今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

楽天ペイ完全ガイド!元楽天カード社員が解説するお得な使い方

楽天ペイ

「楽天ペイがキャッシュレス社会を制する!」
PayPay、Origami Pay、メルペイ、そして次々と現れる新たな決済サービス。

そのなかで最も注目してほしいのが楽天ペイです。

・楽天ペイってそもそも何?
・楽天ペイを使うメリットとデメリットとは?
・楽天ペイがキャッシュレス社会を制する理由は?

この記事では、楽天ペイヘビーユーザーの楽天ペイの現在と今後について熱く語ってみたいと思いますので、これから楽天ペイを使おうとしている方も、既に使っている方も、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

田代

PayPayもOrigami PayもLINE Payも利用する田代ですが、推しペイは楽天ペイです!他のスマホ決済サービスに負けずに頑張って欲しいと切実に思っておりますので、これからも楽天ペイを応援したいと思います。

2019年3月18日楽天ペイがリニューアル!これまでの違いとは

楽天ペイの大幅アップデート

近日中に楽天ペイの大幅アップデート

楽天ペイアプリがバージョンアップすることで、非接触決済の楽天Edyと楽天スーパーポイントの各アプリが、楽天ペイアプリに集約されます。

つまり、3月18日以降は、楽天ペイアプリを開けば、楽天ペイ・楽天Edy・楽天スーパーポイントの3つのアプリの機能が使えるということです。

これにより、楽天ペイのバーコード・QRコード決済だけでなく、楽天EdyにてるFelicaを使った電子マネー、楽天ポイントや楽天キャッシュによる決済に対応できます。クレジットカードの紐づけも可能です。

Androidユーザーで、普段楽天ペイと楽天Edyを使い分けている場合は、バージョンアップ後、楽天ペイアプリからEdyにチャージすることもできるようになります。

これからの楽天ペイはこう使え!

従来だと楽天ペイ・楽天Edy・楽天スーパーポイントがそれぞれ別アプリなので、使う際に面倒な思いをしていた人も楽天ペイリニューアル後にはスムーズかつスピーディーに利用できるようになります。

貯まった楽天ペイや楽天Edyの残高については、これまでどおり、それぞれ別にしか使えません。

ただし、電子マネー楽天キャッシュで楽天ペイにチャージができるようになります。

楽天キャッシュでチャージをして楽天ペイを使うことで、使いすぎを防ぐことも可能です。また、チャージした楽天キャッシュを使い個人間送金もできる予定となっています。

楽天ペイがリニューアルをすれば、3つの機能が集約して使い勝手が格段に良くなるだけでなく、個人間送金もできるため大変便利です。楽天キャッシュチャージを上手く利用し、決済や送金などフル活用しましょう。※iPhoneではEdyが非表示になります。

今すぐチェック!楽天ペイのお得なキャンペーン

楽天ペイキャンペーン一覧

楽天ペイでは、常時さまざまなお得なキャンペーンを実施しています。

以下は、数あるキャンペーンの中から、おすすめの3つを紹介しています。
他にもたくさんのキャンペーンがありますので、ぜひ、内容を確認してみましょう。

対象のコンビニでの初めてのご利用で最大800ポイントプレゼント!

●キャンペーン期間
2019年3月1日(金)0:00〜2019年3月18日(月)23:59

●内容
期間中にエントリーをして、ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスマホペイ含む)、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラにて初めて楽天ペイアプリで支払いをすると、楽天スーパーポイント200ポイントプレゼント。(各コンビニで200ポイント、最大800ポイント)

スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント

●キャンペーン期間
常時開催

●内容
楽天ペイアプリで初めての支払いがあり、エントリーした月の合計支払い金額が5,400円(税込)以上の場合に、楽天スーパーポイント1,000ポイントプレゼント。

対象加盟店での楽天ペイアプリのお支払いで10%ポイントバック

●キャンペーン期間
2019年3月1日(金)10:00〜2019年4月1日(月)9:59

●内容
キャンペーン期間中にエントリーをすれば、対象店舗で楽天ペイアプリ利用金額10%分の楽天スーパーポイントをプレゼント。

●対象店舗
・AOKI
・ALTA
・FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA
・UCC上島珈琲店
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・阪急MEN’S館
・東急ハンズ博多店
・博多リバレインモール
・マークイズ福岡ももち

続々と増加中!楽天ペイの使えるお店

楽天ペイは、さまざまなお店で使うことができます。使えるお店は順次拡大しており、最近使えるようになった主なお店は以下のとおりです。

・ファミリーマート
・ポプラ
・ミニストップ
・エディオン
・100満ボルト
・松屋
・松のや・松乃家・チキン亭
・マイカリー食堂
・ヽ松
・MARK IS 福岡ももち
・高砂タクシー
・サイクルスポット
・新宿アルタ
・原宿アルタ
・サンシャインシティアルタ
・フード&タイムイセタンヨコハマ
・ドラッグイレブン
・良品買館
・キングラム
・ホテルニューオータニ博多
・アクアシティお台場
・大丸福岡天神店
・丸善ジュンク堂書店
・大賀薬局
・東急ハンズ博多店
・すかいらーく
・ホテルオークラ福岡
・アリさんマークの引越社
・沖縄エアポートシャトル
・鶴丸交通
・武田メガネ
・南映タクシー
・平岸ハイヤー
・ロイヤルリムジングループ など

田代

先日、初めてタクシーで利用しましたが、現金やクレジットカード払いよりもカンタンですごく便利でした!ぜひ楽天ペイが使えるタクシーに乗れたら、一度使ってみてくださいね!

楽天ペイでお得になる便利な使い方まとめ

ここでは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、マクドナルドなど、普段から利用機会の多いお店で楽天ペイを活用する方法について見ていきましょう。

セブンイレブンでお得に使う方法

楽天ペイの支払いは、基本的にはセブンイレブンでは利用できません。

セブンイレブンの場合、独自の電子マネーnanacoがありますので、ローソンやファミリーマート、ポプラ、ミニストップなどのように楽天ペイを利用できる可能性は現在のところ低いと見られています。

ただし、ネットショッピングの際に楽天ペイでコンビニ決済をすることは可能です。コンビニ決済であれば、セブンイレブンを指定することもできます。コンビニ決済の場合、前払いで支払い金額に上限がありますが、便利な支払い方法の1つでもありますので、利用してみましょう。

楽天ペイのコンビニ決済方法は以下のとおりです。

1.「お支払い手続きのご案内」メール内の「払込票URL」を開く
2.「インターネットショッピング払込依頼票」を印刷、もしくは13桁の払込票番号をメモする
3.セブンイレブンにて払込票依頼票を渡す、もしくは13桁の払込票番号を伝える
4.代金を支払い、「インターネットショッピング払込受領書」を受け取る

ローソンでお得に使う方法

楽天ペイはローソンでも利用ができます。

他のお店では、「楽天ペイのポイント(0.5%)+クレジットカードポイント(楽天カードなら1%)」のポイント2重取りが可能ですが、ローソンであれば3重取りができます。

楽天ペイで支払いをする前に、Pontaカードやアプリを提示すれば、「Pontaポイント+楽天ペイポイント+クレジットカードポイント」の3つのポイントを獲得することが可能です。

Pontaは還元率が0.5%〜1%なので、楽天ペイ0.5%、クレジットカード1%で、合計2%〜2.5%の還元率が実現します。

田代

つい先日の3月6日までApple PayでPontaを貯めると2倍になったので、かなりお得でした!

ファミマでお得に使う方法

ローソン同様、ファミリーマートでも楽天ペイを使ってポイントを3重取りすることが可能です。

ファミリーマートでは200円につき1ポイント(0.5%)のTポイントを貯めることができますので、楽天ペイの支払い前にTカードを提示するようにしましょう。

そうすることで「Tポイント+楽天ペイポイント+クレジットカードポイント」の3重取りを実現できます。

クレジットポイント還元率が1%であれば、合計還元率2%で買い物することが可能です。

マクドナルドでお得に使う方法

マクドナルドでは楽天ペイで支払うことはできません。

マクドナルドで楽天関連の支払い方法に対応しているのは、楽天スーパーポイントで支払う、楽天Edyで支払う、楽天カードで支払うの3種類です。

そのため、楽天ペイアプリがバージョンアップされ、楽天Edyなどの機能が集約すれば、楽天ペイアプリを使って(支払いはEdy)支払いができるようになります。

また、別のお店で楽天ペイを使って貯めた楽天スーパーポイントで、マクドナルドで食事をすることは可能です。楽天ペイ自体で支払いをすることはできませんので、対応してくれることを期待して待っておきましょう。

近い将来、ラクマの売上を楽天ペイで使えるように

メルペイでメルカリの売上金がそのまま使えるように、将来的にラクマの売上をそのまま楽天ペイで使えるようになるでしょう。

ラクマの売上金を楽天キャッシュにチャージして、そこから楽天ペイで利用するなどは可能ですが、ちょっと面倒です。もっとシームレスなサービスになれば、ラクマの売上金を有効活用できます。

楽天ペイの魅力はポイント2重取り!楽天カードの組み合わせがおすすめ

楽天ペイの魅力の1つが、ポイントを2重取りできる点です。

楽天ペイのポイント(0.5%)に加え、支払いに紐づけているクレジットカードのポイントが貯まります。

仮に年会費無料でポイント還元率の高い楽天カードを紐付ければ、「楽天ペイポイント(0.5%)+楽天カードポイント(1%)」の合計1.5%の還元率で楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。

仮に毎月5万円を楽天ペイで支払いすれば、月に750ポイント、1年間で9,000ポイントも貯めることができます。

貯まった楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円として楽天ペイ経由で支払いに充てることもできるため大変便利です。

ポイント還元率が高く、楽天ペイでも使える楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードとの組み合わせがおすすめです。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大5,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で3,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン
参考元楽天カード社員が教える楽天カード活用術!審査やポイントなど分かりにくい仕組みも解説

Kyashとの組み合わせでポイント3重取りも!

バーチャルVisaカードであるKyashと楽天ペイを組み合わせることでポイントの3重取りが可能です。

まず、楽天カードをKyashのチャージに設定をします。
これにより、クレジットカードチャージで1%のポイント還元が可能です。

そして、楽天ペイの支払い方法にKyashを設定することで楽天ペイのポイントに加え、Kyashの2%キャッシュバックを受けれます。

「楽天カードチャージ(1%)+楽天ペイ(0.5%)+Kyash(2%)」で合計還元率3.5%が実現可能になるのです。

最初の登録やチャージが面倒でも、還元率の高さを重視した使い方をしたい場合におすすめの方法です。

楽天Edyとの使い分けのコツは?

基本的に楽天Edyは前払い、楽天ペイは後払いで、どちらもポイント還元率は0.5%です。

また、楽天Edyは非接触通信で、楽天ペイはQRコード・バーコード決済と違いがあります。

「楽天Edyは使えるけど楽天ペイは利用できない」というお店も多いため、できれば両方使えた方が便利です。

そうすることで楽天スーパーポイントをザクザク貯めていくことができます。どちらもさまざまなキャンペーンを実施しているため、キャンペーンに合わせて楽天Edyと楽天ペイどちらを使うか決めてもいいでしょう。

楽天ペイに関する質問Q&Aまとめ

ここでは、楽天ペイを利用するにあたり、疑問を持ちやすいことについて確認していきましょう。

これらを確認しておくことで、よりスムーズに利用することができます。

JCBも登録可能?

楽天ペイは、JCBも登録が可能です。

以前はVISAとMasterCardのみでしたが、2018年7月に2018年〜2019年春にかけて、JCBやAmerican Express、Diners Club、Discoverにも対応することを発表しています。

これにより、カードブランドを気にすることなく利用ができるようになっています。

楽天カード以外におすすめのクレジットカードはある?

楽天カード以外でおすすめなのがリクルートカードです。

リクルートカードは、楽天カードよりポイント還元率が高い(1.2%)なため、よりお得にポイントを貯めていくことができます。

年会費は無料で、貯まったリクルートポイントはリクルートの各サービスで使ったり、Pontaポイントへ交換することが可能です。「楽天ペイ0.5%+リクルートカード1.2%」で合計還元率1.7%となります。

デビットカードも登録できる?

楽天ペイではVISAデビットカードが利用可能です。
ただし、一部のVISAデビットカードは利用できない場合があるようです。

また、JCBデビットカードも利用することができません(アプリ決済)。

クレジットカードのように、MasterCard、American Express、Diners Club、Discoverなども利用できるわけではないため気をつけましょう。

プリペイドカードも登録できる?

基本的に楽天ペイでプリペイドカードを登録することはできません。

JCBプリペイドカードやdカードプリペイド、ANA Visaプリペイドカードなどは登録不可です。

ただし、アプラス新生銀行グループのGAICA(プリペイドカード)であれば登録することができるようです。

田代

このあたりは実際に使ってみた方のTwitterやブログなど様々ありますので、常に情報収集をしながらアップデートを行いたいです。

カードがなくても現金チャージできる?

楽天ペイの支払いは基本的に楽天会員情報に登録したクレジットカードで決済します。

そのため、現金でチャージすることはできません。

楽天クレジットカードか楽天スーパーポイント、楽天キャッシュによるチャージで支払いをすることが可能です。

楽天ペイの実店舗決済を検討しているけど手数料はいくら?

楽天ペイを実店舗決済で導入した場合の決済手数料は3.24%です。

スマホやタブレットがあれば店頭決済ができ、導入コストは無料、最短翌日入金のため、スピーディーなキャッシュフローが実現できます。

田代

他社よりも決済手数料は高く設定されておりますが、そのかわり楽天会員数とそのアクティブさを考えると難しい判断になりそうです。安い決済手数料のサービスを導入しても集客力がなければ、多少高い決済手数料であっても集客効果を見込んで導入したほうが良い気もします。

楽天ペイは最強のキャッシュレス

楽天ペイは「使える店舗が多い」「ポイントを2重・3重取りできる」「楽天スーパーポイントを使える」「楽天Edyや楽天スーパーポイントアプリ機能も使える(3月18日から)」など、たくさんの魅力が詰まったキャッシュレスツールです。

街やネットで利用でき、QRコードやバーコードだけでなく、セルフ支払いにも対応していますので、普段から楽天スーパーポイントを貯めている人には非常にメリットの大きい決済方法としておすすめしたいと思います。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください