💡最大7,000円相当のPayPayボーナス+1%還元💡

d払いは楽天モバイルで使える?使えない?

d払い
「d払いはどこで使えるのか知りたい!」
NTTドコモが提供するコード決済のd払いおすすめのQRコード決済の1つです。

ですが、
・楽天モバイルでd払いは使える?
・d払いとドコモ払いの違いは?
・d払いの登録方法が知りたい
など知りたいことも多いはず。

そこで、この記事では楽天モバイルのd払い導入状況を中心にまとめました。

関連記事

d払いは楽天モバイルで使えない

早速ですが、2019年10月現在、楽天モバイルの支払いにd払いを使うことはできません

楽天モバイルの携帯料金やスマホ本体の代金支払いであればSPU適用にもなる楽天カードがおすすめです。

通常還元率0.5%
還元内容dポイント
クレジットカード対応(VISA,マスターカード,JCB,アメックス)
銀行チャージ対応
支払い方法バーコード/QRコード決済
利用上限クレジットカードの上限金額による
ウォレット機能のチャージ上限は1,000円〜50万円/回
キャンペーン中!!
今なら3月31日まではキャッシュレス還元事業加盟店で最大10%還元!(キャンペーン一覧
対象店舗還元事業による還元※d払いによる通常還元スーパー還元プログラム合計還元率
中小店舗5%0.5%最大7.0%12.5%
フランチャイズチェーン2%0.5%最大7.0%9.5%
対象外店舗なし0.5%最大7.0%7.5%
注意
※中小小売、飲食、宿泊などでの支払いは5%還元
※コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店での支払いは2%還元
d払いの特徴
Google Play
App Store

楽天カードのキャッシュレスポイント還元で5%以上に

楽天カードのキャッシュレス消費者還元事業

キャッシュレス消費者還元事業に楽天カードも参加しておりますので、中小企業の対象店舗では常に5%、フランチャイズチェーン店舗では2%還元になります。

楽天市場なら楽天カードのSPU適用でポイント3倍だったのが、期間中の対象店舗だと最大8倍(楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードなら10倍)で利用できるようになりますので対象店舗のチェックも忘れずに!

キャンペーン名キャッシュレスポイント還元
キャンペーン期間2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)
還元率・対象店舗:5%のポイント還元
・フランチャイズチェーンの対象店舗:2%のポイント還元
※楽天カードの通常ポイントやSPU特典ポイントは別途付与
進呈上限2%もしくは5%の付与ポイント上限は各月15,000ポイント
付与日カード利用月の翌々月22日頃
注目楽天SPU(エスピーユー)のポイント倍率と概要まとめ【2021年9月版】

d払いにdカード(ゴールド)が必須な理由

d払いにクレジットカードを登録して使うのであれば、dカードdカード GOLDは必須と言えます。

なぜなら、dカードやdカード GOLD以外のクレジットカードを登録したd払いは、キャンペーンのポイント還元が適用されないからです。

キャンペーン特典が適用される支払い
  • 電話料金合算支払い
  • チャージによる口座残高払い
  • dカード/dカード GOLDの支払い

ドコモユーザーならdカード GOLDで決まり

特にドコモのスマホを契約している方ならドコモケータイ料金の10%ポイント還元と最大10万円までのケータイ補償が付帯するdカード GOLDがおすすめです。

さらにdカードお支払割を活用することで、dカードの支払いがいつどこでも5%還元になるお得です。

参考dカード GOLDの詳細【2021年9月版】
年会費永年無料11,000円(税込)
国際ブランドVISA,MasterCard
ポイント還元率1.0%還元1.0%還元
ドコモ料金の10%ポイント還元
付帯電子マネーiD
スマホ決済Apple Pay(iD)
付帯保険ショッピング保険:年間最大100万円
ケータイ補償:購入後1年間、最大1万円
ショッピング保険:年間最大300万円
ケータイ補償:購入後3年間、最大10万円
海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高5,000万円
キャンペーンiDキャッシュバック
最大8,000円相当
iDキャッシュバック
最大15,000円相当

PayPayやau PAYも楽天モバイルの支払いに使えない

d払いを運営するドコモの競合でもあるKDDIのau PayとソフトバンクのPayPayも楽天モバイルの支払いに利用することはできません。

それぞれお得なキャンペーンを展開するQRコード決済ではありますが、楽天モバイルで利用できるお得な支払い方法はクレジットカード中心となります。

ワイモバイルやauでそれぞれお得な特典を用意

なお、PayPayはソフトバンクやワイモバイル、やau PayはKDDIやau回線でそれぞれお得になる特典を用意しております。

まちかどペイペイワクワクペイペイ三太郎の日などお得なキャンペーンが目白押しなので要チェックです。

d払いの登録方法と使い方

これからd払いを利用する方は、登録方法と使い方を覚えておきましょう。

d払いの主な機能

d払いに搭載されている主な機能を紹介します。

dポイントカード加盟店なら表示してから支払うことで二重の還元になります。

機能特徴
コード・QR払いバーコードの提示もしくはQRコードの読み取りで支払いを行う
dポイントカードポイントカードのバーコード提示でdポイントが貯まる
送金機能dポイントの送金も可能
クーポン配信などd払いミニアプリでは加盟店の事前注文や事前決済、クーポン取得などができる

d払いの登録方法

d払いを使えるようにするには、スマホにアプリをインストールしてカンタンな手続きをするだけです。

  1. dアカウントを作成する
  2. d払いアプリをスマホにインストールする
  3. dアカウントIDを入力する
  4. パスワードとセキュリティコードを入力する
  5. 登録完了

d払いの使い方


d払いで支払うときは「バーコード払い」「QRコード払い」「セルフ払い」の3種類が用意されております。

支払い方法使い方
バーコード払いd払いアプリに表示されたバーコードを店員に提示して読み取ってもらう
QRコード払い店頭レジに掲示されたQRコードを読み取って支払いが完了する
セルフ払いQRコードを読み取って金額を入力して支払う

ウォレット機能でチャージ払いも

d払いにウォレット機能が追加されたことでd払い残高のチャージが行えるようになりました。

登録する銀行口座以外に、セブン銀行ATM・コンビニでの現金チャージが可能です。

dカードがなくても銀行口座からチャージしたd払い残高の支払いでキャンペーン特典を受けられますが、dカードは年会費無料なので検討するのをおすすめします。

d払いに登録できるクレジットカード

d払いに登録できるクレジットカードはVISA、マスターカード、JCB、アメックスになります。

ただし、d払いに登録できるクレジットカードは3Dセキュア(本人認証サービス)の設定済みであることが必須になりますので気をつけましょう。

国際ブランド登録可否
VISA登録可能
マスターカード登録可能
JCB登録可能
アメックス登録可能
ダイナース登録不可

3Dセキュアが必須

3Dセキュア(本人認証サービス)とは、ネットショッピングやオンライン決済支払いをより安全に行うためにクレジットカードの国際ブランドが推奨するセキュリティサービスです。

d払いのクレジットカード払いは安全第一に設計されておりますので、安心して利用することができます。

注目!!3Dセキュアとは?決済サービスの本人認証サービス対応状況

ドコモ払いとd払いの違いとは

d払いとドコモ払いの違い一覧表

ドコモ払いはスマホを契約している方が電話料金と合算できる支払い方法なのに対して、d払いは誰でも実店舗のみならずオンライン店舗でも利用できる支払い方法です。

ドコモユーザーでなくてもお得に利用できるのがd払いの魅力なので、PayPay楽天ペイと使い分けるのがおすすめです。

電話料金合算払いとは

電話料金合算払いとはドコモの回線をお持ちで、spモードまたはiモード契約をされている方に限り利用できる支払い方法です。

月々の携帯電話料金に合算して請求されますので支払いが楽になりますが、利用限度額が決められておりますので注意してください。

対象契約期間限度額/月
〜19歳10,000万円
20歳以上1~3ヶ月目10,000万円
4~24ヶ月目~30,000円/月
25ヶ月目以降50,000円/月、80,000円/月、100,000円/月

d払いは楽天モバイルの導入に期待

d払いが未導入の楽天モバイルですが、今後キャッシュレス化が浸透していくことを考えると強豪の垣根を超えて導入される可能性は十分にあると思います。

消費者としてはd払いや楽天モバイルに限らず、PayPayやau Payなど加熱する決済サービスのキャンペーンや特典を見極めて選ぶリテラシをつけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください