💡PayPayカード×最大7,000円相当💡

分割払いがおすすめのクレジットカード特集

分割払いがおすすめのクレジットカード

楽天スーパーセール」や「Amazonタイムセール祭り」を始めとしたお得なセールや企画で欲しい物を欲しい物を購入する際にクレジットカードの分割払いを利用する機会も多いと思います。

そこで、この記事では分割払いがおすすめのクレジットカード手数料計算の方法についてまとめました。

クレジットカードの分割払いとは

分割払いとは指定する支払回数に分割して支払う方法です。

予め回数を指定してから購入するため返済計画が分かりやすいメリットがあります。

分割できない店もある

クレジットカードが使えるお店でも分割払いを導入している加盟店でなければ支払回数を指定することができません

例えば一括払いとリボ払いはできるが分割払いができないお店もありますし、分割払いを導入しているAmazonや楽天市場でも対応している支払回数が「全カード共通で3,5,6,10,12,15,18,20,24回」となり2回払いができないこともあります。

2回払いは手数料無料

分割払いには手数料がかかりますが2回払いなら手数料無料です。

手数料がかかるのは3回以上の支払回数を指定した場合になりますので、2回払いをできるだけ活用するのをおすすめします。

分割手数料が安いおすすめのクレジットカードTOP5

主要なクレジットカード19枚の分割手数料を比較したところ、最も手数料が低いのはエムアイカードの分割払いであることが分かりました。

なお、ヨドバシカメラ内に限ればゴールドポイントカードプラスの分割払いが最も安くなります。※()内が適用後の手数料

カード名3回6回12回24回
エムアイカード1.50円3.02円5.66円12.08円
東急カード1.65円3.30円6.60円13.20円
イオンカード1.68円3.36円6.72円13.44円
ゴールドポイントカードプラス1.71円(1.5円)3.42円(3円)6.84円(6円)13.68円(12円)
dカード2.01円4.02円8.04円16.08円
三井住友カード2.01円4.02円8.04円16.08円
ビューカード2.01円4.02円8.04円16.08円
楽天カード2.04円4.08円8.16円16.32円
ヤフーカード2.04円4.08円8.16円16.32円
au WALLETクレジットカード2.04円4.08円8.16円16.32円
MUFGカード2.04円4.08円8.16円16.32円
オリコカード2.04円4.08円8.16円16.32円
ライフカード2.04円4.08円8.16円16.32円
ジャックスカード2.04円4.08円8.16円16.32円
TS CUBICカード2.21円3.89円7.30円14.33円
アメックス2.49円4.39円8.25円16.25円
JCBカード2.51円4.42円8.31円16.37円
エポスカード2.51円4.42円8.31円16.37円
セゾンカードできないできないできないできない

1位 エムアイカード

年会費初年度無料
翌年2,200円(税込)
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA,アメックス
支払回数2回〜36回

2位 東急カード

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日(仮カード)
国際ブランドVISA,マスターカード
支払回数2回〜36回

3位 イオンカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
支払回数2回〜60回

4位 ゴールドポイントカードプラス

年会費無料
申込資格18歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドVISA
支払回数2回〜24回※ヨドバシグループ各店なら2回〜60回

5位タイ dカード他3枚

年会費無料のdカードをはじめ、三井住友カードビューカードルミネカード/ビックカメラSuicaカード含む)が
分割払いの手数料が同でした。

分割回数で選ぶおすすめのクレジットカード

分割払い手数料よりも選べる支払回数で選びたい方のために、先ほどと同様に19枚のクレジットカードで比較しました。

支払回数で最も多いのはイオンカードの分割払いで60回でした。

カード名支払回数
イオンカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36/42/48/60
ヤフーカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36/42/48
楽天カード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36
エポスカード2回〜36回
※1回単位で調整可能
エムアイカード2回〜36回
※1回単位で調整可能
ジャックスカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36
TS CUBICカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36
東急カード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36
dカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24/30/36
ゴールドポイントカードプラス2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
※ヨドバシグループ各店なら30/36/42/48/60が追加
三井住友カード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
au WALLETクレジットカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
MUFGカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
オリコカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
ライフカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
アメックス2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
JCBカード2/3/5/6/10/12/15/18/20/24
ビューカード2回〜24回
※1回単位で調整可能
セゾンカード2回のみ

1位 イオンカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
3回払い手数料(100円あたり)1.68円

2位 ヤフーカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
3回払い手数料(100円あたり)2.04円

3位タイ 楽天カード他7枚

顧客満足度11年連続1位に輝いた楽天カードをはじめ7枚のクレジットカードが36回まで支払回数を選ぶことができます。

中でもエポスカードビューカード支払回数を1回単位で選べるので柔軟な支払いに対応できます。

分割払いできないセゾンカード

年会費永年無料のセゾンカード3回以上の支払回数を指定することができません

即日発行できるクレジットカードではありますが、2回までしか分割できませんので気をつけましょう。

分割払いの手数料計算の方法

クレジットカードの分割払いはカード各社が利用代金100円あたりの分割払手数料の金額を開示しておりますので簡単に計算することができます。

例えば10万円の液晶テレビを楽天カードの12回払いで購入する場合、以下の計算式で1ヶ月あたりの支払金額を想定することができます。

計算方法
(分割手数料)
8,160円=100,000円×(8.16円/100円)
(支払総額)
108,160円=100,000円+8,160円
(1ヶ月の支払金額)
9,013円=108,160円÷12回

支払回数は変更できない

クレジットカードの分割払いは一度決めた支払回数を後から変更することができません

事前に分割払いの手数料をシミュレーションしておき、適度な支払回数を選択しましょう。

クレジットカードの分割払い手数料を安くする方法

分割払手数料を安くするにはクレジットカードの繰り上げ返済を活用する方法があります。

ただし分割払いは一部残金の繰り上げ返済はできないので、原則一括返済の手続きとなることに注意しましょう。

ポイントやキャッシュバックを重視する

還元率の高いクレジットカードなら、貯まるポイント(もしくはキャッシュバック)分だけ分割払いも実質お得になります。

中級者以上になると分割払い手数料だけでなく、還元率とキャンペーンも組み合わせて分割払いを活用します。

キャンペーンを活用する

楽天カードのあとから分割イオンカードの分割払いは定期的に分割手数料がお得になるキャンペーンも実施しています。

ショッピングローンを活用する

分割払いは何もクレジットカードだけに用意されたものではありませんので、家電量販店や家具量販店で直接ショッピングローンを組むことも選択肢に加えておきましょう。

例えばエディオンならエディオンカードの分割払い、ヨドバシカメラならゴールドポイントカードプラスが特別手数料が適用された分割払いになります。

医療脱毛ローンはクレジットカードの分割払いとどっちがお得?

医療脱毛で有名なリゼクリニックのローンとクレジットカードの分割払い(楽天カードの場合)でどちらがお得になるのか調べました。

全身+VIO+顔脱毛3回コース262,680円(税込)を12回分割にした場合で比較すると、楽天カードの分割払いよりも医療ローンのほうが安いことが分かります。

支払い方法初回支払額月々の支払額支払総額
リゼクリニック23,773円22,700円273,473円
楽天カード23,679円23,676円284,115円(+2,627ポイント付与)
注意
脱毛クリニックによって分割払いに対応していないことがありますので、その場合は一括払いにした後にあとから分割払いへの変更手続きしてください。

クレジットカードの分割払いができない原因

クレジットカードの分割払いを利用したくてもできないときは、以下5つが原因の場合が多いので確認してください。

  • 海外利用
  • 限度額
  • 延滞/滞納
  • 利用停止
  • 強制解約

海外では分割払いできない

クレジットカードの分割払い国内のショッピング利用のみが対象となり海外では使えません。

海外利用分を分割にしたい方はクレジットカードのあとから分割の活用、もしくは自動リボにしたクレジットカードを使いましょう。

限度額オーバー

ショッピング利用やリボ払いなどでクレジットカードの限度額がいっぱいになっていると分割払いを使えません。

次の引き落とし日を迎えるか繰り上げ返済をするなどして利用可能枠に空きを作ってから利用しましょう。

延滞/滞納

クレジットカードの引き落とし時間に間に合わず、滞納していないか確認しましょう。

それによってクレジットカード自体が使えない状態にあるかもしれません。

利用停止

たとえ滞納していなくても、何かしらの原因でクレジットカードが利用停止になっていることも考えられます。

原因を解消すれば復活しますのでクレジットカードの問い合わせ窓口等に確認して解決に当たりましょう。

強制解約

もしくはクレジットカードの強制解約が執行されてしまったのかもしれません。

強制解約事由によってはブラックリストに載ってしまう場合もありますので、そうなれば5年間は分割払い含む信用取引ができなくなります

強制解約にならないよう滞納や会員規約、日頃の利用頻度にはくれぐれも注意してください。

分割払いの支払いが難しい時の対処法

どうしても分割払いの返済が厳しい月もあると思いますので、そんな方にはクレジットカードのキャッシングで一時立て替えする方法もあります。

クレジットカードの滞納は遅延損害金が発生するだけでなく、クレヒスへの悪影響もありますので絶対に避けなければいけません。

金利0円期間の即日発行カードの活用も

クレジットカードのキャッシング金利が嫌な方は、30日間金利0円で利用できる年会費無料のACマスターカードエポスカードの活用も検討しましょう。

どちらも即日発行できるクレジットカードなので、返済期日ギリギリでも間に合います。

比較項目ACマスターカードエポスカード
年会費無料無料
キャッシング手数料3.0%〜18.0%18.0%
即日受取店舗約600店舗約30店舗
詳細ページ

分割払いの利用は慎重に決めよう

分割払いはあとから回数変更や支払金額の調整ができませんので、分割払いを利用する際は慎重に決めるようにしてください。

基本は一括払い、もしくは2回払いを利用し、3回以上の分割払いを使うときは事前にシミュレーションしてから適切な支払回数を決めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください