今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

クレジットカードは大学生が審査で通らないようにしてる!?気になる学生の審査内容と親の同意

学生のクレジットカード審査

クレジットカードを作る際に避けては通れないのが審査です。クレジットカードは券種ごとに審査基準が異なりますが、学生となるとさらに特殊な審査になる場合があります。

それは学生が親の収入を元に生活をしている前提があり、さらには自分自身でも収入がある場合とない場合に分かれるからです。

今回はその学生がクレジットカードを作成する際の審査と、審査の工程で必要になる親の同意について解説してきます。

目次

大学生にクレジットカードが必要な理由とは?審査する前に知ってほしいクレジットカードの基礎知識

大学生の皆さんにはクレジットカードの審査について知るより前にクレジットカード自体について知ってほしいと思います。

審査に通過してクレジットカードを持ったとしても安全な使い方やメリットを知らなければ、思わぬ危険に巻き込まれたりクレジットカードを作った意味がないなんてことにもなりかねません。

以下の記事では大学生とクレジットカードについて詳しくまとめたのでじっくり読んでもらえれば幸いです。
参考学生におすすめのクレジットカード徹底比較【2019年最新】

クレジットカードの審査に通らない大学生に教えたい!クレカの申込資格

学生はすべてのクレジットカードに申し込めるわけではありません。

カードのなかには学生ではどうしても申込資格(条件・基準)をクリアできないものもあるため、クレジットカードの申し込み手続き前に確認しておくことが重要です。

  • 年齢が18,19歳なのに申込資格が20歳以上のカードに申し込んでしまう(例:ACマスターカード)
  • 申込資格に18歳以上と書かれていても学生不可のカードに申し込んでしまう(例:初年度無料のゴールドカード)
  • インターネットから学生は申し込めないカードに申し込んでしまう(例:dカード)

このように申込資格を満たしていない場合は、クレジットカードの審査どころか、そもそも申込受付を拒否されていることになります。

クレカの申込手続きは入力項目も多く面倒なので、二度手間にならないように、事前に申込資格は必ず確認しておきましょう。

 

クレジットカードの審査に通りたい大学生におすすめなのは学生専用カード

できるだけクレジットカードの審査通過率を上げたい学生は、学生専用カードに申し込むことをおすすめします。

多くのクレジットカード会社が「学生専用」のクレジットカードを提供しています。「学生カード」や「学生専用カード」と呼ばれることが多く、学生カードならでの審査基準になっており、メリットも多くあります。

  • 学生のみを対象とした限度額設定のため、審査基準も学生向けに考慮されている
  • 年会費有料の一般カードも在学期間は年会費無料で使える
  • 年会費無料なのに海外旅行傷害保険が付帯したり、ポイント優待が手厚かったりする

学生は社会人よりも経済的余裕がないため年会費があるだけで抵抗感を抱いてしまうものですが、学生専用カードならば本来年会費有料のカードも無料で利用することができます。

クレジットカードの審査に通ってしまえば学生にとって嬉しい特典も多い

学生専用カードなら高いポイント還元率で使えることも多く、ネットショッピングで特定の条件をクリアすれば10倍以上のポイントが貯まるなど、amazonや楽天市場、ZOZOTOWNなど、普段からネットショッピングを利用している学生にとっては非常に嬉しい特典が多くあります。

三井住友VISAデビュープラスは入会後3ヶ月はポイント5倍に

年会費実質無料
申込資格18歳〜25歳
発行時間最短翌営業日
国際ブランドVISA
付帯機能iD
キャンペーン中!!
・今なら最大12,000円もらえる入会キャンペーン"を実施中
タダチャンなどお得なキャンペーン開催中
三井住友VISAデビュープラスカードの特徴
  • ポイントが常に2倍、入会後3か月は5倍(還元率2.5%)
  • 18~25歳限定だから審査基準も学生向き
  • 最短翌営業日のスピード発行
  • ETCカードの年会費は初年度無料、年1回以上の利用で翌年も継続無料
  • マクドナルド・セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンはポイント5倍
  • さらに対象店舗一覧からいつでもポイント2倍店舗を3つ選べる
  • 年会費は初年度無料、年1回の利用で翌年会費も無料だから実質無料

例えば、25歳まで年会費無料で使える三井住友VISAデビュープラスカードは、入会後3ヶ月はポイント5倍、その後も常に2倍で使える上に、USJやびっくりドンキーなどのお店でお得になるココイコ特典などお得な優待サービスが多数付いてきます。

限度額も10万円〜30万円と予め抑制された金額で用意されているため、学生向けの審査基準になっていることも安心材料です。

出費が多くなりそうな時期に合わせて申し込むことで、ポイント5倍の還元を受けやすくなるのでおすすめです。

海外旅行に行くからクレジットカードの審査に落ちられない学生におすすめのクレカとは

海外旅行や短期留学、卒業旅行にクレジットカードを持っていきたいのに、審査に落ちてしまったら困るという学生もいると思います。

そのような場合も学生専用カードは非常に頼もしい存在です。

学生専用ライフカードは海外旅行傷害保険の自動付帯と海外ショッピング5%キャッシュバック

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
学生専用ライフカードの特徴
  • 海外のショッピング利用額の5%がキャッシュバック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初年度からポイント1.5倍!翌年以降も年間利用額に応じて最大2倍
  • 誕生月はETCカード利用も含めてポイント3倍
  • フリーコールで相談できる学生専用の問い合わせ窓口も設置

例えば、在学期間のみ海外旅行向けの特典が充実している学生専用ライフカードは、最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯し、なおかつ海外ショッピング利用は後で5%分がキャッシュバックと非常にお得です。

在学期間のみの特典ありカードですので審査基準も安心してください。

ただし、卒業すれば元々あった海外向け特典はすべてなくなってしまうので、あくまでも在学期間限定のお得なカードと割り切ると良いでしょう。

クレジットカードの審査に落ちた大学生におすすめの家族カードとは

自分自身で申し込みを行ったが、審査に通らなかったという方は、親の家族カードを持つのもひとつの方法です。家族カードは本カード会員の返済能力で審査が行われるので、それを持つ人の属性はみられません。そのため、親が持っているクレジットカードの家族カードを作ることで、スムーズにクレジットカードを所持することが可能です。

カードによっては海外の空港ラウンジや高級ホテルの割引・特典を受けることができ、非常にブランド感があるものもあり、学生でありながら憧れのカードを所持できます。

 

大学生がクレジットカードの審査で気になること

申し込みをする際に多くの人が気になる主な点について確認していきましょう。

アルバイトをしてない年収0円の学生はクレジットカードの審査には通るの?

アルバイトをしていなくても学生カードであれば審査に通る可能性があります。あくまでも対象は「学生」ですので全員がアルバイトをしているとは限りません。学生カードにおいてはアルバイトを「している」「していない」というのはそこまで重要な問題ではなく、審査では親権者の収入を見られる場合がほとんどです。

ただし、親の信用情報に問題がある場合や本人の契約でスマホ料金や別の学生カードで滞納などがある場合は、審査が通らない可能性が高くなります。

学生がクレジットカードに申し込んだら親の同意は必要?

未成年の場合、原則、保護者の同意が必要です。電話ではなく、同意書によって同意確認を行うクレジットカード会社が多いです。申し込み後に同意書が送られてきますので、保護者の署名・捺印のもと返送します。

もちろんクレジットカード会社によっては電話確認のところもあるので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。

カード会社によっては未成年だけでなく、学生であれば同意書の提出が必要な場合があります。

 

大学生がクレジットカードの審査をスムーズに終えるための手順

学生の方でもクレジットカードを作ることができますが、申し込みをして審査を受ける必要があります。申し込み方法としては下記3つがあり、それぞれで発行までに期間も変わってきます。

  1. インターネット申し込み
  2. 店頭申し込み
  3. 郵送申し込み

学生のほとんどがインターネット申し込み!クレジットカードの審査がもっともスムーズなのはWeb入会

もっとも手軽に申し込みができ便利なのはインターネット申し込みです。下記流れで、スマホやパソコン、タブレットから簡単に行うことができます。

  1. 希望のクレジットカードサイトへアクセス
  2. 「インターネット申し込み」を開く
  3. 名前・住所など、必要事項を入力して申し込みする
  4. 審査結果がメールで届くまで待つ(早ければ即日、カードにより異なる)
  5. 審査通貨の場合は店頭でカードを受け取るか郵送されます

入力項目は多くないため10分もあれば完了しますので、学校やアルバイトで忙しくても空いている時間を使って申し込みができます。

クレジットカードの審査で学生が記入する項目

学生がカードの申し込みの際に、具体的にはどのような入力が必要になるのでしょうか。カードによって若干の違いはありますが、多くの場合が下記内容です。※入力する際には金融機関の口座がわかるものが必要です。

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先(携帯電話可)
  • メールアドレス
  • 居住状況(アパート・賃貸マンションなど)
  • 居住年数
  • 住居費負担
  • 配偶者
  • 仕事内容(学生など)
  • 引き落とし口座 など

学生がクレジットカードの申し込みに用意するもの

申し込み時に必要なものは、「通帳など金融機関の口座がわかるもの」と「親権者の同意書(未成年の場合)です。未成年の場合(カード会社によっては20歳以上の学生も)は、申し込みをすると同意書を送られてきますので、保護者にサインしてもらい返送が必要です。そして、審査通過後、発行の際に必要になるものは「銀行口座」「本人確認書類(学生証や免許証)」「親権者の印鑑」です。

 

クレジットカードの審査や仕組みを理解して、学生のうちからお金の管理能力を養える

クレジットカードを早くから使うことで、お金の管理能力が養われます。一時的にクレジットカード会社からお金を借りることになるため、お金に対して責任を持つことができるでしょう。(※一方で借り過ぎてしまうといったデメリットも)

「いつ・何に・いくら使ったか」がいつでも確認ができるため、「いつの間にかお金がない」という状況がなくなります。スマホアプリなどで明細を確認でき家計簿を付けれるものもあるため、大切な管理能力が自然と身に付きます。

「クレジットカード=利子が高くつく」という印象を持っている人もいますが、利子がつくのは分割払いやリボ払い、キャッシング利用の場合です。現金と同じで1回払いであればそのような心配もありません。

学生時代から積み上げるクレジットカードヒストリーで将来のクレジットカード審査に備える

学生のうちからカードを使うことでクレジットヒストリーを積み上げていけます。長期間、安定的に使用実績のある人は「信用できる」と考えられ、社会人になってからカードランクのステップアップが狙いやすくなります。そうなることで、より充実したサービスや補償を受けることができ、高いステータスを得れます。

また、他のローンなども審査が通りやすくなる可能性があります。逆に、無理な使い方をしたり支払いが滞ったり、入会→退会を繰り返してしまうと信用情報にも履歴が残り、新たなクレジットカードや別のローン審査にも影響が出てしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください