💡最大12,000円相当のPayPayポイント(8/1〜)💡

おすすめのプラチナカードと作るメリット【2021年版】

アメックスプラチナカード

おすすめのゴールドカードと合わせて、付帯保険の内容や優待サービスで比較検討したいプラチナカード。

そこで、この記事ではおすすめのプラチナカードと選び方についてまとめました。

プラチナカードとは

プラチナカードとはゴールドカードの上位に位置づけられたステータスカードで、旅行傷害保険をはじめとしたトラベルサービスの充実度が魅力です。

プラチナカードに共通している特徴としては「年会費が高い」「券面がシルバー(銀色)もしくはブラック(黒色)のデザイン」「審査基準のハードルが非常に高い」「トラベルサービスが充実」していることが挙げられます。

年会費は最低でも2万円以上

プラチナカードの年会費は最低でも20,000円(税抜)以上かかるのが相場です。

中には10万円を超える「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」も存在します。

アメリカン・エキスプレスの商標登録


日本で初めてプラチナカードを発行したのはアメリカン・エキスプレス社で、中黒(なかぐろ)のある「プラチナ・カード」は日本で商標登録されています。

プラチナカードを作る7つのメリット

プラチナカードを作るメリット

高い年会費を支払ってまでプラチナカードを作るメリットは次のような特典が付帯するからです。

  1. 限度額の引き上げ
  2. コンシェルジュサービス
  3. レストランの優待サービス
  4. 高級ホテルの優待サービス
  5. 海外空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パス
  6. 1億円の海外旅行保険
  7. ゴルフサービス

限度額の引き上げ

クレジットカードの限度額は個人の信用力をつけるだけでは上限が引き上がりません。

プラチナカードにすれば限度額上限が一気に引き上がりますので、経済力・信用力に自信のある方におすすめです。

カード限度額
ゴールドカードプラチナカード
楽天カード最高200万円300万〜1,000万円
※プラチナ相当にあたる楽天ブラックカードの場合
三井住友カード50~200万円原則300万円~
Amazonカード50~200万円原則300万円~

コンシェルジュサービス

プラチナカード会員にはコンシェルジュサービスが無料付帯しますので、電話一本で以下のような手配を対応してくれます。

  • 高級レストランの予約
  • 高級ホテルの予約
  • 国内・海外旅行プランの相談
  • 航空券や特急券などの手配

レストランの優待サービス

プラチナカードの醍醐味の1つが、レストラン(ダイニング)の優待サービスです。

ほとんどのプラチナカードに所定のレストランのコース料理1名分無料のサービスが付帯します。(下記参考例)

カードサービス内容
JCBプラチナ「グルメ・ベネフィット」東京・大阪を中心とした約100店舗の一流レストランで2名以上のコース料理を利用すると会員1名分が無料
三井住友カード プラチナ「プラチナグルメクーポン」所定のコースメニューを2名様以上で予約すると、1名様分の料理が無料
LUXUARY CARD「ラグジュアリーダイニング」所定のコースメニューを2名様以上で予約すると1名様分の料理が無料、リムジンの片道送迎サービス

高級ホテルの優待サービス

レストラン(ダイニング)の優待サービスと並び、人気のあるサービスが高級ホテルの優待特典です。

アーリーチェックインやレイトチェックアウト、部屋のアップグレードなどが用意されています。(下記参考例)

カードサービス内容
JCBプラチナ「JCBプレミアムステイプラン」会員限定特典の付いた施設含む厳選した宿泊プラン
三井住友カード プラチナ「プラチナホテルズ」国内約50のホテルと旅館での優待料金&部屋/料理のアップグレード、国内約10のホテルのスイートルームを50%オフ
アメックス・プラチナ・カード「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」世界中のホテルから厳選された1,000ヶ所以上のラグジュアリーホテルやリゾート施設で使える優待特典
SPGアメックス「Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格」対象ホテルの無料宿泊特典やレストラン+バー特典など

海外空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パス

プライオリティ・パス

おすすめゴールドカードが利用できるのは国内主要空港のカードラウンジですが、プラチナカードはプライオリティ・パスを追加発行できるため海外の空港ラウンジを使うことができます

ちなみにゴールドカードでは唯一楽天プレミアムカードが最上会員資格「プレステージ」(年会費US$429)のプライオリティ・パスを無料発行できます。

1億円の海外旅行保険

プラチナカードになると海外旅行傷害保険の補償金額が跳ね上がります。(下記表参考)

海外旅行保険は上乗せできるので、海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードと複数枚用意すると良いでしょう。

補償内容補償金額
傷害死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療費用500万円〜1,000万円
疾病治療費用500万円〜1,000万円
賠償責任最高1億円
携行品損害100万円
救援者費用500万円〜1,000万円

ゴルフサービス

ほとんどのプラチナカードにゴルフ場の優待・予約サービスも付帯します。

日本プロゴルフ協会が資料(2017年)では、ゴルフのコア層の約90%が40代以上で占められていることから、プラチナカードの想定利用者も40代以上なのかもしれません。

プラチナカードの審査基準

プラチナカードの審査基準

プラチナカードの審査基準は元々インビテーション制度だったものもありますので、年齢や年収など比較的高いハードルがあります。

カード申込資格
LUXUARY CARD20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
アメックス・プラチナ・カード20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
JCBプラチナ25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
三井住友カード プラチナ原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

学生は原則作れない

プラチナカードは原則学生を除いた方を対象としています。

そのため卒業するまでは学生におすすめのクレジットカードクレヒスを積んでおくと良いでしょう。

パートやアルバイトも原則作れない

プラチナカードの申込資格は「安定した収入」もしくは「安定継続収入」であることも条件となりますので、パートやアルバイトのように不安定な収入・少ない収入だとプラチナカードを作れません。

原則として定職に就いていることは必要最低限の条件となります。

安定収入の基準とは?

国税庁の民間給与実態統計調査(平成30年)から、年齢別の平均年収以上であれば安定収入の基準を満たすと見て良いでしょう。

申込資格年齢該当年齢の平均年収(平成30年)
20歳以上267万円(20歳〜24歳)
25歳以上370万円(25歳〜29歳)
30歳以上410万円(30歳〜34歳)
448万円(35歳〜39歳)
40歳以上476万円(40歳〜44歳)
502万円(45歳〜49歳)

インビテーション制度は減少

プラチナカードといえばカード会社からにインビテーション(招待制度)がなければ申し込むことができませんでしたが、昨今はインターネットの入会フォームから誰でも申し込めるようになっています。

プラチナカードとしての希少性は薄れていると言えますが、カード会社の贔屓目なしにプラチナカードを作れることで公平になったとも言えます。

おすすめのプラチナカード9選

おすすめのプラチナカード

インターネットから入会できるプラチナカード9枚をまとめました。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは「メタル素材のカード券面(+プラスチック製のセカンドカード付き)」「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」「7つのラウンジプログラム」などが魅力です。

年会費3,300円(税込)のメンバーシップ・リワード・プラスが無料付帯するのもメリットの1つです。

アメックスプラチナカード
年会費143,000円(税込)
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
付帯機能限度額は一律の制限なし,フリー・ステイ・ギフト etc.
マイル還元率1.0%

JCBプラチナ

JCBプラチナのメリットは「JCB THE CLASS」への最短ルートであることです。

24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」や有名レストランの所定のコースメニューが1名無料になる「グルメ・ベネフィット」も活用しましょう。

JCBプラチナ
年会費27,500円(税込)
申込資格25歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
付帯機能海外旅行傷害保険,国内旅行傷害保険,JCBのハワイ特典 etc.
通常還元率0.5%

三井住友カード プラチナ

三井住友カードに付帯するマクドナルド、セブンイレブン、ファミマ、ローソンはポイント5倍の特典はもちろん、プラチナカードには「コンシェルジュサービス」「プラチナグルメクーポン」「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ユニバーサル・エクスプレス・パス」「宝塚歌劇優先販売」など充実の優待サービスが魅力です。

三井住友カード プラチナ
年会費55,000円(税込)
申込資格30歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,マスターカード
付帯機能海外旅行傷害保険,国内旅行傷害保険,プラチナホテルズ etc.
通常還元率0.5%

MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードの中では比較的年会費が安いのが特徴です。

年会費は安いですが、「プラチナ・コンシェルジュサービス」「プラチナ・グルメセレクション」「スーペリア・エキスペリエンス」など付帯サービスは他のプラチナカードと遜色ありませんので、コスパの良いプラチナカードと言えるでしょう。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費22,000円(税込)
申込資格20歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドアメックス
付帯機能海外旅行傷害保険,国内旅行傷害保険,プライオリティ・パス etc.
通常還元率0.4%

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費4,400円(税込)のセゾンマイルクラブに無料で加入できJALマイル還元率が非常に高いのが魅力です。

1年間のショッピング利用が200万円以上あれば、年会費が半額の11,000円(税込)になります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費22,000円(税込)
申込資格20歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドアメックス
付帯機能海外旅行傷害保険,国内旅行傷害保険,セゾンマイルクラブ etc.
通常還元率0.5%

ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)

ラグジュアリーカードは表面にブラッシュド加工ステンレス、裏面にカーボン素材を採用したユニークな特許取得済みの金属製カードです。

24時間年中無休で要望に応えてくれるグローバルコンシェルジュ、世界3,000以上のホテルや施設で利用できる500ドル相当の優待、最高1.2億円補償の海外旅行傷害保険と年会費に見合う最高峰のサービスが揃っています。

LUXURY CARD Titanium
年会費55,000円(税込)
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドマスターカード
付帯機能ラグジュアリーダイニング,グローバルホテル優待,各種付帯保険 etc.
通常還元率1.0%

Orico Card THE PLATINUM

Orico Card THE PLATINUM最大の魅力は通常のポイント還元率が高く、海外利用は1.5%、誕生月はさらに+1.0%還元が適用されることにあります。

他のプラチナカードと比べて限度額が最大300万円と低いデメリットはありますが、グルメ・トラベルサービスは他と遜色なく充実しています。

Orico Card THE PLATINUM
年会費20,370円(税込)
申込資格20歳以上
発行時間最短8営業日
国際ブランドマスターカード
付帯機能id/QUICPay一体型,コンシェルジュ,各種付帯保険 etc.
通常還元率1.0%

SPGアメックス

SPGアメックスに入会すると「Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格」が与えられますので、対象ホテルでの「利用獲得ポイント数の優待」「レイトチェックアウト」「部屋のアップグレード」などが受けられるようになります。

また最大の魅力として継続ボーナス「無料宿泊特典(交換レート1泊50,000Marriott Bonvoyポイントまで)」がありますので、年1回高級ホテルで楽しむことで年会費の元が十分取れてしまいます。

年会費34,100円(税込)
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
付帯機能特典Marriott Bonvoyゴールドエリート会員,各種付帯保険 etc.
通常還元率1.0%

エポスプラチナカード

エポスプラチナカードはインビテーションからの申込なら年会費20,000円(税込)になる特徴があります。

また年間の利用金額に応じて最大10万ポイントもらえますので、ある程度使い続けることが前提であれば年会費は実質無料で使えるプラチナカードとも言えます。

エポスプラチナカード
年会費30,000円(税込)
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドVISA
付帯機能特典Visaプラチナコンシェルジュプラチナグルメクーポン,各種付帯保険 etc.
通常還元率0.5%

プラチナカードの比較検討はじっくりと

プラチナカードはゴールドカード以上に個性的なカードが多いので、本当に必要なサービスなのか?現在の利用状況を考えるとオーバースペックではないか?などじっくり検討することが重要です。

途中解約しても年会費の返金はありませんので、年会費以上の見返りを得られるよう事前にプラチナカードの活用方法もイメージしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください