💡PayPayカード×最大7,000円相当💡

横浜銀行のクレジットカードの作り方!横浜バンクカードを作る時の手順と必要なもの《永久保存版》

この記事では即日発行の横浜銀行のクレジットカードについてまとめました。

横浜バンクカード

横浜バンクカード

申込資格18歳以上70歳以下(高校生は除く)
年会費無料
国際ブランドVISA,mastercard,JCB
旅行傷害保険なし
ショッピング保険なし

横浜銀行のクレジットカードは誰でも作れるの?

横浜銀行のクレジットカードの申し込みに必要なものは?

横浜銀行のクレジットカードの発行手順は?

他のおすすめのクレジットカード!

気になる部分は下の目次から、各見出しに飛んでもらえればすぐ読めます!

目次

横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)の作り方を知る前に!まずはチェック!申し込み条件

いくら横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードを作りたいと願ったところで、自分自身が申し込み条件を満たしていなければ横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードを作ることは事実上不可能です。

気になる横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの申し込み条件はこちらです!

申込資格
横浜銀行普通預金(総合口座、決済用普通預金口座を含む)が開設してある必要があります。
(インターネットからの申込の場合、横浜銀行普通預金(総合口座、決済用普通預金口座を含む)が開設してある必要があります。)
・満18歳以上満70歳以下で安定した収入のある方
・満18歳以上の専門学校・短期大学・大学・大学院等の学生の方
・満18歳以上満70歳以下の主婦の方
・満71歳以上で安定した収入等があり、ご利用を希望される方
※満20歳未満の方や学生の方・66歳以上の方 または、横浜銀行で他の無担保カードローンをお持ちの方はバンクカードローンのお申込はできません。
※学生・主婦・未成年の方のカードには、家族会員カードをお申込になれません。

さてあなたはしっかり申し込み条件をクリアしていましたか?

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの申し込み条件に適していた人は次の章から作り方について解説していくので次に進んでみて下さい!

また申し込み条件に適していなかった…と言う人は下記のサイトや今ページ下のランキングを参考にしてみて下さい。
いつまでかかる?横浜銀行クレジットカード申込みにかかる審査時間と問い合わせ

横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)の作り方?申し込み方法は?

横浜銀行のクレジットカードの申し込み条件はわかったけど、どこで申し込めば良いか少し気になりますよね?

横浜銀行のクレジットカードは、横浜銀行の公式サイトや横浜銀行の窓口からの申込みとなります。
ただし、口座開設が必要ですので、口座がない方はインターネットで、「お取引はじめてパック」で申込書類を請求して送ってもらいましょう。

インターネットでの申し込みは24時間可能ですので、時間がない方は便利ですが、セキュリティーが気になる方もいるかと思います。

インターネットの性質上0%とは言い切れないですがら、セキュリティー強化などの対策もされてますので信頼は出来るでしょう。

横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)の作り方を知る前に!準備すべき5つのもの

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方を知って、いざ作るぞ!と言う状態になった時に必要なものが準備できていなかったら興醒めですよね。

そこで横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方を知る前にクレジットカードを作る際に必要なものを紹介するのでその準備から初めてみて下さい。

横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)を作るのに必要なもの要点まとめ
(△:いずれか1つでOK、◯:必須、※:場合によって必要)

  • (△)運転免許証
  • (△)パスポート
  • (△)健康保険証
  • (△)住民票の写し
  • (◯)銀行口座
  • (◯)銀行の届出印
  • (※)(店舗受取りの場合)審査結果通知のメール
  • (※)(キャッシング希望の場合)収入証明書類

収入証明書類に関しては下で詳しく紹介しているので参考にしてみて下さい。

キャッシング枠を申し込むなら年収証明書類が必要

横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)の作り方の流れ

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方と言ってもいきなり詳しい話から言われてもよくわからないかもしれないので、まずは大まかな流れを知っておきましょう。

①カードタイプを選ぶ(一般カード・ゴールドカード・横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカード・Suica)
②個人の基本情報を入力する
2-1勤務先(学生の場合は学校名)情報を入力する
2-2キャッシング・リボ払い設定を入力する
2-3(即日発行を希望する場合)受取店舗を選択する
2-4ETCカードの追加発行を希望するか選択する
2-5(対象の金融機関があれば)振替口座登録をする※要ネットバンキング
③申し込み手続きを完了する
④本人確認の電話連絡を受ける
⑤審査結果のメールを受け取る
⑥1週間〜2週間以内にに届く本人限定受取郵便もしくは簡易書留を受け取る
⑦カード裏面にサインを書く

ここから下は各手順ごとに詳しく紹介していきますのでご覧下さい。

横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)の作り方で注意したいのは個人情報を記入するところ

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの審査落ち原因で意外と多いのが個人情報を記入する際のミスなんです!

気をつけて記入しないと間違ってしまうことなどがあるので注意しましょう。

またカードを初めて作る人が躓きやすいポイントも紹介するので参考にしてみて下さい。

横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)の個人情報記入で躓きやすいのは生計を同一にするもの

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの申込手順で氏名や住所などの基本情報を入力していると、生計(家計)を同一にする人数を言う項目が出てくると思います。

見慣れない言葉ですので、何を書けば不安になる方がいると思いますが、簡単に言えば「その人の収入で何人を養っているか。」で考えてみると良いでしょう。

生計(家計)を同一にする人数
会社員で家族を養っている場合本人(1名)+家族人数
会社員で一人暮らし本人(1名)
学生でアルバイトだけで
生活している(家賃含)
本人(1名)
学生で仕送りで生活している本人(1名)+家族人数
専業主婦・無職本人(1名)+家族人数

ETCカードが欲しければ横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)を作る時に同時に申し込もう

クレジットカードの中にはETCカードが発行できるカードも存在し、中には無料でETCカードを発行できるなんてカードも存在します

ETCカードの発行は個人情報の記入時に同時に申し込むだけなのでもし利用したいと言う人がいるならば申し込んでみましょう。

下記ページで横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードのETCカード発行に関する詳しい情報を載せていますので参考にしてみて下さい。
参考記事横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードはETCカードを年会費無料で発行できるの?

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方ではキャッシング・リボ払いは必要ない?

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードのキャッシングを希望すると勤務先に在籍確認として電話されたり、審査の収入項目を厳しく見られたりするため、スムーズな発行に結びつかない場合があります。

リボ払いも設定のまま申し込みを完了させてしまうと、自動リボといって全ての支払がリボルビング払いとなり、いつのまにか金利手数料を支払っていた、という状態に陥ってしまうかもしれません。横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)でも実際にそういう苦情をしばしば見かけます

下の画像はエポスカードの申し込みフォームのスクショですが、キャッシング枠を0円にするのが微妙に隠れていたりしてわかりにくいので、1つずつ確認しながら手続きを進めましょう。

エポスカード キャッシング枠

はじめからキャッシング利用を目的に横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードを作る予定だったとしたら、横浜銀行のクレジットカード(横浜バンクカード)よりも審査時間も最短30分と早く、金利手数料もクレカ業界最安級のACマスターカードにするのが無難でしょう。

キャッシング枠を申し込むなら年収証明書類が必要

どうしてもキャッシング枠を利用したいと言う場合なら上で紹介しているものの他に年収証明書類が必要になります。

年収証明書類として有効なものは、「源泉徴収票」「 給与の支払明細書(直近2か月分)」「確定申告書」「 納税通知書(年収もしくは所得金額の記載があるもの)」「 年金証書(年金額の記載があるもの)」ですのでしっかり用意しておきましょう。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方はカードを受け取るとこも重要

[カード]名の審査に晴れて通過したとしても横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方に関してはまだ途中なので気を抜かないで下さい。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの受け取り準備をしっかり行なっていないといざ届いたというときに受け取ることができないなんてことになりかねませんから注意していきましょう。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの受け取りに必要なもの

上でも紹介しましたがカードを受け取る際は本人確認書類が必要になります。

本人確認書類として最適なものは運転免許証/保険証/パスポート/住民票の写しのいずれかになっていますからしっかり用意しておきましょう。
運転免許証を持っていないと意外とすぐに用意するのが難しかったりしますので、受け取る前には絶対に準備しておくようにしましょう。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードをもっと早く受け取りたい!即日発行可能なカード

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードを即日で発行することは厳しいことが多いので、どうしても今すぐカードが欲しいんだと言う人は即日発行可能なカードに乗り換えるのも一つの手でしょう。

例えば、47都道府県600ヶ所以上(2018年12月1日現在)に受取店舗を展開するACマスターカードや都市圏にお住まいならマルイで受け取れるエポスカードなら、申し込み時に指定した受取店舗に必要なもの(免許証や銀行の届出印)を持って行くことで、すぐに受け取ることも可能です。

実際にエポスカードで学生が試したら1時間半で申し込みから受け取りまで完了しました。

他にも即日発行に対応したクレジットカードの作り方を知りたい人は下記の参考リンクをご覧下さい。

参考即日発行できるクレジットカードランキング

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方は裏面にサインしてゴール

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードが届いたら、必ず裏面にサインを書きましょう。

本来は裏面のサインがないと原則使用することができません。(多くの加盟店でスルーしていますが……汗)

また旅行傷害保険やショッピング保険、不正・盗難時の補償などもサインがなければ適用されませんので、万が一の時も考えて忘れずに署名をしておきましょう。

なお、クレジットカードのサインはどんなものでも構いません。フルネームでも良いですし、名字だけ、名前だけ、イニシャルだけでもなんでもOKです。

クレジットカードのサイン

今はICチップの導入でサインレスの機会が増えているとは言え、何かと煩わしいサインのできるだけ簡素化するために、書きやすくご自身のクセが出やすいサインを考案すると良いかも知れません。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方で注意したい3つのこと

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの作り方は今までで紹介してきましたが、まだいくつか注意すべき点が存在しますのでしっかり読んでみて下さい。
横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカード以外のクレジットカードを作ろうとする際にも同様の注意事項がありますので参考にして下さい。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードは未成年では作れない

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードは申し込み資格が原則満20歳以上となっているため、未成年の方は申し込むことができません。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードを作るなら複数のカードには同時に申し込まない

これは全ての人に当てはまりますが、横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードの審査が不安だから…と言って他のカードに同時期に申し込むのはやめましょう

同時に申し込むとそのような目的でないとしてもカード会社側から「キャンペーン目的」「不正利用目的」であるなどあらぬ疑いをかけられ審査に通りにくくなってしまうからです。

複数枚カードが欲しい場合は1ヶ月以上の期間を開けてから他のカードに申し込めば問題ないので参考にして下さい。

本当に横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードで大丈夫?自分にあったカードに申し込む

クレジットカードと一概に言ってもその種類はとてつもないほどあります。
したがってあまり何も調べずにカードに申し込むと後に「あ、あのカードの方がいいかも…」なんてことになりかねません。

ですからしっかりクレジットカードについて吟味してから横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードなりカードに申し込むようにしましょう。

横浜バンクカードで家族カードを申し込む

横浜銀行のバンクカードは、家族カードが発行できます。
年会費は無料、家族カードを2枚まで作ることが出来ます。

ただし、家族会員の年会費は1人目まで無料で、2人目以降は1,100円(税込)の年会費が発生しますので、注意が必要です。

Suicを搭載した横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードを申し込むことが出来る

横浜銀行が発行している横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードにはSuica機能を搭載した「横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードSuica」があります。

Suica機能を搭載していることは、もちろんですがキャッシュカード、クレジットカード、ローンカード、デビットカードの4つの機能が網羅されたカードであることが特徴です。

また、横浜銀行のインターネットバンキング〈はまぎん〉マイダイレクトと横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードを契約すると、横浜銀行ATM時間外利用手数料、コンビニ等ATM利用手数料(月3回)、〈はまぎん〉マイダイレクト他行あて振込手数料(月2回)が無料となります。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードSuicaを申し込む時に気を付けること

横浜銀行では、申し込み時の注意事項を以下のように掲載しています。
横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードSuicaを作る際には一読しましょう。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードはお一人さま1契約となります。
新規のお申し込みには、普通預金(総合口座・決済用普通預金を含む)が開設してあることが必要です。
法人名義ではお申し込みになれません。法人の方へは横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカード・ビジネスを用意しています。
横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードSuica・横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードSuicaゴールドには、家族カードのお取り扱いはありません。なお、キャッシュカード(代理人カードを含む)をご利用の場合、横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードが発行され、ATMで一度利用されますと、現在ご利用中のキャッシュカード(代理人カードを含む)は利用できなくなりますのでご注意ください。
お申し込みにあたっては、ご本人さまがご記入・ご入力ください。
店頭窓口でのお申し込みの際はお取引申込書とともに普通預金通帳(総合口座通帳・決済用普通預金通帳を含む)・お届け印、ご本人さまを確認できる運転免許証やパスポートなど(学生の方は学生証も)をご持参ください。
20歳未満の方(既婚者の方を除く)および学生の方の場合、親権者の方の同意が必要となります(後日、ご同意の確認をすることがあります)。
源泉徴収票などの所得確認資料のご提出をお願いする場合があります。また、追加でその他の所得確認資料のご提出をお願いする場合もあります。
お申し込みの確認のため、ご自宅またはお勤め先にお電話をかけることがありますので、ご了承ください。
お申し込みに際して、当行所定の審査があります。審査結果によっては、ご希望に添えない場合があります。
カードの発送は、通常、窓口でのお申し込みの場合はお申込日から2~3週間後、インターネットでのお申し込みの場合はお申込日から10日~2週間後となります(状況により左記期間を超える場合があります)。海外旅行などに行かれる方は、余裕をもってお申し込みください。

横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードよりも作りたくなるクレジットカードランキング

ここからは横浜銀行のクレジットカード横浜バンクカードよりもおすすめのクレジットカードをランキング形式で紹介していきます。

一般的に評価が高いカードばかりですのであなたにぴったりのカードが存在する可能性も高いと思いますのでぜひ一回は目を通してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください