今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

すき家でSuicaは使えるの?すき家のSuicaの使い方を徹底解説!

Suica
すき家ではざまざまな決済方法で支払いをすることができるようになっています。

主要電子マネーやクレジットカードの利用も可能になっていますし、順次、すき家ではQRコード決済も導入していくことが見込まれます。

今回は、Suicaがすき家で使えるか?について解説していきます。

キャッシュレス還元のおすすめ記事

キャッシュレス消費者還元事業とは

キャッシュレス消費者還元事業とは対象店舗でキャッシュレス決済制度を使って支払いを行うとポイント還元が受けられる制度です。

キャッシュレス決済はクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・電子マネー・QRコード決済などが対象になります。

期間は2020年6月30日(火)としていますが、日本政府はキャッシュレス比率を大阪万博がある2025年までに40%、将来的には80%にする目標を掲げておりますので、形を変えて様々なキャッシュレス施策は行われていくことでしょう。

事業名キャッシュレス・消費者還元事業(消費者ポイント還元事業)
実施期間2019年10月1日(火)〜2020年6月30日(火)
対象決済「キャッシュレス・消費者還元制度」に参加する店舗で、クレジットカードや電子マネー・コード決済など「キャッシュレス・消費者還元制度」に参加する決済事業者の決済を用いてキャッシュレス手段でのお買物が対象。
ポイント還元率中小企業・小規模事業者が運営する店舗:5.0%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2.0%

すき家はキャッシュレス消費者還元事業の対象外店舗

すき家はキャッシュレス消費者還元事業に加盟していない店舗になるため、5%または2%の還元が受けられません。

参考すき家でキャッシュレス消費者還元は受けられる?ポイント還元率とおすすめ決済手段

すき家でSuicaは使えるのか知る前にSuicaの基本を押さえておこう

すき家でSuicaが使えるのか知る前にSuicaの基本を学んでおきましょう。

Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。

パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。

ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

Suicaのチャージ

Suicaは電子マネーであるため、お店でお買い物する前にチャージしておくことが基本となります。

Suicaのチャージ方法は色々ありますがここでは券売機や多機能券売機、指定券券売機とクレジットカードによるチャージ方法を紹介します。

「券売機、多機能券売機、指定券券売機でチャージ」

  • JRに設置してある券売機や多機能券売機、指定席券売機を探す
  • タッチパネルに表示してあるチャージをタッチ
  • Suicaを挿入
  • 金額を指定する
  • 現金を投入

※(1回の操作で入金(チャージ)できる金額の単位)
・500円
・1,000円
・2,000円
・3,000円
・5,000円
・10,000円

※Suicaは、最大で20000円までチャージすることこができます。

「クレジットカードを使ってモバイルSuicaでチャージ」

  • Suicaアプリを開く
  • 「SF電子マネー」を選択
  • 「1.入金(チャージ)」を選択
  • 入金(チャージ)額を入力
  • 「入金する(クレジットカード)」を選択
  • 入金(チャージ)が完了

 

Suicaの使い方

Suicaは下記のような使い方ができます。

  • Suicaを電車で使う
    →電車に乗るときは駅の改札にタッチすれば、初乗り料金が引かれ、降りた駅でまた改札にタッチすれば差額が引かれます
  • Suicaをお店で使う
    →スイカマークがあるレジのお店では、購入したい商品をSuicaで支払うことができます。商品をレジに持っていき、支払いをSuicaでお願いすればよいので、とても簡単です。
参考 Suicaが使えるお店JR東日本

すき家でSuicaは使えるのか?

すき家でSuicaは使えるのでしょうか?

すき家は2015年1月中旬からは、全国の「すき家」に「Suica」等の交通系電子マネー、「iDTM」、「楽天Edy」を順次導入し、電子マネー決済サービスを展開しています。

全国に1,984店舗(2014年12月25日現在)を展開する牛丼チェーンのすき家では、今まで現金での支払いが中心でしたが、交通系ICカードが使えるようになることで、スピーディーな支払いができるようになりました。

すき家とは

すき家とは、ゼンショーホールディングス傘下のすき家本部が運営する牛丼チェーン店です。

47都道府県・日本国内店舗数最多の合計1,956店舗(2017年9月現在)を展開しています。

すき家の牛丼は基本的には牛鍋(すき焼き)風に味付けしたメニューであり、「すき焼き」をヒントに「すき家」と名付けたそうです。

すき家でSuicaを使う方法

すき家では料金は後払いのため、食事後終わったあとに会計になります。

  1. すき家で食事が終わったあとにレジにいく
  2. 店員さんにSuicaでの支払いをお願いする
  3. Suicaマークがついている専用の端末にタッチする
  4. 支払い完了

 

すき家で使える交通系ICカード

すき家ではSuica以外の交通系ICカードも利用可能です。

すき家で使える交通系ICカードは下記の通りです。

  • Kitaca
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

すき家のSuica以外の支払い方法

すき家で交通系ICカードや現金以外の支払いを方法を紹介します。

  • 電子マネー
    →楽天Edy 、 iD /、QUICPay 、 CooCa
  • クレジットカード
    →リクルートカード、楽天カード
    ※店舗によって違う
  • QRコード決済
    →Alipay
  • デビットカード
    → VISAデビット、JCBデビット
参考すき家でクレジットカードを使うと20%還元!電子マネーやQRコード決済など支払い方法まとめ

すき家のオリジナルグッズが当たるキャンペーン

すき家では交通系ICカード導入に伴い、キャンペーンを実施していました。

「すき家×交通系電子マネー オリジナルグッズプレゼントキャンペーン」

  • 期間
    →2015年 6 月 2 日から 6 月 30 日まで
  • 内容
    →すき家で交通系電子マネーを使って支払いすると、抽選で総計 1,000 名に「すき家×交通系電子マネー コラボデザイン名入れ丼」をプレゼント
  • 対象店舗
    →4.対象店舗:全国のすき家(一部店舗を除く)

 

すき家とSuicaの独自キャンペーンに期待

Suicaはすき家で使うことができますが、今後はマクドナルドとSUicaの独自キャンペーンにも期待です。

消費者としてはさまざまなキャッシュレスサービスや店舗の中でお得なものを選んで使い分けるリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください