【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

ヨドバシの株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

ヨドバシカメラはマルチメディア総合販売店ですが、カメラ、パソコン、AV機器、生活家電、通信機器、ゲーム、玩具、時計、ブランド品、音響映像ソフト等を扱っています。
そんなヨドバシカメラでは気になる株主優待は実施されているのでしょうか?

ここでは気になるヨドバシカメラの株主優待についてまとめてみました。

ヨドバシカメラの株主優待の内容について

残念ながらヨドバシカメラはまだ上場しておらず、株主優待制度は実施されていませんでした。

実のところ2015年頃に、上場するのではないかと噂をされていました。ライバルの家電量販店では、株主優待制度などを行なっているところもあるため、今後の上場に期待したいです。

ヨドバシカメラ株式会社は上場する?そもそも上場(IPO)とは?

昨年にソフトバンク 上場(IPO)が決定した際は、投資家からかなりの注目を集めていました。

このように知名度も実力があれば投資家の方からかなり期待をされます。
ヨドバシカメラも2015年頃より上場(IPO)が噂されていますが、上場していません。今後どうなるのでしょうか?

ところでIPOとは、新規上場株式のことで、証券取引所に上場し誰でも株取引ができるようにすることです。
IPO株投資とは、新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れ、上場日のはじめに付く株価を初値で株を売ることで利益を出すことです。

簡単にいうと上場する前に株を手に入れて、上場日に売るという作業。たったこれだけで利益が出る投資法です。

ヨドバシカメラの株主優待券はないが、一般的な買い方

一般的に株主優待券の一般的な買い方としては、まずお目当の企業の株主になることです。
まず、証券口座を開設して株を購入します。

東証(東京証券取引所)などに上場している企業であれば株券は、市場に参加すれば誰でも自由に売買できます。まずは、口座開設を済ませて一般の証券会社で株を購入しましょう。

口座が開ければ後はその証券会社が提供しているオンライントレードシステムや実際に店頭で担当者を通じて株式(株券)の売買ができるようになります。

株購入の流れとしては、

  1. 証券口座を開設する
  2. 〇〇の株式を〇〇株以上購入
  3. ◯月◯日の権利確定日(翌日)まで株を保有する

一般的には株を購入して権利確定の日に株主としての権利があれば優待をもらうことができます。つまり年間でたった1日だけの株主でも株主優待を受けることができます。

株主優待の権利確定日は各企業で決まっていますので、事前に各企業のサイトや証券会社などでも発表されていますので調べておきましょう。

ヨドバシカメラはないけど、株主優待券を金券ショップでの買う方法

残念ながら非上場なので、ヨドバシカメラの優待券がないため、金券ショップでも取り扱いはありません。

取得していた株主の方が、使い切れなかったり活用できないなど手放すことがありますが、常にお目当の優待券が売られているわけではなく人気の優待券は売り切れてしまします。優待券は各株主に送付後1、2ヶ月が最も多くあると考えられますので、タイミングをみて購入しましょう。

注意
ただし、商品券などの金券は古物営業法において規定されていますので、許可を得ている古物商(金券ショップも古物商です)なら取引可能ということになりますので注意してください。

ヨドバシカメラはないけど、株主優待の権利確定月とは?

株主優待の権利確定月とは、株主権利がもらえる権限が確定する月のことをいいます。

権利確定日に株主として名簿に記載されることにより、「株主優待」や「配当」、「株式分割」などの権利を得られる日のことです。 一般的には3月・9月が多いですが、企業により異なります。

株主優待がある場合は、権利付き最終日に株を保有していると株主優待をもらえる権利が確定しますので、正確な情報を企業WEBサイトで確認することをおすすめします。

また、権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

権利付き最終日

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。

ヨドバシカメラを運営するのヨドバシカメラ株式会社会社概要

会社名 / 株式会社 ヨドバシカメラ
本社所在地 / 〒169-8585東京都新宿区北新宿3-20-1
設立 / 1960年4月
従業員数 / 5,000名(2018年4月現在)
売上高 / 6,805億円(2018年 3月)6,580億円(2017年 3月)6,796億円(2016年 3月)
代表者 代表取締役 / 藤沢 昭和
事業内容
パソコン・OA機器・カメラ・デジタルカメラ、オーディオ・ビデオ機器、家電、時計、携帯電話、ゲーム機およびソフト、CD/DVDソフト、書籍/電子書籍、スポーツ/アウトドア用品、日用品などの販売。
取引銀行 / りそな銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行

ヨドバシカメラの株主優待についてのまとめ

ヨドバシカメラの株主優待は、非上場ですので残念ながらありませんでした。

今後の上場に期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください