止・譲渡などされた場合は、年会費1,250円(税別)がかかります。また、その場合はカード利用によるポイントの付与などの特典は対象外となりますのでご注意ください。 ※18歳以上(高校生を除く)に加えて、au携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fi ルーターなど)auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約していること、本人または配偶者に定期収入のあることが必要になります。なお学生の方は定期収入の有無にかかわらず申し込み可能です。

au PayとQUICPay(クイックペイ)との違い

au PayとQUICPayの比較

実のところ、au WALLETはプリペイドカードだけでなくau Payというコード決済アプリも存在します。

au PayとQUICPayの違いが分かるように簡単な一覧表にしました。

比較項目au PayQUICPay
決済方法QRコード決済
バーコード決済
クイックペイ
使えるお店100万ヶ所以上(2019年6月24日時点)約90万(2019年3月時点)
ポイント還元200円(税込)1〜3ポイント200円(税込)1ポイント
1回の支払上限金額5万円未満最大100万円

au Payはキャンペーンが豊富

三太郎の日

2018年12月にPayPayの100億円キャンペーンに端を発したQRコード決済のキャンペーン合戦がヒートアップしたことで、au Payでも毎月大型企画を展開しています。

例えばau Payの三太郎の日毎月3日、13日、23日にau Payの支払いで最大20%還元になります。

このようなキャンペーンや企画がいくつも並行して行われているのがau Payのメリットと言えるでしょう。

auスマートプレミアムパス会員とは

au Payを最大限に活用するにはauスマートプレミアムパスの加入が必要です。

月額料金がかかりますが、使い放題サービスや特約店、クーポン配信なども加わりますので、au Payのポイントアップも活用できる方ならお得になります。

auスマートプレミアムパス会員のメリット
au Payポイント還元が200円(税込)3ポイント付与
三太郎の日20%還元
特約店マクドナルド、TOHOシネマズ、ファミリーマートなど
その他特典スマホのデータ復旧サポートなど

QUICPayが使えるおすすめクレジットカード

クレジットカードはApple PayGoogle Pay、おサイフケータイなどに登録することでQUICPayが使える券種があります。

その中でもQUICPayとの連携キャンペーンを開催していたり、還元率の高いおすすめクレジットカードをご紹介します。

JCB CARD W

JCB CARD Wは常にポイント2倍で利用できる年会費無料のクレジットカードです。

入会条件も18歳以上39歳以下と若者向けの審査基準でおすすめです。

年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
付帯機能海外旅行傷害保険,JCBのハワイ特典
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • Amazonやセブンイレブン等の優待店舗が充実
  • スターバックスカードのオンラインチャージはポイント10倍
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 女性におすすめのJCB CARD W plus Lも用意
注目!!JCBカードのキャンペーンまとめ!【2020年8月最新】

au PayとQUICPayを繋ぐau WALLET

au PayとQUICPayを使い分けるにしろ、その中心にあるのはau WALLET(プリペイド/クレジットカード)です。

これがau Payが楽天ペイやLINE Payに、QUICPayがiDやSuicaに変わったとしても、支払いを集約させるプリペイドカードもしくはクレジットカードを何にするかで使いやすさやお得さは変わります。

クレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどいくつもの支払い方法が溢れている昨今だからこそ、上図に使い分ける知識や情報を見極め身につけていきたいものです。

NO CASHLESS, NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください