PayPayがネットショッピングでお得🉐

ウーバーイーツ(Uber Eats)の支払い方法まとめ【2020年9月版】

ウーバーイーツでPayPayが使える

最近ではおすすめのQRコード決済おすすめのクレジットカードなどキャッシュレス機運が高まっています。

そこでこの記事では宅配デリバリーサービスのウーバーイーツ(Uber Eats)の支払い方法をまとめました。

ウーバーイーツとは

 【a】Uber Eats オーダープログラム

ウーバーイーツ(Uber Eats)はアメリカ発のフードデリバリーサービスです。

ウーバーイーツに登録すれば家や職場まで食事を配達してくれます。

サービス名ウーバーイーツ(Uber Eats)
月額料金無料
対応エリア東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡など全国15都市以上
対応デバイスPC、iOS、Android
決済方法クレジットカード
注文方法1.アプリをダウンロードし、配達先の住所を入力
2.配達先を確認
3.掲載されているレストランメニューから食事を選ぶ
4.注文後、食事の配達状況が確認する。

置き配機能が追加

ウーバーイーツ(Uber Eats)では、2020年3月から玄関先に商品を置いてもらる「置き配」機能が追加されました。

これによって、商品注文時に、「玄関先に置く」を選択することで、配達パートナーと接触することなく商品の受け渡しが可能になりました。

ウーバーイーツの支払い方法一覧表

現金支払い使える◯
クレジットカード使える◯
Apple Pay使える◯
LINE Pay使える◯
PayPay使える◯
口座振替使えない×
電子マネー使えない×
キャリア決済使えない×
Amazon Pay使えない×
PayPal使えない×
コンビニ支払い使えない×
コード決済使えない×

出前館の支払い方法が優勢か

宅配デリバリーサイト出前館の支払い方法はウーバーイーツよりも多岐に渡ります。

新型コロナウイルスの影響でデリバリー対応店舗が拡大

新型コロナウイルスの影響で、全国的に外出自粛要請が出ています。

ですが、そんな中でもUber Eatsで注文できる飲食店はありその数は外出自粛要請が出る前よりも増加傾向にあるようです。

PayPayがお得!2020年9月1日(火)から

ウーバーイーツでPayPayがお得!2020年9月1日(火)から
2020年9月1日(火)からウーバーイーツでPayPayがお得に利用できます。

クレジットカード

基本的にウーバーイーツではクレジットカードが利用可能です。

ウーバーイーツで使えるクレジットカードはVISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースの国内で発行されているほとんどのクレジットカード利用が可能です。

三井住友カード

三井住友カードの入会キャンペーン

三井住友カードの入会キャンペーンは20%還元(最大12,000円)の特典内容で実施されています。

デビットカード

ウーバーイーツでは一部のデビットカードを使うことができます。

VISA、JCBのデビットカードが利用できますが、発行会社によって使えないカードもあるようです。

現金支払いが可能に

ウーバーイーツでは配達員から商品を受け取る際の現金決済導入を開始しています。

※ただし配達員によって現金決済ができない場合があります。

電子マネー

ウーバーイーツでは電子マネーを使って決済することができません。

クーポン

ウーバーイーツでは電子マネーは使えませんが、クーポンが利用できます。取得したクーポンコードを入力して割引が適用されます。

UberEatsのクーポンUber Eats(ウーバーイーツ)の最新クーポン情報と使い方まとめ【2020年5月18日更新】

Apple Pay

ウーバーイーツにはApple Pay決済が導入済です。

Google Pay

ウーバーイーツではGoogle Payを使って決済することはできません。

キャリア決済

ウーバーイーツでは携帯電話料金にまとめて支払いできるキャリア決済に対応していません。

Amazon Pay

Amazonでの決済情報をそのまま使えるAmazon Pay決済は、ウーバーイーツのに導入されていません。

出前館では導入済

出前館ではAmazon Pay決済の導入がされております。

PayPal

ウーバーイーツの決済に世界中で利用されているPayPalを使うことができません。

コンビニ支払い

ウーバーイーツではコンビニで支払いができません。

口座振替

ウーバーイーツでは口座振替による決済ができません。

ウーバーイーツの支払い方法まとめ

ウーバーイーツの支払いはクレジットカードがメインです。

しかし今後は決済サービスが多様化する中でユーザー獲得が見込める新しい決済サービスは盛り込んでいくのではないでしょうか?

消費者としてはコード決済やそれを利用するキャンペーンなどお得なものを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください