【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

万能カード!三井住友VISAゴールドカードのメリット・デメリットを申込前に徹底検証

ステータスのあるゴールドカードは年会費がかかるだけあって、様々な付帯サービスが魅力。そのゴールドカードの中でもコストパフォーマンスの面で優れた万能カードといえるのが「三井住友VISAゴールドカード」です。

三井住友VISAカードが指定するサービスを利用すれば年会費の割引も可能。5000円以下の年会費でゴールドカードの様々な付帯サービスを利用することができます。

申し込んだ後からこんなサービスあったんだ!ということにならないよう、こちらでは三井住友VISAゴールドカードの詳細をご紹介していきます。

 

一目でわかるスペック表

三井住友VISAゴールドカード
三井住友ゴールド
年会費ポイント還元率発行スピード
1,000円+税
条件付割引あり
0.5%1週間程度
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険ショッピング補償
最高5,000万円(4,000万円まで自動付帯)最高5,000万円(4,000万円まで自動付帯)最高300万円まで
発行資格電子マネーETCカード
原則として、満30歳以上で、本人に安定継続収入がある方iD、WAON、PiTaPa
Visa payWave
あり
年会費:500円+税(初年度無料)
次年度以降は前年度に1回以上の利用で無料

 

ゴールドカードなのに驚きの年会費で高コスパ

三井住友VISAゴールドカードの年会費は条件を満たすことで安くなります。また追加カードの利用も年会費はお得な設定です。

条件付で年会費の割引優遇

三井住友VISA ゴールドカードの年会費は10,000円+税ですが、条件を満たせば割引優遇が受けられます。

WEB明細書コース

1つは、「カードご利用代金WEB明細書サービス」の利用で年会費1,000円+税の割引が。このサービスは利用明細をウェブ上で確認できるというもので、利用をするとカードの明細は郵送されなくなりウェブでの確認になります。

マイ・ペイすリボコース

「マイ・ペイすリボ」はカードで支払いをした代金が自動でリボ払いになるサービスです。ゴールドカードの場合、毎月の支払いは1万円以上1万円単位ですが、この「マイ・ペイすリボ」の登録とカードのご利用で年会費が半額の5,000円+税になります。さらに

2つを合わせれば最大6,000円+税割引

「カードご利用代金WEB明細書サービス」と「マイ・ペイすリボ」の割引は併用が可能、両サービスを利用する場合は年会費が4,000円+税となります。

これからご説明するメリットを4,000円で享受できるので大満足のカードと言えます。

家族カードも同等のサービス内容

本カードと同等の内容のカードを家族カードとして発行できます。

家族カードの年期費は、1人目なら初年度無料で、2年目以降も前年度のショッピング利用3回以上で無料なので実質年会費無料です。

年会費無料でゴールドカードを持てるわけなので、夫婦・家族旅行で海外に行くときなんかはかなり快適な旅がおくれるでしょう。

さらにポイントを合算できるので、ほしい商品の交換や使いたい場面にポイントを集約できるのも家族カードの大きなメリットです。

なお、追加2人目以上は年会費がかかるので注意してください。

ETCカードも実質年会費無料

当然、ETCも追加できます。三井住友VISAカード共通で、ETCカードの初年度年会費は無料。翌年以降も前年度1回以上のご利用で無料ですので、実質年会費無料です。

うっかり、使いそびれちゃった場合は年会費500円+税がかかります。ETCカードを何枚も持っているという方でなければ、問題のない条件ですね。

 

非常に充実した付帯保険・補償

三井住友VISAゴールドカードの付帯保険は充実しています。海外旅行傷害保険は家族特約があり、家族旅行にも備えることができます。

海外旅行障害保険

海外旅行傷害保険の場合、最高5,000万円の補償がついています。怪我や病気の治療費用は最高300万円までとなっています。

その他スーツケースなどの携行品が破損した場合は50万円まで、海外で事故などを起こし損害賠償などを請求された場合は最高5,000万円までが補償されます。

ゴールドカードのここがすごい

さらに特筆すべきは三井住友VISA ゴールドカードの家族特約です。海外旅行障害保険は本会員、家族会員以外の19歳以下のご家族にも適用可能で、最高1000万円までの補償があります。

傷害・疾病治療では最高200万円まで、携行品損害も50万円まで補償があります。お子様連れの家族旅行で海外に行かれる場合でも安心です。

国内旅行障害保険

国内旅行傷害保険の場合も海外旅行と同様に最高5,000万円の補償がついています。公共交通手段を利用している際の事故、ホテルなどの宿泊施設、ツアー参加中の事故等により入院した場合は1日5,000円、通院保険の場合は2,000円、手術の場合は最高20万円が補償されます。

海外保険、国内保険ともに、4,000万円までが自動付帯、残りの1,000万円が利用付帯となります。

ショッピング保険・補償

ショッピング保険はカードを利用して購入した商品が壊れた、または盗まれたといった場合、年間300万円まで補償が受けられるというものです。

対象者はカード本会員、家族会員、両会員から補償の対象となる贈与を受けた方です。お土産に購入したものがホテルで盗まれてしまった、または輸送中に壊れてしまった、そんな時でも安心です。

 

全国の快適空港ラウンジを無料で利用可能!

ゴールドカードならではの特典といえば「空港ラウンジ」の利用です。出張の多い方、旅行の多い方など国内の空港をよく利用される方には便利なサービスです。

ラウンジによって異なりますが、ソフトドリンクが無料だったり、ネット環境が整っているなど、出発前などに一息できる環境が整っています。三井住友VISA ゴールドカードの場合、全国28の空港ラウンジが無料で利用可能です。

 

高級旅館サービスとのガールド会員限定プラン

会員制の宿泊予約サービス「relux」は高級旅館、ホテルを厳選した会員制の宿泊サービスです。Reluxに掲載されるには100以上の項目審査をクリアした宿泊施設のみ。

大切なご家族、パートナーとの旅行にもぴったりです。さらにRelux の宿泊プランは最低価格保証。どこのサイトよりもお得な価格設定となっています。ゴールド会員の場合は、このreluxのサービスをさらに3000円割引で受けられます。

 

サービスとポイント還元率

それでは気になるポイント関連のサービスと還元率はどうなっているのでしょう。

ポイントUPモール、ワールドプレゼント

三井住友VISA カードのポイントサービスは「ワールドプレゼント」と呼ばれています。カードの利用金額に応じたポイントが発行され、様々な商品やその他のポイントプログラムなどへの移行が可能です。

どうせ買い物をするなら、ポイントを効率よく貯めることができる店舗を利用したいもの。そんなときは「ポイントUPモール」を利用しましょう。

「ポイントUPモール」は三井住友VISAが運営するショッピングサイトで、このサイトを経由して買い物をすると最大20倍のポイントが発行されます。

例えば、店舗に行って買い物をする前に「ポイントUPモール」へアクセス。対象店舗のページを見つけたら、ページ上の「ココ行こボタン」をクリック。

その後、実際に店舗に行ってカードで決済を行うと決められた優待ポイントが加算されます。またオンラインショッピングなら、「ポイントUPモール」にアクセス、対象店舗のページからオンラインショップへ接続し買い物をするだけで優待ポイントが加算されます。

ポイント還元率

三井住友VISA カードでは、1000円のカード利用ごとに1ポイントが発行されます。国内、海外の一般加盟店舗での利用の場合、ポイント還元率は0.5%前後となっています。
ポイント有効期間はカードによって異なりますが、ゴールドカードの場合は3年間有効となっており、一般カードよりも1年長く設定されています。

電子マネーを付属

あると便利な電子マネーは4種類が用意されています。それぞれの特徴を見てみましょう。

iD、WAON、PiTaPa、Visa payWave

「iD」はチャージのいらない電子マネーです。「専用カード」、「クレジットカード一体型」、「携帯型」の3種類あり、いづれもカードや携帯をかざすだけで支払いが完了します。

「WAON」は全国のイオンでの買い物がお得になる電子マネーです。登録のクレジットカードからオートチャージが可能。残高が設定金額未満になると自動的にチャージがされます。

「PiTaPa」は主に関西圏での公共交通機関の利用に使える電子マネーです。利用前にはカード内へのチャージが必要ですが、その後は後払い方式「ポストペイ」となります。

「Visa payWave」は国内だけでなく海外で利用ができる電子マネー。チャージ不要で加盟店でカードをかざすのみで買い物ができます。

それぞれ年会費はかかりません。ただ、WAONは発行手数料が本会員、家族会員ともに300円がかかります。またPiTaPaは1年間にまったく利用をしないと維持管理費用としてカードごとに1,000円がかかりますので、注意しておきましょう。

 

24時間医師に健康相談「ドクターコール」

ゴールド会員ならではのサービスの1つが様々な健康相談サービスです。

ちょっとした体調の変化はだれにでもあるもの。でも仕事が忙しくてなかなか病院を受診できない場合は、「ドクターコール24」を利用してみてください。

急病、体調不要、怪我など、ちょっと心配な点、健康管理についてなどを医師、看護婦等の専門スタッフに相談できます。24時間・年中無休で利用ができ、サービス料金がかかりません。

小さなお子さんの急病、加齢による体調の変化など、病院に行くほどではない場合でもこういったサービスがあると安心ですね。

なお、会員番号確認が必要になりますので、電話をかける際はクレジットカードをお忘れなく。

 

デメリット・注意点

それでは三井住友VISA ゴールドカードのデメリット・注意点は「マイ・ペイすリボ」と「ポイント還元率」です。

マイ・ペイすリボはマイペース利用を心がける

年会費をおさえるためにマイ・ペイすリボへの登録は避けられませんし、5,000+税とかなり大きな割引を受けられるため、必ず登録を行った方がいいです。

ただし、注意しなければいけないのは、リボ手数料。これが万が一5,000円を超えるようならば、登録の意味がありません。

年期費優遇条件はマイ・ペイすリボの登録で「リボ手数料の発生」ではありません。すなわち、リボ手数料が発生しない1回払いで全て済ませても優遇は受けられます。

必ず1回払いでおさまるように、リボ金額を設定し、マイペースでなご利用を心がけましょう。

ポイント還元率

三井住友VISAゴールドカードのポイント還元率は0.5%と高くありません。しかし、本カードの魅力は全く別のステイタス面にあると思います。

もしポイント還元率を求めるなら、年会費無料で高還元率の一般カードで検討するとよいと思います。

 

まとめ

三井住友VISA ゴールドカードをざっくりまとめると、

  • 年会費10,000円+税で、指定のサービスの利用をすれば年会費の割引が受けらる
  • 家族カードの追加は1人目は無料(年に3回以上のショッピング利用)で本人カードとほぼ同じサービス内容
  • 付帯保険は海外旅行、国内旅行ともに障害保険が最高5000万円まで補償
  • 空港ラウンジサービス、宿泊サービスなどゴールドカードならではのサービス

以上です。三井住友VISAゴールドカードでワンランク上の気分を味わってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください