【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

セブンイレブンとローソンの「カスタードたいやき」食べ比べ!

各コンビニで力を入れているコンビニスイーツ。
手軽に購入できるので、ついつい手に取ってしまうという方も多いのではないでしょうか?
毎月新商品が発売されており、洋菓子だけでなく和菓子のラインナップも増えてきています♪

今回はセブンイレブンとローソンで見つけた「カスタードたいやき」を食べ比べてみました!

商品名と値段

商品名と値段を比較してみました。

セブンイレブン

セブンイレブンの商品名は「しろもちたい焼き」です。
お値段は1個138円(税込)です。

ローソン

ローソンの商品名は「もっちりとした白いたい焼き」です。
お値段は1個130円(税込)です。

カロリー

カロリーを比較してみました。

セブンイレブン

セブンイレブンの「しろもちたい焼き」のカロリーは230kcalです。

その他の栄養成分はこちらです。

たんぱく質1,2g
脂質9,8g
炭水化物糖質34,0g
食物繊維0g
食塩相当量0,2g

ローソン

ローソンの「もっちりとした白いたい焼き」のカロリーは167kcalです。

その他の栄養成分はこちらです。

たんぱく質1,9g
脂質5,9g
炭水化物糖質26,3g
食物繊維0,2g
食塩相当量0,6g

大きさ・重さ

大きさと重さを比較してみました。

(上)セブンイレブン (下)ローソン

セブンイレブン

セブンイレブンの「しろもちたい焼き」の大きさは縦6,5cm・横14cm、重さは94,5gでした。

ローソン

ローソンの「もっちりとした白いたい焼き」の大きさは縦6,5cm・横13,5cm、重さは84gでした。

ローソンと比べるとセブンイレブンの方が横に大きく、ずっしりと重さがありました。

生地

生地を比較してみました。

セブンイレブン

セブンイレブンの「しろもちたい焼き」の生地はつるっとしていて、とてもモチモチでした。
生地にこんにゃくペーストが入っているので、わらび餅に近いような食感を感じました。
また、中のクリームが透けて見えるくらいの透明感があります。

ローソン

ローソンの「もっちりとした白いたい焼き」の生地は、モッチリしていながらも少し弾力がありました。
しっかりとしていますが、そこまで重すぎない生地でした。
見た目はローソンの方がたいやき感があります。

クリーム

クリームを比較してみました。

セブンイレブン

セブンイレブンの「しろもちたい焼き」はバニラシーズを練りこんだカスタード風味のクリームが入っています。
普通のカスタードクリームよりも甘すぎず上品な味のクリームでした。

ローソン

ローソンの「もっちりとした白いたい焼き」は牛乳と卵をたっぷり使用したなめらかな食感のカスタードクリームが入っています。
セブンイレブンのクリームよりも色が濃いめで、味も濃厚でした。

まとめ

今回はセブンイレブンとローソンの「カスタードたいやき」を食べ比べてみました!
同じ「カスタードたいやき」ですが、見た目も味も全然違って美味しかったです。
最後にそれぞれの感想をまとめてみました。

セブンイレブン

  • 生地がモチモチでとろけるような食感
  • クリームが甘すぎず上品な味
  • 新感覚のたいやき
  • ローソンよりも値段とカロリーが高い

ローソン

  • 生地がモッチリしていながらも弾力がある食感
  • クリームが濃厚
  • たいやき感がある
  • セブンイレブンよりも値段とカロリーが低い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください