【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

エポスカードで一番良い支払い回数は何? エポスカードの支払いのあれこれについて

エポスカードに限らずクレジットカードには様々な支払い方法があります。
その中で1回払い分割払いリボ払いがありますが、その中で一番お得な支払い回数や方法がありますが、その中で一番お得な支払い方法は何か紹介します。

エポスカード 支払い 回数

エポスカードに限らず、数多くあるクレジットカードの中には一括払い分割払いリボ払いなど様々な支払い回数や支払い方法があります。

そんな支払い回数や支払いの明細など、エポスカードの支払いに関して色々紹介します。

エポスカード 支払い回数 一括払い

まず初めに支払い回数が一括払いの場合です。

支払う金額を分割する事なく、一括で全額払うと言う支払い方法です。
支払い回数が1回、つまり一括払いですがこれはエポスカードに限らず主なクレジットカードの基本的な支払い回数です。

高い手数料が掛からずにすみ、クレジットカードを持っている人が大体使う支払い回数がこの1回です。

またクレジットカードの利用明細を見れば、一瞬で「自分が使った金額やどこで使ったか」などがわかるので、お金の管理がしやすいです。

エポスカード 支払い回数 分割払い (2回払い)

支払い回数が、2回の分割払いの場合です。支払う金額を2回に分割して、2分割して払う支払う方法です。最近は、2回払いや3回払いまでは手数料が無料などと言うクレジットカードが多いですが、エポスカードはそれが適応されており、支払い回数が2回までの分割払いなら手数料は無料で分割払いを使う事が出来ます。

エポスカード 支払い回数 分割払い (3回以降)

支払い回数が、3回以降の分割払いの場合です。

支払う金額を3回や4回などに分割して、分けて払うと言う方法です。
最近は、2回払いや3回払いまでは手数料が無料などと言うクレジットカードが多いですが、3回以降分割する場合は高い手数料がかかるため支払う金額とは別に、年率15.0%の手数料を別で払う必要があります。

また、最近ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店で「分割手数料は会社が持ちますよ」と言う場合も増えてきて、場所によって使いやすなってきてます。

エポスカード 支払い方法 リボ払い

主流な支払い方法最後は、リボ払いの場合です。

こちらの支払い方法は、自分が設定した金額よりオーバーしてしまったら、自動的に来月分にいくと言う支払い方法です。

例えば、毎月の設定した金額が5万円だとしたとします。
5月のクレジットカードの使用金額が6万円だとすると、1万円が6月分の請求にいくと言う仕組みです。
一見すると良さそうな感じはしますが、手数料は先程紹介した分割払いと同じ年率15.0%かかり、分割払いもリボ払いも手数料がかなり高い部類に入ります。

なので手数料で支払い総金額が膨れ上がって、本来支払う金額元金にたどり着けないなどのデメリットがあります。

エポスカード 支払い方法 ボーナス払い

ここからの支払い方法は、少し特殊な支払い方法をご紹介します。
それは、ボーナス払いです。

夏のボーナスや冬のボーナスなど臨時収入で、今までのクレジットカードの使用金額を全部払う支払い方法です。ボーナス払いは2種類あって
夏のボーナス払いの場合は1月〜6月の使用額を7月もしくは8月にまとめて払う方法です
冬のボーナス払いの場合は7月〜12月の使用額を12月もしくは1月にまとめて払う方法です

ボーナス払いは、手数料が無料なため使った金額だけ使えば良いので使いやすいです。

しかし、使える店舗や場所があまりないので特殊な支払い方法として紹介しました。

エポスカード 支払い明細

最後にエポスカードの支払い明細についてですが、そちらについては別の記事で詳しく紹介しているので、そちらを参考してとても貰えると助かります。

下記にその記事のリンクを入っておくので、是非参考にして見て下さい。
参考エポスカードの明細の見方とは?エポスの明細について詳しく解説!

エポスカード 支払い まとめ

エポスカードの支払い回数や支払い方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
やはりクレジットカードの支払い回数は、基本一括払いでどうしても厳しい場合は2回までの分割払いなどを使うと手数料が無料なので、支払う金額が比較的やすくて使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください