【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

高校生でも作れるクレジットカードとは?高校生でも使えるカードの選び方を解説!

今の時代高校生で海外留学・海外旅行をすることが増えてきました。グローバル化の流れがどんどん若者に来ていますね。
まだまだ海外というのは日本人から見ると治安が悪い場所になります。
出来る限り多くの現金を持たせることで、狙われる可能性も高くなってしまします。

そんな時に活躍するのが高校生でも使えるクレジットカードの存在です。
ここからは高校生でも使えるクレジットカードの紹介と、どんなカードを選ぶべきかポイントを紹介していきたいと思います。

高校生でも作れるクレジットカードとは?

最初にお伝えするのですが、規定上、クレジットカードは高校生は作ることは出来ません。

クレジットカードは18歳から作ることが出来るのですが、高校生では作れないようになっています。
どのクレジットカード会社の規約にも同じように書かれています。

これば規定上の話であり、本人申込で高校生がクレジットカードを作ることは出来ないということです。クレジットカードというのは本質的にはお金をカード会社から先払いして借りる制度です。

ショッピングのときに現金で支払うのではなく、カード会社に先払いしてもらい、本人には後から銀行口座から引落しされるという仕組みです。

このことから先払いしてもらうということは、後からお金が払える保証があるからです。
お金を一時的に借りているということになるため、それには原則として収入があることが条件になります。
高校生の場合は基本的にまとまった収入がありません。アルバイトをしていたとしてもそれは安定した収入とはいえませんね。

ということは高校生はクレジットカードが作れない、持てないのかということですが、そうではありません。

家族カードとは?高校生でも作れるクレジットカードがある!

その解決策のカードとして出ているのが「家族カード」です。

家族カードとは基本的には親名義でクレジットカードを作成して、その家族が利用するカード、つまり引き落としは親になるため使えるカードです。それであれば安定した収入があることが保証されるため、カード発行が可能となります。

簡単にいえば、クレジットカードにはカード裏面に本人氏名を記載して使うため、家族のカードを借りることは出来ません。そのため、借りるのではなく家族の名前として別にカードを作るということになります。

子供である高校生が留学する時に家族カードは便利なカードです。

高校生でも作れる家族カードのメリット・デメリットとは?

家族カードのメリットは、何といっても現金を持たずに海外留学中に買い物や飲食を利用できるところです。
最初にも伝えましたが、高校生に現金を持たすというのは非常に怖いことです。
盗みなどに狙われる可能性が高くなります。

それ以外のメリットとしては海外保険が適用される点です。
高校生の留学といっても基本的には1ヶ月以内の短期留学が多いです。
そんな時に海外保険が付帯されている家族カードを持っていると、事故や病気になったときでも安心ですよ。
クレジットカードについている海外保険の期間は3ヶ月なので、留学がこの期間内であれば対応してもらうことが出来ます。しかもそれは無料でついてくるものなので、すごく助かる点です。

ただ注意して見ておいてほしいのがクレジットカードについている保険は本会員の方よりも家族会員の方のほうが保証内容や保証金額が少なくなっていることが多いので、そのあたりはちゃんと確認してから申し込むようにしていきましょう。見ておきたい点は病気やケガになったときにでる治療費関係です。
海外というのは日本に比べて病院などの治療費が非常に高いです。その部分を保証してくれる保険がついていると助かりますね。

家族カードのデメリットはあまりないのですが、もしあげるとすると為替手数料が発生することです。
これは家族カードに関わらず海外でクレジットカードで現金を引き出すときには為替手数料は発生します。

家族カードの審査に通るために必要なモノとは?

家族カードの審査基準は本会員の経済的な信用です。
支払については本会員にまとめて送られてくるので、その人の信用性が審査基準です。

基本的に本会員の信用があれば、専業主婦でも高校生でも使うことが出来ます。
家族カードの場合、一度審査に通っていれば追加の家族カードを発行しようとする場合に審査に落ちることはほとんどありません。

他にも高校生でも作れるカードは存在する

クレジットカード以外にも高校生でも作れるカードがあります。
それが「デビットカード」です。

デビットカードについては次で詳しく紹介します。

16歳から作れるクレジットカード!気になるデビットカードとは?

デビットカードの申込年齢は16歳以上となっており、銀行口座があれば高校生でも作れるようになっています。ただ未成年者の場合は親の同意書が必要になってきます。

デビットカードの場合はクレジットカードと違ってカード会社に先払いしてもらっている訳ではなく、即時に銀行口座から引落しなので、カード会社にリスクはありません。口座に残高がなければ引落し出来ず、購入することは出来ません。

デビットカードは留学時に子供がお金を使いすぎるのを防ぐという意味もあります。
クレジットカードであれば、何でも購入できてしまいますが、デビットカードであれば、上限残高までしか購入することは出来ません。

ゆうちょのデビットカードは高校生におすすめじゃない

ゆうちょ銀行が発行しているデビットカードはおすすめできません。
デビットカードの発行先はVISAやMasterCard、JCBといった国際ブランドです。それ以外はあまり知られていません。
でも実はゆうちょ銀行が発行しているJ-Debitというデビットカードが存在します。
これはほとんどの方は聞いたことがないのではないでしょうか。接客しているスタッフのほうも困ってしまうくらい広まっていないカードです。

なのであまりゆうちょ銀行のデビットカードはおすすめできません。というより使えるところが少ないでしょう。

高校生におすすめのデビットカードとは?

それでは高校生におすすめできるデビットカードにはどのようなものがあるのでしょうか?

あおぞら銀行デビットカード

  • 発行手数料/年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA

あおぞら銀行のデビットカードは支払に応じて高還元率なところがおすすめです。

また保証内容も充実しているため、高校生の留学におすすめなカードです。

ジャパンネット銀行デビットカード

  • 発行手数料/年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA

購入金額に応じてポイントも貯まり、残高確認がアプリで出来るのが特徴です。

遠くに離れた場所にいても家族がアプリで残高確認できるのが便利です。

楽天銀行デビットカード

  • 発行手数料/年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA、JCB

楽天スーパーポイントが貯まるため、他の商品購入時にもすごく役立つカードです。

また保証内容も充実しているため、持っておきたいカードの1つです。

高校生の間で人気のクレジットカードアプリとは?

クレジットカードを使いたいけれど、高校生なので持っていないという人が多いです。
ネット購入する人が多くなっており、もっと便利に購入したいと思っているはずです。

そんな時にはスマホアプリのハンドルカードがオススメです。

バンドルカード

バンドルカードとはダウンロードすることで、すぐにバーチャルVISAカードが利用できます。
審査もなく年齢制限はありません。

さらにぽちっとチャージという機能を使うと、手元にお金がなくても小額をチャージすることが出来るのでネットで買い物が出来ます。
クレジットカードなしで購入できる仕組みがバンドルカードです。

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)というのはアプリ上で発行されているカードに送金や請求する機能がついているかどうかということです。
つまりKyash(キャッシュ)というのはチャージした分が使える機能ということです。

いわばカード内に送金してチャージが出来る機能ということです。

高校卒業したなら18歳でもクレジットカードは作れる

高校を卒業すれば18歳であってもクレジットカードを作ることが出来ます。(カードによって例外もあり)
しかし最初に伝えましたが、安定した収入があるかどうかです。

高校を卒業して職業につけば、審査対象となります。1番は正社員として働くことが信頼性が高くなります。

カード会社によっては若者向けのカードが用意されており、そちらのほうが審査基準が低いようになっているため、そちらを試すのもありですね。

高校生諸君!親のクレジットカード利用は控えよう!

親のクレジットカードを内緒で使うのはやめましょう。いつかばれますからね。
まあいいかと思って始めた金額が、いつのまにかどんどん膨れ上がってきます。
ほしいものがあれば、ちゃんと伝えて買うようにしましょう。

まずはデビットカードなどを発行してカードの仕組みを理解してトレーニングしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください