今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

au PAY(auペイ)とは?KDDIから登場したau PAYの中身を徹底予測します!

au Payとは?

2019年に入り、LINE Pay、PayPay、楽天ペイをはじめとした、多くのスマホ決済サービスが乱立する現在、後発ともいえるのau Payに勝算はあるのでしょうか?

au Payを手がけるKDDIの代表取締役の高橋社長は「後発と言われるかもしれないが、そんなに遅れをとっているわけではない。」と発言し、強気な姿勢を見せています。

そこで、この記事では高橋社長の方針から予測されるau Payの参入時期や機能についてご紹介していきます。

au PAY(エーユーペイ)とは?

au PAYはKDDIが提供する、コート決済の総称です。

具体的にはQRコードによる決済か、バーコードによる決済になります。

au Payはいつからスタート?

KDDIのスマホ決済サービス「au Pay」は4月9日からサービスが開始されました。

au WALLETのポイントを管理ができる既存アプリ「au WALLETアプリ」に、スマホ決済=au PAYの機能を付加させてアップデートさせます。

au WALLETアプリの利用者にとってはau PAY機能が追加されるだけです。

新しくアプリをダウンロードして、新たに会員登録をするなどといった、めんどうがないので、au WALLETアプリのユーザーを中心に急速な普及が考えられます。

au PAYの機能を予想してみた!

au Payに搭載される機能を4つ予想してみます!

  • 楽天ペイ加盟店でもau Payが利用できる
  • 複数の支払い方法に対応
  • 預金管理機能
  • キャリアフリー化

楽天ペイ加盟店でもau PAYが利用できる

au Payはサービス開始にあたって、楽天ペイと連携し、楽天ペイ加盟店でもau Payが利用できる環境を目指しています。

楽天ペイのインフラを利用できるようになれば、サービス開始と同時に、すでに多くの店舗でau Payでの支払いが可能となります。

さらに、楽天ペイと同時にQUICPayの利用も受け入れる予定で、その両方が実現されれば、サービス開始時には約100万以上の店舗でau Payが利用できることとなります。

もちろん加盟店はKDDIでも独自に拡大していくと思われます。

また、au Payはカカクコム運営の「食べログ」や、メルカリの子会社のスマホ決済サービス「メルペイ」との連携も進めています。

今後au Payだけに限らず、徐々にさまざまなサービスの加盟店でau Payが利用できるようになると思われます。

au PAYは複数の支払い方法に対応

au Payはau WALLETでの支払いの他に複数の支払い方法に対応することが予測されます。

QRコードでの決済をはじめ、プリペイドカード支払い、QUICPay、Apple Pay、その他ポイント支払いなど、さまざまな支払い方法でau Payが利用できるようになるでしょう。

au Payだけの支払いに絞ってしまうと、利用場面やユーザーの拡大が限られてしまい、au Payの普及が頭打ちになる可能性があります。

au Payは楽天ペイのインフラを借りるうえ、食べログやメルペイなど他社との連携をうまく活用している傾向にあります。

そのため、au Payのユーザー満足度を高めるためにも、柔軟な対応が必要とされ、それに伴い他社の決済方法を受け入れ、徐々にサービスが拡大していくのではないでしょうか?

LINE Payは現在、QRコード決済の他に、QUICPayやプリペイドカード支払いなど複数の支払い方法に対応しており、将来的にはau PayもLINE Payのように支払い方法のマルチ化が考えられます。

預金管理機能

au Payは既存のアプリに決済機能を付加させる形でサービスを開始します。

まだ正確な時期は決まっていませんが、決済機能に加えてさまざまな預金管理機能を付け加える方針です。

預金管理機能には、具体的に出金・送金機能や個人間送金、じぶん銀行への払い出しなどがあります。

もし、KDDIが運営しているネット銀行「じぶん銀行」への払い出しが可能となれば、じぶん銀行の口座から直接支払うデビットカード式の支払い方法が可能になるかもしれません。

さらに、出金・送金機能が加われば、au Payからじぶん銀行への出金・送金手数料が無料、もしくは手数料を抑えるサービスが展開する可能性もあります。

そのため、さまざまな機能の追加が予想されるau Payは、auキャリアユーザーを中心にお得なスマホ決済サービスとなるのではないかと思われます。

キャリアフリー化

現時点での情報によると、au Payはauユーザーに優位なスマホ決済サービスとなっています。

auユーザーにターゲットを絞ってしまうと、au Payとしての普及が頭打ちになると予想されます。

そこで、KDDIの高橋社長は、IDや決済などauユーザー特化型のサービスをキャリアフリーにして、SoftBankユーザーやドコモユーザーにとっても使える、利便性の高い決済サービスを目指す方針を明らかにしています。

SoftBankのPayPayはどのキャリアユーザーでも全てのサービスが利用可能ですし、ドコモのd払いは、IDやポイントをオープン化しています。

au Payのオープン化も、この他社キャリアの波に押された点があると言えるでしょう。

今後はau WALLETやじぶん銀行を利用する、他社キャリアユーザーが増え、PayPayを利用するか、d払いを利用するか、au Payを利用するのか、現在利用中の通信キャリアに限らず、自分にあったサービスを選択することになるかもしれません。

au Payへの期待

au Payは後発のサービス開始にも関わらず、強気の姿勢を見せる高橋社長は、以下の2点の理由から、au Payの有用性を示しています。

  • 現在1000億円の残高がau WALLETにある
  • au WALLETアプリの月間アクティブユーザーが数百万人規模

現在au WALLETの総残高は1000億円にのぼるといいます。

残高から大多数のヘビーユーザーの存在が明らかであり、au Payリリース後すぐにサービスが利用されることがすでに目に見えているようです。

また、au WALLETアプリの月間アクティブユーザーは数百万人いると想定されており、au WALLETアプリに決済機能を付加する形でau Payをリリースすれば、その数百万人のユーザーにau Payをリーチさせられます。

そのため、以上の2点の理由から、ユーザーの獲得・サービスの利用がすでに見込めるようです。

過去、サービスが比較的後発に開始したPayPayは、リリース前に「Yahoo! JAPAN」アプリからPayPayでの支払いを可能にするなど、さまざまな対策を講じてユーザー獲得を目指しました。

しかし、リリース当初はユーザー数や利用者数が伸び悩み、楽天ペイやOrigami Payを大きく突き放すことはできませんでした。その後、PayPayは100億円キャンペーンを実施して、同日にPayPayを起動したユーザーをこれまでの約5倍まで上昇させ、ユーザー獲得に成功しています。

そのため、au Payも同様にリリース後の利用者数が予想を下回り、また新たな利用者獲得の策を講じるために、キャンペーンを行うのではないかと思われます。

今後のau Payの続報や、リリース後のサービス、キャンペーン等に期待が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください