ルミネカードの作り方!初めてクレジットカードを作る時の手順と必要なもの《永久保存版》

カテゴリー:クレジットカードの作り方, ビューカード 

この記事では即日発行のルミネカードについてまとめました。

申込資格国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方(高校生を除く)
未成年の方は親権者の同意が必要です。
年会費初年度無料 953円+税
国際ブランドVISA,mastercard,JCB
旅行傷害保険最高500万円(自動付帯)
ショッピング保険なし
おすすめポイントルミネでお買い物 5%オフ
ルミネのネット通販アイルミネで5%オフ

ルミネカードは誰でも作れるの?

ルミネカードの申し込みに必要なものは?

ルミネカードの発行手順は?

他のおすすめのクレジットカード!

気になる部分は下の目次から、各見出しに飛んでもらえればすぐ読めます!

ルミネカードの作り方を知る前に!まずはチェック!申し込み条件

いくらルミネカードを作りたいと願ったところで、自分自身が申し込み条件を満たしていなければルミネカードを作ることは事実上不可能です。

条件をしっかり確認せず申し込んで審査に落ちてしまい「自分にはルミネカードカードが作れなかった…」と落ち込んでも仕方ありません。

気になるルミネカードの申し込み条件はこちらです!

日本国内にお住まいの満18歳以上の方で、電話連絡の取れる方。未成年の方は親権者等の同意が必要です。
(カード会社よりご自宅への電話確認をさせていただきます。親権者の方がご同伴の場合には、親権者様の本人確認書類が必要です。)
ただし、高校生の方はお申し込みいただけません。
約30分程で当日から使える仮カードは2018年5月現在、ルミネ(大宮・北千住・池袋・有楽町・新宿・立川・横浜・町田・荻窪・藤沢・川越)および大船ルミネウィング、ニュウマンのルミネカードカウンターにて受付を承っております。
ルミネカードカウンターにてお申込みの際ご本人様を確認できるものをお持ち下さい。(コピーではお受けできません)

さてあなたはしっかり申し込み条件をクリアしていましたか?

ルミネカードの申し込み条件に適していた人は次の章から作り方について解説していくので次に進んでみて下さい!

ルミネカードの作り方は?申し込む方法や作れる店舗は?

ルミネカードを申し込む方法として、どこで申し込めば良いか気になる方も多いかと思います。
ルミネカードはルミネ各店舗やNEWoManなどの店頭、インターネット、郵送などの申し込み方法があります。

店頭で申し込む場合は、タブレット端末で必要事項を入力して、本人確認書類を提示して店その場で仮審査が行われます。

特に問題がない人であれば早くクレジットカードを作る事ができます。

また、普段忙しくて営業時間内に店頭で申し込みができない方や急いで作る必要もない方は、インターネットか郵送と言った便利な方法になります。

インターネットの場合はビューカードの公式サイトにある「ご希望のカードを選ぶ」からルミネカードを選択して作ります。
また郵送の方は、ルミネの店頭やJR東日本の主な駅・びゅうプラザなどに置かれている入会申込書を使って郵送で申し込む事も可能です。
ただし、店頭で作るようにスピーディーには作れないため、余裕を持って申し込むようにしましょう。

ルミネカードの作り方を知る前に!準備すべき5つのもの

ルミネカードの作り方を知って、いざ作るぞ!と言う状態になった時に必要なものが準備できていなかったら興醒めですよね。

そこでルミネカードの作り方を知る前にクレジットカードを作る際に必要なものを紹介するのでその準備から初めてみて下さい。

ルミネカードを作るのに必要なもの要点まとめ
(△:いずれか1つでOK、◯:必須、※:場合によって必要)

  • (△)運転免許証
  • (△)パスポート
  • (△)健康保険証
  • (△)住民票の写し
  • (◯)銀行口座
  • (◯)銀行の届出印
  • (※)(店舗受取りの場合)審査結果通知のメール
  • (※)(キャッシング希望の場合)収入証明書類

収入証明書類に関しては下で詳しく紹介しているので参考にしてみて下さい。

キャッシング枠を申し込むなら年収証明書類が必要

ルミネカードの作り方の流れ

ルミネカードの作り方と言ってもいきなり詳しい話から言われてもよくわからないかもしれないので、まずは大まかな流れを知っておきましょう。

①国際ブランド・券面デザインを選ぶ
②個人の基本情報を入力する
2-1勤務先(学生の場合は学校名)情報を入力する
2-2キャッシング・リボ払い設定を入力する
2-3(即日発行を希望する場合)受取店舗を選択する
2-4ETCカードの追加発行を希望するか選択する
2-5(対象の金融機関があれば)振替口座登録をする※要ネットバンキング
③申し込み手続きを完了する
④本人確認の電話連絡を受ける
⑤審査結果のメールを受け取る
⑥1週間〜2週間以内にに届く本人限定受取郵便もしくは簡易書留を受け取る
⑦カード裏面にサインを書く

ここから下は各手順ごとに詳しく紹介していきますのでご覧下さい。

《POINT1》ルミネカードの作り方は国際ブランド/券面画像を選択するところから始まる

ルミネカードを作ろうと思ったらまずは券面画像と国際ブランドを選択しなければなりません!

例えば楽天カードで大人気のお買い物パンダデザインのようなデザインカードを選択しようと思うとmastercardかJCBブランドからしか選べないようになっています。

元々楽天カードは3つの国際ブランドから選べるのですが、このように選択する券面デザインによっては国際ブランドの制約を受けてしまうのです。

クレジットカード作る上で国際ブランドと券面デザインの関係は密接であることをあらかじめ知っておくことで、本当に必要なカード選びができるようになりますので覚えておきましょう。

ちなみにルミネカードで選ぶことのできる国際ブランドはVISA, MasterCard, JCBになっています。
この中からどの国際ブランドを選べば良いかわからないと言う人は下のリンク記事を参考にしてみて下さい。
参考記事クレジットカードを使う学生におすすめの国際ブランドと各国際ブランドの特徴解説

海外旅行にルミネカードが向いているのか気になっている方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。
参考記事海外旅行はルミネカードだけで安心?海外旅行におすすめのクレジットカードも紹介!

《POINT2》ルミネカードの作り方で注意したいのは個人情報を記入するところ

ルミネカードの審査落ち原因で意外と多いのが個人情報を記入する際のミスなんです!

気をつけて記入しないと間違ってしまうことなどがあるので注意しましょう。

またカードを初めて作る人が躓きやすいポイントも紹介するので参考にしてみて下さい。

ルミネカードの個人情報記入で躓きやすいのは生計を同一にするもの

ルミネカードの申込手順で氏名や住所などの基本情報を入力していると、生計(家計)を同一にする人数を言う項目が出てくると思います。

見慣れない言葉ですので、何を書けば不安になる方がいると思いますが、簡単に言えば「その人の収入で何人を養っているか。」で考えてみると良いでしょう。

生計(家計)を同一にする人数
会社員で家族を養っている場合本人(1名)+家族人数
会社員で一人暮らし本人(1名)
学生でアルバイトだけで
生活している(家賃含)
本人(1名)
学生で仕送りで生活している本人(1名)+家族人数
専業主婦・無職本人(1名)+家族人数

ETCカードが欲しければルミネカードを作る時に同時に申し込もう

クレジットカードの中にはETCカードが発行できるカードも存在し、中には無料でETCカードを発行できるなんてカードも存在します

ETCカードの発行は個人情報の記入時に同時に申し込むだけなのでもし利用したいという人がいるならば申し込んでみましょう。

《POINT3》ルミネカードの作り方ではキャッシング・リボ払いは必要ない?

ルミネカードのキャッシングを希望すると勤務先に在籍確認として電話されたり、審査の収入項目を厳しく見られたりするため、スムーズな発行に結びつかない場合があります。

リボ払いも設定のまま申し込みを完了させてしまうと、自動リボと言って全ての支払がリボルビング払いとなり「いつの間にか金利手数料を支払っていた」と言う状態に陥ってしまうかもしれません。(ルミネカードでも実際にそういう苦情をしばしば見かけます)

下の画像はエポスカードの申し込みフォームのスクショですが、キャッシング枠を0円にするのが微妙に隠れていたりしてわかりにくいので、1つずつ確認しながら手続きを進めましょう。

エポスカード キャッシング枠

はじめからキャッシング利用を目的にルミネカードを作る予定だったとしたら、ルミネカードよりも審査時間も最短30分と早く、金利手数料もクレカ業界最安級のACマスターカードにするのが無難でしょう。

キャッシング枠を申し込むなら年収証明書類が必要

どうしてもキャッシング枠を利用したいと言う場合なら上で紹介しているものの他に年収証明書類が必要になります。

年収証明書類として有効なものは、「源泉徴収票」「 給与の支払明細書(直近2か月分)」「確定申告書」「 納税通知書(年収もしくは所得金額の記載があるもの)」「 年金証書(年金額の記載があるもの)」ですのでしっかり用意しておきましょう。

《POINT4》ルミネカードの作り方はカードを受け取るとこも重要

ルミネカードの審査に晴れて通過したとしてもルミネカードの作り方に関してはまだ途中なので気を抜かないで下さい。

ルミネカードの受け取り準備をしっかり行なっていないといざ届いたと言う時に受け取ることができないなんてことになりかねませんから注意していきましょう。

ルミネカードの受け取りに必要なもの

上でも紹介しましたがカードを受け取る際は本人確認書類が必要になります。

本人確認書類として最適なものは運転免許証/保険証/パスポート/住民票の写しのいずれかになっていますからしっかり用意しておきましょう。
運転免許証を持っていないと意外とすぐに用意するのが難しかったりしますので、受け取る前には絶対に準備しておくようにしましょう。

また、例えば運転免許証を持っていたとしても運転免許証に記載されている住所が今住んでいる住所(現住所)と違う場合は、現住所が分かるもの(公共料金の領収書など)の提示が必要になる場合があります。
本人確認書類は1つだけでなく2つは持っていくと安心ですね。

ルミネカードをもっと早く受け取りたい!即日発行可能なカード

ルミネカードを即日で発行することは厳しいことが多いので、どうしても今すぐカードが欲しいんだと言う人は即日発行可能なカードに乗り換えるのも一つの手でしょう。

例えば、47都道府県600ヶ所以上に受取店舗を展開するACマスターカードや都市圏にお住まいならマルイで受け取れるエポスカードなら、申し込み時に指定した受取店舗に必要なもの(免許証や銀行の届出印)を持って行くことで、すぐに受け取ることも可能です。

実際にエポスカードで学生が試したら1時間半で申し込みから受け取りまで完了しました。

他にも即日発行に対応したクレジットカードの作り方を知りたい人は下記の参考リンクをご覧下さい。

参考即日発行できるクレジットカードランキング

またルミネカードの詳しい即日発行情報は下記記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。
参考記事ルミネカードは即日発行できるの?即日発行できるおすすめのクレジットカードを紹介!

《POINT5》ルミネカードの作り方は裏面にサインしてゴール

ルミネカードが届いたら、必ず裏面にサインを書きましょう。

本来は裏面のサインがないと原則使用することができません。(多くの加盟店でスルーしていますが……汗)

また旅行傷害保険やショッピング保険、不正・盗難時の補償などもサインがなければ適用されませんので、万が一の時も考えて忘れずに署名をしておきましょう。

なお、クレジットカードのサインはどんなものでも構いません。フルネームでも良いですし、名字だけ、名前だけ、イニシャルだけでもなんでもOKです。

クレジットカードのサイン

今はICチップの導入でサインレスの機会が増えているとは言え、何かと煩わしいサインのできるだけ簡素化するために、書きやすくご自身のクセが出やすいサインを考案すると良いかも知れません。

ルミネカードの作り方で注意したい3つのこと

ルミネカードの作り方は今までで紹介してきましたが、まだいくつか注意すべき点が存在しますのでしっかり読んでみて下さい。
ルミネカード以外のクレジットカードを作ろうとする際にも同様の注意事項がありますので参考にして下さい。

ルミネカードを作るなら未成年は必ず保護者の同意が必要

未成年者に限る話ですが、未成年の人はクレジットカードを親に秘密で作ると言うことはできません

クレジットカードは早くても大学生からでなきゃ作れませんが大学生であっても未成年であれば親の承諾が必要なのです。

未成年の方はちゃんと親と相談してからカードに申し込みようにしましょう。

ルミネカードを作るなら複数のカードには同時に申し込まない

これは全ての人に当てはまりますが、ルミネカードの審査が不安だから…と言って他のカードに同時期に申し込むのはやめましょう

同時に申し込むとそのような目的でないとしてもカード会社側から「キャンペーン目的」「不正利用目的」であるなどあらぬ疑いをかけられ審査に通りにくくなってしまうからです。

複数枚カードが欲しい場合は1ヶ月以上の期間を開けてから他のカードに申し込めば問題ないので参考にして下さい。

ルミネカードの申し込み内容に誤りや虚偽がないようにする

ルミネカードを申し込む際には記入ミスは例え過失であっても虚偽とみなされ、審査に通らない可能性があります

住所や勤務先など、記載内容に虚偽があると判明すると、その時点で審査落ちとして扱われるので確認は入念に行いましょう。
特に初めてルミネカードを申し込む時は、注意しましょう。

本当にルミネカードで大丈夫?自分にあったカードに申し込む

クレジットカードと一概に言ってもその種類はとてつもないほどあります。
したがってあまり何も調べずにカードに申し込むと後に「あ、あのカードの方がいいかも…」なんてことになりかねません。

ですからしっかりクレジットカードについて吟味してからルミネカードなりカードに申し込むようにしましょう。
参考記事ルミネカードは無職でも作れるの?無職だからこそ知っておきたいコツと注意点

ルミネカードを作る際の特徴をチェック

ルミネカードを作ろうと本格的に思ったら、ルミネカードの特徴をチェックしましょう!

ルミネカードは最短で即日発行ができる!

ルミネカードは申し込み当日にルミネで仮カードを受け取ることができます。店頭での申し込みのみ対象となります。
ルミネ各店舗での利用に限定され限度額は10万円となります。すぐに買い物をすることができて優待を受けることができるのは魅力的ですよね!
本人確認書類を持って店頭に行きましょう。本カードは、金融機関の手続き完了後、2週間程度で自宅に届きます。

ルミネカードはオンラインキャンペーンで更にお得に!

ルミネカードはオンライン入会限定のみ期間限定で入会キャンペーンを実施していることがあります。
キャンペーン内容は都度異なりますが、オンライン入会でポイントがもらえることが多いようです。

ルミネカードの即日発行の必要性が無ければ、オンライン入会でポイントをゲットしましょう!

ルミネカードの電子マネーとの相性

ミネカードは、電子マネーとの相性の良いクレジットカードです。

ルミネカード魅力はやはりSuicaへのチャージでポイント付与率が3倍・ポイント還元率1.5%になる点にあります。

Suicaへのチャージ1,000円ごとに6P(15円相当)を獲得することができます。

Suicaを利用している方にとってこれ以上メリットのあるクレジットカードはありません。

今はSuicaでコンビニ・スーパー・ガソリンスタンドで買い物をすることができるので、こう言ったお店でSuica決済をすると還元率が1.5%となります。

その他、SMART ICOCA・nanaco・楽天Edyにチャージをすることができますが、ポイントは付与されません。

これらの電子マネーへのチャージには他のクレジットカードを使用することをおすすめします。

通勤、通学の定期券はルミネカードにしてみるのも十分有りです。

ルミネカードの定期券の作り方

ルミネカードで定期券を新たに購入する場合は、駅の多機能券売機の利用で購入できます。

購入の方法はいたって簡単で、ルミネカードを多機能券売機に挿入することで案内が始まるので、案内通りに操作を行えば購入することができます。

ルミネカードで定期券を発行する際の注意

ルミネカード以外のビューカードで定期券発行する場合には以下のことに注意が必要です。

・Suica定期券機能付きビューカードの有効期限が切れている場合。
購入する定期券が以下の場合。
・ご利用区間、経由にSuica・PASMOご利用エリア外の路線が含まれる場合。
・割引証等の必要な定期券
通学定期券(高校生相当以下は除く)は、利用可能
年度初めに購入する場合等は、窓口にて一旦磁気定期券をお求めの上、定・期券情報の移し替えを行って下さい。
・3社にまたがる連絡定期券の場合。
ただし、みどりの窓口または指定席券売機で磁気定期券を購入の上、多機能券売機で定期券情報を移し替えることによりご利用いただけます。
※一部移し替えいただけない場合があります。詳しくは駅係員までご確認下さい。
・「JR線‐連絡会社線1‐JR線‐連絡会社線2」と乗り継ぐ連絡定期券の場合。

ルミネカードよりも作りたくなるクレジットカードランキング

ここからはルミネカードよりもおすすめのクレジットカードをランキング形式で紹介していきます。

一般的に評価が高いカードばかりですので、あなたにぴったりのカードが存在する可能性も高いと思いますので、ぜひ1回は目を通してみて下さい。

入会後3ヶ月はポイント5倍!25歳以下なら年会費無料の三井住友VISAデビュープラスカード

ブランド年会費
VISA無料(※)
ETCカード電子マネー
無料(※)iD
海外保険国内保険還元率入会特典
なしなし1.0%〜1.5%あり
申込資格発行時間
18歳〜25歳の方(高校生を除く)最短3営業日発行
詳細はこちら公式サイト

※初年度無料。年1回以上の利用で無料になるため実質無料

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳〜25歳限定で利用できる年会費無料のクレジットカードです。入会後3ヶ月はポイント5倍になりますし、入会キャンペーンもお得なのでおすすめです。

初めての方向けのクレジットカードですので、初めてクレジットカードの作り方を調べてみた人にはおすすめです。

39歳以下なら年会費無料&ポイント2倍になるJCB CARD W

ブランド年会費
JCB無料
ETCカード電子マネー
無料QUICPay
海外保険国内保険還元率入会特典
最高2,000万円なし1.0%〜2.5%あり
申込資格発行時間
18歳〜39歳の方(高校生を除く)最短3営業日発行
詳細はこちら公式サイト

JCB CARD Wは18歳〜39歳以下の方限定で利用できる年会費無料のクレジットカードです。最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険も利用付帯していますし、期間限定でポイント4倍&ボーナスポイントもあるのでおすすめです。

18歳以上なら誰でも作れる人気急上昇中の楽天カード

ブランド年会費
VISA,JCB,mastercard無料
ETCカード電子マネー
500円+税楽天Edy
海外保険国内保険還元率入会特典
最高2,000万円なし1.0%〜9.0%あり
申込資格発行時間
18歳以上の方(高校生を除く)最短3営業日発行
詳細はこちら公式サイト

楽天カードは18歳以上なら主婦・パート・学生でも作れるクレジットカードで、入会キャンペーンも非常に魅力的なのでおすすめです。楽天市場のSPUでポイント最大9倍、キャンペーン時は20倍、30倍にもなります。

ポイント還元率が高く初心者にもおすすめのOrico Card THE POINT

ブランド年会費
JCB,mastercard無料
ETCカード電子マネー
無料iD,QUICPay
海外保険国内保険還元率入会特典
なしなし1.0%〜2.0%あり
申込資格発行時間
18歳以上の方(学生可)最短8営業日発行
詳細はこちら公式サイト

Orico Card THE POINTは18歳以上なら誰でも作れるポイント高還元率のクレジットカードです。初めて作る人におすすめの理由の1つに、交換先のポイントが豊富であるというのが挙げられます。

入会後6ヶ月は100円につきポイントが2倍貯まる上に、楽天ポイント・Tポイント・Pontaポイントなど様々なポイントに1ポイント=1ポイントの等価交換することが可能です。またクレジットカードの使いみちに迷っていたり、貯めるポイントが定まっていない人におすすめです。

10,000店舗以上で優待特典を使えるエポスカード

ブランド年会費
VISA無料
ETCカード電子マネー
無料なし
海外保険国内保険還元率入会特典
最高2,000万円なし0.5%〜あり
申込資格発行時間
18歳以上の方(高校生を除く)最短即日発行
詳細はこちら公式サイト

エポスカードはポイント還元率こそ低いですが、カラオケチェーン店で30%オフの割引があったり、映画館の割引があったりと、全国10,000店舗で適用される優待特典が魅力のクレジットカードです。

即日発行・海外旅行傷害保険の自動付帯など、海外旅行向けのクレジットカードでもありますので、海外旅行前の申し込みにもおすすめです。

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

2014年秋に”金融をもっと身近に感じる情報発信ブログ”として開設した「おすすめのクレジットカード情報局」の招き猫として活躍中だにゃ〜んヾ(ΦωΦ)/

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

本日の注目キャンペーン

他にも読まれている人気記事
PAGE TOP ↑