💡最大12,000円相当のPayPayポイント(8/1〜)💡

地産マルシェでLINE Pay(ラインペイ)は使える?使えない?2022年8月現在

地産マルシェでLINE Pay(ラインペイ)は使える?使えない?2022年8月現在

数あるおすすめのQRコード決済の中でLINEが運営する決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」。

さまざまなLINE Payキャンペーンを武器にLINE Payを使えるお店や加盟店も増加の一途をたどっています。

この記事ではスーパーマーケットを展開する地産マルシェでのLINE Pay利用について解説していきます。

地産マルシェでLINE Payは使えない

さっそくですが地産マルシェでLINE Payは使えない状況です。

イオン

イオンでもLINE Payは利用不可です。

ドンキホーテ

ドンキホーテにもLINE Payは未導入です。

西友

西友ではLINE Payが使えるようになっています。

オーケーストア

オーケーストアでもLINE Payは利用可能です。

イトーヨーカドー

イトーヨーカドーにもLINE Payは導入済です。

参考LINE Payを使えるスーパーマーケットまとめ

三井住友カードがお得

三井住友カード×LINE Pay

LINE Pay利用のクレジットカードには「三井住友カード」がおすすめです。

お得な特典【2022年8月】

LINE Payのお得な特典を紹介します。

LINE Pay特典クーポン

LINE Pay特典クーポン

2022年8月も「LINE Pay特典クーポン」が配布されています。

クレジットカードがお得

キャッシュレス決済の代表格クレジットカード各社がお得なキャンペーンを開催しています。

おすすめカードをピックアップしてご紹介します。

PayPayカードの入会特典は最大12,000円相当もらえる

PayPayカードの入会特典は最大12,000円相当もらえる

PayPayに設定するクレジットカードはPayPayカードがおすすめです。

2022年8月現在PayPayカードの入会特典新規入会&利用で最大12,000円相当もらえる内容で実施されています。

カード概要

PayPayカード券面
年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間
(カード番号)
最短即日・即時
最短7分
発行時間
(プラスチックカード)
約1週間
※簡易書留
国際ブランドVisa/JCB/Mastercard
  • バーチャルカードは最短7分で発行
  • 年会費は永年無料
  • PayPayとの連携でさらにお得に!!

PayPayカードを今すぐ作る

三菱UFJカードの入会キャンペーンがお得!最大10,000円相当プレゼント

三菱UFJカードの入会キャンペーンがお得!最大10,000円相当プレゼント

2021年に新登場した「三菱UFJカード」。その三菱UFJカードの入会キャンペーン最大10,000円相当プレゼントのお得な内容で実施されています。

カード概要

三菱UFJカード券面
年会費初年度無料 1,375円(税込)
申込資格①18歳以上で本人または
配偶者に安定した収入のある人
申込資格②18歳以上の学生
(高校生を除く)
国際ブランドVISA,マスターカード
JCB,アメックス
付帯機能海外旅行保険
MEMO
翌年度以降前年度の年間ショッピング利用が1回以上で年会費無料になります。
  • 使うほどにポイント還元率アップ!
  • 最短翌営業日発行
  • 年会費は初年度無料!
  • 年1回利用で翌年度も年会費無料

カードの申し込みはこちら

楽天カードの5,000ポイント入会キャンペーンが開催中!2022年8月もお得に決済

楽天カードの5,000ポイント入会キャンペーンが開催中!2022年8月もお得に決済

2022年8月も楽天カードの5,000ポイント入会キャンペーンが開催されています。

入会特典①新規入会で
もれなく2,000ポイント
入会特典②1円以上の利用で
もれなく3,000ポイント

カード概要

楽天カード券面
年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,海外旅行保険
  • 楽天ポイントが貯まりやすい
  • 年会費は永年無料
  • 5と0のつく日は楽天市場でポイント5倍還元!
  • 楽天ペイや楽天ポイントとの連携でさらにお得に!

カードの申し込みはこちら

ACマスターカード

ACマスターカード

クレジットカードに審査落ちした方は独自の審査基準で可能性のあるACマスターカードもおすすめです。最短即日発行が可能な数少ないカードの一つです。

今後に期待

今後地産マルシェにLINE Payが導入される可能性は十分に考えられます。

消費者としてはお得な店舗や決済サービスを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください