【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

コスパで選ぶウォーターサーバー!安いのはどこ?

ウォーターサーバーを使う時に気になるのは、ひと月に掛かる料金ですよね。

特に家族で使っている場合は、お水の消費量も多く家計をやりくり際に「なるべく安くおさえたい」と思う方も多いでしょう。

ウォーターサーバーに掛かる料金は、お水代だけではありません。
実はお水代以外にもコストは様々なところにあります。

お水が安いからと言って、簡単に決めてしまうと後々後悔してしまうかもしれません。
そんな後悔をしないためにも、しっかりコストの把握をしておきましょう。

目次

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント

「安さ」を売りにしているウォーターサーバー会社は多いですが「安く見えるように様々な工夫している」と言う場合もあるため、会社側の巧みな宣伝文句に惑わされないようにしましょう。

値段を抑えて快適に使うためのポイントを下記4つにまとめました。

1.電気代を含むトータルコストで比較すること
2.お水代の安さだけなら「RO水」
3.ボトル交換のしやすさも大切
4.ノルマや契約期間はしっかり確認すること

ウォーターサーバーはお水代を始め、レンタル料・配送料・定期メンテナンス・電気代とい言った様々なコストが掛かります。

基本的に公式ページの料金は、電気代が含まれていないので注意しましょう。

ちなみに電気代は「月1000円」が目安です。
これは電気ポットとほぼ同額なので、温水・冷水が使えるウォーターサーバーの方がお得と言えるでしょう。
サーバーによって「月330〜1200円」と大きな差が出てきてしまうため、トータルコストで比較することが大切です。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント お水代

まずは忘れちゃいけないのがお水代です。

ウォーターサーバーで使われているお水は大きく2種類に分かれています。

天然水とRO水と言う2種類のお水があります。
値段はどのメーカーも天然水はやや高めに設定されており、RO水は比較的安い価格設定になっているのが特徴的です。
お水の価格はメーカーによって様々です。

ですが、どのお水をどのくらい注文するのかにより値段も大きく変わってくるので、ご自身の使用量はざっくり把握しておく必要があります。

メーカーによって、月々の注文ノルマが設けられている場合もありますので、その辺も注意して見極めましょう。

安い価格設定になっているお水「RO水」じゃあ「RO水」ってどんなお水なの?と言う方も多いと思います。

RO水とは、地下水や水道水などをRO膜と言うフィルター(NASAも使うフィルター)で不純物を99.99%取り除いた水のことを言います。

そのままピュアウォーターとして使っている会社もありますし、ミネラル成分を足して天然水に負けないくらい美味しくしている会社もあります。

最近は天然水を推奨しているサイトが増えていますが、RO水は美味しさも安全性も天然水に引けを取らないと言えます。

例えば、アクアクララは天然水ではなく、より安全な水としてRO水を選んだ理由を公式ページで説明しています。
逆に天然水にこだわりたい人は、特に美味しいと評判の「サントリーの天然水サーバー」はいかがでしょうか。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント サーバーレンタル代

サーバーレンタル代は各メーカー無料~1500円程度まで幅広く設定されていて、サーバーレンタルが無料だとお得に感じます。

しかしその分お水が高めの値段に設定されていたりするので、初期費用に他の費用が掛かってしまう場合もあります。
また、サーバーレンタル自体は無料でも「〇本以上注文しなければいけない」など条件が付いている場合もあるので注意しましょう。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント 電気代

ランニングコストとして気になるのが電気代ですよね。

ウォーターサーバーは基本的にずっと電源を入れっぱなしなので、電気代は結構掛かるのでは?と心配な方も多いでしょう。

ウォーターサーバーの電気代の相場は、月に約800~1500円といったところですが、その金額はお水の使用量によっても大きく変わってきます。

ただ、最近では省エネ機能搭載のサーバーも増えてきています。
電気代はその分大分抑えることができるでしょう。

各メーカーのホームページなどで目安の金額を表示していますので、チェックしておきましょう。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント 送料

送料は基本的に無料のメーカーがほとんどですが、地域やプランによっては送料が掛かってくる場合もありますので、しっかり確認しましょう。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント メンテナンス代

メーカーによってはサーバーのメンテナンスを数年に一度行っているところもあります。

その費用は無料や有料で月額または年間で掛かるところと様々です。
最近ではメンテナンスフリーのサーバーも増えてきています。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント 設置費用

見落としがちになってしまうサーバーの設置費用です。
リターナブル方式のメーカーの場合は、基本的に専門スタッフが無料で設置してくれます。

宅配便を使用しているメーカーの場合は自分で設置するかもしくは委託業者が設置することになります。そのため、設置費用が掛かってしまう場合があります。

重たいサーバーを自分で設置するかどうかは実は隠れたポイントなのです。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント 解約金

ウォーターサーバーには、基本的に契約年数が設けられています。

メーカーによって異なりますが、基本的には半年~2年が一般的です。
この期間内に解約をしてしまうと、解約金が発生してしまいます。

解約金の幅は約3000~1万5000円とかなり広く設定されています。
中には無料のメーカーもありますが、解約金に関して大々的に告知しているところはないので、しっかりと確認しておきましょう。

ウォーターサーバーを安く正しく選ぶ時のポイント ボトル交換のしやすさ

ボトルは12Lが標準ですが、実際持ってみると結構重たいと思います。

そのため、特に女性はボトル交換が楽と言うポイントを意識することをおすすめします。

交換する方法は主に3つあり、特に交換が楽なのは足元で交換できるタイプです。
最近は手頃な値段で、交換が楽なサーバーもどんどん増えてきています。

ウォーターサーバーの安さランキングによくある落とし穴

当然ですが、ウォーターサーバー各社によって水代・レンタル料・電気代などは異なります。結局どれが安いのか料金を比較しづらいですよね。

ウォーターサーバーの安い順ランキングに頼る人は多いでしょう。

しかし、安さだけに飛びつくと以下のような落とし穴にハマってしまう場合があるので注意しましょう。
・安い分、毎月のノルマが厳しいことがある
・期間の縛りがあることが多い
上記は多くの人がハマりやすい点なので順にご説明します。

ウォーターサーバーの安さランキングによくある落とし穴 毎月のノルマ

料金が安いサーバーは、ユーザーに水をたくさん使ってもらわないと損をしてしまうため、月24L程度の毎月のノルマを定めているわけです。

しかし毎月届く水が飲みきれない状況になり、それが続くと水がどんどん溜まってしまいます。

どの会社も配送の一時停止ができますが、1ヶ月だけなら無料で一時停止できるところもあれば、追加手数料が掛かるものもあります。

そこで、水がどんどん溜まっていってしまわないように契約の前に目安として知っておきたいのが、1ヶ月の水の利用量です。水の利用量は、大人1人約12Lと言われています。

後で思わぬ追加費用が掛からないためにも、ノルマや契約期間をきちんと確認しましょう。

ウォーターサーバーの安さランキングによくある落とし穴 期間の縛り

安いサーバーは、自社の利益を薄くしてサービスを提供しているため、ユーザーが契約してすぐに解約されてしまうと損をしてしまいます。そのため、契約期間の縛りがあります。

一般的に1〜2年契約が多く、途中で解約すると1万円前後の違約金が掛かります。
事前にきちんと確認することが大切です。

安いウォーターサーバーを4つのタイプ別に比較

おすすめのサーバーをタイプ別に厳選!タイプは以下の4つです。

●業界最安値:『富士おいしい水』
●天然水の最安値:『アクアセレクト』
●軽量タイプの最安値:『サントリー』
●足元ボトルの最安値:『コスモウォーター』

ちなみにここで紹介するサーバーはいずれも沖縄では利用できないため、沖縄にお住まいの方はご注意下さい。

それでは、上記のタイプ別におすすめサーバーを順にご紹介します。

安いウォーターサーバータイプ1 業界最安値!富士おいしい水

主要20社の内電気代を含む月額コストが3568円と最安値が特徴の『富士おいしい水』です。

余計なコストを削減することで、最安値を実現しています。
更に「ノルマなし・期間の縛りなし」と言う業界の中でも非常に珍しい宅配水会社で始めやすいのも特徴で、以下のような人に特におすすめします。
・ウォーターサーバーを初めて使う人
・一人暮らしや水の利用量の少ない人
・ノルマや期間に縛られず、自分のペースで楽しみたい人

安いウォーターサーバータイプ2 天然水の最安値|アクアセレクト

天然水サーバーの最安値の『アクアセレクト』です。(電気代込みで税込月額3800円)

最値段の理由は、地域貢献の一環として行なっていて適正利益しか乗せていないからと言えます。
更に水質全国No1に何度も選ばれている三重県宮川の天然水なので、水質の心配もありません。
ノルマは月22.7Lとやや少なめで、1年契約で違約金も約5500円なので、特に始めやすいサーバーの1つとしても良いでしょう。

安いウォーターサーバータイプ3 軽量タイプの最安値|サントリー

近年人気の軽量ボトルの中で、電気代込みで月額料金が月4578円と最安値の『サントリー・天然水ウォーターサーバー』です。

一般的な12Lボトルは重たくて交換が大変ですが、7.8Lなので女性でも楽に交換が可能と好評です。

更に、自動クリーニング機能や4段階の温度設定・二重チャイルドロックなど様々な便利機能もあり、その点も好評です。

安いウォーターサーバータイプ4 交換が楽な最安値|コスモウォーター

足元ボトルタイプで交換が楽と評判です。電気代込みで月額4606円と安価な『コスモウォーター』です。

12Lボトルを高く持ち上げることなく、足元で交換できるため女性やご年配の方に人気です。

更に、最寄りの採水地から48時間以内に直送されるので、新鮮なままの天然水を楽しむことができる点も好評理由の1つでしょう。

ウォーターサーバーを安く選ぶ時は自分に合ったタイプを選ぶべし

ここまでウォーターサーバーを安く正しく選ぶ方法やタイプ別のおすすめをご説明してきましたが、いかがでしたか?

ウォーターサーバー選びでは安さだけで飛びつくとノルマや期間の縛りが厳しいこともあるため注意しましょう。

安いサーバーの中でも、このページでご紹介したように自分に合ったタイプのものを選ぶこともおすすめですので是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください