💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

楽天ペイとGooglePayは何が違うの?両者の使い分けを徹底解説

楽天ペイとGooglePayの比較

楽天ペイはクレジットカードを登録しておけば、アプリでコードを提示するだけで決済できます。

GooglePayはクレジットカードだけでなく電子マネーはポイントカードなど、さまざまなカードを登録して利用することができます。

今回は楽天ペイとGooglePayの違いから、どのように使い分けていけばいいのかなどを解説していきます。

楽天ペイとGooglePayの違い一覧表で比較

まずはわかりやすい一覧表で楽天ペイとGooglePayの違いについて比較してみます。

楽天ペイGooglePay
使える端末iPhoneもAndroidも可能
(楽天ペイがダウンロードできる端末)
Android
(店舗で使うためにはFeliCa機能搭載モデル)
(iPhoneはネット決済のみ)
支払い方法店舗でコード読み取るor読み取ってもらうFeliCa非接触ICカード方式
使える店舗楽天ペイ加盟店iD、QUICPay、Suica、楽天Edy、nanaco、WAON対応店舗
ポイント制度0.5%還元+登録カードのポイント登録カードのポイント

使えるデバイス・端末の違い

楽天ペイはスマートフォンであればどのデバイスでも利用可能で、iPhoneとAndroidのどちらのスマートフォンでも使えます。楽天ペイアプリを「App Store」または「Google Play」からダウンロードして利用します。

一方、GooglePayはお財布携帯に対応しているAndroidでしか利用できません。(ネット決済であればiPhoneでも可能)

支払い方法の違い

楽天ペイは「QR・バーコード読み取り方式」で、お店にあるQRコードやバーコードを読み込むかスマホで表示する楽天ペイコードを読み込んでもらう方法で決済します。

一方、GooglePayは「SuicaのFeliCa非接触ICカード方式」と同様、利用時に店舗側に設置されている非接触対応端末にかざして(タッチ)決済します。

使える店舗の違い

楽天ペイは楽天ペイ加盟店」でのみ利用可能です。

一方、GooglePayは iD、QUICPay、Suica、楽天Edy、nanaco、WAONが使える店舗で利用可能です。GooglePayは普段の生活で頻繁に利用する電車・バス・コンビニ等々、使える店舗がとても多いのが特徴です。

ポイント制度の違い

楽天ペイは利用金額200円(税込)ごとに1ポイントが還元されます。さらに楽天ペイに登録しているカードのポイントも貯まるので、二重でポイントの獲得が可能です。

一方GooglePayは、登録しているカードの分だけポイントが還元されます。

楽天ペイとGooglePayのメリット・デメリット

楽天ペイとGooglePayを比較してメリットとデメリットを解説していきます。

楽天らしい還元率に強み

先述した通り、楽天ペイのメリットのひとつにポイントを二重で貯められる点でも還元率の高さがありますが、キャンペーンによるポイント付与がかなり強いです。

例えば、「楽天カードを設定したお支払いでずーーっと実質最大5%還元」と題して、楽天カードを登録した楽天ペイで決済をすれば、期間中ずっと5%分還元するキャンペーンを行なっていたりします。

利用可能店舗ならGooglePay

コード決済と電子マネーの加盟店普及で考えると、電子マネー対応加盟店が断然多く、利便性の高さはGooglePayになります。

しかし、コード決済もさまざまなサービスがでてきており、今後のキャッシュレス化の流れも含めて、加盟店は急速に増えていくでしょう。

楽天ペイなら端末を選ばない

既出ですが、楽天ペイは端末を選ばない点もメリットとして大きいです。GooglePayも日常的に使うと考えるとどうしてもAndroidユーザーに限られてしまいます。

楽天ペイに楽天カード・GooglePayでは楽天Edy

決済方法がばらけてしまうことのデメリットは、ポイントが分散してしまうことです。しかし、楽天ペイとGooglePayであれば、異なる決済方法で楽天スーパーポイントを貯めることができます。

楽天ペイに登録するクレジットカードは楽天カードに設定し、GooglePayでは楽天Edyをメイン決済手段とし、その楽天Edyのチャージに楽天カードを設定しておけば、あらゆる決済で楽天スーパーポイントを貯められます。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら8,000ポイント入会キャンペーンを実施中
・お得なキャンペーンも開催中
楽天カードの特徴

楽天ペイでSuicaが使えるようになる

GooglePayは利用頻度の多い交通系電子マネーのSuicaが使えることも大きなメリットのひとつでしたが、2020年春目処に「楽天ペイ」アプリ内でスイカの発行やチャージの機能を実装することが発表されました。これにより楽天ペイの利便性はかなり上がるでしょう。

楽天ペイとGooglePayを上手に使い分けよう

楽天ペイとGooglePayを比較すると、それぞれに良い点・課題があります。現状では、それぞれの良い点・課題を理解したうえで楽天ペイとGooglePayを使い分けるのが得策ではないでしょうか。

皆さんも、将来を見越して「食わず嫌い」にならずに、まずお近くの店舗で、小額から楽天ペイやGooglePayを利用してはいかがでしょうか?

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください