今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

アロマ初心者におすすめのアロマオイルブランド5選

アロマオイルのおすすめブランド

アロマテラピーに関心はあるけれども、どんな物をどこで手に入れたら良いのか?とわからなかったり、知り合いの噂などで聞いてフラッと立ち寄ったお店でアロマオイルオイルを買ってみたけれど、なんだか心地良くないなどはありませんか?それもそのはず、アロマオイルというものはとても範囲が広く様々な物があるからです。

ではどんな物が安心して使えるアロマオイルなのか、おすすめをご紹介します。

初心者でも安心できるアロマオイルとは?

アロマオイルという言葉は、単純に訳すと「芳香油」良い香りのする油という意味になります。しかし、世間では植物のエキスをギュッと濃縮したハーブの香りがするものという認識が強いと思います。

そのようなものは、「精油」または「エッセンシャルオイル」とよびます。精油はとてもすごいパワーを持っていて、ただ良い香りがするだけでなく皮膚や粘膜などから芳香分子が吸収され、身体の隅々まで行き渡ります。

それに対してアロマオイルは合成の香料を使っているので、購入の際にはきちんとチェックが必要です。

アロマオイルのおすすめブランド5選!アロマ初心者ぴったり

では、具体的にどのようなアロマオイルが良いのか、色々な点から考えてブランドを5つ挙げてみます。

まず気軽に試したいなら「生活の木」

全国的に店舗が展開されている「生活の木」はご存知の方も多いことでしょう。生活の木はアロマテラピー関係の製品やハーブを扱っていて、ある程度知識のあるスタッフが対応してくれるので、相談して購入したい場合などにも便利です。

取り扱っている精油は、芳香浴用の大容量オイルやパートナーファームと呼ばれる世界中の契約農園の植物から作られた精油、有機栽培の高品質な精油まであり、種類も豊富です。精油だけでなく、容器や手作りするための材料なども取り揃えていますのでつい色々な物が欲しくなってしまうショップです。

また色々な種類を試してみたいけど何本も揃えるのは大変だという方には、検定用のキットとして小瓶がいくつか入ったセットも販売しています。程よい価格帯と安心の材料を求めるなら一度足を運んでみるといいでしょう。

お近くの生活の木店を調べる

本格的なメディカルアロマを目指すなら「プラナロム」

プラナロム社の精油は、すべての瓶ごとに成分分析表が添付されていて、どこでいつ採れたものから抽出したのかまでがわかるようになっていたり、輸入後も再度検査を行っているという本格的な精油を提供してくれています。価格帯はやや高めで、精油の種類によってもかなり差があります。

芳香浴だけに留まらず、身体に塗布したり、精油を使って化粧品を手作りするなどアロマテラピーを十分に満喫したい場合にはおすすめの精油です。実際に店舗として精油を取り扱っている所が少ないのが難点ですが、店舗は持たなくても深い知識を持ったインストラクターがスクールを開いていることもあります。

自分で楽しむだけでなく、しっかりと勉強をして仕事にしたいと考えている人にはおすすめです。

本格的でありながら誰もが楽しめる精油なら「ドテラ」

品質と香りの良さで人気が高いのが「ドテラ社」の精油です。こちらの精油は、セラピー等級と呼ばれるほど高品質でありながらも、気軽に誰もが使える楽しさがあります。精油の中には飲めるものもあり、日本で食品添加物として認可がおりています。

また、身体に塗布しても良い精油には化粧用油との記載があるので安心して使えるのがいいですね。ドテラ社は自社農園を持たず、その植物の栽培に最も適した土地を世界各地から探して材料を調達します。そのため、最適と思われる土地に水道を引くなど一から農園を作ることを支援するプログラムもあるようです。そのようなこだわりから生まれた精油は、今まで他社の精油で苦手だった香りが大丈夫だったという人もいるほどです。

価格帯は精油によって差がありますが、会員は割引を受けられ柑橘系などは1500円程度でも購入できるものがあります。会員制に抵抗がなければとてもおすすめの精油です。

ドテラの想いを読む

和の精油を楽しみたいなら「yuica」

環境保全をしながら人間の健康に寄与するという想いで、日本の樹木から抽出した精油を提供してくれているのが「yuica」です。もちろん西洋のハーブから作られた精油も安らぎや癒しを与えてくれますが、日本人が受け入れやすく落ち着く香りとして和の精油も試してみたいところですね。

yuicaの取扱店舗を調べる

高品質よりお手頃価格を優先なら「無印良品」

もちろん高品質の物を使いたいけれど、手が届かない価格だったり、初めてアロマを体験するのに精油の瓶一本使い切れるかわからないという理由で、低価格の物を探しているなら「無印良品」の精油を試してみても良いでしょう。無印良品の精油は種類が少なくメジャーな香りだけを取り扱っていて、天然100%となっています。たくさんあって迷ってしまうことがキライな方には購入しやすいお店でもあります。

天然100%ということは、薬剤やキャリアオイルで薄めたりはしていない、合成香料を使っていないということであって、オーガニック(有機栽培)ということではありません。また、残留農薬の検査などについても不明ですので、身体に塗布したり、手作りコスメなどに使うには完璧とは言えません。まず、アロマテラピーがどんな感じか?精油それぞれの香りはどんな感じか?芳香剤感覚で使うだけという場合にはおすすめです。

ただ、無印良品の精油を嗅いで苦手だと思っても、品質やメーカーによって香りが違いますので、アロマテラピー自体が苦手だと思ってしまうのは残念なことです。その場合はぜひ他社の物も嗅いでみることをおすすめします。

お近くの無印良品店を調べる

 

アロマ初心者におすすめのアロマオイルブランドのまとめ

まず一番に、精油を購入する際には、「アロマオイル」「フレグランスオイル」という品名の物は合成品である可能性が高いので避けましょう。

高品質な物は、身体に吸収された際にも残留農薬などが臓器に負担をかけたりすることもなく、お子様にも安心して使うことができます。どこまで高品質な物を求めるか、どの程度の価格の物を求めているか、それぞれのニーズに合った精油選びがあるのでどうぞ参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください