障害者の人でも大丈夫。ETCカードの作り方。障害者の人におすすめなETCカードとは?

カテゴリー:ETCカードの作り方, ETCカード 

ETCカードの作り方
障害者の方でも、ETCカードを持てるのか。何か条件はあるのか。そんな疑問はあることでしょう。

結論から言うと、障害者の方も、問題なくETCカードは使うことができます。

さらに、障害者割引も適用されるので、オトクに活用できます。

しかし、ちょっと待って下さい。
障害者の方がさらにETCカードをオトクに使いこなす方法があります。

これ以後では、そんな障害者の方におすすめなETCカードの選び方について見ていきます。

↓障害者におすすめのETCカード紹介はこちら↓

障害者の方におすすめなETCカードの条件とは?

障害者の方には、以下のような条件に該当するものがおすすめです。

  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が高い
  • 保険や特典が充実

以下で詳しくチェックしましょう。

障害者の方には、年会費無料でコスパの良いETCカードがおすすめ

実は、ETCカードを持つには、多くの場合費用がかかります。

年会費・発行手数料などで、持っているだけ、持つだけでも費用がかかるのです。もちろん、元が取れる場合もありますが、どうせならお金をかけず、コスパの良いオトクなETCカードがほしいもの。

ですが、年会費・発行手数料が無料で持てるETCカードがあります。

ETCカード発行にはクレジットカードも一緒に発行する場合が多いのですが、実はクレジットカードもETCカードもどちらも費用がかからない、完全無料のETCカードはそれほど多くありません。

できればETCカードには維持費をかけたくないものです。

しかしETCカードは完全無料で使いたいという人はOrico Card THE POINTライフカードなどのETCカードは完全無料で使えるのでおすすめです。

障害者の方には、条件付きで年会費無料になるETCカードも狙い目

完全無料でETCカードが作れるわけではありませんが、そのカード特有の条件を満たせば完全無料でETCカードを使えるようなクレジットカードを存在します!

そのようなクレジットカードはカード自体の特典が充実していたり、ポイント還元率が非常に高いなど特徴が多いのでもし条件を満たしているようなら是非作って欲しいカードになります。

有名なクレジットカードで言えば、CMでも有名な楽天カードは会員ステータスがプラチナ・ダイヤモンド会員に到達すればETCカードが無料で発行できる特典があります。

当然、プラチナ・ダイヤモンド会員になれば楽天関連サービスでの特典も豊富ですので、今現在、楽天のプラチナ会員である人やもう少しでプラチナ・ダイヤモンド会員になれそうだといういう人には是非オススメしたいカードになっています。

保険や特典が充実している!障害者の方にもおすすめなETCカード

障害者の方がETCカードを選ぶ際にクレジットカード自体の特典で選ぶのも一つの手でしょう。

障害者といっても、程度は人それぞれですが、海外旅行・国内旅行に頻繁に行きたいという方も多いことでしょう。

そんな障害者の方におすすめなのが、海外・国内旅行時に使える保険が付帯しているクレジットカードに付帯したETCカードです。

保険が有名で、年会費も事実用無料なETCカードとして、三井住友VISAクラシックカードや三井住友VISAカード(学生)などで知られる三井住友カードがあります。

何と言っても障害者の方におすすめなのがETCカードに盗難補償がついてる点です。

ETCカードに盗難補償がついているクレジットカードは実は数が多くありません。

障害者がセキュリティー面も考えて三井住友カードを考えるのもいいかと思いますので参考にしてみてください。

障害者の方にはポイント還元率が高いETCカードがおすすめ

ポイント還元率とは、ETCカードの利用金額のうち、どのくらいの金額が還元されるかと言うこと。たとえば、還元率が1%のETCカードなら、100円利用につき1円分の還元があります。

還元された金額分は、ポイントやETCの支払料金に充てることが可能な場合もあります。

どうせ障害者の方が使うなら、還元率の高いETCカードの方がオトクですね。

障害者の方には割引がありますが、ETCカードをオトクに活用すればさらにオトクにETCカードを使えます。

実は、年会費無料で還元率が高い、コスパの良いETCカードが存在します。

障害者の方にはかなりオトクに活用できるのでおすすめです。

この記事の後半で紹介するので、魅力についてチェックしてみてください。

なお、通常のETCカードの還元率は0.5%のものが多いです。ですから、1%などのカードは、高還元率のETCカードとして扱われます。

障害者にはETCカードは一体型?分離型?どちらがおすすめなの???

ETCカードには、ETCカードとクレジットカードが1枚になっている一体型と、それぞれが2枚で別になっている分離型があります。

日頃から車を活用する障害者の方には分離型のETCカードがおすすめです。

一体型の場合はカードが1枚のため、車に乗るたびにETCカードを抜き差しする必要があります。

障害者の常に持ち歩くという意味で、万が一の盗難のリスクを考えればセキュリティ面では安心です。

しかし、実際のところ毎回ETCカードを探して差し込むとなると面倒ですし、差し忘れたり持ち出し忘れてしまう可能性を考えると、やはり分離型のカードが無難かと思います。

ほとんどの方は、「差しっぱなし」にして利用する形となっています。

障害者で収入に不安な方は、家族カードのETCカードを発行

収入に不安があり本人名義のETCカード発行に不安がある障害者の方は、家族カードのETCカードの発行がおすすめ。

障害者本人がクレジットカードを所有していない場合や、収入がないなどの理由で所有が難しい場合には、クレジットカードの家族会員制度が利用できます。

家族会員制度とは、クレジットカードを所有する会員(本会員)の家族が発行を受けられるクレジットカードです。

家族会員の条件は、本会員と生計を同一にする、本会員の配偶者、両親、18歳以上の子供と規定されています。

また一部のカード会社では、生計を同一にしている場合、兄弟姉妹も家族会員としてカードの発行を受けることが可能です。

詳細については、カード会社に直接問い合わせてください。

障害者の方が家族会員カードでETCカードの付帯を受けるには

障害者の方にも、基本的にはクレジットカード1枚につき、1枚のETCカードが発行されます。

しかし、家族や法人でETCを利用する場合の便宜を図るため、家族会員カードにもそれぞれ1枚ずつの「ETC家族カード」を発行しているカード会社もあるのです。アメリカン・エキスプレスや、セゾンカード、エネオスカードではこうしたサービスを行っています。

発行費用や、カードが手元に届くまでの期間については、それぞれのカード会社に問い合わせを行ってください。また、家族会員カードを利用する場合、請求は本カードの所有者の口座に対して行われます。

利用額についてはあらかじめ相談しておきましょう。

現在所有するクレジットカードを解約して、ETC家族カード発行サービスを行っているカード会社に切り替えると、付帯するETCカードも解約となります。

すでにETCカードを利用中の場合は、新しいカードが届くまでの期間、ETCが利用できなくなってしまうことにご注意ください。

ETCの割引に、障害者に本人名義のETCカードが必要な理由とは

ETCでは料金の収受に係員が介在しないため、本当に障害者本人が乗車しているかどうかの確認は困難です。

そのため、障害者本人名義のETCカードを本人証明としています。

障害者本人名義のETCカードとは、カードの券面上に障害者本人の名前が記載されたカードということです。ETC家族カードには申請した家族の名前が記載されます。

例えば本カードの所有者が親で、申請したのがその子供であれば、子供の名前が記載されるということです。

ETCカードの名義については特例もあります。

障害者が重度の未成年者で、本人の運転による割引適用を受けず、かつ介護者の運転での割引適用を受ける場合です。

これについては、障害者本人が成年に達するまで、親権者もしくは後見人名義のETCカードも登録の対象となります。

ETCで障害者割引の適用を受ける場合の注意点とは

ETCで障害者割引の適用を受けるためには、事前に利用する車、ETC車載器、ETCカードの登録が必要です。

登録されたもの以外での利用は、適用の対象外となります。うっかりミスに注意しましょう。車を買い替えたり、車載器を好感したなどでナンバーや管理番号が変更となった場合には、変更手続きが必要になります。

もちろん、カードの紛失や盗難、乗り換えなどでETCカードの再発行を受けたときも同じです。

その他、氏名、住所などに変更があった場合も届け出が必要になります。有料道路を利用する前に、自治体の福祉担当窓口で手続きを行ってください。
また、障害者割引の適用には期限があることを忘れないようにしましょう。

引き続き割引を利用するには、更新を行う必要があります。自治体の福祉担当窓口で有効期限の2ヶ月前から受け付けてくれるので、余裕をもって更新してください。

障害者のETCカードの取り扱いについての注意点

ETCカードは、組み込まれたICチップによりデータを管理しています。

そのためICチップが汚れたり故障したりすると、カードから情報を読み取れなくなり、ETCの利用ができなくなってしまうのです。

障害者の方も、取り扱いにはくれぐれもご注意ください。ICチップは電子部品であるため、強力な磁気に近づけると故障してしまいます。

水分も厳禁なので、テーブルや洗面台に置きっぱなしにしないようにしましょう。

ポケットに入れたままにしていると、間違って洗濯してしまう場合もあります。また、カード本体はプラスチックでできているため、高温になる場所ではやわらかくなり、変形することもあるのです。

夏場の車内は驚くほどの高温となります。うっかり車載器に挿入したままにすることのないよう気を付けてください。

ETCカードはクレジットカードに付帯するものであるため、万が一のときの補償についても同様に扱われます。

いい加減な管理をしていると、紛失や盗難の場合に自己責任となり、補償が受けられなくなるのです。そのときになって慌てないよう、日頃からきちんと管理を行いましょう。

障害者の方にもおすすめのETCカードを紹介。お得で機能が満載のETCカードを紹介

以下では、障害者の方でも利用しやすい、お得で便利なETCカードを紹介します。

ETCカードをどうせ発行するなら、便利でお得なクレジットカードと、そのETCカードの両方のメリットを活用しましょう。

  • 楽天カード
  • 誕生月はETC利用もポイント3倍になるライフカード

    ブランド年会費
    VISA,JCB,mastercard無料
    ETCカード電子マネー
    無料チャージ利用可(iD、楽天Edy、nanaco)
    海外保険国内保険還元率入会特典
    なしなし0.5%〜1.5%あり
    申込資格発行時間
    18歳以上の方(高校生を除く)最短3営業日
    詳細はこちら公式サイト

    ライフカードのETCカードは誕生月はポイント3倍になりますし、前年利用額に応じたポイントアップ制度もありますのでお得です。発行手数料や年会費も無料なので余計なコストを考えなくても良いというのもメリットです。

    海外旅行傷害保険や海外サポートデスク、海外ショッピングの5%キャッシュバックサービスがある学生カードもありますので、学生なら必ず学生専用ライフカードにすると良いでしょう。

    楽天ポイントも貯まり、ENEOSなら2倍の楽天カード

    ブランド年会費
    VISA,mastercard,JCB無料
    ETCカード電子マネー
    500円+税/年楽天Edy
    海外保険国内保険還元率入会特典
    最高2,000万円なし1.0%〜10.0%あり
    申込資格発行時間
    18歳以上の方(高校生を除く)最短3営業日発行
    詳細はこちら公式サイト

    楽天カードはポイント最大10%以上(SPU適用×他キャンペーン)の業界トップクラスのポイント高還元率カードです。しかし、楽天カードのETCカードは年会費が500円+税かかりますので、無料で使えるわけではありません。ただし、楽天会員ランクがプラチナ・ダイヤモンド会員であればETCカードの年会費が無料になる特典がありますので、楽天市場や楽天トラベルのヘビーユーザーにとっては、ETCカードの年会費は考えなくて済むかもしれませんね。

    月に2万円は使っているという人ならはじめから楽天ゴールドカードにしておおくと、ETCカードの年会費は無料になりますし、SPUのポイント倍率も最大12.0%〜と引き上げることができますのでおすすめです。

    セキュリティは業界随一!年会費初年度無料の三井住友VISAクラシックカード

    ブランド年会費
    VISA,mastercard初年度無料(※1)
    ETCカード電子マネー
    無料(※2)iD
    海外保険国内保険還元率入会特典
    最高2,000万円なし0.5%〜1.5%あり
    申込資格発行時間
    18歳以上の方(高校生を除く)最短3営業日発行
    詳細はこちら公式サイト

    ※1.初年度無料。翌年度以降は条件により半額〜無料で利用ができる
    ※2.初年度無料。年1回以上の利用で無料になるため実質無料

    三井住友VISAクラシックカードは顔写真付きICチップを導入したり、セキュリティ面で安全に力を入れているクレジットカードです。海外旅行傷害保険も最高2,000万円分の補償が付帯されておりますので、海外でも安心して利用できるのは嬉しいですよね。

    ETCカードは初年度無料、年1回以上の利用で翌年も無料になりますので、実質的に年会費無料で利用できるため初めてETCカードを作る方にもおすすめです。学生ならポイントが2倍〜5倍貯まる三井住友VISAデビュープラスカードもありますのでおすすめです。

    39歳以下なら年会費無料&ポイント2倍になるJCB CARD W

    ブランド年会費
    JCB無料
    ETCカード電子マネー
    無料QUICPay
    海外保険国内保険還元率入会特典
    最高2,000万円なし1.0%〜2.5%あり
    申込資格発行時間
    18歳〜39歳の方(高校生を除く)最短3営業日発行
    詳細はこちら公式サイト

    JCB CARD Wは18歳〜39歳以下の方限定で利用できる年会費無料のクレジットカードです。最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険も利用付帯していますし、期間限定でポイント4倍&ボーナスポイントもあるのでおすすめです。

    ETCカードは完全無料で利用することができます。

    ポイント還元率が高く初心者にもおすすめのOrico Card THE POINT

    ブランド年会費
    JCB,mastercard無料
    ETCカード電子マネー
    無料iD,QUICPay
    海外保険国内保険還元率入会特典
    なしなし1.0%〜2.0%あり
    申込資格発行時間
    18歳以上の方(学生可)最短8営業日発行
    詳細はこちら公式サイト

    Orico Card THE POINTは18歳以上なら誰でも作れるポイント高還元率のクレジットカードです。初めて作る人におすすめの理由の1つに、交換先のポイントが豊富であるというのが挙げられます。

    入会後6ヶ月は100円につきポイントが2倍貯まる上に、楽天ポイント・Tポイント・Pontaポイントなど様々なポイントに1ポイント=1ポイントの等価交換することが可能です。またクレジットカードの使いみちに迷っていたり、貯めるポイントが定まっていない人におすすめです。

    ETCカードは完全無料で利用できますし、ポイント付与もされますのでお得です。

    障害者の方でも、すぐにETCカードがほしい方は、以下の記事もチェック。即日発行可能(今日中に発行できる)なETCカードと、その発行方法を紹介しています。

    どれがよいか分からないなら、以下の記事のカードから選んでしまいましょう。

    参考記事ETCカードを即日発行するたった1つの方法!今すぐ受け取れるのはセゾンカード

    その他、ETCカードについては、以下の記事もチェック。

    参考記事ETCカードの作り方!初心者でもわかるETC完全ガイド

    参考記事ETCカードのおすすめはどれ?年会費無料で作れるおすすめのETCカード2018

    SNSでシェアしよう!

    SHARE

    この記事を書いたユーザー

    スポンサーリンク

    関連する記事

    RELATED

    PAGE TOP ↑