申し込み前にあなたにおすすめのアメックスがわかる!!アメリカン・エキスプレス・カード23種を徹底比較・解説!

カテゴリー:イチ押しのクレジットカード, American Express    

アメリカン・エキスプレス・カード 比較

ステータスカードの代名詞であるアメリカン・エキスプレス・カードは、高い年会費にも関わらず、人気の高いクレジットカードの1つです。

緑色(もしくは金色)の券面にセンチュリオン像をあしらったシンプルなデザイン(プロパーカード)は、ステータスの象徴として、昔から親しまれてきました。

しかし、クレジットカード各社が激しいユーザーの獲得競争を行なっている現在は、アメリカン・エキスプレス社もプロパーカードだけではなく、様々な企業とコラボレーションした提携カードが発行されています。

その提携カードも、アメリカン・エキスプレス社が発行しているクレジットカードから、他のクレジットカード会社(セゾンなど)から発行されているものまで多岐に渡ります。

そこで、これからアメリカン・エキスプレス・カード(以下、アメックス)を考えているあなたにアメックスを持つメリットと、23種類のアメリカン・エキスプレス・カードを徹底比較して紹介します。あなたの生活にぴったり合うアメックスカードを、ぜひ見つけてください。

好きなテーマから読む

あなたにおすすめのアメックスは?

アメックスのクレジットカードの魅力は次の3つだと考えています。

  • 高いステータス性
  • 安心・充実のトラベルサービス
  • 手厚いユーザーサポート

23券種の中からどのカードを選んでも、少なからずこの3つの魅力は感じられるでしょう。

しかし、それぞれの機能や強みとしている領域は異なります。
アメックスの本当の魅力は、自分に合ったものを選ぶことで最大限引き出されるのです。

あなたに欲しいクレジットカードは、どんなカードでしょうか。
この記事を見れば、すぐにわかります。

あなたにピッタリのアメックスを見つけましょう。

まねぷれ
その前に!

「アメックスって何?」
「アメックスは、なんで人気なの?」
「どういう強み・弱みがあるの?」

など、アメックスについて知らないことが多い方は、詳しく説明しているこちらを、先にお読みください。

おすすめのアメックスを知りたい!という方は、このまま読み進めていただければとおもいます。
主に4つのタイプからあなたに合ったアメックスを紹介します。

圧倒的なステータス性と汎用性、スタンダードな魅力を感じたい方におすすめのアメックス


  • 人前で使っても恥ずかしくないクレジットカードが欲しい
  • 万能で高機能なクレジットカードが欲しい
  • まさに「アメックス」というクレジットカードが欲しい

という方におすすめなのは、
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
です。


 

↓↓ この2枚について詳しく見る ↓↓

 

国内・海外旅行でマイルをたくさん貯めたい方におすすめのアメックス


  • 国内・海外への旅行や出張の機会が多い
  • マイルを賢くたくさん貯めたい
  • 手厚いトラベルサービスや旅行傷害保険が欲しい

という方におすすめなのは、

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
です。


 

↓↓ この3枚について詳しく見る ↓↓

 

空港ラウンジやトラベルサービスを使って優雅に旅をしたい方におすすめのアメックス


  • 空港ラウンジや手荷物宅配サービスを使って旅をしたい
  • 無料で優先搭乗や座席のアップグレードをしたい
  • 無料で高級ホテルに泊まりたい

という方におすすめなのは、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
です。


 

↓↓ この3枚について詳しく見る ↓↓

 

なるべく安く・手軽に、高品質なサービスを受けたい人のためのアメックス


  • なるべく安く、アメックスブランドのクレジットカードが欲しい
  • アメックスは欲しいけど、自分の属性で審査に通るか不安
  • 国内の買い物をメインに使いたい

という人におすすめなのは、

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エクスプレス・カード
などの提携カードです。


 

↓↓ この2枚について詳しく見る ↓↓

 

アメリカン・エキスプレス(アメックス)って何?

アメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレスは、アメリカから始まり、今では全世界に加盟店がある決済ネットワーク企業です。

アメックスは、クレジットカード決済が成り立つために必要な

  • カード発行
  • 加盟店拡大
  • カード会社と加盟店の仲介

の3役を1社でこなしています。

ここで国際ブランドとクレジットカード会社の関係については、下記の図がわかりやすいでしょう。

  • イシュアー :クレジットカードを発行し、クレジットカード会員にサービスを提供する
  • アクワイアラ:お店にクレジットカード決済端末を導入する(加盟店業務)
  • 国際ブランド:イシュアーとアクワイアラ間で発生する取引の円滑な運営、取引ルールの運用

※日本の場合はイシュアーとアクワイアラをクレジットカード会社が兼務

つまり、アメックスは、イシュアー・アクワイアラ・国際ブランド全てを兼務する存在ということです。

そして、アメックスは国際ブランドとして「VISA」「Mastecard」「銀聯(Union Pay)」に次ぐ4番手のシェアを誇っています。
 

アメックスはなぜ人気?

クレジットカードの世界における、アメックスの存在感はわかっていただけたと思います。
そんなアメックスが人気である理由を説明していきましょう。

皆さんは、アメックスと聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか?
なんとなくお金持ちのかっこいいビジネスマンが持っているイメージでしょうか。

実際にアメックスはどんなカードなのでしょうか。
アメックスの特長を理解する上で、次の4点がポイントになります。

  • 格式高いステータス性
  • 海外旅行を充実させるトラベルサービス
  • 100円=1ポイントで貯まるポイント
  • 国内ショッピングもお得なアメリカン・エキスプレス・コネクト

格式高いステータス性

お会計の際にスッとアメックスカードを出す姿に憧れる方もいるのではないでしょうか。
アメックスカードは持っているだけでかっこいい、憧れられる、ハイステータスなカードとされています。
当サイトが独自に行ったアンケート調査でも、20代女性に好印象であることが判明しており、人気の高さが伺えます。

要点まとめ

20代女性に好印象のアメックスカード

まねぷれが独自にアンケート調査を行ったところ、アメックスカードは20代女性に好印象であることが判明しています。
参考 20代女性131人アンケートでわかった!女性がかっこいいと思うクレジットカードランキングTOP10(一般カード編)

日常利用ではなく、ステータスカードとして一枚持っておくにはもってこいです。

海外旅行を充実させるトラベルサービス

アメックスカードの最大の恩恵を受けることができるのが海外旅行です。

アメックス社の発行している通常のグリーンカードでも国内外の空港ラウンジ利用が同伴者1名まで無料になったり、旅行損害保険が最大5,000万円まで付いてきたり、自宅〜空港間でスーツケースを配送してくれる手荷物無料宅配サービスなど様々なサービスを受けることができます。

さらにワンランク上のゴールドカードを利用することで、対象レストランの優待券や旅先での緊急時の対応をしてくれるオーバーシーズアシスト、飛行機の遅れによる出費を補償してくれる航空便遅延補償など、より多くのサービスを受けることができます。

海外旅行が好きな方、仕事で出張などが多い方はワンランク上の快適が得られるアメックスカードを一枚持っておくといいでしょう。

100円=1ポイントで貯まるポイント

アメックスのカードには、通常100円の買い物につき1ポイント貯まるポイント制度があります。ポイントは、カード請求の支払いに充てたり、お好きな商品や商品券・ギフトカードに交換することができます。その選択肢がとても多いのもアメックスカードの特徴です。

大きな買い物や金額の高い旅行の支払いなどで、まとまったポイントが貯まってきた際に、様々な使い方ができるのは嬉しいですね。

国内ショッピングもお得なアメリカン・エキスプレス・コネクト

海外に行くことは少ない方もお得にショッピングができるアメリカン・エキスプレス・コネクトというサービスを展開しています。
これを利用すると対象の店舗での割引やキャッシュバックを受けることができます。

国内でのお買い物やお食事でも十分なサービスがあるため、海外に行くことがなくても満足して使えるカードです。
 

アメックス利用の不安要素

メリットも多くステータスもあるアメックスカード。

しかし多くの方が不安に思うこともあると思います。
そこで、どのようなデメリットがあるのか見てみましょう。

高額な年会費

多くの方がネックに思うのが年会費の高さ。
通常グリーンカードでも12,000円の年会費がかかり、他社のカードに比べて高く設定されています。

しかし、このような比較的高い金額が設定されているからこそ、持っているだけで社会的信用が高い、自慢のできるカードとしての地位を築いているのです。

また、アメックスカードには空港のラウンジ利用やマイルなど、多くの特典が用意されています。
これらをうまく活用することで、年会費の負担を感じさせない、さらに上をいくサービスを受けることができます。

高い審査基準

いざ、カードを申し込もうと思った際に、気になるのがやはり審査。

近年ではパート・アルバイトの人でもカードを持てる時代ですが、アメックスのカード申し込み基準は20歳以上の定職のある方、と少し厳しめ。
また、富裕層向けのカードであるため、ある程度の年収や安定した職業などが審査通過には必要とされています。

したがって、ある程度の収入を得られていない方には、アメックスは向いていない、使うことのできないカードであると言えます。
ただし、プロパーカードにこだわりがないのであれば、セゾン系などの提携カードを申し込むという方法もあります。

使える店舗が少ない

アメックスと同じく世界的な国際ブランドとして有名なVISAやMasterCardに比べると利用できる店舗の数が少ないのが現状です。

しかしあまり知られてはいませんが、アメックスは日本発の国際ブランドであるJCBとも連携しているため、使える店舗は日本国内ではとても多いのです。

他にもアジア圏ではJCBの利用できる店舗は多くあるため、使える店舗が少ないというデメリットもそんなに感じないのではないでしょうか。

他社と比べてみると……

他の国際ブランドは、年会費無料のカードもあれば利用店舗も多く、使い勝手ではアメックスよりも良いでしょう。
しかし、一部の層に、こんなにもアメックスが支持されるのは、そのブランド力と特典の多さが理由です。

同じく5大国際ブランドの1つであり、アメックスに並んで高級志向のクレジットカードを提供している国際ブランドにダイナースがあります。

このダイナースと比べると、アメックスは年会費が安いし、利用できる店舗数も多いし、マイルも貯まりやすいし使いやすいという強みがあると言えるでしょう。
しかし、ポイントの貯めやすさではポイントアップモールが充実しているダイナースに軍配が上がると思います。
ポイント重視ならダイナース、マイルを貯めたいならアメックスがおすすめです
 

アメックスのカードを徹底比較

アメックスは、下記のように大きく4種類に分けることができます。

  • アメックス社が発行しているプロパーカード
  • アメックス社が発行している提携カード
  • アメックス社と提携している日本のクレジットカード会社が発行しているカード
  • 複数の国際ブランドがあるクレジットカードで、アメックスを選べるカード

まずは、各カードの主要項目を表にまとめましたので見比べてみましょう。

アメックス社が発行しているプロパーカード

アメリカン・エキスプレス・カード
【年会費】
12,000円
【マイル還元率】
ANA: 0.5%、JAL: なし
【特長】
一番ベーシックなアメックスカード。通称グリーンカード。これだけでも十分な特典がある。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
【年会費】
29,000円
【マイル還元率】
ANA: 0.5%、JAL: なし
【特長】
さらに多くの特典がつき、持っているだけでステータスを示せる。海外旅行の多い人におすすめ。
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード【年会費】
10,000円
【マイル還元率】
ANA: 1.0%、JAL: なし
【特長】
対象航空会社の利用でポイントが3倍貯まる。入会・初めての旅行・継続でボーナスポイントも。
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード【年会費】
35,000円
【マイル還元率】
ANA: 1.0%、JAL: なし
【特長】
対象航空会社の利用でポイントが5倍貯まる。海外旅行が多い人には貯めやすい。

※ANAへのポイント移行には、別途参加登録費が必要です。〔年間5,000円+消費税〕二年目以降自動更新
 

アメックス社が発行している提携カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
7,000円
【マイル還元率】
ANA: 1.0%、JAL: なし
【特長】
ANAグループでの旅行や提携店での買い物でポイントやマイルが貯まる。
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード【年会費】
31,000円
【マイル還元率】
ANA: 1.0%、JAL: なし
【特長】
ANAグループでの旅行ごとに通常マイルの25%上乗せ。国内旅行でANA利用の多い人向け。
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
12,000円
【マイル還元率】
スカイマイル: 1.0%〜1.5%
【特長】
デルタ航空の利用でマイルが2倍になる。アメリカへの渡航が多い人向け。
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード【年会費】
26,000円
【マイル還元率】
スカイマイル: 1.0%〜1.5%
【特長】
デルタ航空上級会員「ゴールドメダリオン」の資格を付与。優先チェックイン・搭乗などの最高のサービスを受けられる。
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
14,000円
【マイル還元率】

【特長】
阪急百貨店・阪神百貨店ではいつでも、ずっとSポイントが10%たまる。
SPGアメックスカード
SPGアメックス【年会費】
31,000円
【マイル還元率】
ANA: 1.0%、JAL: 1.0%
【特長】
「ゴールドプリファードゲスト」の資格を付与。自慢したくなる特典が満載。

 

アメックス社と提携している日本のクレジットカード会社が発行しているカード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
初年度無料(翌年度1,000円)
【マイル還元率】
ANA: 0.3%、JAL: 0.25%
【特長】
年に1回でも利用すれば年会費は実質永年無料で使えるアメックスカード。もちろんアメックスサービスもそのまま使える。
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
26歳になるまで無料(通常3,000円)
【マイル還元率】
ANA: 0.3%、JAL: 0.25%
【特長】
26歳までは年会費無料で国内外の旅行傷害保険が自動付帯があって安心旅行を提供。
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
初年度無料(翌年度10,000円)
【マイル還元率】
ANA: 0.375%、JAL: 0.45%
【特長】
国内利用は1.5倍、海外利用は2倍のポイントが貯まるゴールドカード。
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
20,000円
【マイル還元率】
ANA: 0.3%、JAL: 0.25%
【特長】
年間200万円以上の利用で翌年度年会費が半額の10,000円になるアメックスのプラチナカード。
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカード
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカード【年会費】
初年度無料(翌年度500円)
【マイル還元率】
ANA: 0.312%、JAL: 0.25%
【特長】
永久不滅ポイントもヤマダポイントもマイルの貯まる。
MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エクスプレス・カード
MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
初年度無料(翌年度1,250円)
【マイル還元率】
ANA: -、JAL: 0.2%
【特長】
18~29才までの学生なら、在学中の年会費無料で持てる。
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
初年度無料(翌年度1,905円)
【マイル還元率】
ANA: -、JAL: 0.2%
【特長】
初年度年会費を無料で持てるアメックスブランドのゴールドカード。
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード【年会費】
20,000円
【マイル還元率】
ANA: -、JAL: 0.8%
【特長】
プライオリティ・パスも付帯する年会費2万円で持てるプラチナカード

 

複数の国際ブランドがあるクレジットカードで、アメックスを選べるカード

PARCOカード
PARCOカード【年会費】
3,000円
【マイル還元率】
ANA: 0.3%、JAL: 0.25%
【特長】
PARCOカード発行後1年間は、いつでも5%オフ。
MUJIカード
MUJIカード【年会費】
3,000円
【マイル還元率】
ANA: 0.3%、JAL: 0.25%
【特長】
無印良品でMUJIカードを利用すると、永久不滅ポイントが常に3倍。
マイレージプラスセゾンカード
マイレージプラスセゾンカード【年会費】
1,500円
【マイル還元率】
マイレージプラス: 0.5%
【特長】
追加年会費5,000円で1.5%のマイル還元率に大幅アップ。
LoFtカード
LoFtカード【年会費】
3,000円
【マイル還元率】
ANA: 0.3%、JAL: 0.25%
【特長】
毎月最後の金土日の3日間は、店頭商品10%オフ。
シネマイレージカードセゾン
シネマイレージカードセゾン【年会費】
3,000円
【マイル還元率】
ANA: 0.3%、JAL: 0.25%
【特長】
TOHOシネマが好きな方は、お得に映画鑑賞ができる。

 

タイプ別におすすめのアメックスを徹底解説!

アメックスの基本!プロパーカードってどんなカード?

年会費(税抜)12,000円
家族カード年会費(税抜)6,000円
海外旅行傷害保険最高5,000万円補償(※)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※)

※適用条件は利用付帯

アメリカン・エキスプレス・カード」(アメックスグリーン)は、アメックスの顔とも言えるようなクレジットカード。

アメックスの中では一般カードという扱いですが、他社のゴールドカード並のスペックを持っていて、特に国内での航空利用が多い方のおすすめです。

自宅 – 空港間での手荷物の無料配送やタクシーのチャーターなど嬉しいサービスの他に、国内外39ヶ所の空港ラウンジ利用も可能なのが嬉しいですね。

年会費(税抜)29,000円
家族カード年会費(税抜)12,000円(1枚目は無料)
海外旅行傷害保険最高1億円補償(※1)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※2)

※1.自動付帯で最高5,000万円、利用付帯条件適用で最高1億円補償に
※2. 適用条件は利用付帯

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(アメックスゴールド)は、アメックスグリーンの各機能をそのままグレードアップしたゴールドカードです。
特に「トラベルサービス」「ユーザーサポート」「付帯保険」の3点が重点的に強化されています。

ステータスや信用力の証明としてもトップクラス。持っていれば一目置かれること間違いないでしょう。

申込み条件はアメックスグリーンと同様なので、年会費さえ許容できれば最初からアメックスゴールドを選ぶのも悪くない選択です。

この二枚について、もっと詳しく知りたい方はこちら↓

参考 アメックスの基本!アメリカン・エキスプレス・カードのプロパーカードであるグリーンとゴールドを徹底解説!

 

一番マイルを賢く貯められるアメックスは、どんなカード?

アメックスが発行するクレジットカードは、貯めたポイントをマイルに交換できたり、マイルの高い付与率サービスがあったりと、もともとマイルを貯めるにはもってこいなのです。

よく使う航空会社の提携カードなら、よりお得に貯めることができます。
よって、マイルを効率良く貯めたいのであれば、よく使う航空会社の提携カードを選ぶのをおすすめしたいと思います。

航空券購入でポイントを貯めて好きなマイルに交換!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

年会費(税抜)10,000円
家族カード年会費(税抜)5,000円
海外旅行傷害保険最高3,000万円補償(※)
国内旅行傷害保険最高2,000万円補償(※)

※適用条件は利用付帯

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」も、アメックス自ら発行するプロパーカードになります。
ANAやデルタ航空のような、特定の航空会社との提携カードではありません。

そのため、「普段から飛行機によく乗る人」全てにおすすめできるクレジットカードです。

一番の魅力は、対象航空会社の航空券や対象旅行代理店の指定旅行商品を購入することで付与ポイントが3倍になる「スカイ・トラベラー3倍サービス」。
さらに、貯まるのはあくまでもアメックスのポイントであり、ポイントは提携15社のマイルに交換することができます。

年会費(税抜)35,000円
家族カード年会費(税抜)17,500円
海外旅行傷害保険最高5,000万円補償(※)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※)

※適用条件は利用付帯

上位カードである「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」は、先ほどの「スカイ・トラベラー3倍サービス」が「5倍サービス」になるのが魅力です。

付帯保険やトラベルサービスも強化されているので、海外への旅行や出張がかなり多い方にはおすすめです。

とはいえ、どちらも付帯保険やトラベルサービスは他のアメックスカードに比べると弱いので、あくまでもマイルを目的としている人向けのカードになっています。

この二枚について、もっと詳しく知りたい方はこちら↓

参考 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、マイルが無期限&高還元&自由自在で最強の航空系クレジットカード!?徹底的に比較・解説!

全日空の利用でANAマイルがザクザク貯まる!ANAアメリカン・エキスプレス・カード

年会費(税抜)7,000円
家族カード年会費(税抜)2,500円
海外旅行傷害保険最高3,000万円補償(※)
国内旅行傷害保険最高2,000万円補償(※)

※適用条件は利用付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、ANAとアメックスが提携したクレジットカードで、発行はアメックスが行っています。

ANAと提携しているため、「入会」「搭乗」「継続」など様々なシーンでボーナスマイルがもらえる他、ANAグループの加盟店を利用することでも効率良くマイルを貯めることができます。

年会費6000円のポイント移行コースに登録する必要はありますが、有効期限が無期限のポイントを好きな時にマイルへ換えるが出来るのも魅力の一つです。

カードの年会費7000円+ポイント移行コース6000円で、13000円の年会費は一見高く思えます。
しかし、ANAアメックスカードは他社のゴールドカードに匹敵するような「アメックスならではのトラベルサービス」も兼ね備えているため、決して高いとは言えません。

年会費(税抜)31,000円
家族カード年会費(税抜)15,500円
海外旅行傷害保険最高1億円補償(※1)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※2)

※1.自動付帯で最高5,000万円、利用付帯条件適用で最高1億円の補償に
※2. 適用条件は利用付帯

上位カードである「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、他社のゴールドカードに比べても高めの年会費ですが、その分もらえるマイルも増えます。
飛行機に乗る機会が多い人なら、元は取れるでしょう。

海外旅行傷害保険が最高1億円補償と、かなり高額なのも安心ですね。

「有効期限なし」のマイルをコツコツ貯められる!デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費(税抜)12,000円
家族カード年会費(税抜)6,000円
海外旅行傷害保険最高5,000万円補償(※)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※)

※適用条件は利用付帯

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」は、デルタ航空とアメックスが提携しているクレジットカードです。
そのため、デルタ航空のマイレージプログラムで「デルタマイル」を貯めることができます。

デルタ航空は、日本ではあまりメジャーではないかもしれません。
しかし、エールフランス・KLMオランダ航空・大韓航空・チャイナエアラインなどが所属する「スカイチーム」というアライアンスの一員であるため、マイルの使いみちは豊富。
日本のLCCであるスカイマークとも提携しているため、国内線の航空券に交換することも可能です。

デルタマイルの魅力は、「有効期限がない」ことです。
コツコツ着実にマイルを貯められるのは、嬉しいですね。

上位カードに「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」がありますが、こちらのカードはマイルの他にも非常に大きな魅力があるので、後ほど紹介します。

この二枚について、もっと詳しく知りたい方はこちら↓

参考 持つだけで上級会員に!デルタ スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードの凄さ、クラシック/ゴールドの違いを徹底解説!

ユナイテッド系のMileagePlusセゾンカード

マイレージプラスセゾンカード」は、ユナイテッド航空と提携してセゾンカードが発行しているクレジットカードです。

年会費を追加で払って「マイルアップメンバーズ」になるとなんと2.25%という高い還元率。1,000円につき最大10マイル加算されます。

提携カードのため、機能的には劣りますが年会費は安く、手軽にユナイテッド航空のマイルをザクザク貯めたい人向けのカードです。

 

充実したトラベルサービスで優雅な旅が出来るアメックスってどんなカード?

年会費(税抜)29,000円
家族カード年会費(税抜)12,000円(1枚目は無料)
海外旅行傷害保険最高1億円補償(※1)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※2)

※1.自動付帯で最高5,000万円、利用付帯条件適用で最高1億円補償に
※2. 適用条件は利用付帯

プロパーカードとしても紹介しましたが、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」はトラベルサービスも圧倒的です。

海外でのレストランの優待や、緊急時の対応などを行ってもらえるオーバーシーズ・アシスト、急な病気などで渡航ができない場合のキャンセル・プロテクションなどの他に、国内外1000ヶ所の会員制VIPラウンジの利用が年2回無料になったり、現地での携帯電話レンタルの割引がされたりと、様々なサービスが特典として付いてきます。

ステータス性だけでなく、海外での充実した滞在を求める方にもおすすめのカードです。

年会費(税抜)26,000円
家族カード年会費(税抜)12,000円(1枚目は無料)
海外旅行傷害保険最高1億円補償(※1)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※2)

※1.自動付帯で最高5,000万円、利用付帯条件適用で最高1億円補償に
※2. 適用条件は利用付帯

デルタアメックスの上位カードである「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、マイル以外にも大きな魅力をもっています。

それは、所持しているだけでデルタ航空の上級会員である「ゴールドメダリオン」の資格を手に入れることができる、というもの。
普通なら、年間利用マイル・年間利用額などで厳しい条件がある会員資格が、一瞬で手に入るのです。

それによるメリットは、「空港ラウンジの利用」「座席の無料アップグレード」「チェックイン後の優先搭乗」など、非常に豪華なものが揃っています。

苦労せずに優雅な旅を実現したい方に、特におすすめのクレジットカードです。

年会費(税抜)31,000円
家族カード年会費(税抜)15,500円
海外旅行傷害保険最高1億円補償(※1)
国内旅行傷害保険最高5,000万円補償(※2)

※1.自動付帯で最高5,000万円、利用付帯条件適用で最高1億円補償に
※2. 適用条件は利用付帯

SPGアメックスカード(スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード)」は、高級ホテルグループである「スターウッド・ホテル&リゾートグループ」とアメックスが提携したクレジットカードです。

そのため、SPGアメックスを持つことで「スターウッド・ホテル&リゾートグループ」の上級会員である「ゴールドプリファードゲスト」の会員資格を手に入れることができます。

この会員資格を所持して二年目移行は継続ボーナスとして、なんと毎年「1泊分の無料宿泊特典」を受け取ることが出来るんです。
他にも「部屋の無料アップグレード」「レイトチェックアウト」などの優待も受けられるので、SPG高級ホテルでの宿泊も含めた上質な旅を求める人におすすめのカードになっています。

さらに、2016年9月にマリオット・インターナショナルがスターウッド・ホテル&リゾートグループを買収して、SPGとマリオット&リッツ・カールトンのステータスマッチが実現したことから、SPGのゴールド会員資格を有していれば自動的にマリオットとリッツ・カールトンのゴールド会員の資格を有することになったというのも非常に大きなポイントです。

このカードについて、もっと詳しく知りたい方はこちら↓

参考 これぞ至高のスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)を徹底解剖!

年会費無料で使えるアメックスってどんなカード?

高い年会費を払うのはちょっと……。、でもアメックスデビューしてみたい!

そんなアメックス初めての方におすすめなのが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードです。

維持コストが低い点が手軽に持てる大きな理由です。

初年度の年会費が無料で、1年に1回でも利用すれば次年度以降も年会費が無料になりますので、利用を前提で考えれば実質年会費無料で使えるアメックスカードなのです。

提携カードでは唯一アメックスの象徴である古代ローマの兵士が券面に描かれているため、アメックスらしさのあるデザインを年会費無料で使えるというのは非常に魅力的です。

 

初めてアメックスを持ちたいという方、特に学生におすすめなのがMUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードです。

海外旅行保険や優待特典など、アメックスの恩恵を十分に受けられるこのカードは、年会費が1,250円と格安。
さらに在学中は無料になるなど、アメックス唯一の学生カードと言われています。

なるべく安くアメックスを持ちたいとお考えの社会人の方にも、おすすめのカードです。

女性におすすめのアメックスは?

アメックスを持ってみたい!と思う女性も多いと思いますが、そんな方にイチオシなのがセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードです。

カードのご利用でセゾンの永久不滅ポイントが貯まったり、毎月5日・20日に西友やLIVINでお買い物が5%OFFになったりと、日常使いでの嬉しい特典があるほか、コンサートやイベントなどのチケットの先行予約や優待を受けられるチケットサービスe+(イープラス)、対象の美容院が最大50%OFF、エステサロン・リラクゼーションサロンが10%OFFなどの、特別なご褒美も優待価格で受けられます。

また、券面はセンチュリオン像でアメックスらしさを残しつつ、パステルなグリーンでかわいらしさもあるので、女性が持ちやすい1枚と言えるのではないでしょうか。

お近くにPARCOがある方におすすめなのが、このPARCOカードのアメックスブランド。

西友・LIVINだけではなく、入会後1年間PARCOでのお買い物がいつでも5%OFF、年間10万円以上のカード利用で翌年も適用されます。
携帯電話の支払いなどを設定しておけば、無理なく翌年も割引の対象になりますね。

PARCOカードのアメックスブランドは年会費こそ3,000円がかかりますが(他国際ブランドであれば無料)、最高3,000万円の国内外旅行傷害保険と、購入した商品の破損やカードの不正使用があった際に最高100万円補償のあるショッピング安心保険が付帯されます。

これらはアメックスブランドのみの付帯保険ですので、お得で安心なショッピングをお届けすることができるでしょう。

国内ショッピングにおすすめのアメックスは?

国内でのお買い物での利用がメインという方にはANA系かセゾン系のアメックスを推奨します。

ANA系アメックスは空港内の「ANA FESTA」で割引を受けられますし、「ANAマイレージモール」経由でマイルも効率良く貯められます。

セゾン系アメックスは対象店舗で割引やポイント付与率アップの特典が受けられますので、日常生活で大いに活用できます。

また、阪急百貨店や阪神百貨店に限りますが、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは最大10%のポイントを獲得できるのも、買いもの重視派には見逃せません。

 

まとめ

ステータスカードの代表格、アメリカン・エキスプレス・カード。

多く特典とそのブランド力で高い人気があるのも納得ではないでしょうか。

意外にもたくさんの種類のカードがあり、それぞれに特徴的な特典が付与されているため、各々のライフスタイルによって一番有効的に使えるものを選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

SPGアメックス

これぞ至高のスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)を徹底解剖!

皆さんは「スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード」というクレジ

記事を読む

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスの基本!アメリカン・エキスプレス・カードのプロパーカードであるグリーンとゴールドを徹底解説!

クレジットカードに詳しい方ならアメリカン・エキスプレス・カードと聞けば「ステータスカードの代

記事を読む

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

全日空を利用するなら!ANAアメックスとANAアメックスゴールドの魅力を徹底解剖!

旅行や出張で飛行機を利用することが多い方であれば、航空会社と提携しているクレジットカードを利用す

記事を読む

一度は泊まってみたい東京都内のおすすめ高級ホテル15選!高級ホテルでのマナー&お得な宿泊方法付き

誕生日や結婚記念日、恋人とのデート。 あなたにとって"特別な日"を特別な人と共に 高

記事を読む

個人事業主から法人まで!アメリカン・エキスプレス・カードのビジネスカードを徹底解説!

アメリカン・エキスプレスというクレジットカードに関して、どのくらい理解していますか?

記事を読む

アメリカン・エキスプレス・カード 比較
申し込み前にあなたにおすすめのアメックスがわかる!!アメリカン・エキスプレス・カード23種を徹底比較・解説!

ステータスカードの代名詞であるアメリカン・エキスプレス・カード

2015.08.01 Sat

旅行傷害保険だけじゃない!面白いクレジットカード付帯保険5選

クレジットカードって、現金派には無縁のモノだと思ってませんか?実はクレ

2017.08.09 Wed

一度は泊まってみたい東京都内のおすすめ高級ホテル15選!高級ホテルでのマナー&お得な宿泊方法付き

  誕生日や結婚記念日、恋人とのデート。 あなた

2017.07.25 Tue

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、マイルが無期限&高還元&自由自在で最強の航空系クレジットカード!?徹底的に比較・解説!

アメックスには、航空会社と提携するなどしてマイルが貯まりやすくなっ

2017.07.21 Fri

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
全日空を利用するなら!ANAアメックスとANAアメックスゴールドの魅力を徹底解剖!

旅行や出張で飛行機を利用することが多い方であれば、航空会社と提携し

2017.07.14 Fri

個人事業主から法人まで!アメリカン・エキスプレス・カードのビジネスカードを徹底解説!

アメリカン・エキスプレスというクレジットカードに関して、どのく

2017.07.14 Fri

もっと見る

PAGE TOP ↑