今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

破格の年会費!MUFGカード ゴールドの申し込み前に魅力とデメリットを徹底検証

ゴールドのクレジットカードを持ちたいけれど、いったいどれがいいのかわからない。そういう人も多いですよね。

充実したサービスやサポートが欲しい、空港のラウンジを利用したい、限度額はできるだけ大きいほうがいい、海外旅行の際のステータス証明として通用するものが欲しい、そういった希望のある方はやはりゴールドカードを検討するのがいいでしょう。

ただ、ゴールドカードにはメリットが多くありますが、年会費がかかってくるので、カード選びは慎重になりますし、なかなか決めきれません。

そんなときには、まずゴールドカードの中でも年会費の安いものを選んでみてはいかがでしょう。ゴールドカードの特典を利用しつつ、できるだけ年会費は抑えたい。そんなわがままな要求にしっかりと答えてくれるのがMUFGカード ゴールドです。

一目でわかるスペック表

MUFGカード ゴールド
MUFGカードゴールド
年会費ポイント還元率発行スピード
初年度無料
翌年度より1,905円+税
(条件付き優遇あり)
0.4%~0.5%最短翌営業日発行
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険ショッピング補償
最高2,000万円(自動付帯)
(前年のショッピング利用20万円以下で最高100万円)
最高2,000万円(利用付帯)年間限度額100万円
発行資格電子マネーETCカード
原則として18才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。(学生を除く)nanaco、楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuicaあり
年会費:無料

 

なんといっても年会費の安さ

年会費の安いゴールドカードとして必ず名前の挙がる「MUFGカード ゴールド」ですが、それではMUFGゴールドカードの年会費はいくらでしょうか。

初年度無料!次年度以降も割引優遇あり

そもそもの年会費が1,905円+税と破格の年会費がさらに、初年度は無料となっています。

そして、翌年度からも、登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に登録すれば、年会費の半額を優遇されます。年会費が1000円~2000円前後で持てるゴールドカードはなかなか見つからないのではないでしょうか。

他の年会費の安いゴールドと比べてもその差は歴然ですね。

MUFGカード ゴールド三井住友VISAカード
ゴールド
楽天プレミアムカード
1,905円+税
(最大1,028円まで優遇あり)
10,000円+税
(最大4,000まで優遇あり)
10,000円+税

楽Payとは?

楽Payとは事前登録型のリボ払い制度です。毎月のお支払金額をあらかじめ設定しておき、超えた分は翌月以降にリボ払いとして繰り越すことができます。

毎月の支払金額を一定にできるので、家計計画が立てやすい反面、繰り越し分には手数料がかかってしまいます。事前登録なので、うっかり使いすぎて大きな金額が繰り越されて、手数料が高くなることのないようにしましょう。

年会費の割引優遇には注意が必要

この楽Pay(らくペイ)制度ですが、注意が必要です。こちらの制度、リボ払いですので、翌月に繰り越された場合は、手数料が発生します。これは当然のことですので、お得に使うためには、繰り越しがないように、設定金額を高めにするか設定金額内での利用で抑えることをオススメします。

しかし、ここで注意が必要なのが、年会費優遇条件がこの「手数料発生」になるのです。ここが三井住友VISAカードのマイペイすリボとは大きく違う点です。

ですので、年会費半額の優遇は受けれるものの実質は半額+リボ手数料分となるので、このリボ手数料分が大きくならないように注意が必要です。

↓↓楽Payを上手に使いこなすにはこちらの記事を
MUFGカードの年会費優遇を99.9%お得にする「楽Pay(登録型リボ払い)」の活用法

 

申し込み条件も緩やか?

またゴールドカードと言えば、年収などの一定の基準を満たした申込者にしかカードを発行しないイメージもありますが、MUFGカードの申し込み対象者は原則として18歳以上で本人か配偶者に安定した収入がある者(学生を除く)となっています。

ゴールドカード発行の条件としては比較的、緩やかな基準と言えるのではないでしょうか。他社のゴールドカードの場合、申し込み対象者を30代からとしているものもあります。20代の方で海外旅行時のステータスとして、ゴールドカードをお探しの場合は、このMUFG ゴールドカードはオススメです。

ただ、勤続年数は判断基準の1つとなるようですので、働き始めてからまだ数ヶ月といった方は注意が必要です。ちなみに未成年者の場合は親権者の同意があれば入会が可能となることがあるようです。

 

MUFGカード ゴールドの様々な魅力・特典

それでは気になるMUFGカードの魅力・特典とはなんでしょうか。MUFGカードの特典として注目したいプログラムは、1)MUFGカードグローバルポイント、
2)アニバーサリーポイント、3)プレミアムスタープログラム、4)中国大活躍の銀聯カードの発行の4つです。それでは、それぞれの特徴をみていきましょう。

MUFGカードグローバルポイント

MUFGカードの利用金額に応じてポイントが付与されるプログラムです。具体的には、ショッピング1000円で1ポイントが付与されます。ポイントは獲得した月から24ヶ月有効で、ポイントに応じた商品やマイレージに交換ができます。

交換商品の中は三菱UFJ二コスのギフトカード、マックカード、アマゾンギフト券、アップルiTunesカード、QUO カード、図書カードなどが用意されています。基本的にポイントをギフトカードに交換する場合、そのポイント還元率は0.4 – 0.5% となっていることが多いようです。

また商品交換だけでなく、キャッシュバックとして利用することも可能です。キャッシュバックされた金額はクレジットカードの返済の一部に利用することもできるのは大きな特徴です。

ポイントの有効期限には注意が必要ですね。

アニバーサリーポイント

MUFGカードに入会をする際は「アニバーサリー月」を決められます。このアニバーサリー月には毎年ショッピング利用分の基本ポイントが1.5 倍になるので、ポイントを獲得するチャンス月になります。

設定の月はご自身で指定できるので、1年間で最も多くカードを使う時期(年度初めやセール時期など)に設定しておけば効率よくポイントを貯めることができます。

プレミアムスタープログラム

年会費の支払い、年間のショッピング利用金額(50万以上)に応じて★がたまるというプログラムです。★を5つためるとさらにボーナスポイント「プレミアムBONUS」がもらえます。

プレミアムスタープログラムのボーナスポイントは、利用金額が50万から100万円未満の場合には、前年の基本ポイントの10%分が、利用金額が100万円以上の場合は前年の基本ポイントの20%分が付与されます。

中国大活躍の銀聯カード

中国への出張、旅行が多い方、中国のオンラインショップを利用される方にはとても便利なのが「銀聯カード」です。銀聯カードは中国国内を中心に利用されているクレジットカードで、近年の中国経済の台頭とともに中国国内だけでなく全世界約200万以上の加盟店で利用されています。

MUFGカードが発行する銀聯カードはそれ単体で発行されるものではなく、MUFGカードの追加カードとして発行されるショッピング専用カードです。中国の都市部では様々なクレジットカードが使えますが、都市を少し離れるとまだまだ銀聯カードの存在感は圧倒的のようです。中国を旅行される方、中国国内のショップで買い物をされる方は一枚あるととても便利でしょう。

中国への出張や旅行が多い方は、MUFGカードを申し込む際には銀聯カードを申し込むと便利でしょう。またオークションサイト、ネット販売で商品の販売をされている方などで中国から商品を仕入れたりする場合にも銀聯カードがあると便利ですね。

 

気になる海外旅行傷害保険

さて、クレジットカードを持つメリットの一つは「海外旅行時の付帯保険」ですね。海外に旅行に行った際、万が一、病気になったり、事故にあったりした時に治療費の心配をせずに適切な治療を受けることが可能です。

MUFGカードの海外旅行障害保険は、最高2,000万円までとなります。海外旅行中の事故、病気、怪我の治療費の支払いはもちろんのこと、スーツケースなどの携行品が破損したりした場合に適用されます。

気をつけたい注意点は、年間利用額による変動があるという点。MUFGカードを申し込んだ初年度は最高2000万円までの補償となります。ただし、次年度以降は年間のショッピング金額が20万円以上の場合にのみ、最高2000万までの障害保険が適用となります。

ショッピング金額が20万円以下の場合、最高金額が100万円までの補償となりますので、こちらのカードの海外旅行障害保険を利用する場合には、前年度のショッピング金額を確認してから利用するようにすると良いでしょう。

 

その他の特典

  • ショッピング保険
    カードで購入した品物の破損、盗難などの損害に対して、購入日より90日間補償。国内での利用は、リボか分割払いのみの適用となりますので、注意しましょう。
  • 海外旅行サポートサービス
    海外旅行に行く際に、成田空港や関西国際空港などで、無料でラウンジ利用ができます。
  • POINT名人.com
    会員限定のポイント優遇サイトです。

 

MUFGカード ゴールドの注意点(デメリット)

クレジットカードを申し込むなら、そのクレジットカードのメリットだけでなく、デメリットも知っておきたいところです。MUFGカードのデメリットとしては、他のゴールドカードと比べて若干ポイントの還元率が低いということでしょう。

他社のゴールドカードの場合、0.5~2.0%のものがあります。もちろん、他社の場合、年会費がもっとかかる場合がありますので、その他の付帯サービスや特典と年会費のバランスなども比べてみてください。

 

まとめ

いかがでしょうか。MUFGカード ゴールドの場合、年会費がとてもお安くなっていることはもちろん、ゴールドカードのデザインなども主な人気の理由となっています。

ゴールドカードと言えば、ステータスシンボルの一部ですので当然ともいえるでしょう。上記に記載したように、ポイントの還元率や海外旅行保険の付帯などでは制限があるものの、ショッピングにクレジットカードを多く利用する方にとってはゴールドカードとしての機能をきちんと発揮するものです。

特に20代〜30代の方で年会費を節約したい、ベーシックな機能がきちんと付いていれば良い、ゴールドカードは初めてといった方にオススメのゴールドカードです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください