【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

Suicaの購入にはビューカードがおすすめ!Suicaの購入についてご紹介

駅
皆さんは普段通勤や通学で電車を利用するときにどのような交通系ICカードを使っていますか?
現在鉄道各社が発行している交通系ICカードはたくさん普及していますが、交通系ICカードの先駆けでもあるSuicaは最もシェアがあるカードです。
実はSuicaの購入方法はいくつかあります。そこで今回はSuicaの購入について紹介しています。新生活を始める時に初めてSuicaを購入する人やSuicaの購入方法を知りたい人は良かったら参考にしてください。

Suicaの購入を知る前にSuicaの基本を学んでおこう

Suicaの購入について知る前にSuicaの基本を知っておきましょう。Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。券面の印字情報を書きかえられるリライト機能を採用しているので、一枚持っていれば繰り返し使うことができます。「Suica定期券」、「My Suica(記名式)」、「Suicaカード」の他にもモバイルSuicaがあり、スマホ一つで利用可となっています。ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。そんなSuicaの購入について紹介します。

Suicaの購入はどこでできる?

そもそもSuicaはどこで購入できるのでしょうか?Suicaと一言で言っても「Suica定期券」、「My Suica(記名式)」、「Suicaカード」などざまざまな種類があり、Suicaの種類によって購入できる場所が異なってきます。

(Suicaの種類別購入できる場所)
・無記名Suica
→Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口
・記名Suica(MySuica)
→Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口
・子供用Suica(MySuica)
→みどりの窓口
Suica定期券
→Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口
子供用Suica定期券
→みどりの窓口
・連絡用Suica定期券
→Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口

Suicaの購入するときはデポジットが必要

Suicaを駅の券売機やみどりの窓口で購入するときは、必ず500円デポジットが必要です。デポジットとは、預かり金のことでSuicaの使い捨てを防ぐ為やSuicaのリライト機能を促すためのものなので、Suica以外の交通系ICカードのパスモなどでも同様にデポジットが必要になってきます。デポジットはSuicaを払い戻すと返却されますが、無記名Suicaを購入するときはSuicaの最低金額1000円の他にデポジット分500円は用意しておきましょう。デポジットは電子マネーとして使うことができません。

Suicaの購入する時のチャージとは?

Suicaは交通系ICカードの電子マネーであるためSuicaの中にお金をチャージして使うことになります。初めてSuicaを購入するときは、発売価格1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円のうちから選択できますが、これがチャージ金額となります。チャージ金額は最大20000円までとなっているので注意しましょう。

Suica定期券の購入には登録が必要

Suica定期券は駅の券売機や多機能券売機、みどりの窓口で購入が可能ですが、無記名Suicaと違い個人情報の登録が必要です。

(大人用Suica定期券)
・氏名
・年齢
・性別
・紛失した際の連絡用電話番号
(子供用Suica定期券)
・氏名
・年齢
・性別
・紛失した際の連絡用電話番号
・学校が発行する「通学証明書」または「通学定期券購入兼用証明書」

※登録情報が間違っていると再発行や紛失したときの返却ができないことがありますので慎重に入力しましょう。

Suicaを購入するときはエリアにも注意する

Suicaを購入するときは主に自宅のそばの駅や通勤や通学で使う駅で購入する人が多いと思いますが、Suicaを購入するエリアに注意しなければなりません。実際にSuicaを使うエリア内でしか購入することができませんので覚えておきましょう。

Suicaの購入はエリアについて
・首都圏エリアで利用「Suica定期券」
→首都圏エリアで発売
・仙台エリアで利用の「Suica定期券」
→仙台エリアで発売
・新潟エリアで利用の「Suica定期券」
→新潟エリアで発売

デポジットが必要ないSuicaの購入

上記では、Suicaの購入には必ずデポジットが必要と紹介しましたが、実はデポジットが必要ないSuicaを購入できる方法があります。それは、モバイルSuicaを利用して定期券を購入する方法です。モバイルSuicaとは、SuicaユーザーのためのJR東日本のアプリことです。モバイルSuicaを利用して定期券を購入する手順は下記の通りです。

モバイルSuicaで定期券を購入する手順
1・「定期券」のタブから新規購入を選択
2・通勤定期券.グリーン定期券を選択
3・「乗車駅」「降車駅」「経由駅」の文字をそれぞれ1文字以上入力して検索
4・「乗車駅」「降車駅」「経由駅」を選び「次へ」を選択
5・希望の経路を選択
6・「使用開始日」(操作当日から14日後までの間で選択可能)と「期間」(1・3・6ヶ月のいずれか)を選び、「確認する」を選択
7・購入するを選択
8・定期券購入が完了

クレジットカードでSuicaの購入する方法

Suica定期券は高額になることも多く、購入するのに大量の現金が必要になります。多額の現金を持ち歩くことに不安を覚える人もおおいのではないでしょうか?そんな人はクレジットカードでSuica定期券を購入するのがおすすめです。クレジットカードで定期券を購入すれば、ポイントを効率的にためられることもメリットの一つです。そこで、クレジットカードでSuica定期券を購入する方法を紹介します。

(券売機や多機能券売機で購入する)
①定期券を選択する
②新規または継続を選択し、「通勤定期券」、「グリーン定期券」、「新幹線通勤定期券」から選ぶ
③乗車駅と降車駅を入力し、新しいSuica定期券発行するを選択
④有効期限を選択する
⑤名前・性別・生年月日・電話番号を入力
⑥クレジットカードを挿入する
(みどりの窓口から購入する)
①みどりの窓口へ行き、駅員から申し込み用紙をもらう
②必要事項を記入する
③クレジットカードで清算する

おすすめのクレジットカードはビューカードです。ビューカードはSuicaとの相性が良く、定期券購入でJREポイントが貯まります。また、多機能券売機でSuica機能付きクレジットカードを使って購入できるのはビューカードのみなので、他のクレジットカードよりも使い勝手が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください