【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

シャトレーゼの株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

洋菓子のシャトレーゼは、持株会社化したシャトレーゼホールディングスとしてシャトレーゼの全株式を保有しています。ここでは気になるシャトレーゼの株主優待についてまとめてみました。

シャトレーゼの株主優待の内容について

シャトレーゼは、残念ながら株式上場していないため株主優待制度がありません。

シャトレーゼは、山梨県甲府市に本社を置く食品メーカーです。運営会社は株式会社シャトレーゼですが、持株会社化したシャトレーゼホールディングスとしてシャトレーゼの全株式を保有していますが、非上場です。

シャトレーゼの株主優待券の買い方:一般編

シャトレーゼには株主優待制度はありませんが、一般的に株主優待券を購入する方法としてお目当の企業の株主になる必要があります。
上場していれば、株券は市場に参加すれば誰でも自由に売買できます。口座開設が済んでいれば一般の証券会社で株を購入することができます。

口座が開ければ後はその証券会社が提供しているオンライントレードシステムや実際に店頭で担当者を通じて株式(株券)の売買ができるようになります。

株主優待券購入の流れ

まず、一般的な株主優待券の買い方としては、証券口座を開設してピザハットの株を、購入します。

  1. 証券口座を開設する
  2. 〇〇の株を100株以上購入
  3. 毎年〇月末日の権利確定日まで株を持ち続ける
  4. 株主になれます
株主優待券は、企業ごとに決められた日の株主名簿に記載された株主を対象に、所有株数に応じて送られます。

例えば

  • 株価が1,200円、単元数は100株とすると、
    1,200円×100株= 120,000円
    株主優待券は約12万円の資金で購入できるということです。

株主優待券をもらうための注意点

一般的には株を購入して権利確定の日に株主としての権利があれば優待をもらうことができます。つまり年間でたった1日だけの株主でも株主優待を受けることができます。

株主優待の権利確定日は各企業で決まっていますので、事前に各企業のサイトや証券会社などでも発表されていますので調べておきましょう。

おすすめのネット証券会社

おすすめの証券会社
ピザハットの株を買うときに利用したいおすすめのネット証券会社には、
①SBI証券
②楽天証券
③松井証券
があります。
それぞれのおすすめポイントとしては、
SBI証券
・口座開設数430万突破のネット証券最大手!
・いつもの銀行から即時入金ができる!
・夜間取引ができる!
楽天証券
・楽天証券の国内株式手数料は最低0円から!
・取引で楽天ポイントが貰えたり、楽天ポイントで投資信託が買えたりできる!
・楽天のSPU(スーパーポイントアップ)の対象に!

松井証券
・1日の約定代金が10万円以下なら手数料無料なので、投資デビューに最適
・投資情報ツール&取引アプリがパソコンもスマートフォンも無料!
・夜間取引ができる!

シャトレーゼの株主優待券を金券ショップでの買う方法

シャトレーゼは上場していないため、株主優待券はありません。そのため金券ショップで買うこともできません。

そんな金券ショップには、取得した株主優待券を使い切れなかったり、活用できなく手放された他社の株主優待券が買い取られています。また、換金目的で売却されたものもあります。株主にならずに、株主優待券が欲しい方は近くの金券ショップかオンライン通信販売を行なっている金券ショップを確認してみましょう。

ただし、常にお目当の優待券が売られているわけではなく人気の優待券は売り切れてしまします。優待券は各株主に送付後1、2ヶ月が最も多くあると考えられますので、タイミングをみて購入するとことをオススメします。

注意
ただし、商品券などの金券は古物営業法において規定されていますので、許可を得ている古物商(金券ショップも古物商です)なら取引可能ということになりますので注意してください。

シャトレーゼの株主優待の権利確定月は何月?

株主優待の権利確定月とは、株主権利がもらえる権限が確定する月のことをいいます。

権利確定日に株主として名簿に記載されることにより、「株主優待」や「配当」、「株式分割」などの権利を得られる日のことです。 一般的には3月・9月が多いですが、企業により異なります。

権利付最終日

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

シャトレーゼの株主優待の優待回数は何回?

シャトレーゼには株主優待制度はありませんが、一般的に株主優待の優待回数とは、権利確定月が年に2回ある企業はこの2回のタイミングで、保有している株に応じて、株主優待券が贈呈されます。

株主優待の中でも商品割引券などは、利用上の注意することがあります。それは有効期限があるものが多いということです。有効期限は企業によって様々ですが、半年間とか1年間といったケースが多いようです。また、現金との引き換え、お釣りが出ないものがほとんどなので注意しましょう。

シャトレーゼを運営するの株式会社シャトレーゼホールディングスの概要

社名 /株式会社シャトレーゼホールディングス

本社所在地 / 〒400-1593 山梨県甲府市下曽根町3440-1
代表者 代表取締役会長 / 齊藤 寛
代表取締役社長  / 齊藤 貴子
創業 / 昭和29年12月20日
設立 / 昭和39年2月13日
資本金 / 7,000万円
事業内容 / 菓子、ワイナリー、ホテル、ゴルフなどの各事業を中心とした企業グループの企画・管理

社名 /株式会社シャトレーゼホールディングス
代表者 代表取締役会長 / 齊藤 寛
代表取締役社長  / 古屋 勇治
創業 / 昭和29年12月20日
設立 / 平成22年4月1日(新設分割)
資本金 / 5,000万円
事業内容 / 洋菓子、和菓子、アイスクリーム、パン、飲料の製造・販売およびFC店の全国展開

山梨県甲府市で洋菓子作りを行うシャトレーゼは歴史が古い老舗企業です。
社名は、フランス語で城を意味するシャトー(Château)と、ブドウを意味するレザンを合わせた造語であり「ぶどうの城」を意味しています。

シャトレーゼを運営する株式会社シャトレーゼホールディングスの証券コード

株式会社シャトレーゼホールディングスの証券コードはありません。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。

会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。

インターネットを利用して銘柄データを検索するときに、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

シャトレーゼの株主優待についてのまとめ

シャトレーゼには、株主優待券はありませんでした。

しかし、シャトレーゼは、2012年にメートル・ポール買収してオランダへの出店や、シンガポール、マレーシアや中国、韓国などにも積極的に出店して拡大をしていますので、株式上場による優待制度の実施に期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください