✨即日発行クレジットカード特集💳💨

セイムスでiD決済が使える!お得な使い方やキャンペーン情報も解説

セイムスでiDが使える

iDはNTT docomoが電子マネーで、支払いがスムーズで、使える店舗も多く人気のキャッシュレス決済です。

今回はそんなiDが、セイムスで使えるか?iDを使ったお得な決済はあるのか?などについて解説していきます。

キャッシュレス還元のおすすめ記事

iDはセイムスで使える?使えない?

さっそくですが、セイムスでiDを使って決済することができます。

Apple PayやGoogle Payも使える

セイムスはiDが使えるので、iDとして利用するApple PayやGoogle Payも使えますし、QUICPayも使えることから、クイックペイとして利用する場合でも問題なく使うことができます。

キャッシュレス消費者還元事業の対象外

セイムスはキャッシュレス・消費者還元事業の対象外店舗となります。iD決済による2%や5%のポイント還元は受けられません。

参考セイムスでキャッシュレス消費者還元の対象?ポイント還元有無とおすすめ決済手段

三井住友カードのiD決済で20%キャッシュバック

三井住友カードは、お買い物代金が20%キャッシュバックとなる「キャッシュレスプラン」を新規入会者限定で実施しています。クレジットカード決済もiD決済も対象となります。

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短翌営業日
国際ブランドVISA,マスターカード
付帯機能iD
三井住友カードの特徴
  • マクドナルド、セブンイレブン、ファミマ、ローソンはポイント5倍
  • 対象店舗一覧からポイント2倍で両手できる適用店舗を3つ選べる
  • ETCカード年会費は実質無料(初年度無料、年1回以上の利用で翌年無料)
  • 最短翌営業日のスピード発行
  • 2枚持ち(デュアル発行)が可能
  • ICチップと選べる顔写真付きカード発行で不正利用をWブロック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行保険が利用付帯!+250円の年会費で国内旅行保険の追加付帯と海外旅行保険をグレードアップ可能
注目!!三井住友カードの20%還元の入会キャンペーン【2020年最新】特典内容と注意事項

iD一体型クレジットカードが便利

iDはおサイフケータイで利用することができますが、iD一体型のクレジットカードもあります。1枚のカードでクレジットカード決済とiD決済の両方が使えるため、かなり便利です。

iD一体型のおすすめクレジットカード
年会費無料無料1,250円+税
※初年度無料
※2年目以降条件付き無料・割引
国際ブランドMasterCard,JCBVISA,MasterCardVISA,MasterCard
ポイント還元率1.0%1.0%0.5%
付帯電子マネーiD,QUICPayiDiD
スマホ決済Apple Pay(QUICPay)Apple Pay(iD)Apple Pay(iD)
注目!!iD付きのおすすめクレジットカード【2020年4月版】

iDとは?

iDは基本的に、ポストペイ式(後払い式)の電子マネーとなります。

コンビニなどの店頭にある電子マネーの読み取り端末でワンタッチ決済ができ、紐づけられているクレジットカードや電話料金などの請求と同時に行われます。一部、dカードプリペイドカードやSMBCデビット、メルペイなどのプリペイド・即時払い式のiD決済もあります。

同じような決済方法としてJCBが提供するQUICPayがあります。またSuicaやWAONなどはプリペイド式電子マネーになるので、事前チャージ(前払い)を行ってからの決済となるので、iDとは請求方法が異なります。

クレジットカード払いとは何が違うの?

iDも最終的にはクレジットカードの利用料金として請求されるので、クレジットカード払いと同じように感じます。しかし、大きな違いとして

  • 決済スピードの決定的な差
  • 使える店舗が異なる

の2つがあります。

クレジットカード決済の場合は、基本的に暗証番号入力かサインが必要になります。一方でiDの場合は、専用端末にかざすだけで決済が完了でき、暗証番号入力やサインは不要です。

クレジットカードでも一部サインレスの決済がありますが、カードの読み込みスピードは断然iDの方が上です。

またクレジットカードの場合は、国際ブランドの加盟店(dカードはVISAもしくはMasterCard)で利用でき、iDの場合はiD決済加盟店で利用できます。クレジットカードの方が使える店舗は圧倒的に多いですが、コンビニや大手チェーン飲食店などのよく使うような店舗ではiD導入が続々と進んでいるので、全然使えないと感じるわけではないでしょう。記事後半のiDが使えるお店で確認してみてください。

iD払いもクレジットカード払いも貯まるポイントは同じ

クレジットカード決済でポイントが貯まりますが、iD決済も同様に紐づけられたクレジットカードのポイントが貯まります。iD独自のポイント制度はなく、クレジットカードとのポイント二重取りなどもできません。

メルペイはiD決済が使える

メルペイはコード決済サービスのひとつですが、iDと提携してiD決済によるメルペイ払いを導入しています。そのため、iDが使える店舗ではメルペイ決済も可能になります。

参考メルペイとは何?メルペイの特徴や詳細まとめ

iDの使い方

iDでの支払いは至ってシンプルです。レジでiDで支払う旨を申告しましょう。店員さんのレジ操作後にiD付帯端末をかざすだけでOKです。

おサイフケータイなら電源オフでも利用可能

おサイフケータイのiDであれば、電源がオフ状態でも利用が可能です。バッテリー切れの場合は、わずかに残っている電力によるのでなんとも言えませんが、使える可能性もあるようです。

セイムスとiDの独自キャンペーンに期待

iDではさまざまな店舗やサービスとの独自キャンペーンを随時展開しています。キャッシュレス決済を積極的に取り入れているセイムスですので、iDとの独自キャンペーンが実施される可能性は低くないでしょう。

消費者としてはさまざまなキャッシュレスサービスや店舗の中でお得なものを選んで使い分けるリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください