【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

JCB CARD Wが学生におすすめなポイントを徹底解説

普段使いに使えるクレジットカードを探している学生に特におすすめしたいのが、JCB CARD Wです。
18歳~39歳までの人が利用でき、年会費は2年目以降も無料という学生には使い勝手がよいクレジットカードといえます。
今回は、JCB CARD Wが学生におすすめな点を教えますね。

JCB CARD Wを学生が持つメリット

  • 39歳まで年会費が無料
  • ポイント2倍
  • 海外旅行障害保険付帯付き

卒業後も使いやすいように学生カードではなく一般カードを持ちたいというなら、年会費が永年無料、ポイント還元率、海外旅行傷害保険付帯の有無に注目してクレジットカードを選びましょう。
JCB CARD Wは39歳まで年会費が無料になるので、社会人になってからも無料のままですし、ポイント還元率も高いのでポイントを貯めてクレジットカードをお得に使いたいという人にもおすすめです。
海外旅行傷害保険も付帯されているので、海外旅行に行く予定がある人にもメリットがありますよ。

JCB CARD Wはポイント高還元率で学生利用の店舗でも超お得

JCB CARD Wを学生が持つメリットは、JCB一般カードよりもポイントが高還元率ということですよね。
JCB一般カードが1,000円で1ポイントなのに対してJCB CARD Wは2ポイント加算されるのでちょっとだけお得感が!なかでもオリックスレンタカー、セブンイレブン、スターバックスう、Amazonをよく利用する人ならポイントを貯めやすいといえます。
ネットショッピングが好きという人はOkiDokiランド経由でショッピングをすれば、最大でポイントが20倍つけられます。
ポイントを貯めれば、スターバックスカードへのチャージやTポイントに移行することもできますよ。

JCB CARD Wの学生に嬉しい旅行保険は?

クレジットカードを選ぶポイントになるのが「旅行傷害保険」付帯の有無でしょう。
特に海外に出かける予定がある人は海外旅行傷害保険が付いているものを選んだほうが安心です。
JCB CARD Wには、海外旅行のツアー料金や飛行機料金の支払いに使うと、最高で2,000万円まで補償してもらえる海外旅行傷害保険が付帯されます。
クレジットカードのなかには持っているだけでも補償が受けられる自動付帯のカードもあるので、利用付帯であるJCB CARD Wは海外旅行においては、少し使いにくいクレジットカードかもしれません。

JCB CARD Wの学生は知っておきたい国際ブランドは?

クレジットカードを作るなら、国際ブランドにもこだわりたいですよね。
JCB CARD Wで選べる国際ブランドは当然のことながらJCBのみで、VISAやmastercardは選べません。
JCBは日本のブランドなので、国内で利用するのには問題がありませんが、国際的にはまだまだ使える所が少ないんです。
日本人が多く行く、ハワイやグアム、オーストラリア、韓国などでは使えますが、北米やヨーロッパではVISAやmastercardのほうが利用しやすいでしょう。
海外旅行用にクレジットカードを作るなら、JCB CARD Wではなく、他社でVISAやmastercardが選べるカードのほうがおすすめですよ。

JCB CARD Wで学生も利用できる電子マネーは?

SuicaやPASMOを利用しているという人は多いと思いますが、最近はクレジットカードにも電子マネーがついているものが増えているんですよね。
例えば楽天EdyやNTTドコモが発行するiDが使えるクレジットカードも多いので、電子マネーが利用できるというのもカード選びの条件になるかもしれません。
JCB CARD Wにはこれらの電子マネーは設定されていませんが、QUICKPayを追加で発行することができます。
iPhone7以降を使っているのであればApple Payを設定できるので、iDやQUICKPayに対応しているお店やSuicaの代わりにiPhoneをかざせばJCB CARD Wとして支払いに使えますよ。

JCB CARD Wは学生でもETCカードを発行できる?

JCB CARD Wでは家族カード、ETCカード、QUICKPayが追加で発行できます。
そのなかでも車の運転をするならETCカードは作っておきたいですよね。
JCB CARD WのETCカードは、学生でも作れますよ。
大学生になるのをきっかけに免許を取ったという人もいると思いますが、普段は運転しないと思っていても友達同士で出かけたり、サークルの合宿と車の運転をする機会は意外とあるものです。
遠出をする時には高速道路を利用することもあるので、クレジットカードを作ったついでにETCカードも作っておきましょう。

JCB CARD Wは学生でもキャッシングできる?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、学生がJCB CARD Wを持った場合、お金を借りるキャッシングは利用できるのでしょうか。
JCB CARD Wに限らずJCBカードでは、安定した収入があればキャッシングの利用ができるようになっています。
学生もパートやアルバイトで収入があるならキャッシングすることができます。
ただし、キャッシングをするには利用枠の設定が必要になるので、よほどのことがない限りはキャッシング利用枠の設定はしないほうがよいでしょう。

JCB CARD Wを使う学生の利用限度額目安は?

クレジットカードにはショッピング枠、キャッシング枠、それぞれに利用限度額がありますが、JCB CARD Wを学生が持つ場合、ショッピング枠はいくらくらいなのでしょうか。
JCB CARD Wはショッピング枠利用限度額は10万円~30万円、学生は一番少ない10万円で設定されていることが多いようです。
JCB CARD Wの場合、海外旅行傷害保険が旅行代金の支払いに使わないと補償されない利用付帯になっています。
旅行代金の支払いにクレジットカードを使う人もいると思いますが、限度額が10万円だとちょっと厳しいですよね。
ただ、JCBでは海外旅行時にショッピング1回払いに限り、一時増額サービスを利用することもできます。
とはいえ、一時増額サービスの利用であってもJCBの審査があるので、たくさんの増額は期待しないほうがよいでしょう。

JCB CARD Wは学生でも審査に通る?

JCB CARD Wは入会資格は高校生を除く18歳以上39歳以下なので大学、大学院、短大、専門学校在学中の学生は申し込みができます。
申し込みの際に注意したいのは、未成年者は親権者の同意が必要ということですよね。
JCB CARD Wは申し込みから発行までが1週間ほどなので、そんなに審査は厳しくありません。
JCB CARD Wは「学生専用カード」ではありませんが、年会費は無料です。
対象が18歳から39歳までということは、若い世代に利用してほしいクレジットカードといえますよね。
学生だからといって「審査落ち」はないので、安心して申し込んでくださいね。

JCB CARD Wには学生以外にも嬉しい他のサービスも充実

JCB CARD Wはポイント還元率や海外旅行傷害保険付帯以外にもお得なサービスはあるのでしょうか。
海外旅行であれば「ショッピングガード保険」が使えるので、JCB CARD Wを利用して買い物したものを紛失、破損、盗難に遭った時も最高100万円まで補償してもらえるんです。
貯まったポイントは、キャッシュバックするだけでなくANAマイルや楽天スーパーポイントに交換ができます。
JCB CARD Wでは支払い内容はメールでお知らせしてもらえますし、料金や限度額の確認もパソコンやスマホで確認できるので、クレジットカードは使いすぎが気になるという人にも安心して使えますよ。

JCB CARD Wは学生にデメリットもある?

ポイント還元率だけでなく、様々な特典があるJCB CARD Wですが、国際ブランドがJCBのみということと海外旅行傷害保険が利用付帯というのはデメリットかもしれません。
でも、国内の加盟店はトップクラスですし、ポイントは貯めやすいのでショッピングで利用したいという人にもおすすめ!学生ならインターネットのプロバイダ料金や携帯料金はもちろん、一人暮らしをしているなら光熱費の支払いにも使えるので、普段使いで使えるカードを探している人には初めてのクレジットカードには最適ですよ。

JCB CARD W plus Lは女子学生におすすめ

JCB CARD Wのカードデザインはクールでカッコイイのですが、女子学生には「渋い」感じもしますよね。
もう少しかわいいデザインのカードがほしい、女性らしい色使いのカードがいいと思う人には「JCB CARD W puls L」がおすすめです。
JCB CARD Wの特典はそのまま使えるのでポイント還元率は高いですし、「LINDAリーグ」や「女性疫病保険」の申し込みというようにJCB CARD W puls Lならではの特典もありますよ。
ロクシタンやABISTEといったブランドの情報が届いたり、スタバカードにチャージするとOkiDokiポイント5倍になるのは、おしゃれに敏感な女性なら嬉しいはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください