💡三菱UFJカード最大11,000円分還元💡

ETCカードの登録とは? ETCカードの新規登録と追加・変更の方法まとめ

高速道路をスムーズに通ることができるのがETCカードです。

車を持っているおよそ90%の人が持っているこのカードを使用するためには、車に取り付ける車載器とETCカードの登録が必要です。

ETCを初めて使う人にとってはどのように登録すれば良いか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで、ETCカードの登録に不安を持っている人のために新規登録、追加、変更の方法をまとめてみました。

ETCカードとは?登録前に知っておきたい基礎知識

ETCカードの新規登録、追加、変更の方法を知る前に、ETCカードの基本知識を学んでおきましょう。

ETCとは、高速度路や有料道路を通行する際の自動料金収受システムのこと。車に取り付ける車載器とETCカードが必要になります。

ETCを利用するとキャッシュレスで高速道路のゲートを通過することができ、料金は後日口座引き落としになります。

ETCカードはETC専用カード、クレジットカード一体型、パーソナルカードの三種がありそれぞれ登録が必要です。

ETCカードの登録が必要な2つのサービスとは

ETCカード作ったあとは、登録することで様々なサービスを受けることができます。主なサービスは次の通り。

・ETCカードマイレージサービス
・ETCカード利用紹介サービス

ETCカードマイレージサービスとは、登録することで、高速道路を走向した利用料金に応じて、ポイントが貯まるサービスです。
たまったポイントは次の月以降に無料走行分として交換できます。
ETCカード利用紹介サービスとは、高速道路の利用状況がすぐに分かるサービス。パソコン画面で印刷できますので会社の経費処理に便利なサービスです。

ETCカードの登録手順!ETCマイレージの場合

ここからは、ETCマイレージサービスの登録方法を紹介します。申し込み方法はインターネットと郵送の2通りあります。

・インターネットによる登録方法

1・ETCマイレージサービスのフォームから氏名、住所などの基本情報と車のナンバー、車載器の登録番号に入力する。
2・一週間程度で、ETCマイレージサービスID、パスワードが届く。
3・ID、パスワードを入力してログインする

・郵送による登録方法

1・高速道路のパーキングエリア、サービスエリア、カーショップに置いてあるETCマイレージ申し込み用に必要事項を申し込み、ETCマイレージサービス事務局宛に送付する。

いずれの方法も先にETCカードを作る必要があります。また、高速道路を走行した料金に応じて加算されるポイントは翌月20以降につきますので注意しましょう。

ETCカードを登録で適用される割引一覧

ETCカードを登録すると様々なサービスを受けることができます。主なサービスは次の通りです。

・平日朝夕割引サービス

平日 朝は6時~9時、夕方は17時~20時に高速道路を走行すると最大走行回数に応じて割引になるサービス。

休日割引

土曜日・日曜日・祝日(終日)
毎年1月2日、3日に地方の高速道路を走行すると30%割引になる。

登録したETCカードを変更する方法とは

登録したETCカードの番号が変わった場合は、変更手続きが必要です。

変更手続きはインターネットや郵送で行えますが、インターネットの場合は、翌午前0時から、郵送の場合は10日前後の期間が必要なので、変更があったらすぐに手続きをしましょう。既にマイレージ登録されているETCカードへは変更できません。

ETCカードを複数登録は原則できない

ETCカードは原則車載器1台につき、1枚のETC専用カード、クレジットカード一体型ETCカード、パーソナルカードを登録することになります。
しかし、家族で1台の車を共有している場合や法人で車を共有している人のために、車載器1台につき4枚までの家族カード、法人カードが作成可能です。

家族カードや同一事務所の法人カードならできる

原則は車載器1台についてETCカード一枚ですが、複数登録するための方法は家族カードと法人カードを作らなければなりません。
家族カードは、無料で作れるところもあり、家族で車を共有している人にはとても便利です。
また、法人カードは、一般のETCカードと同じ割引サービスを受けられる上に、会社の経費計算に役に立つでしょう。

ETCカードの登録車以外でもポイントは付く

旅行先でレンタカーを借りた場合、ETCカードをレンタルできますが、自分で普段使っているETCカードを車載器に挿入してもポイントが付きます。
旅行先には自分のETCカードを持っていくようにしましょう。

ETCカードの登録手順!ETC利用照会サービスの場合

ETC利用照会サービスとは、高速道路を利用した履歴が過去15ヶ月分見りる便利なサービス。専用のウェブサイトから登録可能です。
入力する内容は以下の通りです。

メールアドレス
ETCカード番号
車載器登録番号
車のナンバー

これらを入力してサイトにログインしてETCカードの履歴を確認しましょう。しかし、四時間後から翌日まで確認できないので注意しましょう。

ETCカードの利用照会サービスに必要なレンタカーの車載器管理番号とは

レンタカーを借りた際に、レンタルしたETCカードの利用照会サービスを利用する場合には注意が必要です。
自分のETCカードなら問題ありませんが、レンタルしたETCカードでは、そのETCカードに登録されている車載器登録番号を入力しなければなりません。
レンタカーを返したあとではとても大変な作業になりますので、レンタカーの登録管理番号を控えるなど事前に対策しておきましょう。

ETCカードを登録できない場合の解決策

ETCカードマイレージサービスや利用照会サービスに登録できないときはどうしたらよいのでしょうか?
ほとんどの原因は車載器登録番号がすでに登録されているケースがあります。
特に中古車を購入した場合は、前のオーナーの車載器登録番号になっていることがあるので、ETCマイレージサービス事務局に連絡をするか車を買ったところに問い合わせましょう。

ETCカードを再発行して番号が変わった場合は登録内容を変更しよう

ETCカードを利用期限や紛失のために再発行したときは、登録内容をすぐに変更しましょう。
以前ままではETCカードマイレージサービスのポイントがつかなかったり、利用照会サービスが利用できなくなってしまいます。
ウェブサイト上から変更可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください