【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

Suica完全ガイド!これさえ見ればSuicaのすべてがわかる!

Suica
「皆さんは毎日の通勤や通学でどのような交通系ICカードを使っていますか?」

現在鉄道会社各社では、様々な種類の交通系ICカードを発行しています。

交通系ICカードは駅の改札にタッチするだけで電車に乗ることはもちろんのこと、チャージすることで加盟店でお買い物にも使えるのは便利なカードです。

たくさんある交通系ICカードの中でもSuicaは最も利用客が多いカードの一つです。

就職や転勤などで新しくSuicaを使おうとしている人は、名前は知っているけどいまいち使い方や特徴がわからないという人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、Suica完全ガイドを紹介します。

これを見ればSuicaのすべてが分かります。

これからも利用しようとしている人でも、Suicaをもっと使いこなしたい人でも参考にしてください。

Suicaとは?

Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。

Suicaの名称は「Super Urban Intelligent CArd」に由来するもので、2001年(平成13年)からJR東日本管内のエリアで順次導入されています。

2017年(平成29年)3月末現在の発行枚数は約6,398万枚(内電子マネー対応カードは約6,181万枚)です。

パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。

ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

また、Suicaは全国の鉄道会社と相互利用できることが大きな特徴です。

Suicaに次いで利用者が多いPASMOエリアでも使うことができますよ。

Suicaが使える鉄道会社

  • Kitaca 北海道旅客鉄道株式会社
  • manaca 株式会社名古屋交通開発機構
  • TOICA 東海旅客鉄道株式会社
  • PiTaPa 株式会社スルッとKANSAI
  • ICOCA 西日本旅客鉄道株式会社
  • はやかけん 福岡市交通局
  • nimoca 西日本鉄道株式会社
  • SUGOCA 九州旅客鉄道株式会社

Suica完全ガイド(カード)

まずは、Suicaカードについて知っておきましょう。

Suicaカードは、銀色のカードに左側が緑色、右側にSuicaのマスコットキャラクターのペンギンがデザインされています。

券面の印字情報を書きかえられるリライト機能を採用しているので、一枚持っていれば繰り返し使うことができます。

また、モバイルSuicaではSuicaの情報を自分のスマホに取り込むことで、スマホ一つでで電車で乗ることも、お店でお買い物をすることができるのでおすすめです。

Suicaの種類

Suicaは大きく分けて二種類のカードに分けることができます。

一つは無記名Suicaです。
これは、Suicaに何も書いていないカードのことで、チャージすれば電車にも乗れて、お買い物にも使うことができます。

もう一つは記名式のSuicaです。
これは、Suicaに本人の名前や定期券の区間が入っているカードのことです。

記名式Suicaの特徴はSuicaを紛失や盗難にあっても再発行ができること。

無記名Suicaと違い、記名式Suicaを作るときは氏名や電話番号、性別などを登録する必要かありますが、とてもメリットが大きいです。

紛失したときのために記名式Suicaにしておきましょう。

Suica種類

  • 無記名Suica
  • 記名式Suica(My Suica)
  • 大人用Suica
    小児用Suica
    Suica定期券
    Suica連絡定期券
    Suica付き学生証
    クレジットカード機能付きSuica
    モバイルSuica

 

Suicaのデザイン

SuicaカードにデサインされたペンギンはJR東日本のSuicaをアピールするためのイメージキャラクターです。

今のペンギンはこっちを向いていますが、初期のSuicaは横を向いていました。

デザインは坂崎千春さんがされており、2001年11月18日から使われています。

南極から東京にやって来たアデリーペンギンという設定で、Suicaを利用する人の分身なので特に名前はないようです。

Suicaを使っている人の為にはあちこち飛び回るようなイメージではないでしょうか?

一般的なSuicaカードデザインの他にもご当地の特産品がデザインされていたり、ペンギンがキャラクターとコラボしている限定デザインSuicaも発売されています。

限定記念Suicaカード

  • Suicaネットワーク拡大記念Suica
  • Suica、パスモ相互利用記念Suica
  • Suica、ICOCA相互利用記念Suica
  • 東京モノレール、JAL提携記念Suica

 

Suica完全ガイド(作り方)

ここからは、Suicaの作り方について学んでいきましょう。

そもそもSuicaはどこで作ることができるのでしょうか?

Suicaは、Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口で購入することができます。

Suicaの種類別購入する方法

  • 無記名Suica
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口
  • 記名Suica(MySuica)
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口
  • 子供用Suica(MySuica)
    →みどりの窓口
  • Suica定期券
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口
  • 子供用Suica定期券
    →みどりの窓口
  • 連絡用Suica定期券
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口

※小児用Suicaは券売機や多機能券売機では購入することができませんので覚えておきましょう。

小児用PASMOは有効期限は12歳となる年度の3月31日まで子供が使うことができ、使い方は大人用PASMOと同様ですが、乗車料金は小児料金となります。

券売機、多機能券売機でSuicaを作る

最も簡単にSuicaが作れる方法は駅に設置してある券売機や多機能券売機、指定券券売機でSuicaを作る方法です。

ただしJR東日本エリアでしかSuicaを作ることができませんので注意しましょう。

※JR東日本エリア→関東、甲信越から東北まで、1都16県

券売機、多機能券売機、指定券券売機でのSuicaの作り方

  1. JRの券売機、多機能券売機、指定券券売機を探す
  2. タッチパネルでSuicaの購入をタッチ
  3. mySuica、Suicaカードを選択
  4. 確認をタッチ
  5. チャージ金額を入力

※mySuicaは氏名、性別、生年月日、電話番号を入力

※チャージ金額は1000~10000円の間で選択

 

みどりの窓口でSuicaを作る

改札の外に設置してあるみどりの窓口に行ってSuicaを購入したいと伝えましょう。

記名式Suica、小児用Suicaは申込用紙に氏名、性別、生年月日、電話番号を記入する必要があります。

モバイルSuicaの作り方

  1. Suicaアプリをダウンロードする
  2. 初期画面の中から「新規入会登録」を選択
  3. 「会員規約・利用規約に同意する」にチェックを入れ、各種設定へを選択
  4. クレジットカード情報入力
  5. 確認画面を選択
  6. 登録するボタンで登録完了

 

Suica完全ガイド(チャージ)

Suicaは電車マネーであるため、チャージして使うことが基本となります。

Suicaには、様々な方法でチャージすることができますので覚えておきましょう。

Suicaのチャージ方法

  • 駅や券売機で現金によるチャージ
  • クレジットカードによるチャージ
  • JREポイントをSuicaにチャージ
  • オートチャージ

 

駅の券売機、多機能券売機でチャージ

Suicaのチャージで最も簡単な方法は駅の券売機や多機能券売機でチャージすることです。

  1. JRに設置してある券売機や多機能券売機、指定席券売機を探す
  2. タッチパネルに表示してあるチャージをタッチ
  3. Suicaを挿入
  4. 金額を指定する
  5. 現金を投入

※(1回の操作で入金(チャージ)できる金額の単位)
・500円
・1,000円
・2,000円
・3,000円
・5,000円
・10,000円

※Suicaは、最大で20000円までチャージすることができます。

クレジットカードでチャージ

  1. Suicaアプリを開く
  2. 「SF電子マネー」を選択
  3. 「1.入金(チャージ)」を選択
  4. 入金(チャージ)額を入力
  5. 「入金する(クレジットカード)」を選択
  6. 入金(チャージ)が完了

 

オートチャージ

オートチャージとは、あらかじめ設定した金額以下になると自動的にチャージしてくれる便利なサービスです。

  1. 駅にあるATM「VIEW ALTTE」を探す
  2. 「オートチャージ設定」を選択
  3. 「Suicaのリンク」を選択
  4. 「リンク設定/変更」を選択
  5. Suicaとリンクさせるビューカードを挿入
  6. ビューカードの暗証番号を入力
  7. 内容を確認し「確認」をタッチ
  8. 同意する」を選択
  9. 引き続きオートチャージを設定
  10. 申し込みを選択
  11. 同意するをタッチ
  12. ビューカードを受け取る

 

Suica完全ガイド(使い方)

Suicaを購入して、チャージが完了したら実際に使ってみましょう。

Suicaは電車に乗るだけでなく、Suicaと提携しているお店やインターネットショッピングでも使うことができます。

Suicaを電車で使う

電車に乗るときは駅の改札にタッチすれば、初乗り料金が引かれ、降りた駅でまた改札にタッチすれば差額が引かれます。

また、Suica定期にしたカードは、購入した区間は何度でも乗ることができます。

わざわざ切符を購入する必要がなく、最も一般的な使い方です。

Suicaをお店で使う

Suicaマークがあるレジのお店では、購入したい商品をSuicaで支払うことができます。

商品をレジに持っていき、支払いをSuicaでお願いすればよいので、とても簡単です。

また、インターネットショッピングでSuicaが使えるサイトも数多くあります。

Suicaが使えるお店

参考 Suicaが使えるお店JR東日本

Suica完全ガイド(ポイント)

Suicaを使う上で覚えておきたいのがSuicaポイントです。

Suicaポイントとは、Suicaを利用することで貯めることができるポイントのことです。

Suicaポイント(JRE POINT)を貯めるためには、JRE POINT加盟店各ショップ、インフォメーション、サービスカウンターなどでJREポイントカード、ビューSuicaカードを作る必要があります。

たまったポイントはSuicaグリーン券に交換して快適に電車に乗ったり、Suicaにチャージすることができます。

Suica完全ガイド(アプリ)

Suicaをより便利に使いこなしたいなら、Suicaアプリを使ってみましょう。

Suicaアプリとは、スマホにSuicaアプリをダウンロードすれば、Suicaの利用状況の確認や乗車券の購入などができる便利なアプリです。

Android、iPhoneに対応しているので、Suicaの情報が自分のスマホですぐに確認することができます。

Suicaアプリでできること

  • 利用状況の把握
  • Suicaの払い戻し
  • グリーン券、特急券の購入
  • 定期券の購入
  • オートチャージ

Suicaアプリの登録手続き

(Suicaが手元にある場合)

  1. Suicaアプリを開く
  2. Suicaの利用規約に同意する
  3. Suicaをスマホにかざし情報を転送する

(SuicaアプリでSuicaを作る場合)

  1. Suicaアプリを開く
  2. +Suica発行を選択
  3. Suica(無記名)、My Suica(記名式)Suica定期券を選択
  4. 次へをタップ
  5. 利用規約に同意する
  6. Suicaにチャージする金額を決める

 

Suicaのお得な使い方とは?

Suicaをよりお得に使いたいならクレジットカードと組み合わせることがおすすめです。

通勤や通学で毎日使うSuicaをクレジットカードと組み合わせることでJREポイントとクレジットカードのポイントを貯めてしまいましょう。

Suica機能付きクレジットカードやモバイルSuicaでおすすめのカードはビューカードです。

ビューカードはSuicaとの相性がとても良く、JREポイントが貯まりやすいことに加えて、オートチャージでも使うことができます。

Suicaが使えるクレジットカード

  • ビュースイカカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • ルミネカード
  • JALカードSuica
  • ANA VISA Suicaカード
  • イオンSuicaカード

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください