今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

d払いとiDの違いとは?お得な使い分けと相性の良いクレジットカードを徹底比較

d払いとiDの違いとは?

NTTドコモが提供する決済サービス「d払い」と「iD」。

記事ではd払いとiDの違いや共通点を解説していきます。

目的から絞り込む選ぶ

d払いやiD払いでキャッシュレス・消費者還元が受けられる

キャッシュレス消費者還元事業2019年10月1日の増税に伴いスタートしたキャッシュレス・消費者還元事業の5%還元と2%還元ですが、d払いとiD払いの両方とも基本的には対象となる決済となります

d払いの場合は、キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店で使うことでポイント還元を受けられます。iD払いの場合は紐づいている決済サービスがキャッシュレス・消費者還元事業に登録されていれば、還元対象となります。

dカードや三井住友VISAカードなどiD払いができる決済サービスはほとんどキャッシュレス・消費者還元事業に登録されています。

これで完璧!d払いとiDの違い比較表

d払いとiDの違いが一目でわかるように比較表を作成しました。記事を読み込むのが面倒くさい、時間がないという方はこちらを参考にしてください!

iDd払い
運営元NTTドコモNTTドコモ
支払い方式ポストペイ式ポストペイ式
&
プリペイド式(チャージ式)
店舗での決済方法非接触型決済コード読み取り
使える端末AndroidOS5.0以降のスマートフォン
iPhone 7/7 Plus以降のモデル
d払いアプリが使えるスマホ
ポイント還元クレジットカード決済ポイントのみd払いの0.5%~1.0%
+
クレジットカード決済ポイント
d払い決済でもiD決済でもポイントアッププログラムあり
使える店多い(100万店舗近く)少ないが主要チェーンは使える
ネットショップ使える使える
使い方おサイフケータイ
iPhone/Apple Watchなど
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
wena wrist(スマートウォッチ)
スマホアプリ
請求方法クレジットカード
前払い(プリペイドカード)
即時払い(デビットカード)
クレジットカード
電話料金合算

d払いでもiDでもお得になるクレジットカード

d払いとiDを運営するNTTドコモが発行するクレジットカード「dカード」と「dカードGOLD」は、d払いでもとiDでもお得になる特典が豊富です。

年会費永年無料10,000円+税
国際ブランドVISA,MasterCard
ポイント還元率1.0%還元1.0%還元
ドコモ料金の支払いで10%還元
付帯電子マネーiD
スマホ決済Apple Pay(iD)
付帯保険ショッピング保険:年間最大100万円
ケータイ補償:購入後1年間、最大1万円
ショッピング保険:年間最大300万円
ケータイ補償:購入後3年間、最大10万円
海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高5,000万円
キャンペーンiDキャッシュバック
最大8,000円相当
iDキャッシュバック
最大15,000円相当
dカードGOLDはiD払いでお得!キャンペーンやキャッシュバックの詳細も

d払いとiDの比較ポイント

まずはこの記事でd払いとiDの違いを知るための比較ポイントをまとめます。

  1. d払いとiDの概要
  2. 支払い方式の違い
  3. 使えるお店の違い
  4. 使い方と使える端末の違い
  5. ポイント還元の違い

そもそもd払いとiDって何?

d払いとiDの違いをサービス概要と合わせてご紹介します。

d払いとは

d払いは2018年4月からスタートしたコード決済サービスの一つで、競合サービスにはソフトバンクが提供するPayPayやKDDIが提供するau PAYなどがありしのぎを削っています。

チョコレートプラネットさんの「dd兄弟」を広告塔に起用し、強力なキャンペーンと合わせて認知を広げています。

プリペイド式(チャージor即時決済)を採用するコード決済サービスが多い中、d払いはクレジットカードかドコモ携帯会員データと紐づけて、ポストペイ方式を採用しています。

iDとは

d払いと同じくNTTドコモが2005年始めた決済サービスです。ソニーのFeliCa(非接触型ICカード技術)を採用し、キャッシュレス&スピーディな決済を可能にしています。同様のサービスにはJCBのQUICPayがあります。

iDはクレジットカードと紐づけるのが一般的ですが、dカードプリペイドやSMBCモビットのようにプリペイド式のサービスも展開しています。

支払いシステムの違い

ここでいう支払いシステムというのは、店舗での決済方法ではなく、ユーザーがNTTドコモにどのように料金を支払うかということです。

d払いはクレジットカードか電話料金合算支払い

d払いの場合はクレジットカードを紐づけるか、ドコモユーザーであればドコモの携帯料金と合算で支払うかになります。すなわち後払いのみのポストペイ方式のサービスです。

また今後は銀行口座からのチャージにも対応するとの発表が出ています。

参考d払いのチャージ方法を解説!銀行口座・セブン銀行ATM・コンビニレジで対応

iDはクレジット/デビットカードやプリペイドカード

iDはクレジットカードを登録しておサイフケータイで支払ったり、ID付きのクレジットカードでそのまま支払ったりと、クレジットカードを使ったポストペイ方式が主流ですが、iD付きプリペイドカードやiD付きモビットカードなども展開されています。

使えるお店の違い

iDが使えるお店は全国で100万店舗近くまで増えてきています。一方で、d払いはサービス開始から間もないこともあり、そこまで店舗数は多くないですが、主要チェーン店などを中心に着々と使える店舗が増えていっています。

(2019年8月7日時点での加盟店状況)

コンビニエンスストア
セブンイレブンファミリーマートローソンミニストップ
d払い使える◯
(10月1日から)
使える◯使える◯使える◯
iD使える◯使える◯使える◯使える◯
ドラッグストア
ウェルシアココカラファインサンドラッグスギ薬局
d払い使える◯使える◯使えない×使える◯
iD使える◯使える◯使える◯使える◯
家電量販店
ビッグカメラヨドバシカメラヤマダ電機エディオン
d払い使える◯使えない×使えない×使える◯
iD使える◯使える◯使えない×使える◯
ハンバーガーショップ
マクドナルドモスバーガーロッテリアファーストキッチン
d払い使えない×使えない×使えない×使えない×
iD使える◯使える◯使える◯使えない×
牛丼屋
吉野家松屋すき家なか卯
d払い使えない×使える◯使えない×使えない×
iD使える◯使えない×使える◯使えない×
カフェ
スタバエクセルシオールドトールタリーズ
d払い使えない×使えない×使えない×使えない×
iD使えない×使えない×使えない×使える◯
プロントカフェドクリエサンマルク上島珈琲店
d払い使えない×使えない×使えない×使える◯
iD使える◯使える◯使えない×使えない×

d払いはコンビニを中心に着々と加盟店を伸ばしている

d払いは主要な店舗は抑えつつも使える店舗が限られているといった印象です。しかしセブンイレブンも10月1日より使えるようになり、4大コンビニは全て使えます。そのほかにも随時提携を進めており、日々増えていっているのも事実です。

加盟店はまだ少ないもののd払いキャンペーンが強いので、使いやすさよりもお得さに注目したいところです。
参考d払いが使えるお店と加盟店まとめ!オンライン決済やネットショップでも

iDはかなり幅広く使える

表で見てもiDが使える店の多さ・広さがよくわかります。

カフェはiDやd払いに限らず、まだまだキャッシュレス化が進んでいないジャンルなので今後の連携に期待です。

参考iDが使えるお店のまとめ!カテゴリごとの一覧表付き【随時更新】

iD加盟店ではメルペイ決済ができる

フリマアプリメルカリが運営するコード決済サービスのメルペイは、iD決済を利用した支払いを行います。したがって、基本的にiD加盟店メルペイを使うことができます。
※ただしガソリンスタンドなど一部の店舗ではこの限りではない場合もあります。

さらにメルペイはコード決済も併用できますので、メルペイが使える店はiD利用可能店舗だけに止まりません。

参考メルペイのiD払い/iD決済とは?支払い方法の違いを解説

d払いもiDも一部ネットショップで使える

ネットショップで電子マネー決済やコード決済が使える店舗がまず少ないのですが、その一部店舗ではd払いやiDにも対応しています。例えば、Amazonではd払いとiDの両方に対応しています。(Amazonのd払いはドコモユーザーのみ利用可能)

使い方や対応端末の違い

d払いとiDの使い方について簡単に解説します。

d払いの使い方と対応端末

d払いを使うためには、dアカウントへの登録が必要です。

d払いアプリをダウンロードし、dアカウント登録を行い、支払い方法をクレジットカードか電話料金合算支払いで設定したら準備は完了です。

店舗ではアプリ内のコードをレジで提示するか、レジのコードをアプリで読み取るかで支払いができます。

対応端末はd払いアプリをダウンロードできる端末です。

参考d払いの使い方を徹底解説!登録からチャージ・決済まで

iDの使い方と対応端末

iDを使うためには、iDに紐づく決済サービスが必要になります。

それぞれの申し込みと同時にiDも申し込めば使えるようになります。iDが使えるようになったら、スマホでの設定をしましょう。

Androidスマホの場合はiDアプリかGoogle Pay、iPhoneはiDアプリかApple Pay、メルペイならメルカリアプリでそれぞれ設定できます。

iDをスマホで利用するためには下記のスマホが必要になります。

  • AndroidOS5.0以降のスマートフォン
  • iPhone 7/7 Plus以降のモデル

ポイント還元率での違い

d払いでは、d払いの決済ごとに毎回ポイントが付与されます。街の店舗の場合は200円につき1ポイント、ネットショップでは2倍の100円につき1ポイントになります。さらに登録しているクレジットカードの決済ポイントも貯まるので、2重でポイントが貯められます。

一方でiDの場合は、iD決済でのポイント付与はなく、iDに紐づいているクレジットカードの決済ポイントのみの付与になります。dカードdカードGOLDであれば、加盟店でのiD決済特典があり、ポイントが追加で付与されます。

d払いとiDの使い分け方

d払いとiDはどちらか一方を使うわけではなく、両方を使い分けるのが良いでしょう。を使い分けるポイントは4つです。

  • 使えるお店
  • キャンペーン
  • 相性の良いクレジットカードの設定
  • 決済端末(媒体)の一本化

使えるお店で使い分ける

当たり前ですがそれぞれ使えるお店が異なるので、d払いとiDで使える方を使いましょう。両方使える場合は次の項目のキャンペーンを知っておくことでお得な使い分けが可能になります。

キャンペーンで使い分ける

d払いもiDも随時キャンペーンを行なっています。これらの情報をいち早く入手して積極的に活用していきましょう。例えば、dカードに紐づいたiDであればローソンでは5%相当がお得になります。しかし、d払いのキャンペーンでコンビニ20%還元などが開催されている期間はd払いの方がお得になります。このようにキャンペーンを理解して使い分けることが重要です。

d払いのキャンペーンとクーポンまとめ!2019年11月12月の情報も更新

相性の良いクレジットカードの設定

上述しましたが、dカードのiD決済であれば、ローソンではいつでも5%分お得になります。このようにiDにもd払いにも相性が良いクレジットカードがあります。そのクレジットカードが同じNTTドコモから発行されるdカードとdカードGOLDです。

このいずれかをd払いやiDと紐づけておくことで日常的にお得な買い物ができます。ドコモユーザーの方は絶対にdカードGOLDがおすすめです!その理由は下記の記事を参考にしてみてください。

dカード GOLDはドコモユーザーが絶対に持っておくべきおすすめクレジットカード

決済方法の簡素化

お得さも重要ですが、決済方法をいかにシンプルにスピーディに行うかも重要です。そのため、決済端末や決済カードを一本化したい方もいるでしょう。

おサイフケータイやGoogle Pay、Apple Payをお持ちの方はスマホ1台でd払い、iD、クレジットカード、その他電子マネーを一本化すると良いでしょう。対応機種をお持ちでない方は、クレジットカードとiDが一体になったクレジットカードもおすすめです。1枚でiD決済とクレジットカード決済の両方ができる優れものです。

iD一体型のおすすめクレジットカード
年会費無料無料1,250円+税
※初年度無料
※2年目以降条件付き無料・割引
国際ブランドMasterCard,JCBVISA,MasterCardVISA,MasterCard
ポイント還元率1.0%1.0%0.5%
付帯電子マネーiD,QUICPayiDiD
スマホ決済Apple Pay(QUICPay)Apple Pay(iD)Apple Pay(iD)
注目!!iD付きクレジットカードのおすすめ完全ガイド!お得な使い方や選び方まで

ローソンではどちらを使うべき?

dカードに紐づいているiDであれば、5%還元の特典を受けられるので、iD利用がお得です。それ以外のiDであればポイントの二重取りができるd払いがおすすめです。

ただし、d払いで「20%還元キャンペーン」などのキャンペーンを行なっているときは、ローソンが対象となっているかを調べてどちらがお得か決めてくださいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください