今すぐ作れるクレジットカードあります!

ローソンでの電子マネーの使い方とチャージ方法

ローソン支払い

ローソンといえば、様々な多くの決済方法に対応しておりコンビニ業界でも一番キャッシュレス化が進んでいます。
2017年頃から新型のレジを設置しており、格段的に対応する支払方法が一気に増えました。クレジットカード決済や各種電子マネーも使うことが出来て、レジでのチャージにも対応しています。

そんなローソンで、
・どんな電子マネーが使えるのか?
・電子マネーの使い方は?
・電子マネーを利用でオススメのポイントやキャンペーンは?
気になるところをこの記事でまとめています。

今後日本で進んでいくキャッシュレス決済で、現在もっとも普及している電子マネーを理解してローソンでお得活用してみてください!

ローソンで使える電子マネー

ローソンで使える電子マネーは、iD、QUICPay、楽天Edy、WAONや交通系電子マネーと呼ばれているKitaca、Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PASMO、nimoca、はやかけん、manacaと多くの電子マネーに対応していることが特徴です。

また、上記の電マネーの中でもおサイフケータイ機能であるiD、QUICPay、楽天Edy、WAON、SuicaやApple Pay対応のiD、QUICPay、Suicaも使うことができますので便利です。

やはり、ローソンでの支払いができないのがセブンイレブンのnanacoです。
今後業務提携などがない限り、使うことはできないでしょう。

ローソンでの電子マネーの使い方:支払い時

ローソンでの電子マネーの使い方は、購入したい商品をレジまで持っていき、レジを担当する店員さんに「〇〇で支払います」と使いたい電子マネー名を伝えてください。
その店員さんが電子決済の準備をしてくれます。リーダー端末にかざせば瞬間的に支払いを完了させることが出来ます。

また、ローソンでは、iDやQUICPayに対応しています。iPhone版のおサイフケータイ機能であるApple Payや、Google Payのスマホ決済も使えます。スマホ決済の場合も支払いの流れは同じなので、スマホで支払いをしたい方にもローソンは便利です。

ローソンでの電子マネー利用でおすすめのポイント

ローソンでの電子マネー利用でおすすめのポイントは、PontaとNTTドコモ系のdポイントに対応していることです。

Pontaとdポイントは、ローソンと提携をしているので共通ポイントがもらえます。
電子マネーでの支払い時にポイントカードを提示すれば100円につき1ポイントがもらえます。

貯まったポイントは1ポイント=1円として使えることもできますのでポイントはローソンを利用する上では集めておきたいですね。

またQRコード決済の楽天ペイが利用できますので、ローソンで楽天ポイント払いをすることも可能となっています。

ローソン×電子マネーのキャンペーンを紹介

ローソン×電子マネーのキャンペーンは頻繁に実施されています。

例えば2018年に途中で中止になってしまった楽天Edyとのキャンペーン。ローソンご利用で最大ポイント2.5倍がありました。iDでは、2019年1月に開催されていた、新規メールご購読でマチカフェコーヒー(S)1杯無料などのクーポンが発行されたりもしています。キャンペーン情報は電子マネー側の告知が多いので、電子マネーの公式サイトやメルマガなどでチェックすることができます。

電子マネーの大きなキャンペーンはありませんでしたが、PayPayはじめとしたQRコード決済のキャンペーンが開催されています。期間も短いものが多いのですのでご注意を。

  • LINE Pay:ローソンでアプリで決済すると後日ご利用金額の20%を還元。実質20%OFF。(3月14日まで)
  • 楽天ペイ:初めての支払いで200ポイント付与。ローソンだけはなく、ファミマ、ポプラ、ミニストップでもらえます。最大合計800ポイントまで。3店舗でコンプリートです。(3月18日まで)
  • d払い:dポイント40倍還元キャンペーン。実質20%還元されます。ローソンだけでなく、d払い加盟店でもらえます。(3月31日まで)
  • Origami Pay:定期的におトクなクーポンが配布されます。どこでも使える割引クーポンなども配布されています。3月5日には、ローソンの「大きなツインシュー」が無料になるクーポンが配布されています。

ローソンでの電子マネー以外の支払い方法

ローソンでは、電子マネー以外にも多様な決済方法がありますのでご紹介をします。

クレジットカード

ローソンではクレジットカードの支払い方法も選べます。
VISA、マスターカード、JCBカード、アメックス、Dainersといった日本国内で発行されているほぼすべてのクレジットカードや銀聯(ぎんれん)クレジットカードがローソンでの支払いに使うことが出来ます。ローソンストア100でも使用可能です。

ローソンで利用する際におすすめカードは、dカード、リクルートカード、ローソンPontaプラスローソンPontaカードVISAなどがあります。ローソン利用でポイント還元率などが高いお得なクレジットカードとなっています。

QRコード決済(バーコード決済)

ローソンでは、電子マネー決済とは別に、スマートフォンに決済用のバーコードを表示させることで代金が支払えるQRコード決済が用意されています。
以下のQRコード決済が利用できます。

  • 支付宝(Alipay)
  • LINE Pay 楽天ペイ
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • Origami Pay
  • PayPay(3月26日からサービス開始予定)
  • QUOカードPay(3月26日からサービス開始予定)

そして「100億円あげちゃうキャンペーン」で一気に知名度が上がっているPayPayの導入も予定されています。

このようにローソンはQRコード決済の導入にも積極的で、ほとんどのQRコード決済がローソンで使える状況です。

NFC決済

ローソンではNFCでも決済することができます。代表的なものはCMでも見かけるVISAのタッチ決済であるVisa payWaveではないでしょうか?

こちらの支払いの際はレジ担当の方に、クレジットカードで支払うと伝えます。クレジットカードを挿し込む端末が光るので、カードやApple Pay画面を開いたiPhoneなどをタッチして完了します。

以下のNFC決済が全店で可能です。

  • Visa payWave
  • Mastercard Contactless
  • JCB Contactless
  • American Express Contactless

QUOカードとプリペイドカード

ローソンではQUOカードやJCBプレモカードなどのプリペイドカードで支払うこともできます。

QUOカードは、ご存知の通り全国コンビニ、ファミレスや書店などで幅広く利用できます。
JCBプレモカードは、ローソンの店舗やオンラインで使えるプリペイドカードで繰り返しチャージをすることができます。ローソンでもチャージができます。

その他の利用できるプリペイドカードは以下のとおりです。

  • おさいふPonta
  • au WALLET プリペイドカード
  • WebMoney Card
  • LINE Pay カード
  • JTB 旅プリカ
  • dカード プリペイド
  • ANA JCBプリペイドカード
  • JCBプレモカード

ローソンでの電子マネーにチャージしてもらう方法

ローソンでは、利用可能な電子マネーのチャージができますが、その方法は以下のようになります。

  1. レジで〇〇マネーへのチャージ希望を伝える。
  2. 画面にメッセージが出たら、カードまたは携帯を電子決済端末置く。
  3. チャージ金額をタッチする。
    (1000円、2000円、3000円、5000円、10000円のチャージが可能)
  4. 金額を確認してレジでチャージ金額を支払う。
  5. チャージ音がなったら完了です。

ローソンでの電子マネー決済が遅い!なぜ?

ローソンの電子マネー決済が遅いと以前から、言われています。
スムーズに支払いができることが電子マネーのメリットとなりますので、やや残念です。
ローソンのPOSシステムは2016年12月より新しい端末が導入されていますが、体幹スピードで2秒くらいでしょうか?遅く感じてしまいます。

また、セブイレブンなどの他の大手コンビニは、電子マネー決済の感度が高いが、ローソンだと電子マネー決済の感度が鈍いともネット上で様々なコメントも見られます。

遅い理由は明確にはわかりませんが、おそらくPOSシステムの技術的な問題もあるでしょう。しかしローソンは様々な決済方法に対応して、コンビニの中でもキャッシュレス化対応には積極的です。今後の改善に期待しましょう。

ローソンの電子マネー利用まとめ

ローソンは、電子マネー、QRコード決済などのさまざまな決済方法が準備されています。

また、インバウンド向けの利用者の対応にもいち早く取り組んだり、無人レジが導入され、スマホアプリだけで全て完結するように店舗実験がされていたりもします。

ライバルであるセブンイレブンのnanacoのような相性の良い電子マネーはありませんが、ローソンで使える電子マネーは、カードタイプの電子マネーやスマホ決済でも決済することができます。今後注目のQRコード決済もどんどん導入にされています。ローソンを毎日利用される方は、QRコード決済または電子マネーで決済にするにしてもクレジットカードと紐づけてポイントを二重とりして活用するのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください