楽天カード入会で最大7,500円分もらえる❗

ETCカードの使い方とは? ETCカードを手渡しで支払う方法まとめ

年会費無料のETCカード

あなたは、車を運転する人の必需品となっているETCカードを正しく使っていますか?

車の車載器にETCにカードを入れるだけで、高速道路をスムーズに通ることができるETCカードは使い方を間違えると思わぬ事故にあってしまう危険があります。

また、ETC車載器がなくても手渡しで使うことができてしまいます。そこでここでは、ETCの正しい使い方と手渡しで使う方法をまとめてみました。

これから車にETCを付ける予定の人やETCの基礎知識を知りたい人は参考にして下さい。

ETCカードとは?使い方の前に知りたいこと

そもそもETCとはどのようなものなのでしょうか? 使い方を知る前に基本的なことを知っておきましょう。

ETCは、Electronic Toll Collection Systemの頭文字をとったもので、電子式料金自動収受システムと訳されています。

車に取り付けたETC車載器が高速道路のETCゲートと無線でやりとりをして、通行料金を計算してくれるものです。

今までの料金所で通行料金を支払う必要がないので、お金を持って高速道路に乗る必要がなく、渋滞の解消にも役に立っています。

ETCカードの使い方とは

ETCカードの使い方は基本的に車にETC車載器を取り付け、ETCカードを挿入して使うことになります。

しかし、ただETCカードを挿入するだけでは使うことができません。

ETCカードはETC専用カード・クレジットカード一体型のカードやパーソナルカードの三種類があり、それぞれ登録する必要があります。

これは、高速道路料金が後日引き落としされるためです。

すでに持っているクレジットカードにETC機能を付けることもできるので、クレジットカード一会社の登録方法を参考にして下さい。

ETCカードの使い方

ここからは、実際にETCカードの使い方を学んでいきましょう。ETCカードを使うためのステップは下記の通り。

1・車載器を購入する
2・車に車載器を取り付ける
3・ETCカードを登録する
4・ETCカードを車載器に挿入する

正しい使い方をしないと、高速道路を利用する時にゲートにぶつかってしまったり、ETCカードによる割引サービスを受けることができないので、使い方の注意点を理解しておかなければなりません。それぞれの詳しく解説します。

ETC車載器を購入する

ETCカードを使うための第一歩は、車に取り付けるETC車載器を購入するところから始まります。

今では車を購入する時に、すでに取り付けられているケースが多いですが、今持っている車にETC車載器を取り付けたい人はカーショップや家電量販店、カーディーラーで購入することができます。

本体価格は7,000円~30,000円前後で10000円程度のものを購入する人が多いようです。

注意点としてセットアップ (ETC車載器に車の情報を登録すること)をしていないとETCとして機能しないので、その旨購入店に伝えておきましょう。

ETC車載器を車に取り付ける

ETCカードを使うための次のステップは車にETC車載器を取り付けることです。

自分では正しく取り付けられない人も多いので、購入店で取り付けを依頼する場合がほとんど。

販売店にもよりますが、取り付け工賃が1,000円~5,000円程度でセットアップ料金が3,000円程度必要です。

本体価格と取り付け工賃、セットアップ料金を合わせておおむね2万円弱でETCカードを使うための準備ができます。

ETCカードを車載器に入れる

ETCカードを使うための最終ステップは、ETCカードを車載器に挿入することです。

ETCカードが正しく挿入され、車載器が正常に働いていれば、グリーンのランプがつき、音声ガイダンスあるものはETCカードの有効期間を教えてくれます。

ETCカードを挿入する方向は、カードの矢印と車載器の矢印を合わせることで簡単にわかります。

間違っても他のクレジットカード入れてしまったりや裏面を入れてしまわないようにしましょう。

ETCカードの使い方で気をつけること

ETCカードを使う上で基本的なことを学んだ後は、ETCカードを正しく使うための注意点を知っておきましょう。最も大切なことは、下記の通りです。

・ETC車載器が正常に動いていること。
・ETCカードの有効期限が切れていないこと。
・高速道路でETCゲートを通る時にETCカードが入っていること。

特に高速道路でゲートを通る時にETCカードが入っていないと、そのままゲートに衝突してしまい、事故に繋がりますので、高速道路に乗る前には必ず確認しましょう。

通る時は20キロ以下で通行しなければならないので、法定速度をきちんと守ってゲート付近での事故を防ぎましょう。

またETCカードはクレジットカードと一体型のものが多く、車を離れる際には取り外すことで盗難を防ぐことができます。

ETCカードを付けたり外したりするので、車のエンジンをかけた時に、ETCの確認を習慣づけるようにしましょう。

機械なし (車載器なし)で利用するETCカードの使い方

ETCカードが最もその効果を発揮するのはキャッシュレスでスムーズに高速道路を利用する使い方ですが、会社や家族の車にETC車載器がついていない場合は、どうすれば良いのでしょうか?実は、ETCカードは車載器がなくても高速道路で利用することができます。詳しく解説します。

手渡しで支払うETCカードの使い方

ETCカードを車載器を使わないで利用するためには、従来通りに高速道路の料金所や発券所で利用券を受け取り、出口で支払うようになります。
そこで、利用券とETCカードを係員に渡せば、高速道路料金を支払うことが可能です。クレジットカードでお買い物をする時と同じですね。

しかし、いくつかの注意点があります。

それは、ETC車載器がついていないため、ETC時間帯割引など入口を無線通行することが適用条件になっている割引は、適用されません。

早朝・夜間ETC割引などは割引率が高く、利用することでお得に高速道路を利用できます。

また、ETCカードマイレージに登録することでもらえる基礎ポイントや加算ポイントも付かないので、ぜひともETC車載器を使った利用をおすすめします。

レンタカーで利用するETCカードの使い方

レンタカーで旅行をする時や仕事で高速道路を利用する時でも、ETCを使うことができます。その方法は2つあります。

1・ETCカードをレンタルする
→家にETCカードを忘れてしまった場合にはレンタカー会社からETCカードをレンタルすることで、ETCを利用できます。

レンタル料は無料の場合や300円程度のかかることもありますが、ETC割引などが受けられます。

精算はレンタカー返却時に、レンタル料と高速道路料金を一緒に支払うことになりますが、借りた場所に車を返す必要があります。(乗り捨てできません)

2・自分のETCカードを使う
→レンタカーにETC車載器が付いている場合は、自分名義のETCカードを入れることで利用が可能です。

ETC割引なども適応され、レンタカー会社に清算する必要がない。

レンタカーを借りる際には自分のETCカードを忘れずに持っていき、取り忘れに注意しましょう。

ETCカードの比較項目

ここらからはどのようなETCカードを選べは良いか解説します。ETCカードを作るクレジットカード会社によって変わってきますので何を注目すべきかまとめてみました。主な注目点は下記の通り。

発行手数料
年会費
発行までにかかる時間
ポイントの貯まりやすさ
一体型と分離型
それぞれ解説します。

発行手数料

まず始めの注目すべき点はクレジットカード、もくしくはETCカードを作る時にかかってくる発行手数料です。クレジットカードを作ったことがある人は知っていると思いますが、発行手数料が無料のものと手数料が必要なものがあります。

また、クレジットカードは無料でも、同じ会社でETCカードを作るときには手数料が必要なものなどクレジットカード会社によってまちまちです。できればどちらも無料で作れるクレジットカードを選びまょう。

年会費

次の注目すべきポイントは、年会費の有無です。こちらも発行手数料と同様に、クレジットカードもしくはETCカードを作る際に年に数百円から数千円かかるもの、ずっと無料のものなどがあります。多くのクレジットカード会社は、初年度無料のところが多く入りやすさをアピールしています。

ETCカードは一度作ればなかなか変える人が少ないので、年会費がかかる所では毎年費用が発生します。また、初年度無料でも二年目以降年会費が発生するクレジットカードもありますので、規約をしっかり確認する必要があります。

発行までにかかる時間

クレジットカード、ETCカードが発行されるまでの時間も重要なポイントです。クレジットカード会社によって発行までに1週間から10日程度かかるものや即日発行されるものまでありますので、車での旅行を計画していてETCを付けたい人は余裕を持った申込みが必要です。

また、ETCカードはクレジットカード会社を通して発行されるので多額のキャッシングや過去にカード事故を起こしている人は、審査が遅れるか、最悪発行ができない可能性もあります。不安な人は一度申込みをしてみましょう。

ポイントの貯まりやすさ

多くのクレジットカード会社のカードは、利用額や入会特典として独自のポイントサービスをもうけています。重要なのはそのポイントの還元率です。ETC利用によってクレジットカード会社のポイントが貯まるもの、ポイントが半減してしまうもの、全く付かないものなど、細かく見ないとわかりません。

また、高速道路独自のポイントサービスであるETCマイレージは、クレジットカード会社に関係なく10円で1ポイントがつきます。ぜひ登録しておきましょう。

一体型と分離型

ETCカードはクレジットカード機能が付いた一体型とETCのみの利用しかできない分離型に別れています。一体型は、ETC車載器から取り外せば普段のお買い物もできるのでとても便利ですが、付け忘れや置きっ放しにしておくと盗難されたときに被害額拡大してします。ETCカードを使い始めの時は、ETC専用カードのみで使い方に慣れておきましょう。
参考ETCカードとは?ETCカードの基礎知識と作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください