今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

クレジットカードは学生のままで大丈夫?実は気をつけたいクレジットカードの登録情報とは

学生がクレジットカードを作る時に気をつけることと正しい作り方
クレジットカードは高校生は作れませんが、大学生から作ることができます。
学生であること自体が信用性に繋がるので、在学中アルバイトなどの収入がなくても、卒業後収入を得るまでは、登録情報が学生のままでもおおむね問題なく利用が可能です。
ただし卒業後無職の状態が続くと、キャッシングが利用できなかったり、与信枠を下げられたりする可能性があるので注意しましょう。

クレジットカードを大学生が持つべき理由とは?知っておきたい基本情報

日本はクレジットカード後進国といわれていますが、近年徐々にキャッシュレスでのカード決済が浸透しつつあります。
クレジットカードはポイント還元や各種優待特典などで、慣れてくれば現金払いよりもずっとお得に利用できるものです。

また利用履歴を重ねることで社会的ステータスのアップにも繋がり、将来長きにわたってさまざまな利益をもたらす特質があります。
そこで学生のうちからクレジットカードを持ち、その活用法を学ぶことで、未来の社会人生活を有意義に生かすことができるのです。

そのためにもクレジットカードについてしっかり理解しましょう。
下の記事を熟読してくれればと思います。
参考学生におすすめのクレジットカードキャンペーン!元楽天カード社員が選ぶお得な9枚を紹介

クレジットカードを大学生から使うべき理由!卒業後に活かすために

一般ランクのクレジットカードの多くは、高校生を除く18歳以上であれば学生でも作ることができます。その際学生自身に収入がなくても、学生ということ自体がカード会社の信用に繋がる要素となるため、とくに問題がなければおおむね審査に通りやすいといわれています。
ただ収入なしの場合キャッシング利用ができないといった面がありますが、学生のうちにカードを作り利用履歴を重ねることで、社会に出て早い段階でよりハイグレードなカードが持てるなど、ステータスアップに繋がります。
また計画的な家計管理も身につくので、将来のためにも社会人になる前にクレジットカードを作り、利用に習熟しておくと良いでしょう。

大学生のままで良い?クレジットカードの登録情報とは

クレジットカード申込で個人情報を申告する際、「勤め先区分」欄や「職業」欄に属性を記載します。オンライン申込では公務員、アルバイト、自営業、主婦、学生、年金受給者といった項目から選択する流れです。
その際学生であれば、「収入あり」、「収入なし」に選択肢が分かれることがありますが、アルバイト収入などがなければなしと申告するようにしましょう。
登録情報は申込者の信用情報の基幹をなすものです。収入がないのにありと申告して、その後キャッシングを利用する際、収入状況の確認で虚偽がばれるようなことになあれば、信用性に瑕がつき、限度額などの設定にも影響を及ぼすことになります。
また学生で、卒業後就職して安定収入を得るようになるまでは、学生登録のままでカードを使い続けても大丈夫な場合が大半です。
ただし収入を得るようになった際は、収入状況の確認が与信に関わってくるため、登録情報の変更が必要となります。

卒業してもクレジットカードは学生のまま使える?

多くの一般クレジットカードでは、卒業しても券面に刻まれた有効期限内であれば、そのままカードを使い続けることができます。また学生専用カードではたいていの場合、有効期限が卒業時に設定されており、問題なければ卒業と同時に通常カードへと切り替わります。
以下3種のカードを例にとり、詳細をみていきましょう。

セゾンカードは学生のままで使えるのか?

年会費が税別3,000円発生しますが、U25応援キャンペーンにより26歳になるまで年会費無料で利用できるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックス付帯のハイスペックなカードとして学生にも人気です。
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードでは学生専用特典も特になく、卒業収入を得るようになるまでは学生登録のままでも問題はありません。
ただし26歳になると年会費が発生するので、その点を注意しておきましょう。

楽天カードは学生のままで使えるのか?

楽天の学生専用カード「楽天カードアカデミー」では、卒業年の6月に手続き不要で新たな楽天カードが送られ一般カードに切り替わり、その際個人情報を新たに登録することになります。

三井住友カードは学生のままで使えるのか?

三井住友カードには、18歳~25歳限定で、以下2種類のカードがあります。
三井住友VISAデビュープラスカード:限度額80万円
三井住友VISAデビュープラスカード(学生):限度額30万円
三井住友VISAデビュープラスカード(学生)は与信枠が抑えられている以外、三井住友VISAデビュープラスカードとの相違はなく、「(学生)」となっていますが学生以外でも申込みができます。
2種類いずれのカードも卒業後、就職し収入を得るようになるまでは、登録情報の変更はとくに必要ありません。
三井住友VISAデビュープラスカード(学生)には学生限定の特典もないので、卒業後仕様に変化が生じることなく従来通りに使い続けられます。
また25歳を過ぎても、カードに刻まれている有効期限まで利用でき、問題がなければ26歳以降、最初のカード更新時に、20代限定ゴールドタイプ「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替わります。

内定をもらってもクレジットカードは学生のままで使える?

卒業後社会人となるにあたって、入社日前に内定をもらった段階では、まだ収入が発生していない状況なので登録情報の変更は不要です。
またその後に内定取り消しや辞退といった状況もありうるため、正式に入社ののちに登録情報の変更を行うようにするのが良いでしょう。

就職しなければクレジットカードを学生のまま使える?

先に述べた通り、就職して与信状況にかかわる継続収入が発生しなければ、通常は卒業後も学生のままでクレジットカードを使い続けることができます。

卒業後もクレジットカードを学生のままで使うデメリットとは

アルバイトなどの収入があれば別ですが、卒業後も収入なしの学生のままで登録情報を変更しなかった場合、カード会社で収入状況の確認が行われるキャッシング枠が利用できなくなります。
審査が甘いとされるクレジットカードでも、年収額は少なくても安定した収入があることを入会条件に定めているところが少なくありません。
ショッピングと違って、カード会社からじかにお金を借り入れるキャッシング枠を設定するには、利用者に収入があることが前提となるため、無職でキャッシングを利用したい場合は、非正規雇用でも良いのでまず収入を得るようにしましょう。
また卒業後自身の収入がない場合、希望通りの与信枠を設定できなくなる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください