今すぐ作れるクレジットカードあります!

ルミネカードのボーナス払いとは?メリットや活用方法を解説

ルミネカードのボーナス払いとは?ルミネカードでは、ボーナス払いが利用可能です。

ボーナス払いは非序にお得な支払い方法で、お金がない月に重宝する支払い方法です。

ここでは、ルミネカードのボーナス払いの意味や、その使い方、メリットや注意点などを解説します。ルミネカードのボーナス払いをお得に活用したい方は参考にして下さい。

ルミネカードのボーナス払いとは?

ルミネカードのボーナス払いとは、クレジットカードの支払い方法の1つを指します。

支払い方法は一般的に一括となりますが、カードの支払い方法としては、分割、リボ払いなどがあります。

中でもボーナス払いは、ボーナスの時期までカードの支払いを遅らせることができる便利な支払い方法です。一般的には、8月と1月の支払時期を指します。

ルミネカードの場合は、1万円以上(ご利用票1枚あたり)のご利用については、手数料なしでボーナス月にまとめて支払いが可能となっています。

ルミネカードのボーナス払いの支払時期とは?

ルミネカードのボーナス払いの支払いは、以下のようになっています。

<ご利用期間とお支払日(「みどりの窓口」「びゅうプラザ」の場合)>
夏季 ご利用期間(12/1~6/30)→8月4日お支払い
冬季  ご利用期間(7/1~11/30)→1月4日お支払い

【ご注意】
・ご利用加盟店により、お取り扱いの時期が異なる場合があります。
「みどりの窓口」「びゅうプラザ」以外でのお取り扱い期間とお支払い日については、ご利用店舗の係員までおたずねください。
・4日が金融機関休業日の場合には、翌営業日がお支払い日となります。

なお、ショッピング利用分は、あとから支払方法や回数を変更することができます。
ご利用いただいてから、翌月14日の23時までの間に、1回限り変更できます。

希望する場合は、インターネットサービス「VIEW’s NET」にて手続きが必要となります。

ルミネカードのボーナス払いのメリットとは?

ルミネカードのボーナス払いのメリットは、以下のようなものがあります。

支払いを最大7ヶ月以上延期できる
手数料が無料
学生や主婦でも利用可能

通常、一括払いでは翌月、ないしは翌々月に引き落としとなります。しかし、ルミネカードのボーナス払いの場合、1月と8月の支払時期まで、金利や手数料なしで支払い時期を延期できます。

リボ払いや分割払は、金利手数料を取られることが多く、しかもそれは15パーセント以上にのぼるなど、決して無視できない損失になります。

ですが、無金利、手数料なしで何ヶ月も支払いを延期できるのは大きな利点です。さらに、実際にボーナスをもらっていないであろう学生や主婦も利用できます。金欠でピンチの時期には、支払いを無利息で延期してくれるサービスはとてもありがたいですね。ただし、調子に乗って使い込むと、8月と1月の支払い額がとんでもないことになります。

ルミネカードのボーナス払いは利用上限額との兼ね合いに注意

クレジットカードには利用限度額があり、引き落としされていない金額分は、その分利用上限額から差し引かれます。

つまり、20万円が上限で、ボーナス払いの支払い分にまわしすぎると、8月までに未払いの利用額が20万円近くになった場合、利用上限額の合計が20万円を超えないようにカード決済をしなくてはなりません。

大きな買い物がしにくくなるというデメリットがあるということは知っておきましょう。

ルミネカードであとからボーナス払いにできるのは大きな強みとは?

ルミネカードでは、あとからボーナス払いへの変更が可能です。クレジットカードを利用する時、店頭では支払い回数を聞かれます。(聞かれない場合もありますが、この場合は一括払いとして処理されます)。店頭で支払い回数を聞かれたときにボーナス払いをすると答えて、ボーナス払いにすることしかできないカードもあるようです。

しかし、現実には、ボーナス払いに対応してない店舗は意外と多いもの。店舗側からしても、カード会社から支払われる金額の受け取りがボーナス支払い月まで伸ばされることは良い気持ちはしません。そこで、店頭で「ボーナス払いで」とお願いしても、断わられるケースが存在します。

この場合、あとからボーナス払いができないカードだと、通常通り一括での支払いとなります。ですが、ルミネカードの場合、あとから支払い方法の変更が可能なのです。あとからボーナス払いにすることが可能となります。

これはほかのあとからボーナス払いにできないカードが散見される中、ルミネカードの強みになります。

ルミネカードのボーナス払いでの注意点とは?

よくある注意点としてあるのが、ルミネカードのボーナス払いに甘えて、住宅ローンなどのボーナス月負担を忘れがちになる場合です。

住宅ローンや自動車ローンでボーナス月の返済額を割増にしているにも関わらず、ルミネカードをボーナス払いにしていたため、ボーナス月の支払いが多くなる、ということが起こりえます。

また、ボーナス月の前月にボーナス一括払いを使うことも、翌月の支払額が多めになってしまうのでおすすめできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください