【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

転職面接、採用フラグと不採用フラグの見極めは

面接を終えた直後は少しの安堵の後、大きな不安に襲われますよね。
転職面接直後は悪かった部分ばかり思い出されます。
その後、採用の基準が気になり出し始めることになります。
その不安な気持ちを少しでも解消できるように、転職面接でのフラグを紹介します。
担当者の対応から採用・不採用に準じたフラグを見極めることができます。

そもそもフラグって何ですか?

そもそもフラグとは何でしょう。
英語では旗を意味しますがここでの使い方は少し違います。
よくTVで「フラグが立った」と言いますね。
フラグは定番のパターンのことを指します。

転職面接で特定の言葉をかけられると採用フラグといったように、フラグを利用することで今の時点での採用に関する予想を立てることができます。
あくまでも予想ですが、転職面接のように規則的に進むものは、担当者でも質問や回答がパターン化しているので、採用関係の参考になるはずです。

担当者のどんな言動から掴めばいいの?

転職面接では志望動機や自己PRを言うことに必死になりますよね。
採用に関わる質問ですから当然です。
しかし、アピールにばかり気を取られていては採用フラグを見逃すことになります。
採用フラグに気付くことで面接後の安心感にも繋がります。
あなたの面接後の時間を左右するフラグを聞き逃さないように、これがフラグというものを紹介します。
不採用フラグも覚えておくことで、結果を待たずに次の企業を探す時間の確保にもなります。

採用フラグ

担当者からこの言葉が出れば一安心。
代表的な採用フラグは、採用後の具体的な話をされることです。
配属先や入社予定日を確認されたらほぼ採用でしょう。
また前職絡みの源泉徴収を持ってきてと言われる場合も採用の可能性が大きいです。
源泉徴収票は年末調整などに必要になるので、採用を前提に考えていることになりますね。

その他では、社長が握手を求めてくることや、入社後の上司にあたる社員が同席する面接など採用フラグが立ったと言えるでしょう。

不採用フラグ

不採用フラグは立たない方がいいです。
しかし、不採用になった理由を知るという意味では、不採用フラグに気付いておく必要があります。

不採用フラグで注意しておくことは、担当者の言葉づかいです。
採用を前提としていない場合にきつめの言葉を選ぶ担当者は少ないです。
それは不採用通知後、将来的にお客様になる可能性があるからです。
評判を落とさないためにも、担当者はお客様として面接をします。
あまりにも丁寧な言葉づかいや他人行儀な面接は不採用フラグですね。

また、面接の質問内容が履歴書を基準に進むことも不採用の可能性があります。
形式的な面接だけで、特にあなたに興味がない証拠になります。
また、具体的に企業の説明をしない時や逆質問がない場合も不採用フラグになります。

でも、フラグは所詮フラグ

フラグについて知識を積んでおくことは、面接後のあなたの気持ちの面で大きく関わってきます。
採用・不採用どちらか見当を付けておくことが重要になりますね。
しかし、フラグは所詮フラグ。
本当の結果は、通知が来るまでわかりません。
フラグは可能性を示唆するだけで、まったく当てはまらない場合もあります。
採用フラグが立っていたのに不採用だった、内定だと思って次を探していない。
そんなことにならないように、フラグはあくまで参考程度にとどめましょう。

好感触でも落とされることも

面接が好感触だったし、採用フラグも立った。
これで落ちる理由はない、と安心するのはまだ早いです。
採用フラグは参考程度にしましょう。
信用しすぎると、特に落ちた場合のショックが大きくなります。

転職面接は新卒とは違い、会社の求める人物像が重要になります。
どれだけ好感触でも、採用人数やこれまでの経験で落とされる場合があります。
あなたは素晴らしい人かもしれませんが、会社にふさわしい人が転職面接でライバルになった場合には採用フラグは信用できなくなります。

会社としては戦力を求めています。
採用フラグが立っていても、もしかしたら保険としてキープされただけかもしれません。

逆に感触が悪くても採用されることも

採用フラグが立たない、不採用フラグばかり立った。
事務的な面接で、興味がないのだろうと、不安になる人もいるでしょう。
しかし、感触が悪くても採用されることはあります。
まだ諦めるのは早いですよ。

会社によって採用の基準が違います。
もしかしたら、会社の実施する転職面接にマニュアルがあり、それ通りに進んでいたという可能性があります。
あなたに興味がないという理由ではなく、採用に必要な情報を中心に面接が行われていたのかもしれません。
会社によっては、転職面接の人数にも縛りがあるため、今の時点での採用通知に繋がる行動は控えたという可能性も考えられます。

面接で不安なフラグが… そんな時は同時並行で転職活動を進めよう

転職では相応の応募者が集まった時点で、すぐに求人情報を取り下げてしまうという例もあります。
そのため、1社の結果を待って次に進むのではなく、同時進行で複数社並行して面接を入れるのが主流です。

もし、第一志望で内定をもらえたら、その時点で他の企業に断りの連絡を入れれば済む話。
選考中の辞退はそう珍しいものではありません。
面接結果を待つ間も、積極的に転職活動を継続しましょう。

そこでおすすめなのが面接のフィードバックやより良い求人を教えてくれる転職エージェントです。
完全無料で利用することができ、応募企業に合った面接対策をしてくれるので、今回の面接が不安だった人はぜひ利用してみましょう。
ここではおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数16万件以上
利用者層20代〜40代
得意領域営業・技術職・事務
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の転職エージェント
  • 業界最大級の非公開求人はなんと16万件以上
  • 中国・東南アジア・インドをはじめとした海外企業への転職案件も多い
  • 新卒や未経験から正社員への転職サポートも充実
  • とりあえず転職を始めてみる人におすすめ

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1を誇る転職エージェントです。

アドバイザーが、職務要約を含めた提出書類の添削から面接対策、業界・企業情報の分析までしてくれるので、本気で転職をしたいという方にオススメの転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェントのアドバイザーは実績豊富なので、自分でも気づくことのなかった自分の強みを発見してくれ、それを魅力的な職務経歴書にしてくれるので、任せておくだけで安心です。

そんな実績豊富なアドバイザーの「存在」と、10万を超えた「非公開求人」の多さから転職成功実績No.1を誇る転職エージェントとなりました。
この10万という数字は業界最多を誇っています。

まずは話を聞きに行ってみるだけでも良いかもしれませんね!

doda

転職サイトのdoda
サービス種類求人サイト、転職エージェント
非公開求人数13万件超
利用者層20代〜40代
得意業種営業・マーケティング・エンジニア
dodaの特徴
  • 業界最大級の求人数を誇る転職サイト
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーなどのサポートツールが豊富
  • 職種・業界特化のキャリアコンサルタントの徹底サポート
  • キャリアアップを目指す女性の転職支援のサポート強化
  • 若手から中堅層に圧倒的な支持

ある程度年齢も上がってくると、キャリアアップを考える人も多いのではないかと思います。
そんなキャリアアップを考えている人にオススメの転職エージェントが、「doda」。

dodaにはキャリアアップのできる求人が多数あり、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2名が転職者を徹底的にサポートしてくれます。
会社ごとに採用プロジェクト担当がいるので、時には2名以上の担当がつくことも。
ということは、希望の企業を隅から隅まで熟知している多くの担当者が、あなたのそばでサポートしてくれるということです。

スカウトシステムや豊富な求人など、登録したら転職が成功する要素がたっぷりあるので、一度登録してみても良いかもしれません!

パソナキャリア

パソナキャリア
サービス種類転職エージェント
非公開求人数23,000件以上
利用者層20代〜40代
得意領域営業・事務・管理・エンジニア・技術職
パソナキャリアの特徴
  • 転職者後の年収アップ率は67.1%
  • 取引社数が16,000社以上と転職業界の先駆者だからこその強み
  • 業界特化の専任キャリアアドバイザーが親身に転職活動をサポート
  • 利用者の6割以上が男性だが、最近は女性の転職支援も強化
  • 時間がない方も「スカウトサービス」を使って適した求人通知をもらえる

なぜ女性にオススメかというと、パソナキャリアはWoman CAREER(ウーマンキャリア)という女性向けの転職サイトを扱っているからです。

専任のキャリアドバイザーが、転職者の将来設計までを考えて転職をサポートし、転職プランを提示してくれます。
提出書類の書き方やポイントを含んだ転職のイロハを教えてくれるので、プロの意見を取り入れ、自分の強みの詰まった魅力的な面接することができるでしょう。

面接場所まで行くことができなくても、電話相談まで請け負ってくれるので、転職者に寄り添った転職エージェントと呼ぶことができます。

正式な結果が出るまで諦めない、気を抜かない

転職面接直後に結果が気になるのは当然です。
それだけ真剣に取り組んできた証にもなりますね。
フラグが気になり始めた方もいるでしょう。
しかし、あくまでフラグは傾向です。
絶対採用、絶対不採用とは言えないので注意してください。
転職面接の場合は、独特な雰囲気があると思います。
その中であなたが感じた印象が特に重要になります。
フラグを参考にし、あなたが実際に感じた印象をトータルで見るといいでしょう。

それでも不安で自信がないという方は、次の転職面接を探してみましょう。
何社受けたっていいのです。
もし、今回採用でも不採用でも別の会社を受けて構いません。
何社も受けることで採用に近づきます。
大事なのは、フラグに左右されずに、行動し続けることです。
それにまだ結果はわかりませんよね。
正式な結果が出るまで諦めず、気を抜かないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください