【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

PASMO完全ガイド!これを見ればPASMOのすべてがわかる!

PASMO

「皆さんは毎日の通勤や通学でどのような交通系ICカードを使っていますか?」

現在鉄道会社各社では、様々な種類の交通系ICカードを発行しています。

交通系ICカードは駅の改札にタッチするだけで電車に乗ることはもちろんのこと、チャージすることで加盟店でお買い物にも使えるのは便利なカードです。

たくさんある交通系ICカードの中でもPASMOは最も利用客が多いカードの一つです。

しかし、PASMOを持ちたいけれどいまいちでも良くわからない人もいるでしょう。

そこで今回はPASMO完全ガイドを紹介します。

これを見ればPASMOのすべてが分かります。

これからPASMOを持つ人も、PASMOを使いこなしたい人も参考にしてください。

PASMOとは?

PASMOとは、株式会社パスモが発行する公共交通機関共通乗車カード・電子マネーのことです。

PASMOは鉄道やバスのきっぷとして利用できるほか、電子マネー加盟店では電子マネーとしてお買い物の支払いにも利用できてとても便利です。
PASMOを導入している鉄道会社は、鉄道27事業者・バス77事業者(2018年10月1日現在)です。

また、様々な鉄道会社会社と相互利用できることが特徴です。

PASMOが相互利用できる鉄道会社

  • Kitaca 北海道旅客鉄道株式会社
  • Suica 東日本旅客鉄道株式会社
  • manaca 株式会社名古屋交通開発機構
  • TOICA 東海旅客鉄道株式会社
  • PiTaPa 株式会社スルッとKANSAI
  • ICOCA 西日本旅客鉄道株式会社
  • はやかけん 福岡市交通局
  • nimoca 西日本鉄道株式会社
  • SUGOCA 九州旅客鉄道株式会社

私鉄を利用しているなら是非持っておきたいカードといえるでしょう。

PASMO完全ガイド(カード)

まずは、PASMOカードについて知っておきましょう。

PASMOカードは銀色のカードにPASMOとピンクの文字でかかれています。

PASMOの名称の由来は、「パスネット」 (PASSNET) の「PAS」(パス)と「もっと」の意味を表す英語「MORE」(モア)の頭文字「MO」から名付けられたもので、電車もバスも乗れるカードという意味です。

カードデザインは、電通のクリエイティブディレクターの小塚重信がデザインされており、マスコットキャラクターはロボットです。

このロボットは、特に名前がないようですが、一般的にPASMOロボットと呼ばれています。

キャラクターデザインは安達翼が担当しました。

PASMOロボットの特徴

  • おなかのポケットがお財布代わりPASMOを愛用している
  • 地球環境にやさしいエコ派
  • いろんな色に変身できる

PASMO完全ガイド(作り方)

ここからは、PASMOの作り方を見てみましょう。

一言にPASMOといっても様々な種類があります。

PASMOの種類

  • 無記名大人用PASMO
  • 記名式大人用PASMO
  • 小児用PASMO(記名)
  • PASMO定期券

これらのPASMOは駅に設置してある券売機、多機能券売機、駅の窓口で作ることができます。

それぞれの作り方を解説します。

券売機、多機能券売機でPASMOを作る

 

  1. PASMOがつかえる駅の券売機や多機能券売機を探す。
  2. PASMOにタッチ
  3. PASMO新規購入にタッチ
  4. 無記名PASMOを購入にタッチ
  5. チャージする金額を選び、お金を入れる
  6. 無記名PASMOが発券される

 

※記名式大人用PASMOの場合は、個人情報(氏名、生年月日、性別、電話番号)の登録が必要です。

駅の窓口でPASMOを作る

  1. PASMOを取り扱っている駅の窓口にいく
  2. 申込書の記入する
  3. 希望の購入金額を係員へ支払う

 

小児用PASMOを作る

小児用PASMOは駅の券売機や多機能券売機で作ることができません。

無記名PASMOや記名式PASMO券売機や窓口で購入することができますが、小児用PASMOは購入するときに注意点が必要です。

小児用PASMOの購入方法は下記の通りです。

  1. PASMOがつかえる駅の窓口にいく
  2. 購入時は、記名人の年齢が確認できる公的証明書等の呈示
  3. PASMO購入申込書に名前・性別・生年月日・電話番号を記入する
  4. 希望の購入金額を係員へ支払う

※小児用PASMOは有効期限は12歳となる年度の3月31日まで子供が使うことができ、使い方は大人用PASMOと同様ですが、乗車料金は小児料金となります。

PASMO完全ガイド(使い方)

PASMOが作ることができたら実際に使い方を見てみましょう。

PASMOは電子マネーのためチャージして使うことが基本です。

PASMOにチャージしたら駅の改札のICマークにタッチしましょう。

PASMOを改札にタッチすると初乗り料金が自動的に引かれます。

目的の駅に着いたら到着駅の改札のICマークにタッチすると差額が引かれますのでわざわざ切符を購入する必要がありません。

PASMOをお店で使う

PASMOは電車に乗るだけでなくPASMOを導入しているお店で使うことができるのが特徴です。

コンビニやスーパーでは、購入した商品をレジに持っていき、支払いをPASMOでお願いしましょう。

後は、ICカード読み取り機にタッチすれば、チャージしてある金額から引かれます。

また、PASMOが使える自販機でも使うことができます。

PASMO取扱店舗

参考 PASMO取扱者店舗PASMO

PASMO完全ガイド(チャージ)

PASMOはチャージして使うことが基本となるため色々な方法でチャージすることができます。

PASMOのチャージ方法

  • 駅の券売機や多機能券売機でチャージ
  • チャージ専用器でチャージ
  • 駅の窓口でチャージ
  • バスの運賃機でチャージ
  • オートチャージ

 

券売機、多機能券売機でチャージする

  1. チャージ可能な駅券売機に、手持ちのPASMOを挿入
  2. PASMOボタンを押す
  3. 希望のチャージ金額を選び、現金を投入
  4. チャージされたPASMOを受けとる

 

チャージ専用器でチャージ

  1. チャージ機に手持ちのPASMOを挿入
  2. 希望のチャージ金額を選び、現金を投入
  3. チャージされたPASMOを受けとる

 

駅の窓口でチャージ

  1. PASMOが使える駅の窓口へいく
  2. 駅係員にPASMOをチャージしたいことを伝える
  3. お金を渡してチャージ完了

※1回の操作でチャージできる金額の単位は事業者によって違う
※残額が20,000円を超えるチャージはできない

バスの運賃機でチャージ

  1. PASMOが使えるバス事業者か確認する
  2. 乗務員へPASMのチャージ申し出る
  3. 運賃機でチャージ

 

オートチャージ

PASMOオートチャージサービスは、PASMOを改札機にタッチするだけで、自動的にチャージするサービスです。

一体型PASMO(PASMO機能付クレジットカード)では、駅の改札やお店でPASMOをタッチしたときに設定金額以下になると自動的にチャージしてくれます。

残高不足が心配の人に便利なサービスです。

オートチャージができるカード

  • パスタウンカード
  • (東京メトロ)Tokyo Metro To Me CARD
  • (横浜交通)横浜交通hama-eco card
  • (小田急電鉄)小田急OPクレジット
  • (京王電鉄)京王パスポートカード
  • (京急電鉄)京急プレミアポイント
  • (京成電鉄)京成カード
  • (西武鉄道)SEIBU PRINCE CLUBカード
  • (相模鉄道)相鉄カード
  • (東京急行電鉄)東急ポイントカードTOP&
  • (東武鉄道)東武カード

オートチャージ申込方法

  1. 上記のクレジットカードのホームページなどからオートチャージ申込用紙を取り寄せる
  2. 申込書に必要事項を記入の上、申込書に記載の宛先までご送付
  3. 申込みから約3週間で「PASMOオートチャージサービスお申込みに関するお知らせ(ご案内ハガキ)」を受け取る
  4. PASMOが届いたら、裏面に名義人名前をはっきりとご記入する

 

PASMO完全ガイド(ポイント)

PASMOで忘れてはならないのがポイントです。

PASMO独自のポイントサービスはありませんが、上記で紹介したクレジットカードで、PASMOのオートチャージや定期券を購入するとクレジットカード会社独自のポイントをためることができます。

  • 東京メトロ
    →メトロポイントクラブに入会してPASMOを使えばメトロポイントを貯めることができる。
    貯まったポイントは、10ポイント=10円単位でPASMOにチャージすることも可能
  • 東急電鉄
    →「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」への登録で、電車やバスへの乗車で東急ポイントを貯めることができる
  • 都営地下鉄
    →ポイントカードToKoPoに登録する。
    ToKoPoとは都営地下鉄が発行しているポイントサービスのことで、ているポイントサービスのことで、PASMOを使って、都営各線、都バス、舎人ライナー、都電荒川線に乗るとポイントが加算される。

 

PASMO完全ガイド(残高確認)

PASMOはチャージして使うことが基本となるため、自分が持っているPASMOにどのくらいチャージ金額があるのか把握しておくことはとても大切です。

PASMOでは様々な方法で残高確認をすることができます。

  • 券売機、多機能券売機、自販機で残高確認
    →PASMOを挿入すると残高が表示される
  • コンビニで残高確認
    →コンビニの店員にPASMOの残高確認をお願いする
  • アプリで残高確認
    →Suica reader・ICカードリーダー by マネーフォワード・パソリユーティリティーというアプリで残高確認することができる

 

PASMO完全ガイド(アプリ)

自分のスマホでPASMOの残高確認や利用履歴を知りたいという人は、アプリを利用してみてはどうでしょうか?

残念ながらSuicaのような専用のアプリはありませんが、他のアプリを利用することで残高確認や利用履歴を知ることができます。

  • Suica leader(スイカリーダー)
    →SuicaやPASMO以外にも電子マネーのカードの残額や利用履歴が分かるアプリ。
    PASMOをスマホにかざして読み取る
  • ICカードリーダー by マネーフォワード
    →Suicaリーダーと同じようにスマホ端末にかざすだけでPASMOの情報を読み取れるアプリ。
    読み取った情報を家計簿や会社の経費データに反映させることができる。

 

PASMO完全ガイド(紛失、再発行)

PASMOの特徴は紛失や盗難にあってしまったときに、再発行が可能なところです。

再発行とは、失くしてしまったPASMOの情報を新しいPASMOを移し変えて発行してもらうことです。

しかし、移し変えられる情報は利用停止手続き時点となりますので、それまでに悪用されてしまったものは補償されません。

記名式PASMOの場合は、駅に利用者の情報が保管されていますので駅に届けられたら連絡が来るかもしれません。

紛失したときと再発行したときの対応を説明します。

PASMOを紛失したとき

  • PASMOを無くしてしまった場合は、すぐにPASMO・Suicaエリアの駅かバスの営業所に紛失したことを申し出る
  • 利用停止の手続きをする
  • 再発行を希望する場合は再発行整理票をもらう

※一体型PASMOはクレジットカード会社に連絡して利用を停止する

PASMOの再発行

紛失の手続きをした後は、再発行をしてもらいましょう。

  1. 再発行整理票をもらう
  2. 翌日から14日以内に、再発行整理票・公的証明書・手数料510円・デポジット代500円を用意し、PASMO取扱事業者の窓口に申し出る
  3. その場でPASMOを再発行してもらう

※。15日が経過した場合は、再度申し込みが必要

 

PASMOとSuicaの違い

PASMOを使いたい人の中にはSuicaと迷っている人も多いと思います。

そこでSuicaの特徴を紹介します。

  • Suica
    Suicaは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が発行している交通系ICカードのことで、ペンギンのキャラクターがデザインされた緑色のカード。
  • JR線内の駅しか利用しない定期券はSuicaでしか買うことができない
  • JRの駅でクレジットカードでPASMOにチャージできない
  • Suica独自のポイントサービスがある
  • 新幹線や特急券を買うことができる

 

PASMOのお得な使い方

最後にPASMOのお得な使い方を紹介します。

  • 自分が通勤で使っている鉄道のクレジットカードを申し込む。
  • 鉄道各社のPASMOを使って貯めることができる方法を知っておく。
  • クレジットカードで定期券の購入ややオートチャージを利用する。

PASMOは生活に密着したICカードであるため、通勤や通学で利用しながらポイントを貯めるとお得に使うことごできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください