セブンイレブンで20%還元☕✨

ETCカードのエラーとは?知っておきたいETCカードのエラーの種類と対処方法

etcとは?etcの意味と使い方etc.をまとめました

車で家族旅行や遠出をする時にETCカードを利用して高速道路を走る人も多いでしょう。
今やETCカードは、車を持つ人の90%以上が持っていると言われている必需品です。
高速道路のETCゲートをスムーズに通ることができるだけでなく、通行料金は後日請求のため、お金の心配をしないで済むのは嬉しいポイントですね。

そんなETCカードの事をどの位知っていますか?
中にはETCカードのエラーが出てしまった人もいるのではないでしょうか?
そこで今回はETCカードのエラーの原因と対処方法を紹介します。
ETCカードのエラーの対処方法が分からない人は参考にして下さい。

ETCカードのエラーとは?ETCカードのエラーを知る前に知るべきETCカードの基本情報

ETCカードのエラーの原因と対処方法を知る前にETCカードの基本的な事を学んでおきましょう。ETCは、Electronic Toll Collection Systemの頭文字をとったもので日本語では電子料金収受システムと言います。
ETCカードは、車に取り付ける車載器とセットで使われ、車載器にETCカードを挿入することで使えるようになります。
ETCカードはクレジットカードと一体型となったものが多いですが、中にはETC専用カードやパーソナルカードもあるので自分に合ったものを選びましょう。
そんなETCカードのエラーのことを紹介します。

ETCカードのエラーとは?

ETCカードのエラーとはどのようなことなのでしょうか?
大抵の場合、ETCカードエラー表示が出る時は、ETCカードを車載器に挿入する時です。
ETCカードが正しく作動していれば車載器のグリーンのランプが点灯します。
機種によっては音声ガイダンスが流れる場合もあります。
しかし、ETCカードに異常があればのエラーが出てしまい、車載器に赤ランプや警告音がなることになります。
この状態ではETCは使えないので何らかの対応をしなければなりません。
けして、そのまま高速道路に乗らないようにしましょう。

ETCカードのエラー一覧

ETCカードのエラーにはどのような種類があるのでしょうか?
ETCカードのエラー表示は数字で表示されるため、一見みただけでは分かりません。
ETCカードのエラー表示の意味は下記の通りです。

01 ETCカード挿入異常
02 データ処理エラー
03 ETCカード異常
04 車載器故障
05 ETCカード情報の異常
06 ETC車載器情報の異常
07 通信異常
11 ETCカード書き込み異常

上記の他にも車載器のメーカー独自の数字が現れる場合がありますので、ETCカードのエラーをよく確認しておく必要があります。

ETCカードのエラーの原因

ETCカードのエラーには、大きく分けて二つの原因があります。
一つはETCカード自体の異常です。ETCカードの磁気異常やETCカード以外のカードを挿入していることによるエラーです。
もう一つは車載器が故障したことによるエラーです。
経年劣化や不良品の車載器を使っているためエラー表示が出てしまいます。
ETCカードのエラーがでたら、どちらの原因なのかまず判別しましょう。

ETCカードのエラー05(カード異常)の対処方法

ここからはETCカードのエラーの中で比較的多く出るエラー05(カード異常)が出てしまった場合の対処方法を紹介します。
エラー05の主な原因はETCカードの有効期限が切れていた場合とETCカードに磁気異常が発生した場合です。エラー05が出たらまずはETCカードの情報をよく確認しましょう。
磁気異常が出ている場合は、クレジットカード会社に問い合わせて新しいカードを発行してもらはなければなりません。

ETCカードのエラーでよくあるエラー01(挿入異常)

ETCカードのエラー表示の中で一番多いのがエラー01(挿入異常)です。
ETCカードは車載器に正しく挿入しなければなりませんが、間違った入れ方をしている場合はエラー表示が出ます。
エラー01が出てしまった時は、慌てずETCカードの向きを確認しましょう。
ETCカードの券面についている矢印と車載器の矢印をあわせると正しく挿入できます。
また、ETCカード以外のカードを挿入している場合がありますので、よく確認しておきましょう。

ETCカードのエラーは車載器にも原因があった

ETCカードのエラーはETCカード以外にも車載器に問題があるかもしれません。
車載器も機械なので経年劣化や不良品が原因で故障をすることがあります。
この時の対処方法は、まずはエンジンをかけ直し再起動しましょう。
車載器自体の電源を入れ直しても良いでしょう。
車載器によって音声ガイダンスが流れる時もありますので、正しく作動しているか確認します。それでも故障している場合は、車載器の販売店かカーディーラーに相談するしかありません。

ETCカードのエラーが出たまま放置していけない理由

ETCカードのエラー表示が出たままで高速道路に乗ってはいけません。
一般道なら特に問題がありませんが、あまり高速道路に乗らないからとエラー表示を放置したまま高速道路や有料道路に乗ってしまうとETCゲートに追突してしまう可能性があります。
クレジットカード会社のサービスでETCゲートによる事故で車が損傷してしまった場合にお見舞い金が出るものもありますが、ETCカードのエラーが出た状態の事故だと補償の範囲外になってしまうことも。高速道路や有料道路に乗る前にエラーの対応をしておきましょう。

ETCカードのエラーが出た場所で対処方法が変わってくる

ETCカードのエラーな対応は、車を運転する前にするのが基本ですが、高速道路や有料道路に乗る直前や乗った後にETCカードのエラー表示が出た場合はどうしたらよいのでしょうか?
ETCは常にアンテナでETCゲートと交信しており、自分が使っているETCカードの状態を確認しています。高速道路に乗る直前にETCカードが使えない旨のアナウンスが流れたら、一般ゲートに向かいましょう。一般ゲートでもETCカードの処理をしてくれるので、決して無理をしてはいけません。

ETCカードのエラーを解消して安全運転をしよう

ETCカードは正しく使えば、高速道路や有料道路の料金支払いのストレスが減り、とてもスムーズに通行することでできます。
しかし、ETCカードのエラー表示が出たままにしておくと思わぬ事故に繋がってし可能性があります。安全運転をするためには高速道路や有料道路に乗る前にETCカードの状態を確実に確認することがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください