💡PayPayカード×最大7,000円相当💡

dカードのリボ払いとは?活用術と手数料、解除方法まとめ

dカードのリボ払い

dポイントがお得に貯まるdカードのリボ払いの利用を検討している方も多いと思います。

そこで、この記事ではdカードのリボ払いの詳細についてまとめました。

リボ払いがお得なクレジットカードの入会も含めて、dカードのリボ払いを利用するかどうか決めましょう。

dカードのリボ払いとは

dカードのリボ払いを理解するには「リボ払い手数料」「支払金額と変更単位」の2つは最低限覚えておくのが良いでしょう。

リボ払い手数料

dカードのリボ払い手数料は15.0%(実質年率)で決まります。

実質年率とは1日ごとに利息が発生するため、dカードは1日あたり「約0.041%」がリボ残高に対してかかります。

支払金額と変更単位

dカードのリボ払いは毎月の返済金額を5,000円から設定することができます。

また、返済金額は1万円単位で変更することができますので、余裕のある方は早めに完済するよう金額調整を行いましょう。

月の返済金額5,000円〜
返済金額の変更単位1万円単位

自動リボができる

dカードの分割払いができないお店やサービスを購入したい場合には、事前に自動リボに設定しておくことで、クレジットカードが使えるお店/サービスならどこでもリボ払いが使えるようになります。

あとリボもできる

dカードは1回払い/2回払い/ボーナス一括払いの利用明細をリボ払いに変更できるあとからリボ」を用意しています。

当初は大丈夫だと思っていた一括払いでも、返済が厳しそうなときに活用しましょう。

dカードのリボ払いシミュレーション

10万円の洗濯機をdカードで毎月1万円の支払いでリボ払いにする場合をシミュレーションしてみると、総支払回数は10会で手数料合計は6,875円になります。

返済月振込額返済額返済手数料リボ残高
0100000円
111250円10000円1250円90000円
211125円10000円1125円80000円
311000円10000円1000円70000円
410875円10000円875円60000円
510750円10000円750円50000円
610625円10000円625円40000円
710500円10000円500円30000円
810375円10000円375円20000円
910250円10000円250円10000円
1010125円10000円125円0円

分割払いと比較

同じく10回を目安に完済するならdカードの分割払いのほうがちょっとだけ手数料が安く済みます。

ただし分割払いは導入店舗でしか使えませんので、分割払いが使えないお店ならdカードのリボ払い(自リボ設定含む)を使うのが良いでしょう。

支払い方法手数料(10回払いの場合)
リボ払い6,875円
分割払い6,700円

リボ払いがお得なおすすめクレジットカード

dカードのリボ払いを検討しているなら、業界最低水準のリボ払い手数料を誇るリボ払い専用カードACマスターカード」と「三井住友カード RevoStyle」を活用することをおすすめします。

dカードのリボ払い手数料よりも低い実質年率で支払うことが可能で、かつリボ払い専用カードなのでクレジットカード決済が使えるお店ならどこでも自動的にリボ払いになります。

比較項目ACマスターカードリボスタイル
券面画像ACマスターカード三井住友カード リボスタイル
年会費無料無料
リボ手数料10.0%〜14.6%9.8%
発行時間最短即日最短3営業日
詳細ページ

20%還元を受けられるチャンス

特に三井住友カード リボスタイル20%還元の入会キャンペーンも実施しているため、リボ払い手数料以上のお得を享受できます。

dカードのリボ払い活用術

dカードはリボ払いを利用することによって次のようなメリットが得られます。

使いすぎることがないようにこまめに支払手数料を確認しながらお得に活用してください。

最大8,000円相当の入会キャンペーン

dカードは入会キャンペーンとして、合計8,000円相当のiDキャッシュバックを行なっています。

キャンペーンの対象条件には、リボ払いの設定も含まれていますので、うまく活用しましょう。

キャンペーン名dカード入会特典
キャンペーン期間常時開催
適用条件1.dカード GOLDの新規入会
2.新規申し込みと同時にドコモのケータイ料金の支払いをdカード GOLDに設定
3.入会月の翌月末までにdカード GOLDで20,000分のショッピング利用(要エントリー)
4.入会月の翌々月末までに「こえたらリボ」「キャッシングリボご利用枠」の設定行う(3へのエントリーが必要)
特典内容1.入会でiDキャッシュバック1,000円分
2.携帯料金をdカード GOLD設定でiDキャッシュバック1,000円分
3.翌月までに20,000円利用でiDキャッシュバック4,000円分
4.それぞれiDキャッシュバック1,000円分ずつ

dカードのリボ払いは一括返済がお得

dカードのリボ払いを活用することで得られるメリットを損なうことなく、かつ金利手数料を低く抑えるには繰り上げ返済がおすすめです。

リボ払い手数料は1日当たりで発生しますので、完済日が縮まれば縮まるほど手数料合計も安く済みます

一括返済で無用な繰越を避けよう

特に気をつけなければいけないのがリボ残高の無用な繰越です。

リボ払い手数料はリボ残高合計当たりで計算されますので、いつの間にか手数料金額が大きく膨れ上がってしまうこともあります。

そうならないためにも、できるだけdカードの一括返済を活用してリボ払い手数料が最小限に留まるよう管理してください。

dカードのリボ払いができない時

dカードのリボ払いは「リボ払いができないお店」もしくは「カード利用状況に問題がある」ことで使えないことがあります。

詳しくは「dカードのリボ払いができない原因と解決策」でまとめましたので参考にしてください。

キャッシングで代用も

リボ払いが使えないお店ではdカードのキャッシングで立て替える方法もあります。

キャッシングなら現金で払える上に借りたお金の返済方法がリボ払いとなりますので、実質的にdカードのリボ払いを使うのとほぼ変わりがありません

dカードのリボ払いはキャンセルできない

一度リボ払いを選んでしまうと、あとから支払い方法の変更やキャンセルができないので注意しましょう。

どうしてもリボ払いをやめたい場合はdカードの繰り上げ返済を活用して前倒し完済や全体の支払回数の調整を行ってください。

自動リボは解除できる

dカードに登録した自動リボ設定はあとから解除することができます。

解除する際は「自動リボ」によって適用されている特典などが失効されてしまいますので、キャンペーン条件や特典条件の注意書きには改めて目を通しておきましょう。

dカードのリボ払いを上手に活用しよう

リボ払いは手数料がかかるので「もったいない」「危ない/怖い」という反面、1日単位で手数料や支払い回数を調整したり、お得な特典を適用させられるメリットもあります。

理解の浅いままに使うことはおすすめしませんが、dカード利用に慣れてきた方でさらにお得に使いこなしてみたい方はリボ払いも活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください