【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

Visa LINE PayクレジットカードでKyashにチャージできる!2020年6月30日(火)まで最大6.0%還元でお得

Kyash(キャッシュ)

初年度ポイント還元率3.0%のVisa LINE Payクレジットカード

そんなVisa LINE Payクレジットカードは、高還元率プリペイドカードの「Kyash」にチャージするとさらにお得になります。

そこで、この記事ではVisa LINE PayクレジットカードのKyash活用術とチャージ方法についてまとめました。

Visa LINE PayクレジットカードはKyashにチャージできる

早速ですがVisa LINE PayクレジットカードはKyashにチャージできるクレジットカードです。

国際ブランドがVISAもしくはマスターカードならKyashに登録してお得に使うことができます。

VISAチャージできる◯
マスターカード作れない×
JCB作れない×
アメックス作れない×

ポイント還元の対象外

Visa LINE PayクレジットカードはKyashチャージをポイント還元対象外としてしるので、Visa LINE Payクレジットカードの還元率3.0%の恩恵は受けられません。

Kyashの券種還元率
Kyash Card1.0%
Kyash Card Lite1.0%
※2020年5月1日(金)から0.5%
Kyash Card Virtual0.5%

キャッシュレス還元対象店舗なら最大6.0%に!2020年6月30日(火)まで

キャッシュレス消費者事業還元

Kyashは2020年6月30日(火)まで実施されるキャッシュレス消費者還元事業に登録された決済サービスになりますので、対象店舗で利用すると5%(フランチャイズチェーンは2%)の還元を受けられます。

そのため、Kyash決済は最大6.0%還元になります。

Apple Payも使える

クイックペイ(QUICPay)のお店で使えるApple Pay

KyashがApple Payに対応したことでQUICPayの使えるお店でスムーズな支払いができるようになります。

Google Payも使える

Google payのQUICPay利用

KyashはGoogle Payを使えるのでVISA加盟店以外にQUICPayの使えるお店でも支払いに使えます。

「QUICPay」もしくは「Google Pay」のロゴマークのあるお店でも最大9.0%お得に使えますので活用しましょう。

マイナポイントで25%還元!2020年7月1日(水)から選択開始

2020年9月1日(火)から始まるマイナポイントの還元に指定する決済サービスは、2020年7月1日(水)から選択受付を開始する予定です。

Visa LINE Payクレジットカードのマイナポイントはショッピング利用はもちろん、Kyashチャージしてから使うことで「Kyashチャージ+Kyash決済+マイナポイント」の三重還元が受けられるのでおすすめです。

Kyashチャージにおすすめのクレジットカード

Kyashチャージにおすすめのクレジットカード

通常のメインカードとKyash用のクレジットカードを別々に作っておくのもおすすめです。その場合はKyashチャージにおすすめのクレジットカードから1つ選んでみましょう。

JCBはチャージできない

Kyashチャージには還元率の高いクレジットカードを選ぶべきですが、JCB CARD WをはじめJCBロゴの付いたクレジットカードはKyashに登録できないので注意してください。

アメックスもチャージできない

アメックスブランドのクレジットカードKyashに登録できません

アメックスはKyashはじめQRコード決済など登録/チャージできるキャッシュレス決済が少ないのがデメリットです。

Visa LINE PayクレジットカードがKyashにチャージできないときの対処法

国際ブランドは問題ないのに、Visa LINE PayクレジットカードでKyashにチャージできないときは以下3点のいずれかに該当しているかもしれません。

  • 限度額オーバー
  • 利用停止
  • 強制解約

限度額オーバー

Visa LINE Payクレジットカードの限度額をギリギリまで使っていると、次の支払日に引き落とされるまでチャージできません。

増枠申請を行うか繰り上げ返済を行い利用可能枠に空きを作ると良いでしょう。

利用停止

Visa LINE Payクレジットカードの滞納クレヒスの悪化によりVisa LINE Payクレジットカードが利用停止担っている可能性もあります。

利用停止になる理由に心当たりが無い方はVisa LINE Payクレジットカードの問い合わせ窓口に連絡してみましょう。

強制解約

長らく利用停止が続いたり、度重なる滞納が続くとVisa LINE Payクレジットカードの強制解約が執行されたのかもしれません。

強制解約の理由次第ではブラックリスト(異動情報)が登録されますので、今後5年はクレジットチャージができなくなります。

銀行チャージやコンビニチャージを中心にプリペイドカードのKyashを大切に利用しましょう。

Visa LINE Payクレジットカードのプリペイドカードチャージ対応表

主要なプリペイドカードについてVisa LINE Payクレジットカードのチャージ可否を一覧にまとめました。

Kyashチャージできる◯
バンドルカードチャージできる◯
Vプリカ買える◯
dカードプリペイドチャージできる◯
au PAYプリペイドカードチャージできない×
ソフトバンクカードチャージできない×

Visa LINE PayクレジットカードのQRコード決済対応表

プリペイドカード以外にもVisa LINE PayクレジットカードのQRコード決済対応状況について一覧にまとめました。

PayPay登録できる◯
d払い登録できる◯
au PAYチャージできない×
楽天ペイ登録できる◯
LINE Pay登録できる◯

Kyashのチャージ方法

Kyashのチャージ方法

KyashはVisa LINE Payクレジットカードを使う以外にもチャージできる方法がいくつか用意されております。

  • クレジットカードチャージ
  • コンビニチャージ
  • セブン銀行ATMチャージ
  • 銀行チャージ(ペイジー)

オートチャージできる

クレジットカードチャージには「都度チャージ」の他に「リンク(自動チャージ)」と呼ばれるオートチャージがあります。

残高不足分を自動で即時チャージしてくれますので便利です。

コンビニチャージ

現金払いのみとなりますが、Kyashアプリからチャージ申請を行うことでコンビニでも手軽にチャージすることができます。

対象コンビニローソン/ファミリーマート/ミニストップ/サークルK/サンクス/セイコーマート
最低チャージ金額3,000円から
1日のチャージ限度額50,000円まで
チャージ方法現金払いのみ

セブン銀行ATMチャージ

セブン銀行ATMならKyashアプリに表示されるQRコードを読み取らせることでチャージすることができます。

硬貨は使えませんが、チャージ金額より多い金額の紙幣を入れた場合はお釣りが出るので安心してください。

銀行チャージ(ペイジー)

ペイジー(Pay-easy)を使った振込手数料無料の銀行チャージも可能です。

最低チャージ金額3,000円から
1日のチャージ限度額50,000円まで
注意点①みずほ銀行からのチャージは1回/日のみ
注意点②楽天銀行からのチャージは不可

Kyashのチャージ上限に注意

Kyashは24時間あたりのチャージ限度額が50,000円と決まっておりますので注意が必要です。

KyashとVisa LINE Payクレジットカードのキャンペーンに期待

Kyashは電子マネーでの給与支払いの解禁を見据えたサービス強化を行っているため、今後キャンペーンも展開しながら利用者の獲得推し進める可能性が大いにあります。

Visa LINE Payクレジットカードのチャージでお得になるキャンペーンも開催するかもしれません。

そんな日が訪れるまでは、消費者としてお得な店舗や決済サービスを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを高めておきましょう。

NO KYASH, NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください