今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

ETCカードで高速料金を割引する方法とは? 各エリアごとの割引方法や割引率まとめ

おすすめのETCカード

ETCカードを利用すれば、高速道路の利用料金が割引になることをご存知ですか?

さまざまな割引制度が用意されており、現金で支払うよりも遥かにお得です。

特に、仕事や旅行などで高速道路を利用する機会が多い方は、大きくコストを軽減できます。

ここでは、ETCカードの各種割引制度や割引率などについて紹介しています。

この記事を読むことで、どのような割引制度があるのか把握でき、よりお得に利用することができますので、ぜひ参考にして下さい。

ETCカードとは? 割引の方法を知る前に知っておきたい基礎知識

ETCカードとは、ETCを利用するために必要なカードのことです。

ETC (Electronic Toll Collection System) は、有料道路を走行した場合に利用料金を無線によって自動的に精算できるシステムのことで、車に車載器を設置してETCカードを挿入することで利用できます。

また、キャッシュレスのため、お金を持つ必要がありません。

ETCカードは大別すると、ETC専用カードと一体型ETCカードの2つに分けられます。

以下のサイトにETCカードの参考記事を貼っておくので、お時間がある人は見て見て下さい。

参考ETCカードとは?ETCカードの基礎知識と作り方

ETCカードの割引とは? 高速料金に適用されるETC割について

ETCカードを利用するメリットの1つが、通行料金が割引になることです。

ETC限定の割引制度が用意されており、現金で支払うよりもお得な料金で高速道路を走行できます。

料金ゲートをスムーズに通過でき、自動精算により現金を用意する必要がないなどのメリットだけでなく、ETC割引があることも覚えておきましょう。

特に、高速道路を利用する機会が多い方には、魅力的なサービスです。

ETCカードの割引率とは?ETCカードの割引料金まとめ

各種ETC割引の内容と割引率については以下の通りです。

●平日朝夕割引
ETCマイレージサービス登録者限定です。平日朝6〜9時や夕方17〜20時が割引対象で、利用回数に応じて30%〜50%還元します。

●休日割引
普通車・軽自動車限定の割引サービスで、土日祝日の地方部の高速道路料金が30%割引です。

●深夜割引
すべての車種が対象で、毎日0時〜4時の間は高速道路料金が30%割引です。

●ETC 2.0割引
圏央道 (茅ヶ崎JCT~海老名JCT、海老名~木更津JCT)、新湘南バイパス(藤沢~茅ヶ崎JCT)が割引対応区間で、ETC2.0車は普通区間の料金水準の料金に割引されます。

●外環道迂回利用割引
【1】首都高速道路の都心環状線内の出入り口を発着
【2】東京外環道を1JCT間のみ迂回利用して放射高速道路を利用
【3】料金所をETC無線通信により通行
これら3つの要件をすべて満たした場合に東京外環道の料金が割引されます。

●アクアライン割引
対象区間は東京湾アクアライン (浮島ICから木更津金田ICまで)で、以下のように大幅な割引料金が適用されます。

軽自動車:2,470円→640円
普通車:3,090円→800円
中型車:3,700円→960円
大型車:5,090円→1,320円

●関越特別区間割引
対象区間は関越自動車道 水上IC〜湯沢IC間で、割引は平成36年3月31日までの予定です。水上IC〜湯沢IC間では以下の料金が適用されます。

普通車:1,270円→850円
大型車:1,990円→1,300円

このように、様々なETC割引があり、お得な料金で走行できます。

ETCカードは車載器なしでも割引されるのか確認してみた

ETCカードは車載器がなくても利用することは可能です。

ETC専用レーンを通過しようとしてもゲートは開きませんので、一般レーンを利用する必要があります。

ただし、ETC割引は適用されないため注意が必要です。

ETC割引は「ETC無線走行」が条件になっているため、車載器がなく手渡しの場合は通常料金が適用されます。

そのため、車載器を設置せずにETCカードを利用しても、メリットは享受できません。

バイクの場合 ETCカードの手渡しでも割引可能?

バイクの場合も車と同様で、車載器がなくてもETCカード自体は利用できますが、割引は適用されません。

初期コストはかかりますが、車載器を設置してETCカードを利用するようにしましょう。

北海道のETCカード割引とは

北海道では、定額で対象区間の高速道路が自由に乗り降りできる「北海道観光ふりーぱす」を提供しています。

以下の3つのプランから選択可能で、どれも大変お得です。

・夏トクプラン (最大3日間):普通車7,900円 軽自動車等6,300円
・ゆったりプラン (4〜6日間):普通車10,500円〜12,500円 軽自動車等8,000円〜10,000円
・フェリー限定プラン (7〜14日間):普通車13,400円〜19,200 軽自動車等10,700円〜15,400円

九州のETCカード割引とは

九州では「九州よかよかドライブパス」が利用可能です。

以下の2プランあり、定額料金で高速道路を自由に乗り降りできるため、旅行の際に便利です。

・全4日間プラン:普通車8,000円 軽自動車6,400円
・全3日間プラン:普通車6,500円 軽自動車5,200円

沖縄のETCカード割引とは

沖縄の高速道路は、もともと沖縄道特別割引があるため、非常に安い料金で走行が可能です。

更に深夜割引なども適用されるため、本土では考えられない安さで利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください