【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

メルペイコード払いの詳細【2020年10月版】

メルペイコード払いの詳細【2020年10月版】

数あるおすすめのQRコード決済フリマアプリメルカリを母体とし電子マネーiDとの連携などを契機にユーザー拡大を図っているコード決済サービスの「メルペイ」。

さまざまなメルペイキャンペーンによってメルペイを使えるお店は続々と増加しています。

この記事ではメルペイのコード払いについて解説していきます。

メルペイのコード払いとは

メルペイのコード払いとはメルペイの支払い方法の一つです。

コード決済

メルペイのコード払いをコード決済という表現をする場合もあります。

メルペイの支払い方法は2つ

メルペイの支払い方法には「メルペイコード払い」を含めて2つの支払い方法があります。

  1. メルペイコード払い
  2. メルペイiD払い

iD決済

電子マネーiDを活用したメルペイの決済方法でお手持ちのスマホでApple Payやおサイフケータイに設定して使う支払い方法です。

参考メルペイiD払いの詳細【2020年10月版】

メルペイのコード払いにも2種類ある

さてメルペイのコード払いは大きく2種類あります。

QRコード決済

店頭にあるQRコードをスマホのカメラを使って読み込んで決済するか、スマホ画面に表示されるメルペイのQRコードを店舗の機械で読み込んでもらうかによって決済が完了する方法です。

参考おすすめのQRコード決済比較【2020年10月版】

バーコード決済

こちらは基本的にメルペイ画面のバーコードを支払いする店舗のレジで読み取ってもらうことにより決済が完了します。

メリット

コード払いのメリットはスマホの画面を読み込んでもらうだけで決済が完了してしまうので、iDで必要なApple Payやおサイフケータイを搭載したスマホは必要ありません。

デメリット

メルペイiD決済はすでにあるiD加盟店で使えます。

ですのでコード決済加盟店はiDに比べて少なくiD決済のみできる店舗も多い現状です。

コード払いを使えるお店(抜粋一覧表)

メルペイのコード払いを使える代表的な店舗を抜粋してご紹介します。

コンビニセブンイレブン/ローソン/ミニストップ
ドラッグストアマツキヨ/ウエルシア/サンドラッグ/スギ薬局
家電量販店ビックカメラ/ヤマダ電機/エディオン/ケーズデンキ

iD払い

メルペイiD払いは基本的にiDを使えるお店で利用することが可能です。

参考メルペイが使えるお店と加盟店のまとめ【2020年10月版】

メルペイスマート払いに注目

メルペイはチャージにクレジットカードを利用不可です。使えません。

そこでメルペイスマート払いというサービスをスタートしメルペイがクレジットカード会社のような機能を持ち始めています。

メルペイコード払いの今後

メルペイのコード払いは今後加盟店を拡大していくことは簡単に想像できます。

また先述したメルペイあと払いやキャンペーンなどを武器にユーザー側へのサービスを他決済会社に先んじて力を入れていくようにも思います。

消費者としては多くの決済サービスの中でお得なものを使い分けるキャッシュレスリテラシー、キャッシュレススキルを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください